1 キロ 歩く 時間。 1日5キロのウォーキングダイエットで実感した体の変化とメリット・デメリット

1時間でしっかり痩せる走り方「10・5ジョギング」が効果的!実際に大減量に成功したダイエットだ!│ナナジゴフン

1 キロ 歩く 時間

私が5キロ減に成功したウォーキングダイエットのやり方 私が実践したウォーキングダイエットのやり方は簡単。 1日5km、姿勢を正して腕を大きく振り、いつもより少し早足で歩くだけです。 すぐに始められる、ハードルの低いダイエット法です。 姿勢 まず背筋を伸ばして胸をはります。 軽くあごを引き、視線は足元ではなく遠くを見るようにしましょう。 かかとから着地して、つま先から地面を蹴るように歩きます。 腕は90度に曲げ、大きく振ると背中の脂肪に効きますよ。 この時、肩に力が入らないよう気をつけましょう。 間違った姿勢でどれだけ歩いてもダイエット効果はありませんので、常にこの姿勢を意識して歩いて下さいね。 所要時間 5km歩くのに必要な時間は、成人女性で約1時間ほどでしょうか。 それを毎日、2ヶ月ほど続けました。 ライフスタイルや体調に合わせて、最適な時間と距離を見つけてくださいね。 関連記事 実践したウォーキングダイエットの効果 ウォーキングダイエットの効果は大きく3つありました。 全身の脂肪が満遍なく減る ウォーキングは全身運動のため、パーツではなく全体的に脂肪を落とすことが出来ます。 脂肪が落ちにくいとされる背中も、腕を大きくふることで驚くほどすっきりしました。 ウォーキングでスリムになると、重いコートを脱いだときのような身体の軽さを感じることが出来ます。 また、身体が軽くなると自然とアクティブになりますので、例えば「今日はもう1駅歩こうかな」などと日常の中での運動量も増えたように思います。 体力がつく 日常的にあまり歩くことの無い方は、ウォーキングダイエットを始めた頃、1日5km歩くのは少し辛く感じるかもしれません。 私もそうでした。 ただ、少しずつ身体は変わっています。 毎日歩くことで自然と体力がついてきます。 だんだんと「しんどいな」と感じる地点が遠くなり、歩くことに慣れてきた頃には、最初のコースでは物足りなさを感じるようになるほど。 今では日常生活の中でも、2~3kmの距離なら迷わず歩いています。 食欲が減る 運動するとおなかが空いてしまうのでは…と思われるかもしれません。 しかし近年の研究では、運動後は食欲が抑えられ、運動をしなかった場合に比べ摂取カロリーが300kcal程度減ることが分かっています。 体重が減って食欲も減る、とても理想的でお得ではありませんか? さらに私の場合は、ウォーキングから帰るとすぐに入浴していました。 汗を流したいのはもちろんですが、温かいお湯に浸かることで、胃腸の働きが鈍り消化液である胃液の分泌が治まりますので、自然と空腹感が緩和されるのです。 スポンサーリンク ウォーキングダイエットの口コミでの評価 成功率が高く、リバウンドしにくいのがウォーキングダイエット経験者の特徴です。 個人に合った運動量から始められ、習慣にしやすいダイエットだからでしょうか。 また年齢に関わらず、幅広く行われていることもポイントです。 家族や友人とも始められますし、ずっと続けられる健康習慣なのは嬉しいですよね。 ウォーキングダイエットの体験談 行った時間帯 平日の日中は仕事をしていることと、日焼けしたくなかったことから、夜7~9時の間に行いました。 たまに早朝に歩くこともありましたが、ウォーキング仲間が多いのは朝かと思います。 朝の澄んだ空気ときれいな朝焼けはダイエットのご褒美のようでした。 また一度自宅に帰るとやる気を失くしそうな時期は、会社の帰りに最寄り駅より手前の駅で降りて歩きました。 