ご丁寧にありがとうございます メール。 質問に対する回答へのお礼メール|ビジネスで使える丁寧な例文

「ご連絡ありがとうございます」とは?使い方・メール例文・返信の仕方・英語表現を解説

ご丁寧にありがとうございます メール

冒頭でも述べたように、社会人は敬語や丁寧な言葉遣いでのやり取りが、必須だと言われています。 そのため、「ご丁寧にありがとうございます」というフレーズについても、敬語や丁寧な言葉遣いへの言い換えをする必要があると言えるでしょう。 そこで続いては、「ご丁寧にありがとうございます」の敬語への言い換えについて、考察していきます。 結論から言うと、「ご丁寧にありがとうございます」という表現も、十分丁寧な言い回しだと言えそうです。 しかし、より丁寧に表現したい場合は、「ご丁寧に」と「ありがとうございます」の間に、何に対してのお礼の言葉なのか、相手にしてもらったことなどを入れることをおすすめします。 その際に、「ご連絡をいただきまして」や「お電話をいただきまして」といった言葉を敬語で付け加えることで、「ご丁寧にありがとうございます」を敬語で使用することができると考えられそうです。 続いては、目上の人に対して「ご丁寧にありがとうございます」を使用する場合の、使い方について考察していきます。 目上の人に対して、「ご丁寧にありがとうございます」という言いまわしを使う場合も、上記でご紹介したような、敬語表現や丁寧な言い回しを心掛けることをおすすめします。 一例としては、「大変ご丁寧なご指摘、ありがとうございます」「ご丁寧なアドバイスをいただき、ありがとうございます」といった言い回しが考えられそうです。 「ご丁寧にありがとうございます」の類語.

次の

「ご返信ありがとうございます」の使い方・例文・ましたとの違い

ご丁寧にありがとうございます メール

上司・目上に「ご説明ありがとうございます」は失礼? もっと丁寧な敬語って無い? とご心配のあなたへ。 「ご説明ありがとうございます」はビジネスメールによく使う敬語であり、上司・目上・取引先に使っても丁寧です。 ただ、よりカチッとした敬語にすると…• 「ご説明 いただき(まして)ありがとうございます」• 「ご説明 くださいましてありがとうございます」 と言い換えもできます。 結論は以上ですが…念のため本文では「ご説明ありがとうございます」の意味、敬語の種類、ビジネスシーンにふさわしい使い方(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)、注意点についてビジネスメールの例文つきで解説していきます。 この記事の目次• なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 「ご説明ありがとうございます」には「いただくorくださる」が省略されている じつは「ご説明ありがとうございます」には省略されている文章があります。 完全な文章にすると以下のようになります。 「ご説明ありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 2通りの解釈がありますのでそれぞれ敬語の種類をみていきます。 「ご説明 くださいましてありがとうございます」• 「ご説明 いただき(まして)ありがとうございます」 「ご説明くださいましてありがとうございます」の敬語 「ご説明 くださいましてありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「説明」• 「〜してくれる」の尊敬語「お(ご)〜くださる」で「ご説明くださる」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご説明くださいまして」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「説明」に尊敬語「お・ご」で 「ご説明」• さらに「〜してくれる」の尊敬語「〜くださる」で 「ご説明くださる」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で 「ご説明くださいまして」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 「ご説明いただき(まして)ありがとうございます」の敬語 「ご説明 いただきましてありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「説明」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご説明いただきまして」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「説明」に謙譲語「お・ご」で 「ご説明」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご説明いただく」• さらに丁寧語「ます」の活用形「まして」で 「ご説明いただきまして」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「連絡」「了承」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご説明ありがとうございます の使い方・例文 つづいて「ご説明ありがとうございます」の使い方をビジネスメール例文でご紹介。 文字どおり説明してもらったときのお礼に使います。 上司・目上など社内メールにかぎらず社外取引先にも使える丁寧な敬語フレーズです。 返信の返信メールでお礼するとき。 転職・ノマドでございます。 各プランの詳細につきご説明いただき誠にありがとうございます。 お陰様で兼ねてからの疑問を解決することができました。 それでは、いただいた情報をもとに検討を進めてまいります。 またご質問することもあるかと存じますが、その際にはお力添えいただければ幸いです。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 まぁとにかく「説明してくれてありがとう!」という意味ですので、そのようなビジネスシーンであれば大抵は使えますね。 返信の返信メールでお礼するとき。 転職・ノマドでございます。 ご丁寧にご説明いただき誠にありがとうございます。 それではご提案いただいた通り、私たちの開発目的に合いそうな「製品A-12」を一度ご評価いたしたく存じます。 なお送付先は下記のとおりにお願いいたします。 (中略) 大変お手数ではございますが、 お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます。 まぁとにかく「説明してくれてありがとう!」という意味ですので、そのようなビジネスシーンであれば大抵は使えますね。 「ご説明ありがとうございます」のより丁寧な敬語 ここまでの解説で「ご説明ありがとうございます」の意味と敬語・使い方がわかりました。 ここからは、 「ご説明ありがとうございます」をより丁寧な言い回しにするコツを紹介します。 上司・目上にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 「ご説明いただきまして・ご説明くださいましてありがとう」 「ご説明ありがとうございます」としても十分に丁寧ではありますが… じつは「ご説明ありがとうございます」よりも• 「ご説明 くださいましてありがとうございます」• 「ご説明 いただきましてありがとうございます」• 「ご説明 いただきありがとうございます」 としたほうがなお丁寧な敬語です。 なぜならすでに解説のとおりで「ご説明ありがとうございます」には途中の文章が省かれているからです。 一般的に何かしら抜けおちている敬語フレーズを上司や目上・取引先につかうのは好ましくありません。 極端なたとえですが、• 目上にNG「よいお年を!」• 目上にNG「お大事に!」 というフレーズを目上につかうとイマイチ失礼に感じられるのと同じこと。 ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「ご説明ありがとうございます」としてもよいでしょう。 あるいは… 親しい取引先・社内の目上・上司などあまり気づかいし過ぎする必要の無い相手にもOK ただし、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 より丁寧な文章を心がけたいものです。 「ご説明いただきまして vs ご説明くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 さきほど紹介したように「 ご説明いただきましてありがとうございます」と似たような表現には「 ご説明くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形• 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご説明いただく=説明していただく」なのか「ご説明くださる=説明してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご説明いただきましてありがとうございます」「 ご説明くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご確認 くださいますようお願い致します」 「ご確認 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の

