ウーバーイーツ クロスバイク。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達にオススメの自転車を価格別に紹介します【ママチャリはだめ?】

Uber Eats(ウーバーイーツ)でレンタルサイクルを3回契約した配達パートナーより【初心者向け】|UberLIFE

ウーバーイーツ クロスバイク

登録可能なバイク 排気量125cc以下の原付バイク(白、黄、ピンク、青ナンバーで登録可能)、 及び、排気量125cc以上のバイク(事業用緑ナンバーで登録可能)。 原付バイクは最大2台まで登録可能。 バイクの種類は問われないが、派手に改造されたバイクや、音のうるさいバイクは避けるべき。 250ccなど、排気量が125ccを超えるバイクは注意 日本の法律では「 運賃をもらって他人の依頼でモノを運ぶ」場合、排気量125ccを超える二輪車は 貨物軽自動車運送事業という区分になり住所を管轄する運輸支局輸送窓口に届け出を出さなければなりません(個人、法人問わず)。 貨物自動車運送事業法より抜粋 第2条第4号 「貨物軽自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車に限る。 )を使用して貨物を運送する事業をいう。 第36条 貨物軽自動車運送事業を経営しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、営業所の名称及び位置、事業用自動車の概要その他の事項を国土交通大臣に届け出なければならない。 当該届出をした者(以下「貨物軽自動車運送事業者」という。 )が届出をした事項を変更しようとするときも、同様とする。 自家用ナンバーのまま配達を行うことは違法行為となりますので注意してください。 125cc以下の原付バイクには規制がありませんので、届け出の必要はありません。 登録後の車両変更 自転車登録を行い後からバイク登録に変更することも、またその逆も可能。 から登録車両の変更を行うことができます。 自転車とバイクどっちがおすすめ? 自転車とバイクのメリットとデメリット、またそれぞれの維持費を比較し、あなたにあった車両を選びましょう。 それぞれのメリットとデメリット 自転車のメリット• 短距離配達の配達依頼を受けやすく、配達数を稼ぎやすい• ダイエット効果• 原付が進入できない小道や補助標識付の一方通行道路が走行可能で近道が容易• 道を間違っても小回りが利くので、Uターン、方向転換が容易で時間ロスが少ない• 歩行者天国でも車両を押して歩くのが容易• 車両のメンテナンス費用が原付に比べ安価• 急なパンクなども自転車屋で、その日のうちに修理が容易• ガソリン代がかからない 自転車のデメリット• 体力が必要、体力に自信のない人には結構きつい• 風の影響を強く受けるため、風が強い日は注意と体力が必要 バイクのメリット• 長距離配達の配達依頼を受けやすいため、1配達当たりの単価が高くなりやすい• 体力に自信のない人でも長時間続けられる• 2km以上の配達であれば、原付バイクのほうが配達スピードが速い• 屋根付きの車両であれば、多少雨が降っても濡れずらい• 風の影響を受けにくく、強い逆風でもアクセルを回せば進む バイクのデメリット• 道を間違うと、修正がむずかしく時間ロスが多い• 渋滞時の時間ロスが多い• 歩行者天国で車両を押して歩くのが大変• 車両のメンテナンス費用が高価• うっかりで交通違反を犯してしまうリスクが高い• ガソリン代がかかる• 急なパンクなどバイク屋で、その日のうちに修理がむずかしい 自転車とバイクの維持費を比較 2年間で20,000km走行した場合の維持費の比較ですが、おおよその維持費ですので使用する車両により変わります。 配達エリアによりますが、東京エリアで6,000回の配達だとおおよそ400~450万円位の配達報酬になることが予想されます。 自転車とバイクおすすめの結論• 自転車よりもバイクのほうがデメリットが多いため自転車がオススメ• バイクの維持費は自転車の4倍以上、費用面からみても自転車が有利• 体力に自信が無い、バイク好きなどは費用面に問題が無ければバイクがオススメ 自転車とバイクの稼げる金額の違いは? 自転車とバイクは一概にどちらの方が稼げるというのは稼働するエリアによると思います。 なんでかというと、自転車のほうが有利なエリアとバイクのほうが有利なエリアがあるからです。 バイクのほうが稼げると思われがちですが、エリアによってはそうでないこともあります。 例えば川崎エリア配達パートナーの例 下記の表をご覧ください。 この表は自転車配達とバイク配達の時給を比較したのもです。 これは、配達パートナーがメインで待機している川崎・元住吉エリアの特徴が原因と言えます。 