ホンダ ブリーズ。 何コレカッコいい!ホンダが「CR

オデッセイ新型モデルチェンジ情報2022年発売に期待|2020年10月マイナーチェンジ実施

ホンダ ブリーズ

新型 アヴァンシア マイナーチェンジについて コンパクトSUV「Breeze(ブリーズ)」(中国ではより見栄えの良いCR-V)の上に位置する「」はAccordセダンと同じ基盤を共有する中型クロスオーバークーペです。 紛らわしいことに、ホンダは、東風汽車とのその他の合弁会社によって構築された「UR-V」と呼ばれるほぼ同一のモデルも販売している。 「アヴァンシア」は人気が高く、2019年には「UR-V」よりも2倍以上の売上を記録している。 新型 アヴァンシア マイナーチェンジ エクステリア 新しい水平グリルインサート、よりシャープなバンパー、新しいクワッドエキゾーストチップ、洗練されたLEDテールライト、新しいアルミホイールデザインを採用。 新しい色もパレットに追加。 スタイリングの変更により、ボディがわずかに長くなり、4,858 mmになった。 新型 アヴァンシア マイナーチェンジ インテリア インテリアは新しいトリムと室内装飾品の選択肢、および新しい「Honda Connect 2. 0インフォテインメントシステム」を採用。 スマートフォンのワイヤレス充電、パワーテールゲート、プラズマ空気浄化システム、自動ヘッドライト、オーディオシステムなどの新機能。 アヴァンシアについて 中国におけるHondaの新たなフラッグシップSUVモデル。 中国で販売するモデルとしては初となる2. 0Lターボエンジンを搭載し、力強い走りを実現しました。 また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING ホンダ センシング 」を採用。 エンジンは2. 0Lの直4気筒ターボエンジンに9速ATが組み合わせられる。 LEDテールライト、LEDデイタイムランニングライトを装備。

次の

【完全新型のSUV登場?】 ホンダ 1L VTECターボ搭載のカジュアルSUVがスタンバイ中!?

ホンダ ブリーズ

~急きょ新型「ブリーズ」の発売日が9月25日に決定!~ ホンダは以前、中国市場専売モデルとして「CR-V」の姉妹車種となる新型SUV「ブリーズ Honda Breeze 」を世界初公開しましたが、このモデルの発売日が9月25日であることが判明。 更に今回、新たにインテリアの画像も公開されています。 新型「ブリーズ」は、先述にもある通り「CR-V」の姉妹車種でありながら、「ヴェゼル HR-V 」と「アヴァンシア Avancier 」の中間モデルとなるミドルサイズSUV。 近年のSUV人気の関係により、市販化が大幅に遅れてしまった新型「ブリーズ」ですが、中国市場の意見を大きく取り入れたホンダの自信作でもあり、今か今かと市販化が期待されている一台となっているそうです。 フロントヘッドライトは若干吊り上ったハウジングによりスポーティに見え、更にその下には3段式のエアインレットデザインが採用されることで、全体的にスポーティで引き締まったデザインへと仕上げられていますね。 リヤデザインはこんな感じ。 リヤテールランプはL字形状を採用していますが、どことなく現代のBMWっぽい雰囲気を持ったデザインとなっています。 全体的にこんもりとしたSUVスタイルには、ちょっと物足りないようなテールデザインですが、セダン系や2ドアクーペ系にはちょうど良いサイズ感かもしれません。 なおリヤテールランプは台形タイプを両サイドに1本ずつ配置したデュアルエキゾーストシステムとなっています。 ~落ち着いたインテリアデザイン~ そして今回新たに追加されたインテリア画像。 室内オールブラックで非常に落ち着いたデザインとなり、メッキを多用しないシンプルさがありますね。 こちらはセンターシフトノブ。 シフトブーツではなくストレートのゲート式ですね。 そして、パーキングブレーキは電動式を採用し、オートブレーキホールドもしっかりと標準装備されています。 シンプルさの中にしっかりと利便性も図った装備内容となっているため食指が動くポイントになるかもしれません。 車内はかなり広めですが、「CR-V」の姉妹車とは言いながらもコンセプトはオフロード志向なのかもしれません。 それにしてもトランクルームの広さがハンパ無い…これで車中泊も余裕ですね。 気になるパワートレインについては、大きく2種類がラインナップされるとのことで、排気量1. 5L 15BT型ターボチャージャーエンジン 最高出力193hp/最大トルク243Nm と、排気量2. 0L 直列4気筒ガソリンエンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドシステム システム総出力215ps となっています。

次の

中国専売、CR

ホンダ ブリーズ

Contents• ホンダ ブリーズの概要 ブリーズのボディサイズは、全長4,634mm、全幅1,855mm、全高1,679mm、ホイールベース2,661mmです。 CR-Vが全長4,605mm、全幅1,855mm、全高1,680mm、ホイールベース2,660mmですから、全長以外はほぼ同じサイズと言えます。 しかし顔つきは別物です。 アコードのようなLEDヘッドライト持つブリーズは、シャープな印象となっています。 ホンダ ブリーズ(2020年モデル) ヘッドライトはアコードやアキュラのような感じのデザインだ。 横から見るとほぼCR-Vだが、ブリーズは車体側面の下回りがボディ同色となっている。 タイヤは19インチのようだ。 リア周りのデザインはCR-Vよりもシンプル。 ボディから張り出したテールランプが特徴。 その他はCR-Vとほぼ同じです。 パワートレインは2. 5リッターVTECターボのどちらかを選択できます。 駆動方式は2WDとAWDの両方が用意されています。 ダッシュボードのデザインもCR-Vと同様です。 ホンダセンシングも搭載されています。 ブリーズのインテリア。 ダッシュボードはCR-Vと同じだ。 肘掛けの形状がCR-Vとは異なるようだが、違いはそのくらいしかない。 中国での開始価格は180,000人民元だそうです。 記事執筆時点のレートで日本円に換算すると、約275万円となります。 CR-Vの日本価格は329万円からですから、かなりリーズナブルですね。 ちなみにCR-Vのライバルであるトヨタ RAV4は、日本国内で265. 6万円から提供されています。 CR-Vが日本で苦戦しているのは高価格なのも影響していると思うので、ブリーズ並の価格帯に修正してもらいたものです。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 以下の関連記事もぜひご覧ください。

次の