スムーズ 意味。 【違い】「smooth」の日本語表記は「スムーズ」か「スムース」どちらが正しいか

【違い】「smooth」の日本語表記は「スムーズ」か「スムース」どちらが正しいか

スムーズ 意味

日本で「スヌーズ」と言えば、大抵まず頭に浮かぶのが目覚まし時計の「スヌーズ機能」ですよね。 設定した時刻にアラームが鳴った後、数分おきに何度か繰り返してアラームが鳴る機能です。 一度アラームを止めた後でうっかり寝てしまっても、再度起こしてくれる便利な機能ですよね。 人によっては確信犯的に二度寝に突入するようですが…。 ここで使われている「スヌーズ」は 浅くて軽い眠りという意味です。 ベッドの中での睡眠には「snooze」よりも「sleep」が適切なのですが、この場合には浅い眠りなので「snooze」が使われます。 「スヌーズ機能」は英語では「alarm function」となります。 機能自体に「snooze」という単語は含まれません。 でも、「スヌーズを設定する」は「set snooze」で「スヌーズボタン」は「snooze button」なので、和製英語ではないようです。 これなら海外旅行でも安心して使えそうですね。 大変便利で心地よい「スヌーズ機能」ですが、実は良くないと言われています。 人間の眠りには、ノンレム睡眠とレム睡眠と呼ばれる、浅い眠りと深い眠りの2種類があります。 このうち疲れがとれるのはレム睡眠という深い眠りです。 「スヌーズ機能」を使うと浅い眠りが続きますよね。 これでは 疲れが取れないというわけです。 二度寝のために設定時刻を早めていれば、それだけ深い眠りが短くなるのでなお悪いといえます。 さらに、 二度寝が習慣化されたり 起きる意志が薄れるといった弊害もあるそうです。 目覚めるために体の中で起きる準備が行われないという説もあります。 理想はアラームを使わないで起きることですが、なかなか難しいですよね。 ケースバイケースで自分に合った使い方をしていきたいですね。

次の

スムーズ?スムーズム?

