いじめにあう夢。 「いじめられる方にも問題がある」と言う馬鹿共へ

「いじめられる方にも問題がある」と言う馬鹿共へ

いじめにあう夢

コミュケーション不足の特徴• 大人の世界にもあります。 例えば職場やママ友関係・ご近所関などで、いじめは残念ながらあるのです。 いじめる人が悪いというのは大前提ですが、いじめられやすい人の特徴を知ることでいじめを防ぐことも出来ます。 いじめの原因としてコミュニケーション不足が考えられます。 挨拶は重要です。 たかが挨拶ですが、されど挨拶です。 挨拶は立派な人間関係を円滑にするコミュニケーションの1つです。 いじめられやすい人も挨拶をしているのかもしれませんが、気のない声だったり、相手に聞こえない程度のものだと挨拶した方はテンションも下がります。 自分から明るい声で挨拶をしていますか? 職場やママ友関係(PTA)などで事務的な要件以外にもコミュニケーションを取ることは、人間関係の1番の軸になります。 円滑なコミュニケーションが取れないというのは、いじめられやすい人に多い特徴です。 挨拶をきちんと出来ているか、雑談などに加わっているか、質問に的確に答えているかをチェックしてみましょう。 いじめられやすい人の特徴として、目立つタイプの人があげられます。 目立つ人というのは、極端におとなしいだけではなく、自己主張が強すぎる人、服装も場にそぐわないものを着ている人など色々なタイプがいます。 特に職場などでは、場にそぐわない派手な服装やネイルなどをしていませんか?職場は仕事をするところなので、あまり過度にお洒落し過ぎていても悪目立ちしてしまいます。 どこにいってもTPOというものがありますので、自分を主張することばかりでなく周りとの調和を考えることも大切です。 いじめられやすい人の特徴は、見た目だけでなく会話や発言もいじめの原因になります。 場にそぐわない自己主張だったり・大きな声だったり・調和を乱すような言動は、いじめられやすい人の特徴です。 逆にリアクションがなさ過ぎ・おとなし過ぎるタイプというのも、目立ちます。 ノルマが厳しかったり、ミスが絶対に許されなかったり、上司が極端に厳しかったり、ストレスフルな雰囲気の職場があります。 そんな場所に、いじめられやすい人が配属されたらどうでしょうか? 職場のみんながストレスを抱えていて、どこかに発散したいという状態の時でも仕事は山のようにあります。 リフレッシュするための時間もありません。 そんな職場にいじめられやすいタイプの人が配属されたら…ストレスを発散するためにいじめのターゲットになる可能性はあります。 文部科学省では、いじめの定義を「一定の人間関係のある者から、心理的・物理的攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」としています。 あなたがいじめられていると感じたら、我慢するだけではなく自分のことを振り返ったり、今後のことを考えた方がいいかもしれません。 身体や心を壊す前に。 その場所の人間関係の空気というものがどこにでもあります。 空気を読むことなくマイペースを貫いていると、周りがひいてしまうという可能性があります。 場の空気を読むというのは、難しい方も多いかもしれません。 和気あいあいとした中で自己主張が強すぎる人、おしゃべりな人が多い職場で1人だけ何も話さない人、場を和ませるだけの冗談なのに真面目に受けてしまう人・・空気を読めないタイプ人はいじめられやすい人の可能性があります。 そこで極端に仕事が出来ないといじめられやすい人になってしまうかもしれません。 最初は誰でも慣れていなくて、仕事に戸惑うかもしれません。 でもメモを取らずに同じ質問を何度もしたり、何度も同じミスを繰り返したりするのはNGです。 周りが疲れてしまいます。 極端に仕事が出来ない人というのは、いじめられやすい人の原因の1つとなるかもしれません。 仕事が出来ないと周りのフォローが大変なので、いじめられやすいタイプの人に八つ当たりするかもしれません。 職場内いじめの原因については下記記事で詳しく解説しています。 ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。 気の弱い性格の人• この人なら反逆されない、この人なら何を言っても大丈夫という気弱な感じタイプの人がいじめのターゲットになってしまいます。 気の弱いというのは、繊細で優しい性格でもあるのですがそれだけでは世の中を生きていけません。 繊細で優しい性格というのは、素敵なことなので性格そのものを変える必要はないと思います。 でもいじめられやすい人という特徴を持っているので、いじめてくる人に対しては少しやり方を変えてみるのは生きていく上で大切かもしれません。 若い女子、特に可愛い&綺麗な女子です。 職場では可愛い若い女子に男性陣も注目しチヤホヤします。 