この時、歩きやすい靴を持って会社へいくことと、会社用の鞄の重さが負荷になるので交互の腕で持つように気を付けました。 服装・持ち物 ジャージにTシャツ+ウインドブレーカー、靴はウォーキング用のものを購入しました。 靴はダイエット用のもので、底がバランスボール状になっているものを選びましたが、初めは手持ちのものでよいかと思います。 夜間に歩く際は、明るい色の服装で車などから見つけやすいように注意が必要です。 持ち物は、タオル・スマートフォン(携帯電話)・水・小銭といったところでしょうか。 ウエストポーチに入れてウォーキングすると邪魔にならず便利ですよ。 最近のスマートフォンや携帯電話には、歩数計の機能がついており自動的に記録してグラフにしてくれるものもあります。 上手く活用して、日々の励みやステップアップの目安にしましょう。 歩くコース 毎日歩くと飽きてしまうので、大きく2パターンのコースを用意しました。 起伏のある街に住んでいる方は「坂の多いハードコース」なんていうのを考えるのもいいですね。 同じコースを歩くときでも、ひとつ曲がる角を変えるだけで新たな発見があり、楽しいものです。 また、歩くとお手洗いに行きたくなることもしばしば・・・。 トイレを借りられるコンビニなどをコースに取り入れるのもおすすめです。 くれぐれも、夜間は明るい道を選んでくださいね。 慣れてきたらウエイトで負荷を ウォーキングが習慣になり、コースを楽に歩けるようになった頃「さらに効果を上げたい!」と思い腕や足首に巻いて使用するウエイトを利用しました。 250gのものを主に足首に巻いて使用しましたが、脚を大きく上げて歩こうとするため、お尻やウエストへのねじり効果があり、シェイプアップに一役買ってくれたように思います。 使用方法を誤ったり無理に使用したりすると身体を痛めてしまうので、くれぐれも無理のないように! 関連記事 ウォーキングダイエットのメリット・デメリット ウォーキングダイエットのメリット いつでも・どこでも始められる 今日の帰り道からでも始められるのがウォーキングダイエット。 まずはひと駅手前で降りて歩いてみる、今日は遠い方のコンビニを利用する、でもいいんです!ダイエット熱が冷めないうちに始めちゃいましょう! お金がかからない 器具をそろえる必要も、専用の施設に通う必要も一切なし!浮いたお金で、スリムな身体に合う服を買えますね。 メニューは自由自在 「今日は時間がないから30分だけ」「慣れてきたから距離を延ばしてみよう」そんなメニューチェンジも自分次第。 無理がないから続けられるダイエットです。 リバウンドが少ない 食べないダイエットなどと異なり、ウォーキングダイエットは体力をつけ日々の運動を強化するものなので、リバウンドが少なくスリムな身体を維持しやすいです。 心も身体も健康になる ウォーキングすることで血液の循環がよくなり、自律神経が整うと言われています。 季節の移り変わりを肌で感じることは、いいリフレッシュになりそうですね。 ウォーキングダイエットのデメリット 天候に左右されやすい 小雨程度なら傘をさして歩けますが、雨風の強い日は無理せず筋トレなどのダイエットに切り替えましょう。 効果がすぐに表れるダイエットではない ウォーキングダイエットは毎日少しずつ身体を変えるダイエットです。 「少し引き締まってきたな」など身体の変化を楽しみながら、納得できるまで続けてみましょう。 ウォーキングダイエット成功の秘訣• 正しい姿勢で歩くこと• 継続して続けること• コースやメニューなどに変化をつけて工夫すること• 身体の変化を楽しむこと まとめ よく見渡すと、街中にはウォーキング仲間が結構いるものです。 スリムな身体作りと、健康維持に効果的なウォーキングダイエット、ぜひ今日から始めてみましょう!.