スムーズ 意味

「スムース」か「スムーズ」どっちが正しいかという議論は長く続けられているのですが、日本では両方のパターンが使われています。 そのため、「スムース」も「スムーズ」も、両方が正しいという認識が一般的です。 「スムース」も「スムーズ」は元々英語由来の言葉ではありますが今では日本語表現として定着しています。 もしも日本語表現から「スムース」や「スムーズ」という表現が無くなってしまったら、日本語表現の範囲が狭まってしまうリスクすら懸念されます。 そのくらい「スムース」も「スムーズ」も日本語として定着しています。 「スムース」も「スムーズ」も、本来は英語から派生している言葉ですが、本来の英語の綴りは「smooth」であり、最後の「ス」という発音は舌の先を軽く噛んでそれを引き抜くように息を吐きだす発音となります。 これは日本語にはない発音であり基本的に英語の「th」の綴りは独特の発音をします。 そのため日本語でその発音に近く表現するとカタカナで「ス」となるのですが、英語独特の表現であるため厳密には「ス」と違いますし、聞き方によっては「ズ」にも聞こえます。 英語と日本語の発音の違いがこの議論を生み出しているのです。 日本語辞書では「スムーズ」が優先されている 日本語辞書では「スムーズ」が優先されています。 日本語の辞書には「スムース」という表記は存在しません。 そのため「スムーズ」という表現の方が一般的であると言えるかもしれません。 しかしながら、世の中にはかなりの比率で「スムース」と一般的に発音する人がいて、それを間違いだと断言することも難しいでしょう。 そのため日本語の辞書には「スムーズ」と載ってはいるものの「スムーズ」と「スムース」は同じことを意味していて、どちらも正しい日本語として使えると認識して間違いはありません。 ただしメール等文面で残るものについては意識して「スムーズ」という言い回しを使った方が、コミュニケーションが円滑に進むことでしょう。 ちなみに下記の関連記事では「エトセトラ」という英語表記について詳しく紹介されていますが、日本語に混ぜてこのような表現を使う人もいますので、この記事と併せて確認しておくと、ビジネスのシーンにおいて様々な人に対応することができます。 是非参考にしてください。 日本語でも「スムーズ」という言い方が一般的になっていますが、「スムース」も「スムーズ」もできれば日本語に置き換えて表現したい場合もあります。 そのような場合にはまず、滑らかという意味を思い浮かべれば間違いはないでしょう。 滑らかであるということは手触りや動きを示すこともありますし、また物事の手順に対して示すこともあります。 様々な物や事象において滑らかであることを示すことができるのが「スムース」「スムーズ」という言葉なのです。 まずは「スムース」や「スムーズ」という言葉に、滑らかだというイメージを持ってみましょう。 順調という言葉は物事の進行がスケジュール通りであったり、またスケジュールよりも前倒しで問題なく進行している状況であったりする状況を示しています。 このような状況を表して「スムース」「スムーズ」という言葉が使われます。 つまり、「スムース」や「スムーズ」という言葉はスケジュールが順調であるというポジティブな状況を示して使われています。 逆にネガティブな意味合いにおいて「スムース」や「スムーズ」という言葉が使われることはほとんどないと言ってもいいでしょう。 例えばスケジュール通りではあるものの、渋滞で車が走ったり泊まったりを繰り返しているような状況では「スムース」や「スムーズ」というニュアンスを感じないでしょう。 何故なら渋滞による足止めをストレスに感じるからです。 そのため「スムース」や「スムーズ」という言葉は、物事が滞りなく進行している状況を示しています。 たとえオンプランで物事が進んでいたとしても「スムース」や「スムーズ」が表すポジティブな状況を感じないこともありますので、このような意味を示す場合があることも覚えておきましょう。 「円滑」については「スムース」や「スムーズ」の意味を説明する際にも紹介しましたが、類語表現としても使うことができます。 例えば「スケジュールが円滑に進行している。 非常にありがたいことだ」といった形で使うことができます。 この例文については「円滑」という類語表現を使用している部分について、「スムース」や「スムーズ」という言葉にそのまま置き換えて、同じ意味合いを表すことができます。 状況によっては、「スムース」や「スムーズ」の類語はそれらの言葉とまったく同じ意味を表します。 「滑らか」という類語表現は、物質に対して使うことが多い表現となります。 例えば「彼女の髪の毛は非常に滑らかだ。 どんなシャンプーやコンディショナーを使っているのだろう」といった形で使います。 また「このスパゲティは非常に滑らかな味付けだ。 