ソフトバンク スマホデビュー。 【ソフトバンク】スマホデビュープラン契約その後【満足度:90→70】

ソフトバンクのスマホデビュープランはいつまで使えるの?最安プランの注意点をまとめる...|すまにあ!

ソフトバンク スマホデビュー

スマホデビュープランの概要 画像引用元: 加入条件やどんな人におすすめなのかをご紹介していく前に、まずはスマホデビュープランの概要について解説していきます。 ガラケーからスマホに切り替える人向けのプラン 「スマホデビュープラン」と銘打たれているだけあって、スマホデビュープランは ガラケーからスマホに乗り換える方向けのプランです。 ガラケー感覚でスマホを使いたい方向けのプラン、と考えると分かりやすいでしょう。 スマホに不慣れなガラケーユーザーを想定したプランであるためサポート体制も万全。 はじめてスマホを使う人でも安心して乗り換えることが可能となっています。 また、他のプランにない特徴として、スマホデビュープランには通話かけ放題オプションの一種である「準定額オプション」が付属しています。 準定額オプションは 5分未満の通話が何度でも無料となるサービスで、短時間の通話を頻繁にする方にはうってつけのオプションです。 あまりデータ通信をしない方にうってつけ 毎月50GBまでデータ通信できるプランも登場している中、スマホデビュープランのデータ容量は 1GBと控えめ。 データ容量は他のプランよりも少ないですが、その分料金が安くなることを考えれば、あまりデータ通信をしない方にとっては有難い話と言えるでしょう。 ただ、逆に言えばスマホデビュープランは「 スマホに乗り換えたら思いっきりデータ通信を楽しみたい」と考えている方には向きません。 1GBで可能なデータ通信はせいぜいLINEやTwitterなどのSNSを1日に数度利用できる程度です。 格安SIM並の月額料金で利用できる スマホデビュープランの魅力のひとつに「 料金が安い」というものがあります。 通常、大手キャリアでスマホを運用する場合、機種代金を抜きにしても毎月の料金は 4、5,000円程度は最低限掛かってしまうものです。 しかし、スマホデビュープランの料金はなんと 2,980円 税込。 料金の平均を大きく下回るものとなっています。 それに加えてスマホデビュープランには後述する割引が存在するため、 実際には更に安く利用することが可能です。 料金が安いガラケーからスマホに乗り換えるとなるとどうしても高額な料金がネックとなりがちですが、これだけ安いのなら充分許容範囲と言えるでしょう。 スマホデビュープランだけの割引が存在する 前述のようにスマホデビュープランには専用の割引である「 スマホデビュー専用割引」が存在するため、通常の料金より安く利用することが可能です。 ただ、名前の通り1年おトク割が適用されるのは契約から1年間だけであるため、2年目以降の月額料金は 1,980円となってしまいます。 とはいえ、スマホが毎月 1,980円 税込 で運用出来るというのは かなり大きなメリットと言えるでしょう。 スマホを持ち込んで契約することも可能 新たにソフトバンクと契約する場合、本来であればソフトバンクにて新しいスマホを購入しなければいけません。 しかし、スマホデビュープランに加入する場合は 中古で購入したスマホや、家族が使わなくなったスマホなどを持ち込んで使うことが可能です。 これは非常に便利で、新規購入すると高額になりやすいスマホを安く手に入れつつ、料金の安いスマホデビュープランへ加入することが出来ます。 ただ、スマホを持ち込む場合は予め持ち込むスマホの SIMロックを解除しておかなければいけません。 SIMロック解除の手順はスマホをどこで購入したかによって異なるものの、大抵はスマホを購入したキャリアにて手続きを行うことになります。 無料でSIMロック解除を行えることもありますが、 有料であることがほとんどであるため、いくらかの出費は覚悟しておかなければならないでしょう。 もちろん、従来のプランと同じくソフトバンクで新たにスマホを購入することも可能です。 スマホ乗り換えの初期投資を抑えたいなら持ち込み、新しい機種が欲しいならソフトバンクでの購入を選択すると良いでしょう。 情報のまとめはこちらで確認できるので、購入前に必ずチェックしてみてください。 ガラケーからスマホに切り替える人向けのプラン• スマホデビュープランのデータ容量は1GBなので、あまりデータ通信をしない方におすすめ• 格安SIM並の月額料金で利用できる• スマホデビュープランだけの割引が存在する• スマホを持ち込んで契約することも可能 スマホデビュープランの加入条件 ガラケーからスマホに乗り換える スマホデビュープランと言うだけあって、 加入できるのはガラケーからスマホに乗り換える方のみとなります。 基本的にそれ以外の方がスマホデビュープランに加入することは出来ないので、スマホからスマホへ乗り換える場合は他のプランを選びましょう。 この条件は機種変更をする場合だけでなく、 新規契約にてソフトバンクに乗り換える方にも適用されます。 例えば、他社からソフトバンクに乗り換えるという方でも乗り換え時にスマホを使っていると、スマホデビュープランに加入出来ません。 新規契約・機種変更時に指定のプランへ加入する スマホデビュープランは いくつかのプラン・オプションがセットになったプランです。 