次の

徒歩1キロにかかる所要時間(何分)の基準を3つの観点から紹介

1 キロ 歩く 時間

結果としては体重は減りません。 ウエストだけはややすっきりしましたが・・・。 私の場合はかなりの運動不足でしたので、日常的に歩くことが多い方は変化があまりなさそうですね。 現在は、夜に1時間ウォーキングしています。 普通の歩き方ではなく、大股で下腹やお尻、背中に力を入れながら、かなり早く歩きます。 2週間後には、人から後姿が違う!と言われる程引き締まってきました。 ウエストは1ヶ月で5cm細くなりました。 この歩き方で2ヶ月経過しましたが、体脂肪率6%減、体重2.5kg減です。 引き締まったせいか、明らかに見た目に変化があります。 テクテク歩くぐらいだと、生活習慣病対策には効果があると思いますが、ダイエットには効果を期待しないほうが良いと思います。 せっかくですから、大股で筋肉を意識しながら、早めに歩いてみてはいかがでしょうか? あなたの体重が不明ですが、仮に50kgだと仮定して、1時間(4. 5km)歩けば消費カロリーは160kcalです。 一方バス通勤によって消費していたカロリーがそれだけ減ります。 バス通勤(座らず、つり革につかまり立ちしている想定です)を往復で20分とみなせば38kcalですので、差し引き122kcalがテクテク歩きで消費される見込みになります。 菓子パン1個が(ものにもよりますが)350kcal前後なので、その1/3個分のカロリーに相当します。 1ヶ月のうちテクテク歩きできるのが(雨の日も歩くとして)20日として、1ヶ月で2,440kcalです。 これは体脂肪量換算で340gですね。 半年続ければ2kgになります。 ジワジワと効果が出るでしょうね。 歩きのおかげで食が進み、知らず知らずのうちに少しでも多めに食べるようになれば、テクテク歩きの効果はフイになりますから、注意してください。 122kcalはご飯お茶碗半杯分ですから。 もし、減量を目的としているのであれば、しないよりはマシというくらいでしょう。 太るか痩せるかは、とても大雑把にいえば摂取カロリーと消費カロリーの差です。 ウォーキングは確かに良いことですが、そのために空腹を覚えてアンパン1個を食べれば終わってしまうような運動量です。 消費カロリーの大まかな計算ができるサイトを紹介しますので、ご自分で計算してみてください。 体重が大幅に標準を上回っている方でしたら、ある程度の改善も期待できますが、そうでないなら期待しないほうがいいと思います。 ただ、体重をどうこうと言うより運動をするというリズムを体に覚えこませることは大切です。 私の場合で恐縮ですが、ウォーキングを毎日2時間、2年間やっても体重はまったく変わりませんでした。 でも、体質が変わったのかもしれませんが体を動かすことが習慣になっていつのまにかスローなジョギングができるようになって、徐々に走れる体力が付きました。 そうすると、今まで落ちなかった体重が落ちてきてウエストが引き締まってきたのです。 目標を減量に置いている人は、一時期成功しても油断してリバウンドする人が多いです。 今はジョギング仲間が何人もいますが、継続できている人の共通点はダイエットが目標でなく走ることが趣味になっている人です。 Q 私は、女性45歳。 4年前に半年で10キロ太ってから、体重が減りません。 最近は、贅肉が気になるようになり、毎日歩きだして3週間。 体重は減るどころか、逆に少しだけ増えました。 脂肪を燃焼させるドリンクを飲みながら、歩いているのですが・・・ 私には、筋肉があまりありません。 良く、50歳前後の方で、筋肉も無いけれど、何ヶ月かたった頃から、少しだけ、痩せはじめ、そこから、面白いように痩せていったという話を聞きます。 人それぞれだと思うのですが、私も痩せることができるのでしょうか? 太ってから、体調がおもわしくなくなったり、健康診断で、イエローカードをもらったりしているので、なんとか、体重を5キロ減らしたいのですが・・・ 経験者の方、また、代謝とかに詳しい方、ご教授ください! A ベストアンサー ウォーキング頑張っていますか?