昔からずっと食べ続けているような、ホッとさせられる味付けだと思っている」といった形でも使います。 非常に使うシーンが多い「スムース」や「スムーズ」の類語表現と言えます。 この類語表現は主に言葉遣いについて使うことが多くなっています。 例えば「彼女の日本語はすごく流暢だ。 3年前まで一切日本に来たことがないと言っていたし、親戚や友人に日本人がいるといったこともないようだ。 本当にすごいことだ」といった形で使います。 また「彼の英語はもう少し流暢だと説得力を増すと思う。 内容は間違っていないが、流暢さが足りず自信なく聞こえるのが非常に残念だ」といった形で、改善を促すようなシーンnでは「流暢でない」という否定の言葉を使うこともできます。 「順調」という類語表現は、物事に対して使うことができ「プロジェクトは順調に進んでいます。 これも彼の日頃からの準備の賜物でしょう」といった形で使うことができます。 また「プロジェクトを順調に進めるためには、段取りが必要だ。 いつも段取りや根回しがないから進行がうまく行かないと見ている」といった形で、課題を示す場合に使うこともできます。 この場合ももちろん、「順調」という部分を「スムース」や「スムーズ」に置き換え、そのままの意味を表すことができます。 この類語表現は「滞りなく物事が進んでいます。 このままうまく行けばいいのですが」といった形で使います。 もしもこの例文について「スムース」や「スムーズ」に置き換える場合は「スムースさ」や「スムーズさ」といった言い回しが妥当と言えます。 例えば「今回の会議はスムーズ(スムース)に進んでいる。 質問事項を事前に回収したことが功を奏したようだ」といった形で使います。 また「渋滞がなくスムーズ(スムース)に進んでいますので、あと10分もあれば到着できるかと思います」といった形で、道路状況を表す場合にもよく使います。 例えば「彼女のストレートヘアーは非常にスムーズ(スムース)で、手触りやくし通りが良さそうだ。 日頃のケアをしっかりやっているんだろう」といった形で使います。 また「この麺料理は非常にスムーズ(スムース)な舌触りだ。 日本に店を出しても人気が出そうだ」といった形で使うこともできます。 五感を通して滑らかだと感じるものすべてに対して使うことができる表現です。 例えば「彼との関係は非常にスムーズ(スムース)だ。 偏屈な人物だという噂を聞いていたが、どうやらそういう話ではなく先方では冷遇されていて悪いうわさが流れているだけなんだろう」といった形で使います。 また「組織のスムーズ(スムース)さを意識するならまずは言葉遣いや呼び方を変えた方がいいでしょう」といった形で使うこともできます。 人間関係について説明する場合、全般的に使える表現になります。 例えば「仕事がスムーズ(スムース)な人は、日頃から勉強を欠かさず行っているものだ。 だからこそ質問や調べる時間が少なく、仕事がスムーズ(スムース)にいくのだ」といった形で使います。 また「納期の決定がスムーズ(スムース)に行っているのは、佐藤さんが密かに根回しをしてくれているからだ。 彼が来月から転勤になるそうだが非常に心配だ」といった形で使うこともできます。 例えば「もう少しスムーズ(スムース)に進めて時間通りに終わるようにお願いします。 この後与千絵がありますので」といった形で使います。 「スムーズ(スムース)に進めてください」という要望を表す表現を覚えておきましょう。 スムース・スムーズの英語の綴りは? スムーズの英語の綴りは「smooth」 「スムーズ」の英語の綴りは「smooth」です。 英語で「ムー」を発音する場合には「mu」の綴りが多いのですが、「smooth」という綴りを見ると「moo」という表記を持って「ムー」という発音を示しています。 また先述の通り日本語で4文字目の「ス」「ズ」は「th」となっており、「あいうえお(aiueo)」といった母音を持たない発音となっています。 「smooth」という英語の言葉は、このように綴りを見ても日本語にはない、英語独特の発音であることが分かります。 日本語のスムースとスムーズは両方とも同じ英語の綴りとなる 日本語の「スムース」と「スムーズ」は両方とも同じ英語の綴りとなります。 そのため「スムース」と「スムーズ」は両方とも「smooth」という英語表現から派生している言葉になります。 日本語で「スムース」と「スムーズ」と、文字の綴りに違いがあっても英語で表現すれば両方とも「smooth」ですので、覚えておきましょう。 スムースとスムーズを的確な場面で使おう! ここでは「スムース」と「スムーズ」という同じ意味で発音の違う言葉について説明してきました。 どちらも同じように使えるからこそ両方が同じであることを覚えておくことが非常に大切ですし、またその言葉が相手に伝わらない場合には、類語表現に置き換えると分かりやすくなります。 2つの表現を上手に使いこなしましょう!.