年配の女性に嫉妬されないように、目立たないようにしないと態度次第ではいじめられる可能性もあります。 素敵な彼氏や旦那さんがいる人もしくはお子さんがいらっしゃっても綺麗な人などは嫉妬の対象になるのです。 また実家や旦那様がお金持ちの人なども嫉妬の対象になります。 職場によっては周りに嫉妬されている可能性もあります。 生活の為に働いている人も多い中で「暇だから仕事してます。 」というような言動は慎みましょう。 さり気ないハイブランドな時計や鞄なども嫉妬される要因になるので、職場の女性上司の持っているより良いものを職場に持っていくのは避けた方が無難です。 嫉妬心を煽りいじめに繋がりますので注意しましょう。 職場でミスをするのは誰でも落ち込むことです。 でもずっと引きずって周りの空気を重くしたり、「どうせ私なんか…」と口癖のようになっている人は好かれません。 環境的にストレスフルな雰囲気の中では、被害者意識が強いのも特徴です。 ネガティブ思考が身に付いていると、周りに対してもいい影響を与えません。 悪いことが起こっていないのに、悪いことが起こるのではないかと心配ばかりしている人はいじめられやすい人になります。 明るく前向きなタイプの女性は、みんなから好かれます。 社会人になると、コミュニケーション能力が大切になってきます。 事務的な仕事がいくら出来ても、職場や取引先などでのコミュニケーションが上手く取れない人は、いじめられやすい人になります。 コミュニケーション能力が低い人は、想像力が豊かでないことも特徴です。 職場だけではなく、ママ友関係・ご近所関係においてもコミュニケーション能力が低めの人は、印象が良くありません。 性格自体は悪くなくても、誤解を生んでしまったりして、それがいじめに発展することもあります。 コミュニケーション能力の低い人に特徴的なのが、聞き下手な人が多いです。 コミュニケーション能力というと、話すことが上手いと思われがちですが、人の話を上手く聞くことも能力です。 聞き上手になると、相手は自分を受け入れてくれるという安心感を持ちます。 逆に人の話をきちんと聞かない人は、よく思われません。 孤立しやすいので、何かのきっかけでいじめに発展することもあります。 お洒落をしないということではなく、清潔感に欠けていたり、お風呂に入っている?という人、髪の毛もボサボサの人などいます。 また極端に太っていて、「ダイエットしたい」が口癖でケーキを平気で食べている人もいます。 人は外見ではなく中身が大事と言いますが、ある程度の身だしなみをしていないと周りに不快感を与えます。 いじめられやすい人の中には、実は清潔感に欠けていて外見に無頓着な人もいます。 最低限の身だしなみは整えない人は、色々損をします。 いじめられやすい人にならないよう、外見を整える努力はしましょう。 夢占いについては下記記事で詳しく解説しています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 夢占いで占ってみませんか?ストレス解消にもなるかもしれませんよ。 いじめられない人• これらの要因を持っている人が、必ずいじめられるかというとそうではありません。 これらの要因を持ちながらも、自覚していじめられないように努力している人です。 外見的な要因なら努力でカバーして、嫉妬されやすい人は注意をすることでいじめられません。 コミュニケーション能力が多少低くても自分を受け入れてくれる環境に身を置くことで、いじめにあうことはありません。 またコミュニケーション能力も努力によって少しずつ改善していきます。 気が弱い人も相手によっては自分を守るために強気になることも出来るでしょう。 ネガティブな思考も多少改善することも出来るのです。 いじめられる人は自覚が足りない人 いじめられる人• また自分の性格とは合わない職場に身を置くことで、いじめられたりします。 自分が持っている雰囲気や周りの雰囲気の空気を読んで、自分が合いそうだと思える環境を選んでいないのです。 いじめられやすい人の特徴を持っているということに無自覚で、いつもビクビクしている人はいじめられてしまうのです。 子供は自分の環境を選んだり、自己分析する能力がまだ足りないかもしれません。 でも大人になったら自己分析も出来るようになるし、自分のいじめられやすい原因を減らしたりすることが出来るのです。 いじめられる人は、今までの経験を糧に大人の知恵を働かせていないのです。 大人になったら、自分の特徴をよく知りそれを生かす方法を身に付けられます。 また環境も選べます。 職場で無視してくる人の心理については下記記事で詳しく解説しています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

【夢占い】動けない!金縛りにあう夢を見る意味・心理とは?