脂肪を燃焼させるドリンクはカロリーが意外と高かったりするので、あんまり意味がないかもしれません。 でも、毎日40分歩くのは丁度いい運動だと思います。 毎日40分歩いて、軽い筋肉トレーニングや健康体操をして、食事を気を付けるのを続けると良いと思います。 しかし、ダイエットを継続していてもなかなかはじめの1キロが痩せなかったりします。 わたしは82キロから58キロの減量に成功しましたが、ダイエットを始めてから痩せはじめるまで3ヶ月かかりました。 半年過ぎた頃から、おもしろいように痩せていきました。 これってホントです!! なかなか体重が減らなくて、身も心も重いかと思いますが、ダイエットは継続すれば必ず痩せます!!ウォーキングと控えめな食事を習慣にすれば、増えた10キロもするりするりと痩せると思います。 必ずあなたも痩せられます。 保証付きです。 Q このたび、夏に向けて本格的に体を絞ろうと思いました。 当方男性20歳165cm67kgです。 前々から今度やろう今度やろうと先延ばしにしていて、もう6月です。 時間がありません。 なので、今日からジョギングを始めようと思い、先ほど、40分ほどかけて土手をジョギングしてきました。 沢山汗をかいて久々に運動したなぁとか思いながら結構終わった後はすがすがしかったんですが、 はたしてこれを毎日やって本当にやせるのかどうか。。。 そこで質問です。 毎日ちゃんと30分ほどかけてジョギングをしたらダイエットの効果、というか、体が絞れてきますでしょうか?? 2. 毎日30分ではなく、10分や20分。 とりあえず時間がとれなくてもなんとかジョギングするだけでは効果はありませんか? 3. 毎日できずに週3. 4回30分しかできなかったとしたら効果はどうでしょうか?? 以上回答いただけたら幸いです。 食事のほうは、規則正しく、油物などは控えています。 A ベストアンサー >夏に向けて本格的に体を絞ろうと思いました。 本格的には数年かかるつもりで実行したほうが良いですが、とにかく、始めなければ何事もスタートしませんから、できる範囲で継続することです。 で、その上で、 1:それなりに効果があります。 食事量・内容にもよりますが、基本的には摂取カロリー<消費カロリーでやせます。 2:10分ずつでも、毎日何回もちょくちょくやれば効果はあります。 3:ほかの条件との兼ね合いですね。 年齢が若いからもっと遣ったほうが良いとは思います。 私はほかの運動の為と、体力・精神強化のために、20代の時は毎日(週6日)朝1時間半から2時間、夕方から夜に1時間程度走りこみをして基礎体力をつけていましたが、幾ら食べても太れませんでした。 指導している人でも、健康人なら同じ結果がでます。 A ベストアンサー メカニズム的に、運動によって脂肪が減っていくのは、どのタイミングなのでしょうか? 24時間常に減っています。 運動強度と食事のタイミングで、脂肪とグリコーゲンの消費割合が変わります。 食事ですぐにチャージされます。 車でたとえると生きている限り、エンジンがかかってアイドリング状態。 常にガソリン(脂肪とグリコーゲン)が消費されてます。 アクセル吹かす(運動すると)たくさん消費されます。 給油(食事)すればすぐガソリン(脂肪とグリコーゲン)がたまります。 ・運動開始20分後くらいから、血液中の脂肪が増加する。 ・食後は、インスリンの脂肪分解抑制作用のために、血中の脂肪濃度が増加しない。 ・空腹時が最もよく燃える。 vector. 運動強度と食事のタイミングで、脂肪とグリコーゲンの消費割合が変わります。 食事ですぐにチャージされます。 車でたとえると生きている限り、エンジンがかかってアイドリング状態。 常にガソリン(脂肪とグリコーゲン)が消費されてます。 アクセル吹かす(運動すると)たくさん消費されます。 