ダーク ウェブ 映画。 ダークウェブが大して「ダーク」ではない6つの理由

アンフレンデッド: ダークウェブ の無料映画をフル動画で視聴する方法!Pandoraは?

ダーク ウェブ 映画

監督は、主演はが務めた。 本作は映画『』()の続編であるが、前作が死んだ人間の霊による怪奇現象などオカルト・ホラーが強い内容であったのに対し、本作ではそういった要素はなく、終始PCハッキングや人為的な行為による描写に終始され、サスペンス・スリラーの要素が強い内容となっている。 なお、本作はサスコの映画監督デビュー作となった。 概略 [ ] マタイアス・オブライエンは高性能の中古のラップトップPCを入手したが、その中には元の持ち主のものと思われるSNSアカウントの履歴が残っていた。 マタイアスはそのアカウントを自分用に書き換えて使用することにした。 彼は恋人のアマヤとで連絡を取る。 聴覚障害を持つアマヤにマタイアスは自分が開発した手話を読み取って言葉に変換するアプリを見せるが彼女は手話をきちんと覚えようとしないマタイアスに不満を募らせる。 そんな中、マタイアスはで大学からの友人たちと夜の会話を楽しもうとする。 高いコンピューター知識を持つデイモン、同じくコンピューター好きのレックス、ネットで自分の番組を持つAJ、同性の恋人同士で今朝婚約したばかりのナリとセレーナの4グループとたわいのない会話を楽しんでいたが、しばらくして、マタイアスはPCの不調を訴え、デイモンの手助けで調べてみると内部に謎の大容量のファイルが保存されていることに気が付いた。 保存されていたファイルは主に動画であり、何らかの盗撮動画のようであった。 しばらくしてマタイアスの元にPCの持ち主を名乗るアカウントから自分にそのPCを返却しろというメッセージが届く。 実はマタイアスは行きつけのネットカフェに誰かが忘れていったものとして遺失物置き場にあったPCを失敬したのだった。 そこで、マタイアスの元に先ほどPCの返却を要求してきた人物とは別のアカウントから金銭のやり取りを示唆する内容とザ・リバーというアプリへの誘いのメッセージが届く。 ザ・リバーは所謂アプリでそこではカロンと名乗る集団が仮想通貨を用いた金銭のやり取りと報酬に乗じた要求、どんな人間をどんな拷問をして楽しむか、といったやり取りがなされていた。 AJの指摘で動画のファイルを調べると動画の中には女性を拷問するシーンが映っているものが複数入っていた。 ラップトップPCの持ち主はそのカロンの一員だったことを知ったマタイアス達。 更に被害者の中に先日行方不明になったエリカ・ダンという女性がいることが発覚する。 そんな時、元のPCの持ち主であるカロン4を名乗る人物からPCを返却しなければ恋人であるアマヤを殺すという連絡が来る。 直ぐにマタイアスは連絡を取ろうとするが代わりに出たアマヤのルームメイトであるケリーがマタイアスが見守る中、カロン4と思われる人物に射殺され、彼女の遺体は持ち去られてしまう。 アマヤの携帯電話を経由して常時監視状態にあり、他の面子にこの話をばらしたらアマヤを殺すという脅しをカロン4より受けたマタイアスは「今までの話は只のゲームナイトさ。 全て作り話で皆を脅かすためだった」とデイモンたちに話して取り繕いつつ、カロン4の仮想通貨をドルに返金して自らの口座に入れ、アマヤと今捕まっているはずのエリカを救わなければ金を返さないと反撃する。 カロン4は自分がPCを紛失したのは過失であり、もしこの件が他のカロンにバレると自分の身も危ないことを話す。 アマヤに自宅に来させてそこでPCを渡し、安全が確立出来たらば金も返金するという約束をするマタイアスだったが、デイモンらほかのメンバーは作り話にしてはおかしいと疑い出す。 そこで彼らのにカロン1を名乗るアカウント他無数のカロンがグループに入り、丁度母親と電話連絡をしていたはずのレックスが自宅のマンションの屋上から突き落とされて殺害される。 丁度マタイアスの自宅に向かう途中、地下鉄でアマヤの携帯電話の電波が途切れ、監視が薄まった隙にマタイアスは状況を他のメンバーに知らせる。 