そのため、スマホデビュープランにて指定されているプランに加入しなければスマホデビュープランを利用することは出来ません。 スマホデビュープランに含まれているのは、• 通話基本プラン• スマホデビュープラン 1GB• 準定額オプション• ウェブ使用料 の4つで、このうち変更が可能なのは 準定額オプションのみとなっています。 変更が可能と言ってもオプションを完全に省くことは出来ず、定額オプションへのグレードアップ以外の変更を行うことは出来ません。 少し複雑な仕組みとなっていますが、「 スマホデビュープランは通話・データ通信がセットになったプラン」と覚えておけば問題ないでしょう。 携帯電話を持っていない場合でも契約は不可 前述の通りスマホデビュープランは あくまでガラケーからスマホに乗り換える方のためのプランです。 そのため、そもそも携帯電話を持っていない状態でソフトバンクと契約をするという方もプランの対象外となります。 裏技的な方法として ガラケーを持ち込むという手もあるにはありますが、掛かる手間や費用を考えるとお得な方法とは言えないでしょう。 はこちらでランキングにしているので、是非チェックしてみてください。 スマホデビュープランがおすすめの人 とにかく安くスマホを使いたい人 スマホデビュープランは 出来る限り安くスマホを運用したいと考えている方におすすめです。 スマホデビュープランの料金は最大まで割引を効かせた状態で 980円 税込 とかなり格安。 データ通信できる量こそ1GBと少ないですが、 料金は格安SIM並と言っても過言ではないでしょう。 更にスマホデビュープランにはかけ放題オプションのひとつである「準定額オプション」が付属しています。 これだけのサービスが利用できて、尚且つ料金が安いプランは大手キャリアではそう多くありません。 コスパに優れるプランを探しているのなら、スマホデビュープランへの加入を検討してみることをおすすめします。 データ通信をすることがあまりない人 ガラケーユーザーから見るとスマホは動画を見たり、SNSを利用したりと常にデータ通信をしているように見えるかもしれません。 しかし、一概にスマホユーザーの全てがデータ通信を多用しているかと言えば実はそうではなく、 スマホを使っていてもあまりデータ通信をしないという方は多いです。 例えば、データ通信といえば日に数度LINEを返す程度、という方ならデータ容量は1GBでも全く問題ないでしょう。 スマホデビュープランはそんな データ通信をあまりしない人におすすめのプランで、ガラケーから乗り換える方のデータ通信の利用頻度に則したプランと言えます。 「スマホを使うのに1GBじゃ足りないんじゃないの?」と不安な方は1度自分が1日にどの程度データ通信をするのか想定してみて下さい。 もし、 毎月のデータ通信量が1GBに収まりそうならスマホデビュープランへの加入を考えてみると良いでしょう。 ガラケーからスマホに乗り換えたい人 加入条件からも分かる通りスマホデビュープランは ガラケーからスマホに乗り換える方にとってうってつけのプランと言えます。 ガラケー並に安い料金に、5分間の通話が何度でも無料となる準定額オプションと、スマホデビュープランにはガラケーユーザーに嬉しいサービスが目白押し。 「 今はガラケーを使っているけれどスマホに乗り換えてみたい」と考えているのならば、まずはスマホデビュープランへの乗り換えを検討してみることをおすすめします。 したい方はこちらもチェックしてみてください。 加入対象となるのは「 ガラケーからスマホに乗り換える方」と厳しいものですが、利用できるなら利用した方が良いでしょう。 現在ガラケーを使っていてスマホに乗り換えようと考えている方は是非スマホデビュープランへの加入を検討してみて下さい。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 現在ではスマホが普及や5Gのサービス開始に伴い、ガラケーの利用者の数は減少しています。 ガラケーを取り扱うau、ドコモ、ソフトバンクの大手キャリア3社も、5Gの普及に合わせてガラケーサービスの撤退を発表しています。 そんな中、ガラケーをお使いの方はいつまで使えるのか不安に感 […]• ここではスマホ機種変更でかかる事務手数料を0円にする方法を詳しく解説しています。 ドコモ・au・ソフトバンクのスマホをお使いで、そろそろ機種変更を考えている方も多いのではないでしょうか。 スマホを機種変更する際は本体の代金以外にも費用が必要となりますが、その中でもよ […]• 今やスマホの料金プランは数多くあり、いかにお得にするかでユーザー数は左右されるといっても過言ではありません。 では、ソフトバンクから新たなに始まる「メリハリプラン […]• 満を持して9月11日に情報解禁となった新型iPhone『iPhone 11』。 新しいiPhoneの詳細が発表されるのを心待ちにしていたという方は少なくなりでしょう。 今回はそんなiPhone 11に関する情報の中でもiPhone […]• AndroidからiPhoneへ乗り換えをする場合、どのような方法でデータ移行を行えば短時間でスムーズに乗り換えることができるかご存知でしょうか。 今回はApple純正アプリの「Move to […].