給油(食事)すればすぐガソリン(脂肪とグリコーゲン)がたまります。 A ベストアンサー 全く同じことを私がしています。 実際ダイエットメニューの一つとして週2回、会社帰りに2~3Kmを徒歩で帰るという事をやっております。 条件) 革靴でかばん片手 結果) 1、筋肉量増加による有酸素運動時の消費カロリーアップ。 2、腕・腰回りの歩行振れによる普段使わない部分の脂肪燃焼。 これらによる体重減(10kg落ちました)。 注意) 体重減はこれだけが原因ではなく、食生活(3食取り、朝・晩は少なめ)の和食化や、柔軟体操などの効果でもあると思います。 要は、食生活・体の柔軟性アップ・有酸素運動(ウォーキング)をきちんと決まりをもって行って初めて効果が出ると思いますので、歩くだけしかされないのなら、体重は現状維持程度だと考えるべきでしょう。 Q 1年ほど前からウォーキングを始めてまして 大体週に3日程のペースで一回に4~5km歩いていました。 けれども徐々に距離が伸びていき、3ヶ月ほど前からは ほぼ毎日、8~10kmくらい歩くようになりました。 理由はウォーキング自体が楽しくなったのと、体重が 若干増えてきた為です。 もともと健康維持とダイエット効果を狙って始めたので 距離を伸ばせば体重が減ると思い、どんどん増やして いったのですが、距離を増やせば増やすほど体重が減るどころか 徐々に増えてきてしまっています>< そこで、ふと思ったのは距離や回数を増やしたために 足に筋肉が付いてしまい、そのせいで体重が増えたのかな?と 思っていますが、果たしてウォーキング程度でそんなに筋肉が 付く物なのでしょうか? もしそうだとしたら、回数と距離を元に戻せば 体重は減るでしょうか? でもそうすると、一気に体重が増えそうで怖くて 試せないでいます。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー お礼、ありがとうございます。 >冬は脂肪がつきやすい。 本当にうろ覚えで恐縮なのですが、冬は体温維持の為により多くのエネルギーを使います。 なので熱をあまり必要としない夏と比べて、冬の方が代謝がいいといわれています。 その割に太ると言われるのは、食欲が増し摂取カロリーが増えるのに消費カロリーが少ないせいです。 寒いこの時期、春や秋、夏と比べてあまり身体を動かしたくなくなりますよね。 アスリートやスポーツを趣味にしている人は別として、特別運動していない普通の人は摂取量>消費カロリーになりやすい時期になります。 また、定期的に運動したりこまめに動いている人で食事に気をつけていれば急激に太ることはないと思います。 摂取<消費なら太りようがないですから。 動かないで食べる量が増えれば当然太ります。 冬に太ることが多いのはこの為だと思われます。 こういう代謝などの詳しい事は筋トレ系の質問にボディメイク視点で語ってくれる常連さんたちがいますので、興味があればその人たちに聞いたほうが早いかもしれません。 栄養学やボディメイクに関してはプロばかりです。 その身長体重でしたら、他の方も仰るように筋トレをお勧めしたいです。 高身長ですので、尚更、もったいないです。 もし、筋トレに抵抗あるようでしたら、まずはスロトレから始めてみてはどうでしょうか。 スロトレは筋トレの入門編ですから、初心者にもとっつき易いトレーニングだと思います。 東大教授の石井直方先生著の「スロトレ」をお勧めします。 お礼、ありがとうございます。 >冬は脂肪がつきやすい。 本当にうろ覚えで恐縮なのですが、冬は体温維持の為により多くのエネルギーを使います。 なので熱をあまり必要としない夏と比べて、冬の方が代謝がいいといわれています。 その割に太ると言われるのは、食欲が増し摂取カロリーが増えるのに消費カロリーが少ないせいです。 寒いこの時期、春や秋、夏と比べてあまり身体を動かしたくなくなりますよね。 アスリートやスポーツを趣味にしている人は別として、特別運動していない普通の人は摂取量>消費カロリ... Q こんばんは。 