次の

円滑の意味とは?使い方・例文、類語/対義語、英語表現を簡単に解説

スムーズ 意味

「スムース」か「スムーズ」どっちが正しいかという議論は長く続けられているのですが、日本では両方のパターンが使われています。 そのため、「スムース」も「スムーズ」も、両方が正しいという認識が一般的です。 「スムース」も「スムーズ」は元々英語由来の言葉ではありますが今では日本語表現として定着しています。 もしも日本語表現から「スムース」や「スムーズ」という表現が無くなってしまったら、日本語表現の範囲が狭まってしまうリスクすら懸念されます。 そのくらい「スムース」も「スムーズ」も日本語として定着しています。 「スムース」も「スムーズ」も、本来は英語から派生している言葉ですが、本来の英語の綴りは「smooth」であり、最後の「ス」という発音は舌の先を軽く噛んでそれを引き抜くように息を吐きだす発音となります。 これは日本語にはない発音であり基本的に英語の「th」の綴りは独特の発音をします。 そのため日本語でその発音に近く表現するとカタカナで「ス」となるのですが、英語独特の表現であるため厳密には「ス」と違いますし、聞き方によっては「ズ」にも聞こえます。 英語と日本語の発音の違いがこの議論を生み出しているのです。 日本語辞書では「スムーズ」が優先されている 日本語辞書では「スムーズ」が優先されています。 日本語の辞書には「スムース」という表記は存在しません。 そのため「スムーズ」という表現の方が一般的であると言えるかもしれません。 しかしながら、世の中にはかなりの比率で「スムース」と一般的に発音する人がいて、それを間違いだと断言することも難しいでしょう。 そのため日本語の辞書には「スムーズ」と載ってはいるものの「スムーズ」と「スムース」は同じことを意味していて、どちらも正しい日本語として使えると認識して間違いはありません。 ただしメール等文面で残るものについては意識して「スムーズ」という言い回しを使った方が、コミュニケーションが円滑に進むことでしょう。 ちなみに下記の関連記事では「エトセトラ」という英語表記について詳しく紹介されていますが、日本語に混ぜてこのような表現を使う人もいますので、この記事と併せて確認しておくと、ビジネスのシーンにおいて様々な人に対応することができます。 是非参考にしてください。 日本語でも「スムーズ」という言い方が一般的になっていますが、「スムース」も「スムーズ」もできれば日本語に置き換えて表現したい場合もあります。 そのような場合にはまず、滑らかという意味を思い浮かべれば間違いはないでしょう。 滑らかであるということは手触りや動きを示すこともありますし、また物事の手順に対して示すこともあります。 様々な物や事象において滑らかであることを示すことができるのが「スムース」「スムーズ」という言葉なのです。 まずは「スムース」や「スムーズ」という言葉に、滑らかだというイメージを持ってみましょう。 順調という言葉は物事の進行がスケジュール通りであったり、またスケジュールよりも前倒しで問題なく進行している状況であったりする状況を示しています。 このような状況を表して「スムース」「スムーズ」という言葉が使われます。 つまり、「スムース」や「スムーズ」という言葉はスケジュールが順調であるというポジティブな状況を示して使われています。 逆にネガティブな意味合いにおいて「スムース」や「スムーズ」という言葉が使われることはほとんどないと言ってもいいでしょう。 例えばスケジュール通りではあるものの、渋滞で車が走ったり泊まったりを繰り返しているような状況では「スムース」や「スムーズ」というニュアンスを感じないでしょう。 何故なら渋滞による足止めをストレスに感じるからです。 そのため「スムース」や「スムーズ」という言葉は、物事が滞りなく進行している状況を示しています。 たとえオンプランで物事が進んでいたとしても「スムース」や「スムーズ」が表すポジティブな状況を感じないこともありますので、このような意味を示す場合があることも覚えておきましょう。 「円滑」については「スムース」や「スムーズ」の意味を説明する際にも紹介しましたが、類語表現としても使うことができます。 例えば「スケジュールが円滑に進行している。 非常にありがたいことだ」といった形で使うことができます。 この例文については「円滑」という類語表現を使用している部分について、「スムース」や「スムーズ」という言葉にそのまま置き換えて、同じ意味合いを表すことができます。 状況によっては、「スムース」や「スムーズ」の類語はそれらの言葉とまったく同じ意味を表します。 「滑らか」という類語表現は、物質に対して使うことが多い表現となります。 例えば「彼女の髪の毛は非常に滑らかだ。 どんなシャンプーやコンディショナーを使っているのだろう」といった形で使います。 また「このスパゲティは非常に滑らかな味付けだ。 