川崎・元住吉エリアの特徴• 駅から100m以内に加盟店が密集し、線路をまたいで東西に分布している(赤い点が加盟店)ため行き来するには踏切を渡る必要がある• 線路を渡る道路は一方通行(青い矢印)のため、東側から西側に行くにはバイクだとぐるっと回らなければならない• 一方通行部分は線路をまたぐ大きな商店街になっており、通勤&帰宅時間帯と土日祝日は歩行者で混雑するためバイクで進むのは困難 東京で世帯数が最も多い世田谷区の桜新町駅で、片側一車線の道路沿いにマクドナルドやケンタッキーフライドチキン、松屋などの大手チェーン店がひしめいています。 また、桜新町駅は東急田園都市線の地下区間のため踏切が無く通行が非常にスムーズな為、バイク配達パートナーに人気のエリアで、通りかかると路肩で待機している配達パートナーの姿をよく目にします。 配達車両による金額の違いの結論• どっちのほうが稼げるかはエリア次第• 自転車登録の配達パートナーはバイクで不利なエリアを探すこと• バイク登録の配達パートナー条件の良いエリアを探すこと 自転車とバイクのおすすめ車種 クロスバイク クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間的な存在で、スポーツタイプの車体の中でも初心者が乗りやすいのが特徴です。 ロードバイクほど前傾姿勢にならないので、 背負った配達バックが斜めになりずらいのでおすすめです。 クロスバイクのおすすめ車種 CHRYS クライス 価格 26,800円~ おすすめポイント ・ブレーキの効きが良く、安心して走行することができるVブレーキ ・突然の雨でも配達バッグを守ってくれる泥除け ・配達バッグを積載可能なフロントキャリア(別途パーツが必要) ロードバイク とにかく 圧倒的なスピードが特徴です。 スポーツタイプの車体の中では間違いなくトップのロードバイクは自転車とは違った乗り物に乗っているかのような感覚が魅力です。 車体の軽さと、タイヤと道路の接地面積の狭さ(タイヤ幅が細いため)で、さほど 脚力の無い人でもペダルを踏めばすいすい進みます。 3時間以上配達を行うなら断然ロードバイクが疲れないのでおすすめです。 ロードバイクのおすすめ車種 ブリヂストン(BRIDGESTONE) CYLVA D16 価格 84,821円~ おすすめポイント ・ハンドルバー部分を握った状態でもブレーキがかけられる、配達バッグに商品が入っているときはバー部分を握って垂直姿勢を保ち、入っていないときはドロップ部分を握って前傾姿勢に出来るなどの使い分けができる ・11. 5kgと軽量 ・上り坂も楽々な16段変速 原付バイク Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを本業として始めるなら、断然原付バイクがおすすめです。 ロードバイクでも5時間以上乗ると、股が痛くなったり、前傾姿勢で手に体重がかかるため手が痛くなります。 また、自転車はサスペンションが無いため振動が直で体に響き、これが蓄積されると疲れにつながります。 原付バイクはショックの吸収に優れているので疲れにくいです。 毎日5時間以上配達を行う場合は原付バイクがおすすめです。 原付バイクのおすすめ車種 HONDA ジャイロキャノピー 価格 新車価格560,520円~ 中古相場150,000~500,000円 おすすめポイント ・しっかりメンテナンスを行えば5万キロくらいは平気で走れるほどエンジンが丈夫 ・後ろタイヤが2輪なので横滑りや転倒しずらい ・屋根付きで多少の雨なら濡れずらい ・リアボックスを付ければ原付トップクラスの積載量 レンタル車両で配達 自転車とバイクともに車両のレンタルサービスを提供している会社からレンタルし、配達を行うことも可能。 レンタルの際にウーバーイーツの ページから申し込みを行えば配達パートナー価格でレンタルすることができます。 車両を持っていない、遠方で勤務可能エリアまで乗って移動することが出来ないなどの事情がある場合は、自分に合った車両のレンタルを検討することをお勧めします。 主な自転車レンタルサービス ドコモ・バイクシェア 月額 4,000円 都内約350ポート、約4,500台の電動アシスト自転車が使いたい放題で利用可能な 、自転車の色から「通称=赤チャリ」と呼ばれています。 アシスト付き電動自転車がレンタル可能で、多くのUber Eats配達パートナーが利用するサービス。 COGICOGI リース 月額 4,000円 電動アシスト自転車を1台まるごと所有でき使いたい放題の 、空き状況の心配が無く、駐輪場に折りたたみのものであれば、配達用バックを置いたままにすることも出来るのがうれしいですね。 うばいつレンタサイクル 月額 無料(レンタル期間3週間のみ) これからUber Eatsを始められる方限定の当ブログ独自プラン。 電動アシスト付き自転車を期間限定でまるごと1台所有でき、納車&引取りも無料で当ブログが代行するプランです。 詳しくは「 」をご確認ください。 主な原付バイクレンタルサービス 帝都産業 月額 16,000円~ こちらもUber Eats配達パートナー御用達の レンタルサービス。 自転車レンタルも行っているのでこちらも検討する価値あり。 本編に戻る この記事は「Uber Eats配達パートナーの教科書」の別紙(別記事)です。 本編をご覧になりたい方は下記からご覧ください。

