鶴瓶 の 家族 に 乾杯 新居浜。 鶴瓶の家族に乾杯

鶴瓶の家族に乾杯 安美錦の安治川親方と行く愛知県知多市ぶっつけ本番旅!

鶴瓶 の 家族 に 乾杯 新居浜

ページコンテンツ• 鶴瓶の家族に乾杯 安治川親方と行く愛知県知多市! 鶴瓶の家族に乾杯 元関脇安美錦の安治川親方と行く 愛知県知多市ぶっつけ本番旅! 名古屋場所の際にはいつも応援に来てくれていたという 親せきへのお礼と新弟子スカウトを兼ねて鶴瓶と安治川親方 の2人旅のスタート! 会う人会う人へ勧誘を続けているがスカウトの方は難航ぎみ。 そして親戚につながる手がかりはでてくるのか? 1人旅となった鶴瓶は高校受験を終わったばかりの 女子中学生に出会った。 卒業式で歌う歌という話がでて、鶴瓶が仰げば尊しを歌うのか の質問に中学生はその歌知らない! 鶴瓶が口ずさむと、聞いたことはあるかもの返事が わが師の恩の所は 和菓子の恩になっちゃった! 一方、安治川親方の方はカラオケサークルの練習場へお邪魔した。 この先新弟子候補に出会うことはできるのか? 早速、好きな歌を歌う親方、千昌夫です! 最後は、みんなで記念撮影。 この後、鶴瓶さんは新舞子地区へ! 散髪帰りのお父さんの家へお邪魔します。 親方は、織り方体験へ! なかなか新弟子候補は現れず。 そして近くのおかき屋さんへお父さん2人とお話 割れせんべいが食べ放題でコーヒーが安いといつも寄っているらしい。 お団子も頂きました。 nhk. 鶴瓶と吉岡が訪れたのは宮城県の南部に位置する山元町だ! 二人は近くの寺で開催中のイベントにサプライズ! 住職と家族に震災の話を聞く。 吉岡は鶴瓶と別れていちご園へ通りかかった男性に 話しかけたら偶然にもいちご農園のオーナーだった。 一方の鶴瓶は、ホッキ貝を求めて探しているがなかなか巡り合えない。 この番組を見ていつも思う事は 日本の隅々まで旅できること なかなか普通の人には無理なこと 鶴瓶さんは幸せですね!.

次の

鶴瓶の「家族に乾杯」はやらせ?ぶっつけ本番?ハプニングはないの?

鶴瓶 の 家族 に 乾杯 新居浜

笑福亭鶴瓶さんが出演するバラエティ「家族に乾杯」(NHK総合)で、思わぬ「ハプニング」が起きたと話題になっている。 東日本大震災の被災地で、子ども達にインタビューしたのだが、鶴瓶さんの発した何気ない一言が、子どもを傷つけてしまったというのだ。 「家族に乾杯」は、鶴瓶さんが毎回日本各地を訪れ、地元の人とふれ合うという番組。 毎週月曜20時から放送されている。 2012年3月12日の回では、震災から1年ということもあり、鶴瓶さんが、津波で大きな被害の出た岩手県陸前高田市を訪ねた。 「お父さんが消防団で、津波に流されて……」 まず、街全体が波に流され、一面が平地になってしまった様子を見て回る。 収録中、地元FM局にインタビューされ「『励ます』っていうのはおこがましいけど、何とか元気になってもらえたらと思って来た。 でも、高田に関しては言葉が出ない」と話し、本当にショックを受けているようだ。 その後、地元の子ども達を訪ねたのだが、そこでハプニングが起きた。 芸能人が地元に来てはしゃぐ小学5年生の女の子に鶴瓶さんが、「何人兄弟か?」と聞く。 女の子とその友達は「一人っ子」と楽しそうに返事。 続いて鶴瓶さんが「お父さん、お母さんはどこにおる?」と聞くと、友達が「悲しいこと言わないでください」。 女の子が「お父さんが消防団で、津波に流されて……」と話し、机に突っ伏してしまった。 友達は女の子の肩をトントンと叩き励ます。 しばらくして女の子は顔を上げ、鶴瓶さんと再び楽しそうにおしゃべりしていた。 放送していいか、母親に了承得る スタジオで、鶴瓶さんは「(相手が)子どもだと思って明るくなってしまった」と涙ながらに語る。 両親について聞いたとき、「悪いことを言った」と思ったが、その後、女の子が明るい顔で鶴瓶さんの方を向いてくれて救われたという。 このシーンを放送することで傷つけてしまったらいけないので、番組では事前に女の子の母親に放送してもいいか確認した。 母親は「子どもたちも喜んでいるので、どうか放送してください」と答えたという。 女の子には鶴瓶さんが悪かったと思っていることをスタッフが伝えた。 最後には後日収録された女の子からのメッセージが紹介された。 鶴瓶さんの印象について「(最初は鶴瓶さんではなく)TKOの木下かと思った」。 「鶴瓶さん、前は来てくれてありがとうございました。 私たちも勉強にしっかり取り組みます。 高田はいいところなのでまた来てください」と笑顔で語っていた。 鈴木おさむ「あの部分を放送したことで、伝わることが沢山ある」 一連のシーンがネットで話題になり、ツイッター、2ちゃんねるには多くの書き込みが寄せられた。 「被災地に行くこと自体が辛くてみてらんない この番組でやることじゃない」「鶴瓶がやらかした」という意見もあったが、「番組見てたけど、よかったよ。 鶴瓶の人柄もあると思う」「まさか被災地へ行って、元気に暮らす家族だけ見たかったのか?」という見方も多いようだ。 放送作家の鈴木おさむさんも3月14日のブログで番組の感想を書いている。 月曜20時台は自分が担当する「Qさま!! 」が放送されているが、鶴瓶さんが好きなのでたまに「家族に乾杯」の方を観ることがある。 今回の被災地を訪ねた回は「すごく明るく前向きであったかい笑いに包まれている番組でした」。 女の子のシーンにはとても感銘を受けたようで、 「正直、その部分をカットするのは簡単です。 だけど、そこには現実がある。 ああやって、あの部分を放送したことにより、伝わることが沢山ある。 Qさまをやってる身としては、悔しいけど、本当に素晴らし番組で、放送に携わってる者としてはなんか、背筋が正されたような気がしました」 と書いている。