次の

ソフトバンクのスマホデビュープラン完全解説!ガラケーからスマホに機種変更する方は必見!

ソフトバンク スマホデビュー

スマホデビュー割とは? スマホデビュー割は、ソフトバンクのスマホを契約すると 次の機種変更までずっと2,420円(税込2,613円)、さらに指定の機種を購入すれば端末代に 特別割引が適用(機種により額が異なる)されるキャンペーンです。 「月々1980円~スマホが持てる」 というコピーに「またまた~、嘘でしょ?」と思った方も多いかと思います。 これは端末代金を含まない料金であるのに加え、 「おうち割光」つまり インターネット回線契約のセット割引を適用した場合に実現する価格になりますのでご注意を。 (月額料金は後ほど詳しく) とはいえ「スマホデビュー割」には端末代からも割引があるので 格安の月額料金が可能となります。 つまり対象の端末を購入すれば ダブルの割引になるんです。 (下図参照) 注意点として、スマホデビュー割に加入すると 「月月割」(機種に応じて毎月一定の金額を割り引くサービス)は適用されません。 じゃあスマホデビュー割には加入せずに通常通り 「月月割」を適用したほうが良いんじゃない?と思うかもしれません。 しかし、スマホデビュー割の優秀な点は、 データ定額1GBにした場合でも割引が適用されるということ。 「データ定額1GB」でも割引が適用 ライトユーザー向けの「データ定額1GB」は月月割の対象外となってしまいますが、 「スマホデビュー割」なら適用が可能。 つまりどのデータ定額プランでも 平等に特典を受けられるのがこのキャンペーンの特長でもあります。 さらに、月月割は割引期間が 最大24ヶ月なのに対し、スマホデビュー割は 次回の機種変更まで割引が続きます。 あまり端末を変えない・データ通信もあまりしない(ネット閲覧やメールのみ。 または自宅にWiFi環境がある)方には、 超低価格で運用することができる、まさにうってつけのキャンペーンと言えます。 条件を満たせばソフトバンクで 「格安スマホ並」の料金での運用が可能となります。 適用の対象者・条件は? 「スマホデビュー割」の対象となる方 各キャリアのガラケーを利用中でソフトバンクのスマホに 乗り換えされる方や、ソフトバンクのスマホに 新規契約(6歳以上~18歳以下が条件)される方がスマホデビュー割の対象となります。 またソフトバンクでガラケーをお使いの方は、同社スマホへの 機種変更も対象となります。 申し込み条件 上記の対象条件以外にスマホデビュー割の適用には下記条件をすべて満たす必要があります。 基本料金プラン「スマ放題・スマ放題ライト・ホワイトプラン」のいずれかに加入。 データ(パケット)定額プランに加入。 最低利用期間の「2年契約」もしくは「2年契約フリープラン」に加入。 月額料金シミュレーション 「じゃあ実際にいくらになるの?」 はい、ではスマホデビュー割に加入した際の月額料金をシミュレーションしてみましょう! まずはソフトバンクの 携帯電話料金のしくみを知っておくと、より料金の内訳が見やすくなりますので覚えておきましょう。 毎月支払う料金には、• 基本料金(通話にかかる料金。 スマ放題・ホワイトプランなど)• ウェブ使用料(ネットを利用する際の使用料。 データ通信料(データ通信にかかる料金)• 端末代金(購入した端末代金) があります。 (下図参照) 上記を踏まえ 「端末代金を除いた月額料金」を見てみましょう!料金の内訳は以下の通り。 端末代金を除いた月額料金の内訳 例えば スマ放題ライトで データ定額1GBを選択した場合は下記のような内訳になります。 これも データ定額1GBでありながら割引が適用されるから実現できた料金です。 もちろん端末を購入した場合はここに 端末代金がプラスされるわけですが、上述した通り「スマホデビュー割」は、指定の機種なら 端末代金にも割引が適用されます。 では、このあと スマホデビュー割の対象端末と価格について見ていきましょう~。 対象の機種で「特別割引」が適用に! スマホデビュー割に加入し、さらに指定の機種を購入した場合は、通常の割引以外に別途 特別割引が適用されます。 指定の機種は以下になります。 「特別割引」の対象となる機種 スマホデビュー割の対象となる端末は 時期によって変わっていきます。 基本的に 古い(在庫がなくなった)機種は対象から外され、新しい機種が追加される仕組みです。 機種それぞれの 割引額と 毎月の負担額は下表の通りです。 スマホデビュー割に加入すること。 