仮面 不気味。 月の落下と繰り返す3日間…異色にして名作の『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』が20周年! トラウマ級の不気味さと奇妙な愛嬌を両立(インサイド)

【怖すぎる】実在する世界の不気味な民族衣装&マスク10選。7枚目は大人でも泣くレベル。

仮面 不気味

References: 土を食べてしまう異食症の一種、は16〜19世紀の奴隷たちの間では比較的一般的な症状だった。 多くは西アフリカの習慣に由来しており、そこでは各種の土が取引されるほど広く見られる症状だった。 しかし奴隷の所有者の目には不健康なものに映り、医師もうつ病、胃痛、浮腫、食欲不振などの原因になると考えていた。 ほどほどの土食が有害であるかについて、きちんとした見解の一致はない。 なお作物を食べさせない意図もあった。 ローリー夫人のトイレマスク(美顔用) References: 一見すると中世の拷問器具か何かに見えなくもないが、第一次世界大戦中、カンブレーの戦いで戦車の操縦士が保護のために着用したものだ。 当時の戦車はまだ黎明期にあり、現在ほど快適なものではなかった。 移動速度は歩兵と変わらず、頻繁に故障し、重火器を喰らえば破壊された。 したがって中にいる操縦士は、砲火の標的となり、それで破壊されなくとも銃撃で生じた破片などにさらされる危険が大きかった。 重火器以外の兵器が命中した時でも操縦士の顔目掛けて鉛片が飛んでくることがあった。 マスクはそうしたものから顔を守る最後の砦である。 巨大な戦車と不気味なマスクを被った操縦士を目の当たりにしたドイツ軍は、最初は恐れおののいたことだろう。 ところが、戦車が鉄くずに過ぎないことが分かると、今度は嘲笑し始めた。 ドイツが独自の戦車を開発したのは、戦争もずっと後になってからのことだ。 乳児用ガスマスク References: 死んだ人間の顔を石膏で型取り、死に顔を残すという習慣がかつて存在した。 歴史的には非常に一般的なことだったのだ。 デスマスク作りは古代から見られ、20世紀まで続いた。 これは彫刻のモデル、法医学的用途、宗教的儀式、単なる記念といった目的で作られた。 一般には医師が鋳型作りを担っており、死後、数時間以内(膨張や死後硬直が始まる前)に行われた。 そうした死を扱った医師たちのおかげで、私たちはナポレオン、リンカーン、ベートーベンといった歴史に名を残した人物の死に顔を目にすることができる。 だが最も有名なのは「セーヌ川の身元不明少女」かもしれない。 彼女は1880年代にセーヌ川で見つかった溺死体だが、そのデスマスクはフランスの上流階級でも人気の絵画モチーフとなり、やがては心肺蘇生法を練習するダミー人形のモデルともなった。 彼女は命を落としたが、そのおかげで救われた人が大勢いるのかもしれない。 アレクサンダー・ペデンのマスク References: 1663年、ある長老派教会の牧師が政府に追われる身となった。 聖職者が一体何をやらかしたのか? イングランド王チャールズ2世が長老制を廃止した時、彼は説教を止めるのを拒み、主教制教会の司祭は牧師全員を認めるべきだと主張したのだ。 ペデンは法に背き説教を続け、それが当局から治安を乱しているとみなされ、スコットランド最大のお尋ね者の1人となった。 役人から逃れるため、ペダンは一計を案じた。 彼の顔はすでに割れていたので、布にヒゲや歯をあしらったマスクで変装することにしたのだ。 驚いたことにこれはしばらく功を奏したのだが、それ以上に驚くのは、人々が奇妙な悪魔的風貌の人物が語る説教を抵抗なく受け入れたことだ。 しかし1673年、ペデンはついにお縄となり、10年余を刑務所で過ごした後、アメリカに追放された。 だが結局はスコットランドに帰還し、人目を忍びながら亡くなった。 恥辱のマスク(刑罰用) References: 恥辱のマスク(Schandmaske)は、17世紀と18世紀のドイツで行われた一種の刑罰に用いられた。 噂話、下品なジョーク、無作法といった社会のルールを破り、このマスクの着用を強制された人を見れば、目撃者はさぞ嫌な気分になったことだろう。 重たい鉄のマスクは体にも堪えただろうが、主な目的は違反者を嘲笑うことだ。それゆえにデザインはひどく滑稽で、罪の内容が連想できるものになった。 例えば、長い舌は噂好きであること、豚のような鼻は下品であることを表した。 息をするたびにピーピー鳴るものもあった。 ついでに晒し場に繋がれて、通行人の嘲笑を浴びることになった。 マスクの中には鉄片で着用者の舌を押し付けるようなものもあった。 昔のハロウィンマスク References: 16世紀のうら若き女性は、おそろしい黒いマスクをして躊躇いもなく外出した。 ベルベット生地のヴィザードは皮膚を日光から守り、ついでに神秘的な雰囲気を演出するためのものだ。 口の部分の裏側には小さな数珠がついており、女性はこれを噛んでずれないよう抑えた。 寡黙になるため、一層ミステリアスさが醸し出されただろう。 これを好む一部マニアックな男性もいたことだろうが、当時の作家フィリップ・スタッブズは、仮面の女性に出会えば「怪物か悪魔にでも遭遇したように思うだろう。 顔は一切見えず、ガラス付きの2つの穴の向こうに目が見えるだけ」と記している。 17世紀になると娼婦が連想されるようになり流行も下火となった。 イロコイ族の偽顔結社マスク References: 大抵の土着文化には宗教や儀式に用いるマスクがあるものだが、部外者の目には、その多くが素晴らしくも恐ろしく見える。 しかしイロコイ族のヒーラー集団である偽顔結社(False Face Society)が着用するものほど威嚇効果のあるものはない。 マスクは単なる木彫りのマスクなどではなく、精霊の生きた化身であると考えられている。 例えば、時折油や動物の脂を塗ったり、とうもろこし粥を食べさせたり、タバコで燻したりする。 部外者に公開されることはないが、ヒーラーはマスクを着用し、病人の体に宿った悪魔のパントマイムをすることで、それを祓うのだそうだ。