次の

浜辺美波:“ぶっつけ本番旅”初挑戦で必死の取材交渉? 今夜「鶴瓶の家族に乾杯」に登場

鶴瓶 の 家族 に 乾杯 新居浜

「鶴瓶の家族に乾杯」は、NHK総合テレビで、毎週月曜日の夜7時30分から放送されている、バラエティ番組です。 今後の放送予定や、収録地・出演者(ゲスト)、再放送の予定などは、「」のページをご覧ください。 令和元年11月18日(月)放送 22年ぶりの登場!西郷輝彦と愛媛県新居浜市ぶっつけ本番旅 旅のゲストは、歌手で俳優の (さいごう てるひこ)さん。 鹿児島県谷山町(現鹿児島市)出身の72歳。 石原裕次郎や小林旭など日活俳優に憧れてオーディションに応募するも落選し、夢を諦めきれず高校を中退してヒッチハイクで大阪に出ます。 アルバイトやバンドボーイとして生活しているうちに芸能事務所に誘われ、1964年に17歳にして「君だけを」でレコードデビュー。 その年の日本レコード大賞新人賞を獲得し、映画デビューも果たします。 翌年には、共同出資により自らが社長となる芸能事務所を設立したほか、小説や作詞作曲を手掛けるなどマルチな才能を発揮し、1960年代を代表する青春スターへと登りつめます。 歌手としては、橋幸夫や舟木一夫と共に「御三家」と称されました。 私生活では、1972年に辺見マリさんと結婚し2児(長女は辺見えみりさん)を授かりますが、10年目にして離婚、その後に一般女性と再婚しています。 2017年に前立腺がんが再発して仕事を離れますが、今年になって芸能活動に復帰。 ラグビー・ワールドカップ日本開催にちなみ、7月から9月までTBSで放送された、池井戸潤氏原作の人気ドラマ「」にも出演し、注目を集めました。 旅の舞台は、四国の中北部に位置し瀬戸内海に面した、愛媛県 (にいはまし)。 愛媛県では、松山市と今治市に次ぐ人口12万人を擁する、瀬戸内海有数の工業都市です。 江戸時代に開坑され、世界一の産出量とも謳われた「別子銅山」が住友家により開発されて以来、住友化学や住友重機械などのメーカーがこの地で誕生し、住友グループの企業城下町として発展してきました。 また1950年代には、川崎市・岩国市・四日市市とともに日本初の石油コンビナートが建設され、東予地方の産業をリードする化学工業の一大集積地ともなっています。 旅の目的を探してはみたものの、新居浜市で特にラグビーが盛んというわけでもなく、瀬戸内にあって漁業よりは工業が盛んな土地柄で、西郷さんの好物とも繋がりません(汗)。 芸名の由来ともなった西郷隆盛は、愛媛県宇和島を訪れたことがあるそうですが、同じ愛媛県にあって新居浜とは距離が離れすぎていて、まったく想像が付きません(汗)。 ロケが行われたのは、令和元年9月25日(水)。 ゲストは、なんとこの番組には1997年以来の22年ぶりの出演となる、西郷輝彦さん。 当時の写真を見ると、西郷さん50歳、鶴瓶さんは45歳。 お二人とも、とてもお若い!(笑)。 愛媛県新居浜市滝の宮町にある、「」で待ち合わせた、鶴瓶さんと西郷さん。 大池のほとりのベンチに座って、22年ぶりの番組出演を懐かしみます。 今回は西郷さん、四国側から瀬戸内海が見てみたいと、愛媛県新居浜市を旅の舞台に選んだそうです。 それなのに、なぜか待ち合わせ場所は、山の麓にある池。 さっさと海を見に行こうと、車に乗り込んだ二人でした。 すると、海に向かう途中、車窓から鶴瓶さんが見つけたのは、「つるべ」と書かれた喫茶店の看板!。 車を降りた二人が、「」を訪ねると、女将の永易さんが出迎えてくれました。 店名は、店の中に設えた井戸の釣瓶(つるべ)から付けた名前だそうです。 