新スーパーボーナス(24回払)で購入すること。 新スーパーボーナスとは? ソフトバンクのローン契約サービスのようなもの。 端末代金を一括払いにするか分割払い(12回・24回)するか選べます。 さらに機種ごとに設定された割引額を基本使用料から割り引きます。 12回払いの場合は特別価格は適用されません。 古い端末を下取りに出せばさらにお得に! 最安となる月額料金(総額)は? では 端末代金も含めた月額料金の総額を見てみましょう。 上記の 特別割引の対象機種を購入した場合 「最安」となる月額料の総額はそれぞれ下記の通りです。 これがスマホに乗り換え(端末代込み)の場合に、 「最安の料金プラン」になります。 他の機種の月額料金(プランは上記と同じ)は下記の通りです。 しかもキャリアの太い回線なのでネットも早く、安定しています。 特に人気の iPhoneでも月額4,000円台から持てるというのは今までスマホを諦めていたガラケーユーザーにとっては絶好のチャンスかもしれません。 「スマホデビュー割」のメリットまとめ 上記で述べたメリットをまとめますと、 スマホデビュー割は、 通常の割引(2,420円)と対象の端末を購入した場合に適用される 「特別割引」の ダブルの割引があるのが特長。 ただしスマホデビュー割に加入した場合、 「月月割」との併用はできませんが、 「データ定額1GB」を選択した場合でも割引が適用になる。 という大きな特長があります。 月月割はデータ定額1GBを選択した場合、割引が適用されませんが、 スマホデビュー割なら適用できます。 ライトユーザーにとってこの差は大きいのではないでしょうか? さらに 次回の機種変更まで割引(2,420円)がずっと続くというのもかなり大きな特長といえます。 ソフトバンク指定の端末を購入すれば、最安で月額料金の総額が 3,000円台。 まさに格安スマホ並み・・いやそれ以上にお得に維持することができます。 キャンペーンの申し込み期間は スマホデビュー割の申し込み受付は 2016年12月21日~終了日未定となっています。 ある日突然、申し込み終了なんてこともありえそうなのでお早めに。 スマホデビュー割の注意点 いいことずくめなキャンペーンですが、注意しておいてほしい点ももちろんあります。 「月月割」は適用されない。 家族(法人)データシェアの子回線はスマホデビュー割に加入できない。 他の割引サービス(学割)等との併用はほぼできない。 基本的に最新の機種などは「特別割引」の対象にはならない• 下記のようなプラン変更や解約を行った場合は特典が終了となります。 解約・譲渡(家族割引名義変更を除く)を行った場合 2. 電話番号・メールアドレスお預かりサービスに申し込んだ場合 3. 新スーパーボーナスを利用して機種変更(月月割を適用)した場合。 専用2年契約/専用2年契約(フリープラン)を解除した場合 5. 対象基本料以外に変更した場合 6. 対象データ(パケット)定額サービスを解除した場合や対象外のデータ(パケット)定額サービスに変更した場合 7. 家族データシェアまたは法人データシェアの子回線に変更した場合 追記:2017年12月22日から「月月割」の適用なしで機種変更した場合や白ロム・SIMフリー端末などにSIMを差し替えて利用した場合でも引き続き「スマホデビュー割」が適用されるようになりました。 「おうち割」加入なら、さらに安くなる 自宅の インターネット回線や 電力サービスとの同時加入だとさらに安くなります。 自宅の インターネット回線をソフトバンク指定の回線にすれば 「おうち割 光セット」が適用され、データ定額1GBの場合、 毎月500円割引となります。 (割引は2年間です。 ) おうち割光セットに加入した場合、ソフトバンクを利用している家族であれば、 その全員(最大10回線まで)に割引が適用されるので、家族全員でソフトバンクに乗り換える場合などは、かなりお得になります。 検討する価値は非常に高い スマホデビュー割は 次に機種変更したり、対象外のプランに変更しないかぎりずっと割引が続くキャンペーンです。 めったに機種変更しないライトユーザーや、物持ちの良い人にとっては、その分長く割引を受けられるので、ぜひオススメしたいキャンペーンです。 受付の終了時期については明示されていないので、 気が付いたら終了していた!なんてこともあり得ます。 うまく使えばかなりお得なキャンペーンだと思います。 ガラケー(auドコモ)ユーザーや18歳以下で新規契約を予定している方はぜひ検討してみて下さい。