次の

【3】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達2日目、稼ぎ方がわかってきはじめた

ウーバーイーツ クロスバイク

Contents• おすすめレンタル自転車・バイク|Uber Eats(ウーバーイーツ)契約プラン Uber Eatsの配達パートナーは、Uber Eatsと契約しているレンタルバイク・レンタル自転車の会社を利用すれば、月額定額で自転車や原付バイクを、レンタルすることが出来ます。 ドコモバイクシェア|レンタル自転車 ドコモシェアバイクは、Uber Eatsの配達パートナーにとって、最もポピュラーなレンタサイクル・サービスです。 月額定額4,000円で電動アシスト付き自転車が借りられます。 借りられる電動アシスト付き自転車のサイズも大と小から選べますので、便利です。 自転車は、どこのポートの、どの自転車を借りても構いません。 また、自転車返却の際は、借りたポートに返さずに、他のポートへ返却することも可能です。 月額料金が高い 自転車・バイクを自宅に借りるスタイル 電動アシスト付きのレンタル自転車を使ってみた感想 筆者はドコモバイクシェアを利用しています。 ドコモバイクシェアは、フリーパスなので、ドコモシェアバイクのポート 港 であれば、どこで借りてもいいし、どこに返してもいいのが、とても楽です。 また、借りられる自転車は電動アシスト付き自転車になります。 なので、坂道などは非常に楽です。 ただ、大サイズの自転車でもタイヤが小さいので、漕いでも漕いでも、進みが遅く、ロードバイクやクロスバイクの人にも、抜かれるくらいスピードは、あまり出ません。 また、電動アシスト自転車ですので、バッテリーが切れると、少し大変です。 だいたい、フル・バッテリーで半日くらいは使えますが、ドコモバイクシェアの場合、レンタルした時に、全ての車両がフル充電されているわけではありません。 自動で充電されるわけではなく、係員の人が巡回して充電バッテリーを交換しているようなので、充電が少ない自転車しかない場合は、充電されている自転車の取り合いになります。 自転車の充電が切れそうになったら、近くのポートに行き、借りていた自転車を返却し、別の充電がある自転車を、再び借りた方が良いです。 それでも、頻繁に変えてくれているので、よほどじゃない限りは、充電切ればっかのポートになることはないですが。 さいごに:配達パートナーにおすすめレンタサイクル 今回は、Uber Eatsの配達パートナーの人が、借りることが出来るレンタルサイクルとレンタルバイクを中心に解説してきました。 筆者のおすすめはドコモバイクシェアですが、どれもUber Eatsなら特別プランで契約できますので、自転車やバイクを持っていない人は、是非、利用してみてください。 また、他の配達パートナー menuやwoltなど の方も、Uber Eatsの配達パートナー登録だけして、自転車を借りるなんてこともありかもです。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達にオススメの自転車を価格別に紹介します【ママチャリはだめ?】