二人はコーヒーを頂きながら店内を見回すと、なぜかゴジラの首が何体も飾られています。 こちらの喫茶店はギャラリーにもなっていて、現在は、後ろにいる井上さんの作品が展示されているとか。 ビックリして鶴瓶さんが振り返ると、そこに立っていたのは、後ろで二人の会話を楽しそうに聞いていた井上さん本人。 井上さん自身も「」という飲食店を開いているそうですが、自分の店に趣味のアニメの特撮物を飾っても、同じ趣味の人しか店に来てくれないので、こちらのギャラリーを借りて、趣味で自作したゴジラ等を展示させてもらうことにしたとか(笑)。 ここでスタジオから、西郷輝彦さんのヒット曲「 」にのせて、新居浜市の魅力を紹介。 そう、町の中心部から南に20km離れた場所にあるのが、「」跡地。 標高750mの山の中に眠る、産業遺産群です。 この銅山は江戸時代に発見され、300年に渡って日本の産業の発展を支えました。 (ろば)のご主人、黙ってないで教えて欲しい、新居浜の美味しいものと言えば、「」。 新居浜市民のソウルフードである、鳥のから揚げのこと。 ごろっとした大きさで、外はカリッカリ、中はジューシー。 戦後、銅山で働いていた中国人が伝えたとされています。 新居浜市民の宝とは、毎年10月に行われる「」。 なんと50以上もの太鼓台と呼ばれる山車が、市内を練り歩きます。 勇壮さと華麗さを競うお祭りです。 鶴瓶さんと西郷さんが、つるべの女将さんに教えられた「」を訪れると、そこで出会ったのは、のヨット部の生徒と、OBで大学生の今津さん。 この日は平日でしたが、学校の許可を得て、9月28日から10月2日にかけて茨木県霞ヶ浦で開催される国体のセーリング競技に出場するため、マリンパークから借りている艇の搬出作業に来たそうです。 皆さんからヨット競技のことについて話を聞いた鶴瓶さん、目指すは入賞ではなく優勝と、けしかけます(笑)。 艇庫の2階に上がらせてもらい、瀬戸内海のきれいな景色を見渡した、鶴瓶さんと西郷さん。 目の前に見えた「」について高校生らに話を聞くと、美味しいと評判のパン屋があったり、伝説の「幽霊の片そで」が伝わっているとか。 そこで二人は、大島に行ってみることに。 しかし、大島に渡るには1時間に1本のフェリーしかないと聞いた鶴瓶さん、マリンパークの喜田さんに頼み込み、臨時で水上タクシーを出してもらうことに成功します。 高校生たちが桟橋まで走ってきてくれて、二人の出航を手を振って見送ってくれました。 その様子を船の上から見つけた、67歳と72歳の二人は、『青春だね~』と感慨深げ(笑)。 に渡った二人は、港でフェリーを待っていた、深川さんと松倉さんに出会います。 話を聞くと、新居浜市内から大島へ月に1度、訪問理美容のサービスに訪れているそうです。 お二人や、港で出会った大島の住人たちに、パン屋や幽霊の片袖について情報収集した鶴瓶さんと西郷さん、まずは歩いてパン屋を探すことに。 途中で見つけたのは、それらしい「オカリナ工房」と書かれた看板。 隣の畑で作業していた藤田さんご夫婦に話を聞くと、この工房は横浜に住む義弟がこっちに帰ってきた際にオカリナを制作している場所だそうです。 すると藤田さん、今しがた「」の奥さんが、犬の散歩で前を通ったばかりと、奥さんがパン屋まで案内してくれることに。 二人が、スイス人のジャックさんが開いているカフェ「BAUHAUS(バウハウス)」を訪ねると、生憎とジャックさんは新居浜市内に行っていて留守でしたが、奥さんのゑつこ・マニャンさんが二人を出迎えてくれました。 ゑつこさんは、アニメ映像の背景美術が本業で、テレビアニメのドラゴンボールのオープニングやエンディングの背景も手掛けた方。 