デイモンはツールを用いてエリカの行方を捜し始め、ナリは友人の警官を呼び寄せつつ、トイレに行くフリをしてアマヤを迎えに行こうとする。 しかし、既にPC紛失の件はカロンたちにバレているとカロン4から連絡が来る。 カロン1はAJの合成音声を用いてテロを示唆する電話を警察にかけてをAJの自宅に呼び寄せ、更にAJのパソコンをハッキングし、銃器の発砲を示唆する音声を流して駆け付けたSWAT隊員にAJを射殺させる。 セリーナはチャットアプリを通して癌で終末医療を受けてるセリーナの母親と地下鉄構内でアマヤを待つナリの画像を見せられ、カロン1より「どちらかを選べ」と脅迫される。 どちらも選べなかったセリーナだったが、まず母親の延命装置がハッキングによって停止させられ、続いてナリが地下鉄の線路内にカロンの構成員に突き落とされ、アマヤの乗る地下鉄車両に轢かれて死亡。 嘆き悲しむ間もなくセリーナの元にもカロンの構成員が現れ、彼女を殺害する。 マタイアスはチャット動画で手話を使ってアマヤを別の場所に向かわせ、自分は自転車で迎えに行こうとする。 デイモンはカロン4のパソコンからIPアドレスを割り出しカロン一味を打倒しようとするも、カロン1はマタイアスが居なくなった部屋のパソコンをリモート操作して拷問動画に映るカロン構成員の顔をマタイアスの物に合成し、更に構成員がマタイアスの部屋に失神した状態のエリカを運び込んでくる。 デイモンはカロン一味が最初からPCをマタイアスに入手させ、自分たちを拷問動画制作の主犯に仕立てようとしていたことを察したが時すでに遅く、カロン1はハッキングによってマタイアス作ったアプリを利用しアマヤを別の場所に誘導。 デイモンの元にもカロン構成員が現れ、彼を自殺に見せかけて殺害し、自分たちが拷問殺害動画の主犯人であるという遺書も残される。 そして何も知らないアマヤもカロン構成員に襲撃される。 「なぜこんなことをする?」と絶望の淵に沈むマタイアスにカロン1は「ゲームナイトさ」とマタイアスの音声で答え、「マタイアスを生かすべきか?」という投票を始める。 2万を超える投票の結果、マタイアスは車に轢かれて死亡する。 物語は114回目のカロン達が主催するゲームナイトが終了し、カロン4を含めた今回のゲームナイトに関わったカロンたちの満足げな笑みを映しながら幕を閉じるのであった。 キャスト [ ]• - マタイアス・オブライエン• - ナリ・ジェミシン• - セレーナ・ラング• - デイモン・ホートン• - AJ・ジェフコック• - アマヤ・デソト• - レックス・パトリ• - ケリー• - エリカ・ダン• - カロン4• - カロン5• - カロン6• - ジャック 製作 [ ] 4月、『アンフレンデッド』が公開される前であるにも拘わらず、ユニバーサル・ピクチャーズは同作の続編の製作にゴーサインを出した。 10月5日、本作の撮影が秘密裏に行われていたことが判明した。 その際、『 Unfriended: Game Night』というワーキングタイトルが使用された。 2018年3月、本作のタイトルが『 Unfriended: Dark Web』に決まったと報じられた。 公開・マーケティング [ ] 2018年3月9日、本作はでプレミア上映された。 4月にはでの上映が行われたが、その際には別のエンディングを使用したバージョンが上映された。 6月13日、本作の予告編が公開された。 7月17日、本作にはエンディングが異なる2種類のバージョンが存在し、そのどちらが上映されるかは劇場ごとに決まっていると報じられた。 もしこのような上映方式が採用されていれば、『』()以来のことになった。 24日、スティーヴン・サスコ監督はその報道を否定した。 監督は「テスト試写の反応を踏まえて、何回もエンディングが変更された。 それが原因で勘違いが起きたのだろう」という主旨のことを述べた。 興行収入 [ ] 本作は『』及び『』と同じ週に封切られ、公開初週末に470万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが 、実際の数字はそれを下回るものとなった。 