次の

【動画】イタリアの不気味な仮面祭り

仮面 不気味

References: 土を食べてしまう異食症の一種、は16〜19世紀の奴隷たちの間では比較的一般的な症状だった。 多くは西アフリカの習慣に由来しており、そこでは各種の土が取引されるほど広く見られる症状だった。 しかし奴隷の所有者の目には不健康なものに映り、医師もうつ病、胃痛、浮腫、食欲不振などの原因になると考えていた。 ほどほどの土食が有害であるかについて、きちんとした見解の一致はない。 なお作物を食べさせない意図もあった。 ローリー夫人のトイレマスク(美顔用) References: 一見すると中世の拷問器具か何かに見えなくもないが、第一次世界大戦中、カンブレーの戦いで戦車の操縦士が保護のために着用したものだ。 当時の戦車はまだ黎明期にあり、現在ほど快適なものではなかった。 移動速度は歩兵と変わらず、頻繁に故障し、重火器を喰らえば破壊された。 したがって中にいる操縦士は、砲火の標的となり、それで破壊されなくとも銃撃で生じた破片などにさらされる危険が大きかった。 重火器以外の兵器が命中した時でも操縦士の顔目掛けて鉛片が飛んでくることがあった。 マスクはそうしたものから顔を守る最後の砦である。 巨大な戦車と不気味なマスクを被った操縦士を目の当たりにしたドイツ軍は、最初は恐れおののいたことだろう。 ところが、戦車が鉄くずに過ぎないことが分かると、今度は嘲笑し始めた。 ドイツが独自の戦車を開発したのは、戦争もずっと後になってからのことだ。 乳児用ガスマスク References: 死んだ人間の顔を石膏で型取り、死に顔を残すという習慣がかつて存在した。 歴史的には非常に一般的なことだったのだ。 デスマスク作りは古代から見られ、20世紀まで続いた。 これは彫刻のモデル、法医学的用途、宗教的儀式、単なる記念といった目的で作られた。 一般には医師が鋳型作りを担っており、死後、数時間以内(膨張や死後硬直が始まる前)に行われた。 そうした死を扱った医師たちのおかげで、私たちはナポレオン、リンカーン、ベートーベンといった歴史に名を残した人物の死に顔を目にすることができる。 だが最も有名なのは「セーヌ川の身元不明少女」かもしれない。 彼女は1880年代にセーヌ川で見つかった溺死体だが、そのデスマスクはフランスの上流階級でも人気の絵画モチーフとなり、やがては心肺蘇生法を練習するダミー人形のモデルともなった。 彼女は命を落としたが、そのおかげで救われた人が大勢いるのかもしれない。 アレクサンダー・ペデンのマスク References: 1663年、ある長老派教会の牧師が政府に追われる身となった。 聖職者が一体何をやらかしたのか? イングランド王チャールズ2世が長老制を廃止した時、彼は説教を止めるのを拒み、主教制教会の司祭は牧師全員を認めるべきだと主張したのだ。 ペデンは法に背き説教を続け、それが当局から治安を乱しているとみなされ、スコットランド最大のお尋ね者の1人となった。 役人から逃れるため、ペダンは一計を案じた。 彼の顔はすでに割れていたので、布にヒゲや歯をあしらったマスクで変装することにしたのだ。 驚いたことにこれはしばらく功を奏したのだが、それ以上に驚くのは、人々が奇妙な悪魔的風貌の人物が語る説教を抵抗なく受け入れたことだ。 しかし1673年、ペデンはついにお縄となり、10年余を刑務所で過ごした後、アメリカに追放された。 だが結局はスコットランドに帰還し、人目を忍びながら亡くなった。 恥辱のマスク(刑罰用) References: 恥辱のマスク(Schandmaske)は、17世紀と18世紀のドイツで行われた一種の刑罰に用いられた。 噂話、下品なジョーク、無作法といった社会のルールを破り、このマスクの着用を強制された人を見れば、目撃者はさぞ嫌な気分になったことだろう。 重たい鉄のマスクは体にも堪えただろうが、主な目的は違反者を嘲笑うことだ。それゆえにデザインはひどく滑稽で、罪の内容が連想できるものになった。 例えば、長い舌は噂好きであること、豚のような鼻は下品であることを表した。 息をするたびにピーピー鳴るものもあった。 ついでに晒し場に繋がれて、通行人の嘲笑を浴びることになった。 マスクの中には鉄片で着用者の舌を押し付けるようなものもあった。 昔のハロウィンマスク References: 16世紀のうら若き女性は、おそろしい黒いマスクをして躊躇いもなく外出した。 ベルベット生地のヴィザードは皮膚を日光から守り、ついでに神秘的な雰囲気を演出するためのものだ。 口の部分の裏側には小さな数珠がついており、女性はこれを噛んでずれないよう抑えた。 寡黙になるため、一層ミステリアスさが醸し出されただろう。 これを好む一部マニアックな男性もいたことだろうが、当時の作家フィリップ・スタッブズは、仮面の女性に出会えば「怪物か悪魔にでも遭遇したように思うだろう。 顔は一切見えず、ガラス付きの2つの穴の向こうに目が見えるだけ」と記している。 17世紀になると娼婦が連想されるようになり流行も下火となった。 イロコイ族の偽顔結社マスク References: 大抵の土着文化には宗教や儀式に用いるマスクがあるものだが、部外者の目には、その多くが素晴らしくも恐ろしく見える。 しかしイロコイ族のヒーラー集団である偽顔結社(False Face Society)が着用するものほど威嚇効果のあるものはない。 マスクは単なる木彫りのマスクなどではなく、精霊の生きた化身であると考えられている。 例えば、時折油や動物の脂を塗ったり、とうもろこし粥を食べさせたり、タバコで燻したりする。 部外者に公開されることはないが、ヒーラーはマスクを着用し、病人の体に宿った悪魔のパントマイムをすることで、それを祓うのだそうだ。