お世話になってます。 ここ1年で、ストレスによる過食で10キロ太ってしまいました。 そこで皆さんにお聞きしたいのですが、10キロの増減で人ってどのくらい変わりますか? 「彼女が10キロ太って別人のように醜くなった」 「ダイエットで10キロやせてモテた」 など、具体的にどんな変化があるのか知りたいです。 自分を客観的に見るのが苦手で、絶対前とは違うんですけど変わらないかも?とか思ってしまっています。 こんな自分に喝を入れるためにも現実を知りたいです。 皆様のご回答をお待ちしております。 よろしくお願いします! A ベストアンサー 165cmで68kgあった体重を54kgに落としました(私はオジサンです)。 あれから7年経ちますが、ずっと減量した体重を維持しています。 毎日スポーツジムで体重を測っていますが、昨日は53. 5kgでした。 10kg減量した頃から世界は一変します。 久しぶりに会った人からは、大病でもしたのか、と言われるほどです。 まず、体が軽くなってよく動けます(動くことが苦になりません)。 以前は体を動かすとワイシャツがズボンからはみ出しましたが、いまは少々動いてもシャツやズボンは体にピッタリの状態が維持できています。 体つきも変わります。 体が細身になっただけではなく(ベルトサイズが88cmから73cmになっています)、二重あごがなくなってとてもスッキリした顔立ちになりました。 二重まぶたが三重まぶたみたいになりましたし、声帯まで痩せて(耳鼻咽喉科で胃カメラで確認しました)ハスキーなしわがれ声に声変わりしています(この点は声が聞き取りにくいとの理由で家族にはとても不評です)。 健康面でもよいことずくめです。 健康診断に行くと以前は生活習慣病にかかわる検査項目でたくさんひっかかり、E(要精密検査)判定が山のように出ましたが、14kg減量した今はほとんど良好な状態に快復しています。 脂肪肝であったり糖尿病予備軍だったのが、そこから抜け出ました。 まず、全身にわたってシワや皮膚の弛みが目立ち、顔は一気に10歳ほど老けた感じになります。 基礎代謝量も落ち、以前は冬でも寒さ知らずだったのが(夏は大汗かきでした)いまは夏でもそれほど暑いとは思わず、逆に冬は足や手の指先が凍えます(以前は手足が冷えると言う人のことを理解できませんでしたが、いまは身を以って分かります)。 以前の着物は全部ダメになり(ブカブカで見っとも無い状態になるので)多くの背広も含めて全部捨て、買い直しました。 大損です。 でも、太っていた以前はどんな高級で格好いいはずの服を買っても着ると似合いませんでしたが、痩せた今はどんなに安物の服を着ても似合い、とても格好よく見えます(周りからそう言われます)。 食べる量も減りましたので、食費も助かっていますよ。 165cmで68kgあった体重を54kgに落としました(私はオジサンです)。 あれから7年経ちますが、ずっと減量した体重を維持しています。 毎日スポーツジムで体重を測っていますが、昨日は53. 5kgでした。 10kg減量した頃から世界は一変します。 久しぶりに会った人からは、大病でもしたのか、と言われるほどです。 まず、体が軽くなってよく動けます(動くことが苦になりません)。 以前は体を動かすとワイシャツがズボンからはみ出しましたが、いまは少々動いてもシャツやズボンは体にピッタリの状態が維持できていま... A ベストアンサー もう4、5年前から、毎日会社帰りに20分ほど歩いて帰ってます。 本当はもっと距離があるのですが、半分歩いて半分バスという感じです。 そのかわり、会社のない土日はお休みの日にしてました。 ちょっと買い物に行く時くらいに、自転車など乗らず20分から30分の場所ならわざと歩いて行くくらいの気持ちでした。 でも、毎日たった20分ですが、はじめたばかりの頃1ヶ月でジーンズがゆるくなり、2ヶ月くらいから体全体がシャープになってきたと感じられました。 「細く」ではないですよ。 