昔からずっと食べ続けているような、ホッとさせられる味付けだと思っている」といった形でも使います。 非常に使うシーンが多い「スムース」や「スムーズ」の類語表現と言えます。 この類語表現は主に言葉遣いについて使うことが多くなっています。 例えば「彼女の日本語はすごく流暢だ。 3年前まで一切日本に来たことがないと言っていたし、親戚や友人に日本人がいるといったこともないようだ。 本当にすごいことだ」といった形で使います。 また「彼の英語はもう少し流暢だと説得力を増すと思う。 内容は間違っていないが、流暢さが足りず自信なく聞こえるのが非常に残念だ」といった形で、改善を促すようなシーンnでは「流暢でない」という否定の言葉を使うこともできます。 「順調」という類語表現は、物事に対して使うことができ「プロジェクトは順調に進んでいます。 これも彼の日頃からの準備の賜物でしょう」といった形で使うことができます。 また「プロジェクトを順調に進めるためには、段取りが必要だ。 いつも段取りや根回しがないから進行がうまく行かないと見ている」といった形で、課題を示す場合に使うこともできます。 この場合ももちろん、「順調」という部分を「スムース」や「スムーズ」に置き換え、そのままの意味を表すことができます。 この類語表現は「滞りなく物事が進んでいます。 このままうまく行けばいいのですが」といった形で使います。 もしもこの例文について「スムース」や「スムーズ」に置き換える場合は「スムースさ」や「スムーズさ」といった言い回しが妥当と言えます。 例えば「今回の会議はスムーズ(スムース)に進んでいる。 質問事項を事前に回収したことが功を奏したようだ」といった形で使います。 また「渋滞がなくスムーズ(スムース)に進んでいますので、あと10分もあれば到着できるかと思います」といった形で、道路状況を表す場合にもよく使います。 例えば「彼女のストレートヘアーは非常にスムーズ(スムース)で、手触りやくし通りが良さそうだ。 日頃のケアをしっかりやっているんだろう」といった形で使います。 また「この麺料理は非常にスムーズ(スムース)な舌触りだ。 日本に店を出しても人気が出そうだ」といった形で使うこともできます。 五感を通して滑らかだと感じるものすべてに対して使うことができる表現です。 例えば「彼との関係は非常にスムーズ(スムース)だ。 偏屈な人物だという噂を聞いていたが、どうやらそういう話ではなく先方では冷遇されていて悪いうわさが流れているだけなんだろう」といった形で使います。 また「組織のスムーズ(スムース)さを意識するならまずは言葉遣いや呼び方を変えた方がいいでしょう」といった形で使うこともできます。 人間関係について説明する場合、全般的に使える表現になります。 例えば「仕事がスムーズ(スムース)な人は、日頃から勉強を欠かさず行っているものだ。 だからこそ質問や調べる時間が少なく、仕事がスムーズ(スムース)にいくのだ」といった形で使います。 また「納期の決定がスムーズ(スムース)に行っているのは、佐藤さんが密かに根回しをしてくれているからだ。 彼が来月から転勤になるそうだが非常に心配だ」といった形で使うこともできます。 例えば「もう少しスムーズ(スムース)に進めて時間通りに終わるようにお願いします。 この後与千絵がありますので」といった形で使います。 「スムーズ(スムース)に進めてください」という要望を表す表現を覚えておきましょう。 スムース・スムーズの英語の綴りは? スムーズの英語の綴りは「smooth」 「スムーズ」の英語の綴りは「smooth」です。 英語で「ムー」を発音する場合には「mu」の綴りが多いのですが、「smooth」という綴りを見ると「moo」という表記を持って「ムー」という発音を示しています。 また先述の通り日本語で4文字目の「ス」「ズ」は「th」となっており、「あいうえお(aiueo)」といった母音を持たない発音となっています。 「smooth」という英語の言葉は、このように綴りを見ても日本語にはない、英語独特の発音であることが分かります。 日本語のスムースとスムーズは両方とも同じ英語の綴りとなる 日本語の「スムース」と「スムーズ」は両方とも同じ英語の綴りとなります。 そのため「スムース」と「スムーズ」は両方とも「smooth」という英語表現から派生している言葉になります。 日本語で「スムース」と「スムーズ」と、文字の綴りに違いがあっても英語で表現すれば両方とも「smooth」ですので、覚えておきましょう。 スムースとスムーズを的確な場面で使おう! ここでは「スムース」と「スムーズ」という同じ意味で発音の違う言葉について説明してきました。 どちらも同じように使えるからこそ両方が同じであることを覚えておくことが非常に大切ですし、またその言葉が相手に伝わらない場合には、類語表現に置き換えると分かりやすくなります。 2つの表現を上手に使いこなしましょう!.

次の