2018年7月20日、本作は全米1546館で公開され、公開初週末に365万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場9位となった。 これは前作の初動成績を大きく下回るものであった。 評価 [ ] 本作に対する批評家の評価は平凡なものに留まっている。 6点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「『アンフレンデッド: ダークウェブ』はタイムリーな主題を掘り下げることよりも、観客を怖がらせることに力点を置いている。 しかし、ホラー映画のファンであれば、同作が手堅い作りの面白い作品であると思うはずである。 」となっている。 なお、本作のはCとなっている。 出典 [ ]• com. 2019年1月18日閲覧。 Hollywood Reporter 2018年7月19日. 2019年1月18日閲覧。 The Numbers. 2019年1月18日閲覧。 Bloody Disgusting 2015年4月27日. 2019年1月18日閲覧。 International Business Times 2015年4月28日. 2019年1月18日閲覧。 Bloody Disgusting 2017年10月5日. 2019年1月18日閲覧。 Deadline. com 2018年3月9日. 2019年1月18日閲覧。 Dread Central Media 2018年2月7日. 2019年1月18日閲覧。 Nightmare on Film Street 2018年3月11日. 2019年1月18日閲覧。 Nightmare on Film Street 2018年4月26日. 2019年1月18日閲覧。 Indiewire 2018年6月13日. 2019年1月18日閲覧。 MovieWeb 2018年7月17日. 2019年1月18日閲覧。 Syfy 2018年7月24日. 2019年1月18日閲覧。 Box Office Mojo 2018年7月19日. 2019年1月18日閲覧。 Box Office Mojo. 2019年1月18日閲覧。 Box Office Mojo. 2019年1月18日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2019年1月18日閲覧。 Metacritic. 2019年1月18日閲覧。 Deadline. com 2018年7月22日. 2019年1月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

ダーク・ウェブで売られていた信じがたい物10選

ダーク ウェブ 映画

リンク パソコンを手に入れたマタイアス。 電源を入れ、運良くパスワードもクリア。 所有者「Norah」のSNS、フェイスブックや履歴などを覗き見ながら、自分のグーグルアカウントでネットにログイン、彼女や友達とSkypeで楽しんでいた所、パソコンの持ち主から連絡が届く、、、 監督は スティーブン・サスコ。 脚本家出身。 本作が長篇映画初監督作で、脚本も兼ねている。 出演は、 マタイアス: コリン・ウッデル アマヤ:ステファニー・ノゲーラス ナリ:ベティ・ガブリエル セリーナ:レベッカ・リッテンハウス デーモン:アンドリュー・リース AJ:コナー・デル・リオ レックス:サヴィラ・ウィンディアニ 他 「Unfriended」。 直訳すると、「非友好的」。 本作『アンフレンデッド:ダークウェブ』はそのタイトルから、 ホラー映画『アンフレンデッド』(2014)の続篇と思われるかもしれません。 しかし、 前作とは、ストーリー上の繋がりは全く無く、 SNS(主にSkyape)での映像のみで作られた作品、 という共通点しかありません。 ホラー映画好きな私は、 前作の『アンフレンデッド』も観ました。 しかし、 「SNSの映像のみで作った作品」 という、アイディアが斬新だった、 そういう印象のみが残っており、 内容については殆ど覚えていません。 所謂、 アイディア先行の作品であり、 他に特筆すべき事が無かった様に思います。 …そんな、薄い印象なのに、 続篇を観に行くのか? それがホラー映画ファンの因果な所。 一作目が駄作でも、 二作目で化ける作品もある、かもしれない!? と、思ったら、 見逃す事が出来ないのです。 そういう意味で、 私は本作を観るにあたって、 ハードルは極力下がった状態でした。 そしたら、 割と面白かった。 いやぁ、 観る直前の期待値というのは、 映画鑑賞の印象に多大な影響をもたらすのですね。 さて、 理不尽なホラー映画だった前作と比較すると、 本作は、 サスペンスよりのホラー映画 となっております。 そういう意味では、 前作よりも、本作は多くの人間が、 観て楽しめる(!?)ものとなっています。 とは言え本作は、 いわゆる、「観た瞬間の恐ろしさ」を目指した、 良くも悪くも、 典型的な「 ポップコーンムービー」であるのです。 いいんだよ、 むしろ、こういう映画こそ、 たまに観ると、面白いものです。 過度な期待は禁物、 それでも、 ホラー演出で、ちょっと、ドキッとした人にはオススメ。 『アンフレンデッド:ダークウェブ』は、そんな作品です。 『アンフレンデッド:ダークウェブ』のポイント SNS上の映像のみで作られた作品 スピーディーでサスペンスフルな展開 現実的であるからの、怖さ 以下、内容に触れた感想となっております スポンサーリンク• ホラーから、サスペンスへ 前作『アンフレンデッド』は、 言うなれば、理不尽なタイプのホラー映画でした。 いわゆる、モキュメンタリーというタイプの作品であり、 ファウンドフッテージ形式でありながら、 SNS上の映像のみで作られたという革新性が面白かった印象です。 因みに モキュメンタリーとは、 疑似的なドキュメンタリー形式の作品の事。 ファウンドフッテージとは、 第三者の手によって発見された(found)、 未編集の映像(footage)の事です。 ホラー作品との相性が良く、 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)の登場以降、 2000年代半ばから、類似の作品が雨後の竹の子の様に量産されました。 『REC/レック』(2007) 『』(2010) 『』(2012) 『ヴィジット』(2015) 『』(2018) など、面白い作品も多数あります。 その中でも、 PCでの SNSの画面上での映像のみ、 特に、Skypeを主軸としている所が、 『アンフレンデッド』は新しかったのです。 本作、 『アンフレンデッド:ダークウェブ』は、 前作とはストーリー上の関連は全くありませんが、 前作同様、 SNS上の画面のみの、ファウンドフッテージ、 という共通点で繋がっています。 しかし、 怨霊が出て来て云々かんぬんした理不尽なホラー映画だった前作と比較しますと、 本作は、 サスペンスよりのホラー映画。 展開としては、 現実的にありえるレベルに留まっているからこそ、 リアル寄りの恐ろしさがあります。 この路線変更は、 「SNS」を題材にした本作と、相性が良い様に思います。 普段、 何気なく駆使している、 ツイッターやフェイスブック、スカイプ。 その 日常が、 現実レベルで浸食されて行くというのが恐ろしく、 そこが、本作の一番の面白さであると思います。 本作の死亡フラグ さて、本作『アンフレンデッド:ダークウェブ』は、 その映像的には変わり種ではありますが、 展開的には、ホラー映画の基本を踏襲しています。 若者がちょっとした馬鹿な事をやったばっかりに、 代償が非常に高い、 のっぴきならない状況に追い込まれる、 という展開です。 個人的に、 こういうタイプのホラー映画において、 私はいつも、 自分だったら、どういう風に行動して、 そして、生き残る道はあるのか? みたいな事を考えて楽しんでいます。 本作の場合、 ジェイソンやフレディみたいな無敵の殺人鬼では無く、 「ネットを熟知した犯罪集団」という人間レベルの相手なので、 やろうと思えば、反撃も可能だし、 生き残る筋道も多く残されている印象でした。 そういう逃げ道が多いからこそ、 逆に本作は、 ホラー映画として面白い印象があります。 