ゴリランダー すばやさ調整。 【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

イエッサン♀の配分|ポケモン剣盾ダブルバトル用|さかまたナギ|note

ゴリランダー すばやさ調整

こんにちは。 さかまたナギです。 ダブルバトルのKPランキングだと上位20傑ぐらいにはギリギリ入ってるんじゃないかな。 すばやさ調整 85族なので、無振りで S実数値105となる。 同速には ジャラランガ、ジュラルドン、ゴリランダーなどがいる。 メジャーなところだけ取り出しておく。 S実数値113まで上げるためにはS努力値が60必要なので、その分耐久面から努力値を回す必要が出てくる。 個人的には、現環境だとそれはあまり旨味がない調整だと思っている。 ただしすぐ下にミロカロス、トゲキッス、サーナイトなどがいるため、この近辺を調整ラインにしてくるポケモンは少なくないだろう。 耐久調整 H236振りでH実数値が175(16n-1)となるので、これをベースに考える。 定数ダメージ考えないならH252振りもあり。 めんどくさかったらとりあえず「HBぶっぱ」とかでもいいです。 ここまでB厚めに調整しておけば、弱点をつかれたとしても、とりあえず物理攻撃の多くを1耐えしてくれる。 イエッサンに対しては悪技がよく飛んできますが、 「ナモのみ」などを持たせずとも悪技に怯えずに動きやすくなるので、B方向に厚めに努力値を割いておく価値があります。 DメインでBに厚めに割くことができないなら、ウインディの鉢巻「かみくだく」確定耐えとなる 175-100 という物理耐久ラインや、ドラパルトの「ダイドラグーン」確定耐えとなる 175-86 という物理耐久が目安となるだろうか。 例として、 HP236振りに加えて、D4振りだけでC特化ジュラルドンの「ダイアーク」を耐えてしまうことができる。 さらに「サイコシード」で上乗せすることで特防上昇が期待できるため、概して特殊耐久方面には強さを見せてくれる。 B厚め。 また、攻撃面でもフィールド込みなら4振り「サイコキネシス」でもそこそこの数値が出せることがわかる。 意外とバカにならない。 たとえばD252チョッキブシンでも確定2発圏内となる。 イエッサンの合計種族値は475と決して高い数値ではないものの、優秀な特性と技で上位レベルでも見かけるおもしろいポケモンだなと感じます。 他におもしろい配分などがあれば教えてください。 載せます( わたしが書いてるポケモン記事は「」としてマガジンにまとめておきますね。 この note がお気に召したら、マガジンフォローしてくださいませ。