次の

ソフトバンクのスマホデビュープラン完全解説!ガラケーからスマホに機種変更する方は必見!

ソフトバンク スマホデビュー

スマホデビュープランとは? 「通話基本プラン」「ウェブ使用量」「データ定額スマホデビュー」を組み合わせたものをスマホデビュープランと呼びます。 「データ定額スマホデビュー」は本プラン向けに登場した新データ定額サービス。 データ容量は1GB。 トータルで月額980円から、2年目以降は1980円から利用できます。 6月12日受付開始、終了日は未定となっています(2019年5月8日時点)。 適用条件 対象の契約は、3Gか4Gのケータイから4Gスマホに変更(MNPや機種変更)することが条件となっています。 基本料金の最安は「準定額オプション」に加入して「スマホデビュー専用割引」を適用させる組み合わせです。 1度の通話時間の長い方については、「定額オプション」への加入も必要です。 具体的な目安として、準定額オプションと定額オプションの差額は1000円ですので、1ヶ月間に5分以上の通話が約25分以上ある場合は「定額オプション」の方がお得になります。 1年目は1年おトク割が適用できるので980円~利用できますが、2年目以降は割引が終了するので1980円~になります。 1年おトク割は「データ定額スマホデビュー」に加入することで適用されます。 合計で6000円相当になる。 条件は、 2019年9月30日までに通話基本プラン、スマホデビュープランに加入すること。 9月30日までに上の表のプランに加入すればOK。 10月1日以降にソフトバンクの契約と同一番号のPayPayアカウントに合計6回付与されます。 受取り方法は後日、ソフトバンクのホームページにて案内するとのこと。 公式: 最後に 現在3G機種を利用している方は、しっかりチェックしておくことをおすすめします。 というのも、ソフトバンクは3Gがいつ終了するか発表されていませんが、数年以内には終了すると思われます。 auはすでに3Gサービスを2022年3月末日をもって終了すると発表しています。 なお、2019年11月末日には、一部3Gガラケー・スマホの3Gサービスの一部機能(GPSやワンセグなど)が使えなくなると発表されています。 スマホデビュープランは、そういった3G機種のユーザーもお得に利用できるプランです。 PayPayデビューキャンペーンも9月30日までに申し込めば適用できますので検討されてみてはいかがでしょうか。

次の