特に印象的なものは、 普通、ホラー映画やサスペンス映画では、 「犯人(殺人鬼)が設定したルール」に反したら、即死亡フラグが立ちますが、 本作では、 観ている人間のそういう思考を逆に利用している所がありました。 現実では普通、 犯罪に直面したら、警察に通報します。 しかし、 ホラー映画の文法としては、それは御法度。 犯人が、それを阻止する為に、 行動を起こした人間を殺してしまうからです。 本作でも、 マタイアスは、自分がPCをパクッたという負い目があるからこそ、 初動が遅れた感があります。 そして、 「警察に連絡するなよ」という警告が効いて、 犯人が、次の行動をする余裕を生む事に成功してしまっているのですね。 しかし、本作の相手は、 ネットに精通しているとはいえ、あくまで人間。 被害者側が、素早く動いていれば助かった、 しかし、 脅しにビビって、逃げる事も、通報も遅れた事が、 本作の死亡フラグだったのです。 ラストのオチについて 『アンフレンデッド:ダークウェブ』は、 そのラストにて、 「ゲームナイト」という実況中継にて、 実はネットのリアルタイムライブで中継されていた映像だったのだと知れます。 因みに本作の当初の副題は、「game night」だったそうですね。 人間レベルの相手だったとは言え、 マタイアス達は、 理不尽な恐怖に、突発的に見舞われた被害者と言えます。 何故、彼達が、そんな悲惨な目に遭わなければならなかったのか? エンディングの引きの映像(本作で唯一の、SNS上では無い映像)で明かされる真実、 それは、 ライブを観る、悪趣味で残酷な視聴者がいるから、 即ち、 ホラー映画を喜んで観に行くような、 悪趣味で残酷な観客がいるから、 という、 ホラーファンには、 何ともバツの悪い現実をメタ目線で叩き付けて来るのです。 さて、本作はエンディングが多数あり、 試写における観客の反応を考慮して、 実際のラストが採用されたそうです。 そこで考えるに、 元は「game night」という副題が付いていたという事から、 実は 犯罪集団の「カロン」のメンバーは、 マタイアス以外の全員だった、 つまり、 マタイアス(と観客)を騙す、 Skypeのメンバー達の自作自演だった、 というエンディングもあったんじゃないかな、と思います。 ラスト、 「カロン」のメンバーがドヤ顔で素顔を晒していたのには違和感がありましたが、 そのシーンで、 実はデーモンやAJがニヤついていて、 これが今夜の「ゲーム」だったんだよ、というオチもあったと思います。 しかし、 本作はホラー映画として、 そして、 メタな目線を含むオチを目指して、 実際のエンディングになったのですね。 個人的には、 ホラー映画のラストは、 被害者側の反撃で終わって欲しいので、 「エンディングが複数あった」という本作には、 その道があったのか? そういう事も、妄想してしまいますね。 SNSの映像がメインで作られたサスペンス・ホラー作品、 『アンフレンデッド:ダークウェブ』。 日常で使っている、 慣れ親しんだSNS上の画面だからこそ、 現実的な恐怖を味わえる作品です。 skypeの映像が主になっている為、 役者の顔芸を楽しむ事も出来、 そして、 本作は無名の役者が多数出演していますが、 ホラー映画特有の、 「後に、出世する役者が、無名時代に出演していた」 という先物買いも期待出来ます。 とは言え、 基本は、観た瞬間のみ楽しめる、 清く正しい「ポップコーンムービー」。 観て、ビビって、あ~怖かった! そういう楽しみ方が最も似合う、 それが『アンフレンデッド:ダークウェブ』なのです。 * 現在公開中の新作映画作品をで紹介しています。 クリックでページに飛びます。 前作『アンフレンデッド』はコチラ スポンサーリンク 私、ルパン4世が観た映画、読んだ本などの個人的感想を綴ったブログです。 妄想爆発! 独自解釈横溢! たまに暴走気味に変な事を書いていますが、一つの見解として楽しんで頂けたら幸いです。 更新時には にて報告しています。 検索 検索: 検索 カテゴリー• 108• 380• 206• 41 夏期公開アニメ系映画作品.