あくまでも「シャープに」です。 でもやはり一番の目立った効果は腰周りです。 お尻が小さくなり、太ももの付け根のタルタルが無くなり、朝、駅のホームまで階段をダッシュしても平気になりました。 あと、下の方も言っておられますが、新陳代謝が良くなって便秘ぎみだったのに毎日のお通じも必ず一回はあり、また、汗もかかない冷え性でしたが、歩くとちゃんとかくようになりましたよ。 体の不純物がちゃんと外に出てる感じです。 ただ体重はこまめに量ってなかったので何ともいえませんが、3、4Kgほど減ったくらいです。 多分筋肉で引き締まったので、その分変わらなかったのかなと思います。 脂肪より筋肉の方が重いですからね。 3ヶ月から半年も継続すれば、しっかりと体に良質の筋肉がついてきます。 そうすれば、毎日歩かず一日置きくらいでもいいと思いますよ。 なによりラッキーだったのは、冬場多少の暴飲暴食をしてもめったに太らなくなったのと、少しサボって歩かず体がポッチャリしてきても、また1週間から2週間ほど歩くと、再び元のスタイルに戻ることでしょうか。 「太りにくい体」になった感じです。 livi10さんもウォーキングのほかにも色々と気張らず、まずは毎日続けてみてはどうでしょう。 その後、ストレッチをして筋肉をほぐし、お風呂でリラックスくらいにした方が続けることが出来ると思いますよ。 もう4、5年前から、毎日会社帰りに20分ほど歩いて帰ってます。 本当はもっと距離があるのですが、半分歩いて半分バスという感じです。 そのかわり、会社のない土日はお休みの日にしてました。 ちょっと買い物に行く時くらいに、自転車など乗らず20分から30分の場所ならわざと歩いて行くくらいの気持ちでした。 でも、毎日たった20分ですが、はじめたばかりの頃1ヶ月でジーンズがゆるくなり、2ヶ月くらいから体全体がシャープになってきたと感じられました。 「細く」ではないですよ。 あくまでも「シャープ...

次の

カロリー消費を効率化!1時間・1キロ歩くとどれだけ消費する?

1 キロ 歩く 時間

時間認識を再認識するってどういうこと? 都心の方や通勤で歩かれている人はよく歩かれているのでだいたいの時間感覚があると思うのですが、地方に住んでいる人は車の感覚、自転車等の速度感覚があります。 これらを一度リセットしなければなりません。 つまりあと10キロはあと2時間ということになります。 この感覚がベースになります。 すると10kmは2時間以上になります。 前半のあと10kmと後半のあと10kmは全然違う これは完全に感覚が狂うのですが、やはり前半のフレッシュな状態と後半の状態は全然違います。 ペースが愕然と落ちてきたときはやはり休憩をとり靴を脱ぎリフレッシュさせると良いでしょう。 また簡単なマッサージや塗り薬等も効果的です。 ではペース配分として、前半で稼いでおくべきか、後半に温存しておくかというのが悩みどころになります。 どのみち後半はフラフラですので前半で!と思うところもありますが、後々に響くものもあるので基本はペース配分は無理なくコンスタントに保って歩くのが良いかもしれません。 ペース配分はコンスタントに自分のペースを保つこと 夫もそうだったのですが、前半にペースをあげすぎると30キロあたりから足が痛くなりはじめます。 自分のペースをまず知りそのペースを保つことがポイントです。 実際行橋別府の100キロウォークではたくさんの人が参加するため最初どうしてもペースをつかみにくく、逆にハイペースになってしまうことがあります。 この時にスピードをリズミカルに体に覚えさせることが重要です。 自分のペースを知る方法 1. 無理のないペースで、5キロの時間を計ってみる。 自分のベストの速さの8割で練習し、慣れてきたら少しずつスピードをあげていく。 自分のペースとちょうどいいリズムの音楽とペースアップする時の音楽を探す。 スマホやGPS時計などで速度を確認しながら歩く ですGPS時計は速度が出せるものもあるのでオススメです。

次の