次の

剣盾育成ポケモンまとめ

ゴリランダー すばやさ調整

御三家ゴリランダーが強い!? サルノリ ヒバニー メッソン 皆さまはどのポケモンを選択しましたか?? 今回は魅力的なガラル御三家ですが、今回の3匹はどのポケモンも対戦で活躍しそうなポテンシャルを秘めています。 今回はその中でも対戦環境トップメタになるのではないかと注目されているサルノリの進化系 「ゴリランダー」 について書いていきます。 まだプレイしていない方も既にプレイ中の方も参考にしてみてください! ゴリランダーの種族値 HP 100 攻撃 125 防御 90 特攻 60 特防 70 素早さ 85 合計種族値 530 参考: 「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」が高く、「素早さ」も85と悪くない数字です。 ゴリランダーの強い面 「ドラムアタック」が強力 専用技「ドラムアタック」は威力85命中100で、相手の「すばやさ」を1段階下げることができる。 「がんせきふうじ」の上位互換と言える技です。 「すばやさ」をドラムアタックで操作すれば、今作のトップメタに数えられるすばやさ種族値142属の「ドラパルト」を抜くことができます。 豊富な技範囲 「ウッドハンマー」「はたきおとす」「じしん」「10まんばりき」「ばかぢから」「DDラリアット」「ギガインパクト」と攻撃技範囲もかなり優秀。 「とんぼがえり」でサイクル操作も可能です。 「ビルドアップ」「やどりぎのたね」「ドレインパンチ」などを駆使して耐久型としても活躍が期待できるでしょう。 夢特性「グラスフィールド」が超優秀 ゴリランダーは、前作の準伝説ポケモンの「カプ・ブルル」が所持していた特性「グラスフィールド」を夢特性で持っていることが判明しています。 5倍 夢特性の解禁を待とう 御三家ポケモンの夢特性の解禁は、毎回発売後半年以上経過後となるが、解禁されたら大活躍する事間違いはないでしょう。 ゴリランダー型考察 高い「こうげき」「ぼうぎょ」、「すばやさ」も85と絶妙な数値で、最速調整すればミミッキュも上から叩くことが可能。 とつげきチョッキ型 「ぼうぎょ」より少し低い「とくぼう」を、持たせると「とくぼう」が1. 「とつげきチョッキ」の影響で変化技は使えませんが もともと持っている火力で、かなり多くのポケモンに競り勝ってくれます。 草タイプのダイマックス技「ダイソウゲン」を打った後はグラスフィールドが展開されるので、グラスフィールドに半減されない地面技「10まんばりき」を採用するのも有りです。 こだわりスカーフ型 性格を「ようき」で最速調整することで、今作トップメタの600属ドラゴンポケモン「ドラパルト」を抜くことができる。 選択技 「じしん」「ギガインパクト」「ばかぢから」から選択 草タイプのダイマックス技「ダイソウゲン」を打った後はグラスフィールドが展開されるので、半減されない地面技「10まんばりき」を採用するのも有りです。 上から殴るのが前提なので「ドレインパンチ」は微妙。 ドレパンやどりぎ耐久型 高い物理耐久を生かしての耐久型。 グラスフィールド前提の方になるが、草タイプのダイマックス技「ダイソウゲン」を打てばグラスフィールド展開が可能。 現状はあまり見かけない型かもしれないが、十分活躍できる型だろう。