次の

ダークウェブとは?由来や関わり方など知っておきたい4項目

ダーク ウェブ 映画

インターネットの闇、「ダークウェブ」とは何か 最近、という言葉を見聞きすることが増えてきた。 ダークウェブとは、匿名性の高い特別なネットワーク上に構築されたWebサイトのことである。 ダークウェブは、通常のWebとは異なり、基本的にはGoogleやYahoo! などの検索エンジンの検索結果にヒットしないだけでなく、閲覧する際にも、一般的なChromeやInternet Explorer、SafariなどのWebブラウザーでは閲覧できないWebサイトの総称である。 匿名性が高いことから、。 ダークウェブに対し、検索エンジンで検索できる通常のWebサイトを「サーフェイスウェブ(表層Web)」と呼ぶ。 「サーフェイスウェブ」と「ダークウェブ」に加え、「ディープウェブ(深層Web)」と呼ばれるWebサイトがある。 それらを整理すると次のようになる。 サーフェイスウェブ(表層Web) 企業や団体、政府、公共機関などの公式サイトやSNS、ECサイト、ブログなど、パスワードによる保護や検索回避の設定がされていないWebサイト全般のこと。 ディープウェブ(深層Web) 一般的なChromeやInternet Explorer、SafariなどのWebブラウザーで閲覧自体は可能だが、検索を回避するように設定されているため、GoogleやYahoo! などの検索エンジンでは見つけることができないWebサイトのこと。 専用ツールは必要としないが、機密性の高い情報やプライベートに関する情報の閲覧をパスワードなどで制限している。 ログインを要する会員制サイトなども該当し、基本的には、違法性の高い情報が取引されているわけではない。 ダークウェブ GoogleやYahoo! などの検索エンジンで見つけることができないだけでなく、閲覧も一般的なChromeやInternet Explorer、SafariなどのWebブラウザーでは不可能であり、専用ツールを必要とするWebサイト。 遺法性が高い情報や物品が取引されており、犯罪の温床ともなっている。 サーフェイスウェブとディープウェブ、ダークウェブの関係性はよく氷山の一角に例えられる。 氷山は、海上に姿を現している部分は全体の一割程度に過ぎず、その大部分は海上からは見えない海中にある。 Webの世界も、数としてはディープウェブやさらに危険度の高いダークウェブのほうが圧倒的に多いのだ。 ダークウェブ誕生の経緯と歴史 ダークウェブの元になった技術は、米国海軍によって開発されたものである。 匿名性を確保することで、情報通信の秘匿性を確保するという目的があった。 そのために考案された技術が「オニオン・ルーティング」。 オニオン・ルーティングとは、オニオン(玉ねぎ)のように何層ものレイヤーによってユーザーを隠す技術のことである。 オニオン・ルーティング技術はその後、「」と呼ばれるようになり、非営利団体のプロジェクトとして引き継がれた。 Torを使えば、匿名による通信を実現できるため、米政府関係者だけでなく、中国やイランなどWebの閲覧に制限がある国々で、その制限をすり抜ける、独裁国家の活動家たちが当局の監視をくぐり抜けてやりとりをする、といったことにも利用された。 Torが広がりだしたのは2005年頃からであり、それ以降、ダークウェブが隆盛していくことになった。 日本では、2012年に起きた「パソコン遠隔操作事件」がきっかけとなり、Torという名前が世間に広く知られるようになった。 さらに、2018年1月に起きた暗号資産(仮想通貨)NEM流失事件でも、ダークウェブが暗躍している。 事件発覚後、犯人とみられる人物がダークウェブ経由で盗んだ暗号資産を交換していたことが判明。 この事件が象徴するように、ダークウェブはさまざまな犯罪と関わりがあり、問題視されている。 ダークウェブで取引されているコンテンツや物品 ダークウェブは、匿名でのアクセスが基本となるため、サーフェイスウェブでは見られないような、違法性が高いさまざまなコンテンツや物品が取引されている。 