次の

不気味なデザインをした10の歴史的なマスクとその使用目的(仮面) : カラパイア

仮面 不気味

『仮面ライダーゼロワン』の特別編『プレジデント・スペシャル PART. 02』に登場し、話題を呼んでいる不気味な漆黒のライダー「仮面ライダーアークゼロ」の声を、『ヒプノシスマイク』や『炎の蜃気楼』、『BLEACH』など数多くの人気アニメに参加する人気声優・速水奨が担当していることが発表された。 5月17・24日には、これまでのバトルを振り返りつつ、物語に散りばめられた謎をひも解いていく特別編が放送された『仮面ライダーゼロワン』。 その『PART. 01』で突如、不気味な漆黒のライダーが出現し、「いったい何者なのか!? 」とファンの間で話題騒然となっていた。 そして、本日24日に放送された『PART. 02』で、ついにアークゼロの"声"が明らかになった。 真っ黒で、むき出しになった左目だけが赤い光を放っている、仮面ライダーアークゼロ。 衛星アークは、かつて地球上のヒューマギアを宇宙から制御するために開発された通信衛星だったが、人類に敵意を抱いていることが発覚し、或人の父親である飛電其雄(演:山本耕史)がアークの陰謀を阻止。 長らく湖の底に沈んでいた。 しかし、衛星アークはひそかに滅(演:砂川脩弥)、迅(演:中川大輔)ら滅亡迅雷. netに"意志"を送り続け、人類滅亡という最終目的に向けて静かに活動を続けていた。 そして、ついに衛星アークが、仮面ライダーアークゼロとして具現化。 衛星アークはどのようにしてアークゼロへと"変身"するのか……!? また、アークゼロは滅亡迅雷. 最終章の核になっていくであろう、この禍々しいキャラクター、仮面ライダーアークゼロの声を担当するのは、ベテラン声優・速水奨。 速水は、『ヒプノシスマイク』や『炎の蜃気楼』、『BLEACH』など数多くの人気アニメや吹き替え作品、ナレーションなど幅広く活躍。 正統派ヒーローから悪役、三枚目まで多彩なキャラクターを圧倒的な声の力で表現してきた。 今年デビュー40周年を迎えた速水が、『仮面ライダー』シリーズに携わるのは今回が初めてであるという。 なお、次週5月31日は、不破諫の視点から、物語を刃唯阿と共に振り返っていく特別編『シューティング・スペシャル』が放送される。 ダイナミックな戦闘シーンをふんだんに盛り込んだ内容になっているという。 速水奨(仮面ライダーアークゼロ役)コメント• 『仮面ライダー』は、少年時代からの憧れでした。 『ゼロワン』でこんなかたちで参加出来、とても感動しています。 持てる力を思い切り投入して、素敵なアークを演じたいと思います。 予めご了承ください。 関連記事•

次の