ウーバーイーツ クロスバイク

登録可能なバイク 排気量125cc以下の原付バイク(白、黄、ピンク、青ナンバーで登録可能)、 及び、排気量125cc以上のバイク(事業用緑ナンバーで登録可能)。 原付バイクは最大2台まで登録可能。 バイクの種類は問われないが、派手に改造されたバイクや、音のうるさいバイクは避けるべき。 250ccなど、排気量が125ccを超えるバイクは注意 日本の法律では「 運賃をもらって他人の依頼でモノを運ぶ」場合、排気量125ccを超える二輪車は 貨物軽自動車運送事業という区分になり住所を管轄する運輸支局輸送窓口に届け出を出さなければなりません(個人、法人問わず)。 貨物自動車運送事業法より抜粋 第2条第4号 「貨物軽自動車運送事業」とは、他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び二輪の自動車に限る。 )を使用して貨物を運送する事業をいう。 第36条 貨物軽自動車運送事業を経営しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、営業所の名称及び位置、事業用自動車の概要その他の事項を国土交通大臣に届け出なければならない。 当該届出をした者(以下「貨物軽自動車運送事業者」という。 )が届出をした事項を変更しようとするときも、同様とする。 自家用ナンバーのまま配達を行うことは違法行為となりますので注意してください。 125cc以下の原付バイクには規制がありませんので、届け出の必要はありません。 登録後の車両変更 自転車登録を行い後からバイク登録に変更することも、またその逆も可能。 から登録車両の変更を行うことができます。 自転車とバイクどっちがおすすめ? 自転車とバイクのメリットとデメリット、またそれぞれの維持費を比較し、あなたにあった車両を選びましょう。 それぞれのメリットとデメリット 自転車のメリット• 短距離配達の配達依頼を受けやすく、配達数を稼ぎやすい• ダイエット効果• 原付が進入できない小道や補助標識付の一方通行道路が走行可能で近道が容易• 道を間違っても小回りが利くので、Uターン、方向転換が容易で時間ロスが少ない• 歩行者天国でも車両を押して歩くのが容易• 車両のメンテナンス費用が原付に比べ安価• 急なパンクなども自転車屋で、その日のうちに修理が容易• ガソリン代がかからない 自転車のデメリット• 体力が必要、体力に自信のない人には結構きつい• 風の影響を強く受けるため、風が強い日は注意と体力が必要 バイクのメリット• 長距離配達の配達依頼を受けやすいため、1配達当たりの単価が高くなりやすい• 体力に自信のない人でも長時間続けられる• 2km以上の配達であれば、原付バイクのほうが配達スピードが速い• 屋根付きの車両であれば、多少雨が降っても濡れずらい• 風の影響を受けにくく、強い逆風でもアクセルを回せば進む バイクのデメリット• 道を間違うと、修正がむずかしく時間ロスが多い• 渋滞時の時間ロスが多い• 歩行者天国で車両を押して歩くのが大変• 車両のメンテナンス費用が高価• うっかりで交通違反を犯してしまうリスクが高い• ガソリン代がかかる• 急なパンクなどバイク屋で、その日のうちに修理がむずかしい 自転車とバイクの維持費を比較 2年間で20,000km走行した場合の維持費の比較ですが、おおよその維持費ですので使用する車両により変わります。 配達エリアによりますが、東京エリアで6,000回の配達だとおおよそ400~450万円位の配達報酬になることが予想されます。 自転車とバイクおすすめの結論• 自転車よりもバイクのほうがデメリットが多いため自転車がオススメ• バイクの維持費は自転車の4倍以上、費用面からみても自転車が有利• 体力に自信が無い、バイク好きなどは費用面に問題が無ければバイクがオススメ 自転車とバイクの稼げる金額の違いは? 自転車とバイクは一概にどちらの方が稼げるというのは稼働するエリアによると思います。 なんでかというと、自転車のほうが有利なエリアとバイクのほうが有利なエリアがあるからです。 バイクのほうが稼げると思われがちですが、エリアによってはそうでないこともあります。 例えば川崎エリア配達パートナーの例 下記の表をご覧ください。 この表は自転車配達とバイク配達の時給を比較したのもです。 これは、配達パートナーがメインで待機している川崎・元住吉エリアの特徴が原因と言えます。 川崎・元住吉エリアの特徴• 駅から100m以内に加盟店が密集し、線路をまたいで東西に分布している(赤い点が加盟店)ため行き来するには踏切を渡る必要がある• 線路を渡る道路は一方通行(青い矢印)のため、東側から西側に行くにはバイクだとぐるっと回らなければならない• 一方通行部分は線路をまたぐ大きな商店街になっており、通勤&帰宅時間帯と土日祝日は歩行者で混雑するためバイクで進むのは困難 東京で世帯数が最も多い世田谷区の桜新町駅で、片側一車線の道路沿いにマクドナルドやケンタッキーフライドチキン、松屋などの大手チェーン店がひしめいています。 