「ご対応」のビジネスシーン・メールでの使い方と例文集

ご丁寧にありがとうございます メール

ありがとうございます 感謝の気持ちを伝える「ありがとう」をよりに言う表現。 「ありがとうございます」は、 「ありがとう」に「ある」の丁寧な言い方である「ございます」を付けて、より丁寧に感謝の気持ちを表す言葉です。 気兼ねなく付き合える同僚や部下には「ありがとう」と言えばですが、 上司はもちろん、目上の人や取引先の方には「ありがとうございます」と丁寧に感謝の気持ちを伝えましょう。 「ありがとう」は「滅多にないこと」を意味する「有り難し」が語源の言葉であると考えられています。 メールの文面などで「有り難うございます」と漢字に変換する人もいますが、「ありがとう」は今ではひらがな表記をすることが一般的になっています。• 助かりました 読み: おかげさまでたすかりました 相手から支援を受けたり親切にされたりしたことによって、自分にとって良い結果を得られたということをより丁寧に伝えることができる表現。 「おかげさまで助かりました」は、 他人から受けた助力や親切に対して感謝の意を込めていう言葉である「おかげさま」に自分が「助かった」という結果の報告を付け加えて、より丁寧に感謝の気持ちを伝える表現 です。 「おかげさま」は漢字では「お蔭様」や「お陰様」と書かれることが多いですが、「蔭」も「陰」も「神仏の影」を意味します。 メールの文面などで「お蔭様」や「お陰様」と表記する人もいますが、今ではひらがな表記が一般的になっているので、「おかげさま」と表記するのが無難です。 また、「おかげさまで」を省略して「助かりました」とだけ言う人もいますが、人によっては無礼であると捉えられてしまうかもしれません。 上司などの目上の人には、「おかげさまで」を省略せずに「おかげさまで助かりました」と言いましょう。• これはこれはご丁寧に… 読み: これはこれはごていねいに… 真心を込めて自分に何かをしてくれた相手に対してより丁寧に感謝の気持ちを伝える表現。 「これはこれはご丁寧に…」は、 「これは」という詞を2つ重ねた上に、「ご丁寧に」と相手が自分に真心を尽くしてくれたことに対する感謝を表す言葉をつなげ、より丁寧に感謝の気持ちを伝える表現です。 一般的には、「これはこれはご丁寧に…」の後には「どうもありがとうございます」や「〇〇をしていただいて…」という感謝の言葉が続きます。 場合によっては、「これはこれはご丁寧に…」とだけ言って、残りの言葉を濁すこともあります。 2.ビジネスシーンで多用される感謝の言葉一覧• I your support. (あなたのサポートに 感謝いたします。 I am grateful for your kindness. (あなたの優しさに 感謝いたします。 ( とても助かりました。 Thank you for your. ( お気遣いに感謝いたします。 Please accept my deepest thanks. ( どうか私の深い感謝の気持ちを受け取ってください。 ( 感謝の言葉もございません。 ) 「感謝の言葉」に関する様々な英語表現を覚えてビジネスシーンで役立てましょう。 まとめ 「ありがとうございます」以外にも「感謝の言葉」があります。 その場にふさわしいを使って、相手に感謝の気持ちを伝えられるようにれば、社会人として1人前と言えるでしょう。 話し言葉で使える「これはこれはご丁寧に…」といった表現から、上司に使いたい「恐縮です」や、より丁寧な「感謝の言葉もございません」といった表現。 更には英語表現まで、様々な「感謝の言葉」をマスターして、ビジネスの場で役立ててくださいね。

次の