次の

【S2ダブル最終21位】バンドリサマヨスイッチトリパwithメガネミロカロス

ゴリランダー すばやさ調整

はじめに• 初投稿です。 略称を使用します。 ダメージ計算はSoldier Calcを使用させていただきました。 採用理由• 流行りのに強くの相方になれる との対面を作れればかなり有利な試合展開になります。 サイクル戦に強い対面操作および交代先への嫌がらせ技の習得 草技読みの交換先に大きな負荷を与えることができます。 ドラムアタックですばやさ下げるもよし、はたきおとすで持ち物落とすもよし、とんぼ返りでさらに有利対面を作るもよし。 相手の選出や状況によって様々な選択を取り得ます。 高い対面性能 基本は控えとサイクルをまわしていきますがいざとなれば無理やり不利対面を突破することが可能です。 高い攻撃力と物理耐久を持ち、すばやさも85と高めです。 これに相手のすばやさを一段階下げる威力80タイプ一致のドラムアタックを組み合わせることにより、• 相手の攻撃を一発耐える• ドラムアタックを打つ• 次ターン先制で有効技を打つ という動きができます 2と3の間に交換される可能性があることには注意。 突撃チョッキを持たせる理由 低めの特防をカバーすることで対応できる範囲を広げます。 多くの不一致弱点技を耐えれるようになります。 調整 意地っ張り S44 A252 H204 B4 S44は最速-1抜き調整です。 素の相手だと4振りFCロトムが抜けます。 最速-1を抜くついでにそれより少し早い最速-1や最速-1もぬけるようにしておきました。 これは対対面でドラムアタックを打ちやすくする意図があります。 草技読み交換で不利対面を作られても次ターン先制でとんぼ返りを打つ、もしくは突っ張って突破できる相手を増やしました。 サザンドラはスカーフ持ちであることが多く先制されることのほうが多いですが、それはそれでスカーフ持ちだと透けるのでメリットはあると思います。 馬鹿力 等への遂行技。 ゴーストに無効化されるがはたきおとすを覚えるゴリランダーに対して霊後出しは頻繁には起きないため、そこまで恐れる必要はないと思います。 アームハンマーとの選択になりますが、あくまでもサイクル戦が前提であり、交換によって能力下降はリセットできることから、相手により負担を与えることができる馬鹿力が勝ると考えています。 馬鹿力による役割対象突破後に積みエースに起点にされやすくなってしまうことには気を付けたいです。 はたきおとす 等への有効打。 持ち物を落とす追加効果が単純に強力です。 弱点保険持ちのに対して効果を発動させることなくダメージを与えることができます。 弱点保険持ちの、タスキ持ちのに関しては相手の道具の効果が先に発動するので注意したいです。 アームハンマー 馬鹿力の項で前述したとおりです。 ウッドハンマー 非ダイマックス時の絶大なダメージソースです。 ダイマックスすればドラムアタックが威力130のダイソウゲンになること。 サイクル戦を想定しているのでなるべく場持ちさせたいことから今回は本採用しませんでしたが、破壊力は抜群です。 10万馬力 ダメ計は地震 グラスフィールド下で威力が下がらない10万馬力が地面技の筆頭候補です。 格闘技と範囲が被っているため馬鹿力との選択になりますが、馬鹿力のほうが勝ると考えています。 10万馬力ではに対して対処できないこと。 ウインディに関しては対面で地震を当てることはできない フレドラを耐えれないため ので交換読みで当てるよりありません。 電気枠はほとんどがFCロトムであるため地震が当たりません。 ギルガルドに対しては接触技でない地震で弱点をつけるのは強みだが、一発耐えられてしまうため弱点保険をもっていたら返り討ちにあいます。 ですがはたきおとすと違い確定で2発で落とせるので ギルガルドに対する役割を強く意識するなら地震採用がいいです。 体力満タンならミミッキュドラパルトに対して後出しして勝てる可能性があるというのはものすごいことだと思います。 に対して強くしたいなら確実に2耐えするように攻撃から耐久に努力値を回してしまうのもありです。 私はドラパミミ対策はまた別のポケモンでしているため、耐久調整は施しませんでした。 運用法 有利対面を積極的に作りにいき自分のペースに持っていきます。 水、地面、電気への耐性を利用してサイクル戦に持ち込みます。 よって相方には、水地面電気が弱点のポケモンが良いです。 個人的には威嚇持ちのギャラドス、ウインディ等と組ませるとかなりサイクル戦に強い形を作れるのではないかと思います。 さいごに サイクル運用だが対面性能も高いゴリランダーを紹介しました。 不利対面でも相打ちに持って行って状況を打開する力がこのゴリランダーにはあります。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ご指摘、感想等よろしくお願いします。 大変失礼しました、、、。 3 と出ました。 修正しておきます。 この配分が一番耐久力が高くなるからです。 特殊耐久も同様です。 以下、チョッキを考慮せずにゴリランダーの耐久力を確認してみます。 実数値の変動を見てもらえれば分かると思いますが、前者の振り方では、最後の努力値8でH実数値を1上げてるのに対し、後者の振り方では最後の努力値8でBDの実数値をそれぞれ1ずつ、合計2上げています。 勉強不足で、お恥ずかしい限りです。 私自身、今作から育成論等に興味を持ち始めましたが、耐久値の計算式など、計算式が今になってようやく理解できました。 ご指摘ありがとうございます。 私が言いたかったのは、余剰分を獲得できなくなった ということです。 投稿者さんが書いたこの育成論の内容を確認した上で コメントの内容を見たのですが、投稿者さんの書いた 内容は元よりステータスの実数値に影響がある最大値の 508で努力値の配分を記載下さっているので、 8番目のコメントにある「あまり2」という点について 余剰分のことを指しているのではないかと解釈し、 先のコメントを書きました。 先にも書いたとおり7番目のコメントが消えてしまって いるので、何に対して指摘したものか分からないので 23番目の内容でコメントを書きましたが、結果的に 皆様を余計に混乱させてしまいましたことをお詫び 申し上げます。 』って言ってますよね? 振れる努力値のMAXは第三世代から今まで変わらず、510です。 508になった事など一度もありません。 六世代で変わったのは一つのステータスに、255ではなく252までしか振れなくなった事です。 誤解を招く表現じゃなく、あなたの勘違いですよね? あたかも自分が大人になって場をおさめたみたいな書き方はやめて下さい。 育成論については素晴らしいと思います。 使ってみたくなりました。 早速、育ててみます。

次の