また、桜新町駅は東急田園都市線の地下区間のため踏切が無く通行が非常にスムーズな為、バイク配達パートナーに人気のエリアで、通りかかると路肩で待機している配達パートナーの姿をよく目にします。 配達車両による金額の違いの結論• どっちのほうが稼げるかはエリア次第• 自転車登録の配達パートナーはバイクで不利なエリアを探すこと• バイク登録の配達パートナー条件の良いエリアを探すこと 自転車とバイクのおすすめ車種 クロスバイク クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間的な存在で、スポーツタイプの車体の中でも初心者が乗りやすいのが特徴です。 ロードバイクほど前傾姿勢にならないので、 背負った配達バックが斜めになりずらいのでおすすめです。 クロスバイクのおすすめ車種 CHRYS クライス 価格 26,800円~ おすすめポイント ・ブレーキの効きが良く、安心して走行することができるVブレーキ ・突然の雨でも配達バッグを守ってくれる泥除け ・配達バッグを積載可能なフロントキャリア(別途パーツが必要) ロードバイク とにかく 圧倒的なスピードが特徴です。 スポーツタイプの車体の中では間違いなくトップのロードバイクは自転車とは違った乗り物に乗っているかのような感覚が魅力です。 車体の軽さと、タイヤと道路の接地面積の狭さ(タイヤ幅が細いため)で、さほど 脚力の無い人でもペダルを踏めばすいすい進みます。 3時間以上配達を行うなら断然ロードバイクが疲れないのでおすすめです。 ロードバイクのおすすめ車種 ブリヂストン(BRIDGESTONE) CYLVA D16 価格 84,821円~ おすすめポイント ・ハンドルバー部分を握った状態でもブレーキがかけられる、配達バッグに商品が入っているときはバー部分を握って垂直姿勢を保ち、入っていないときはドロップ部分を握って前傾姿勢に出来るなどの使い分けができる ・11. 5kgと軽量 ・上り坂も楽々な16段変速 原付バイク Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを本業として始めるなら、断然原付バイクがおすすめです。 ロードバイクでも5時間以上乗ると、股が痛くなったり、前傾姿勢で手に体重がかかるため手が痛くなります。 また、自転車はサスペンションが無いため振動が直で体に響き、これが蓄積されると疲れにつながります。 原付バイクはショックの吸収に優れているので疲れにくいです。 毎日5時間以上配達を行う場合は原付バイクがおすすめです。 原付バイクのおすすめ車種 HONDA ジャイロキャノピー 価格 新車価格560,520円~ 中古相場150,000~500,000円 おすすめポイント ・しっかりメンテナンスを行えば5万キロくらいは平気で走れるほどエンジンが丈夫 ・後ろタイヤが2輪なので横滑りや転倒しずらい ・屋根付きで多少の雨なら濡れずらい ・リアボックスを付ければ原付トップクラスの積載量 レンタル車両で配達 自転車とバイクともに車両のレンタルサービスを提供している会社からレンタルし、配達を行うことも可能。 レンタルの際にウーバーイーツの ページから申し込みを行えば配達パートナー価格でレンタルすることができます。 車両を持っていない、遠方で勤務可能エリアまで乗って移動することが出来ないなどの事情がある場合は、自分に合った車両のレンタルを検討することをお勧めします。 主な自転車レンタルサービス ドコモ・バイクシェア 月額 4,000円 都内約350ポート、約4,500台の電動アシスト自転車が使いたい放題で利用可能な 、自転車の色から「通称=赤チャリ」と呼ばれています。 アシスト付き電動自転車がレンタル可能で、多くのUber Eats配達パートナーが利用するサービス。 COGICOGI リース 月額 4,000円 電動アシスト自転車を1台まるごと所有でき使いたい放題の 、空き状況の心配が無く、駐輪場に折りたたみのものであれば、配達用バックを置いたままにすることも出来るのがうれしいですね。 うばいつレンタサイクル 月額 無料(レンタル期間3週間のみ) これからUber Eatsを始められる方限定の当ブログ独自プラン。 電動アシスト付き自転車を期間限定でまるごと1台所有でき、納車&引取りも無料で当ブログが代行するプランです。 詳しくは「 」をご確認ください。 主な原付バイクレンタルサービス 帝都産業 月額 16,000円~ こちらもUber Eats配達パートナー御用達の レンタルサービス。 自転車レンタルも行っているのでこちらも検討する価値あり。 本編に戻る この記事は「Uber Eats配達パートナーの教科書」の別紙(別記事)です。 本編をご覧になりたい方は下記からご覧ください。

次の