児童ポルノや麻薬など、多くの国々で違法とされているものだけでなく、以下に挙げるようなサイバー攻撃で使われるものも多い。 WebサイトへのログインIDとパスワードのリスト ECサイトや会員制Webサイトでは、ログインIDとパスワードを使って本人認証を行っているところが多い。 ダークウェブでは、そうしたログインIDとパスワードがセットになったリストが取引されている。 同じログインID(メールアドレスをログインIDとするところが多い)とパスワードを複数のWebサイトで使い回しているユーザーが多いため、さまざまなWebサービスに対するリスト型攻撃による不正侵入にも使われている。 住所や電話番号などの個人情報のリスト ECサイトなどの会員登録の際に、氏名と住所、メールアドレス、電話番号などをセットで入力することが多い。 そうした個人情報のリストもダークウェブで取引されている。 これらの個人情報はリアルの世界で架空請求などのDMを送るためや、標的型攻撃の一環として名前入りのフィッシングメールを送るために使われている。 アプリケーションやOSのアクティベーションコード 最近のアプリケーションやOSは、ユニークなアクティベーションコードを使ってアクティベーションを行うものが増えてきているが、そのアクティベーションコードを不正に生成するツールが取引されている。 もちろん、こうした正規でないアクティベーションコードを使うことは違法となる。 偽造クレジットカードやクレジットカード情報 スキミングやハッキングなどで手に入れたクレジットカード情報と、その情報を元に作成された偽造クレジットカードそのものも取引されている。 偽造クレジットカードは、実際の店舗で不正購入に使われ、クレジットカード情報はECサイトで不正な購入などに使われる。 マルウェアを作成するためのツールキット プログラミングの知識がなくても、さまざまなマルウェアを作成できるツールキットも取引されている。 ランサムウェアの被害が急増した原因のひとつが、ダークウェブでこうしたツールキットが出回っているためと推測される。 ツールキットだけでなく、マルウェアそのものも取引されている。 脆弱性に関する情報 脆弱性に関する情報も取引されており、特にまだ一般に知られていない脆弱性はゼロデイ攻撃に利用されるため、攻撃者の間では価値が高い。 こうしたダークウェブの実態については、「」や「」に掲載している情報も参考にしてほしい。 暗号資産(仮想通貨)の隆盛がダークウェブの地下経済成立を後押し ダークウェブでの取引において、決済という行為は犯罪者にとってリスクが高い。 クレジットカードや銀行振り込みといった旧来の手段で代金を決済しようとすると、匿名性が失われるからである。 決済によって足がつくことが、ダークウェブで稼ごうと考える犯罪者への抑止力となっていた。 しかし、2009年にビットコインが登場し、急激に広まっていったことで、ダークウェブの世界が一変した。 暗号資産は匿名性が高いため、犯罪者が決済手段として暗号資産を使うことで、足がつくリスクを大きく低減できる。 ダークウェブ上の取引が活発化する一因となった。 ダークウェブという存在を前提とした防御策が必要な時代へ ダークウェブに興味本位でアクセスすると、マルウェアに感染するなどリスクも高く、一般ユーザーは関わるべきではない。 加えて、ダークウェブに関わる人たちとコミュニケーションをとったことにより、自身がサイバー攻撃のターゲットになってしまう可能性も考えられる。 一般的に接しているWebサイトと異なり、見ているだけでは被害は生じないという甘い認識は捨てるべきである。 しかし、ダークウェブというものが存在すること自体はしっかりと頭に入れておきたい。 最近でも数々の情報漏えい事件が日本で起きているが、それらの事件で盗まれた情報はダークウェブで売買対象になっていることは想像に難くない。 そうした情報を手に入れたうえで、攻撃者は別の切り口から攻撃を仕掛けてくる。 ダークウェブ経由で盗まれた情報が悪用される危険性を十分に理解し、取り得る限りの対策を講じていくことが必要な時代になりつつあるのだ。

次の