今は、新居浜大島に住み、ゲームの背景画を手掛けているそうです。 鶴瓶さんと西郷さんは、ゑつこさんに案内してもらい、伝説が伝わる「」を訪ねることに。 住職の長崎さんに案内してもらい、境内に展示されていた片袖や、その伝説の元となった巻物や幽霊が描かれた古い掛軸などを見せてもらうことができました。 ここでちょっと一息、愛媛県新居浜市の「 家族に一杯」の時間です。 やってきたのは、垣生(はぶ)地区。 今日は、年に1回の集まりに参加させて貰えることに。 夕暮れ時に公民館を訪ねると、大勢の人が集まり、賑わっています。 今日は、垣生校区の「」の日。 地元の里芋に、しいたけや野菜をたっぷり入れた、醤油味のお鍋です。 地区に住むお年寄りから子供たちまで、顔見知りでなくても、いもだきの日に集まって、皆で鍋を囲むことで、和気あいあいと楽しくなれます。 いもだきは、心まで温かくなる一杯なんですね。 実は西郷さん、今回の旅でやってみたいことがあるそうです。 昔、ロサンゼルスを旅をした際に、レモンの木の下で飲んだビールが忘れられず、その雰囲気が南国の四国で再現できないかと思ったとか(笑)。 そこで西郷さん、長崎さんにレモンの木がないかと尋ねると、なんと裏山に植えてあるそうですが、まだレモンは緑色をしていて小さいそうです。 それでもと、レモンの木が植わっている場所まで登ってみますが、眼下には寺の墓地が広がり、この場所で『ちょっとビールを』という雰囲気にはなれそうもありません(汗)。 一方の鶴瓶さんは、寺の裏山に登っていく西郷さんからそっと離れ、勝手に一人旅に出かけることに。 ゑつこさんに案内してもらい向かった先は、馬やヤギ等を飼っているというマニャンさん家の牧場。 7年前にこの島にスイスから移住してきたマニャンさん夫婦は、二人でチェンソーを振り回して、自力でこの広い牧場を開墾したんだそうです(汗)。 マニャンさんご夫婦は、何十頭ものヤギや馬を飼育しているほか、ペットとしてポニーのヤマトや、クジャクのオードリー、ダチョウが数羽に、豚のウマソーまで飼っていて、さらに来週はミニブタが2頭来る予定だとか。 その話を聞いた鶴瓶さん、呆れて『もう、やめなさい』と、たしなめます(笑)。 鶴瓶さんに置いてきぼりにされた西郷さんは、たまたま出会った地元の女性で西郷さんのファンという山本さんから、ここが村上水軍を指揮していた「」で、18代当主はに行けば会えると、案内してくれることに。 すぐ近くと話す山本さんの後を追う西郷さんですが、結構歩いたと息が上がります。 交流センターで冷たいお茶を出していただき、一服することができた西郷さんですが、今度は村上さんに案内してもらい、再び歩いて村上邸へと戻ることに(汗)。 屋敷の中から庭へと降りると、ここにもレモンの木がありましたが、その木の高さは人の背丈ほど。 しかし、せっかくだからと西郷さん、ビールが無いかと村上さんに訊ねると、なんとビールをグラスに注いで持ってきてくれました。 さすがにレモンの木の下でビールとはなりませんが、村上邸の縁側に座り、まだ熟れてないレモンの実を眺めながら、ビールを頂く西郷さんでした(笑)。 それぞれ一人旅を楽しんだ鶴瓶さんと西郷さんは、大島の港で再会し、帰りのフェリーを待っていると、その到着したフェリーに乗って大島に帰ってきたのは、ゑつこさんのご主人のジャックさん。 ようやくジャックさんと出会えた二人は、ジャックさんから島での暮らしぶりについて話を聞くことができました。 再放送は、11月22日(金)午前0時55分~午前2時07分(木曜日の深夜)に、NHK総合で放送予定です。

次の