いじめにあう夢

1、いじめの件数|学校が認知しているだけで18万件 そもそも、 学校におけるいじめは どのくらいの件数が発生しているのでしょうか? (1)いじめ全体の件数 平成26年度における文科省の調査結果によると、 小学校、中学校、高校、特別支援学校におけるいじめの認知件数は18万件あまりとなっています。 現実には学校側に認知されていないものも多いでしょうから、それを入れると優に20万件を超えてくるでしょう。 (2)小学生同士のいじめが増加している また、いじめの件数としては、 小学校におけるものが飛躍的に増加傾向にあります。 平成26年度のいじめの全体件数のうち、122721 件、つまり3分の2程度が小学校で起こっています。 小学校におけるいじめの件数は、平成23年の33124件から平成24年の117384件へと急上昇しています。 引用元 文部科学省 (3)最もいじめの被害に遭いやすいのは中学一年生 次に、もっともいじめに遭いやすいのは中学校1年生であるというデータもあります。 以下を見ると、小1から高3までの全体のいじめ件数のうち、26989件が中学校1年生でトップとなっています。 引用元 文部科学省 2、いじめが起きる原因 それでは、 どうして子供達の間でいじめが起こってしまうのでしょうか? その 原因を探ってみましょう。 異なるものを受け入れられない• ストレス解消• 自分の心の安定を保つ• おもしろ半分• 自分がいじめられないため• 自分の家で虐待を受けている• 家庭内で、暴力が日常的である さまざまな要因がありますが、主には上記のようなものが多いでしょう。 3、いじめの内容 次に、 いじめの内容としてはどのようなものが多いのか、ご紹介します。 さきほどの文科省のデータによると、以下のような態様のいじめが発生しています。 悪口を言われる|64. 叩かれる、ぶつかられる(程度の酷いものと軽いものを総合)|29. 仲間はずれにされる、無視される|19. 金品をたかられる、ものを盗まれる、捨てられる|9. 恥ずかしいことや危険なことをさせられる|7. パソコンや携帯電話で誹謗中傷や嫌なことをされる|4. 4、子供のいじめに気づくきっかけとは? 子供がいじめられているときには、 周囲の大人が早めに気づくことが重要です。 いじめに気づくきっかけとしてどのようなものがあるのか、見てみましょう。 (1)子供の異変に気づく まずは、子供の様子を見て 異変があったらすぐに気づいてあげることが大切です。 以下のような点に注目しましょう。 感情的になりやすい。 すぐに泣いたり怒ったりする• ぼんやりしている• 寝つきが悪くなり朝も起きにくくなる• 服が汚れている• 持ち物がなくなる• 小さな傷がある• 所持品やかばんに落書きされている• 食欲がなくなる• 笑顔がなくなる• 髪の毛を自分で抜く• 爪をかむ• 口数が減る (2)学校の先生やスクールカウンセラーが発見 次に、学校やスクールカウンセラーと連携しておくことも大切です。 先生やカウンセラーが異変に気づいたときにすぐに知らせてもらえるよう、日頃からつきあいを深めておきましょう。 (3)子供の友達から教えてもらう また、子供の友達(学校の他の子供)や他の子供の保護者、地域のコミュニティなどからいじめの情報が入ることもあります。 そもそもこういった人たちと連携ができていたら、いじめに遭いにくいということもあるので、いじめ対策のためには、 周囲の人々との関係も構築しておくことも重要です。 5、子供がいじめられていると言えない理由 子供達はいじめに遭うと自殺するほど辛いと感じているにもかかわらず、親や先生にはいじめに遭っていることを言えないケースが多いものです。 どうして言い出せないのでしょうか? 理由をみてみましょう。 (1)いじめられていると知られたら恥ずかしい もっとも大きな理由は、 「いじめられていることが恥ずかしい」という理由です。 子供は 「いじめられるのは自分が悪いからだ」 「自分が劣っているからだ」 と考えるので、先生をはじめ、周囲にも親にもいじめられていると言えません。 (2)親に心配をかけたくない いじめられていることを親に告げると、親に心配をかけてしまうので言い出せないという子供も多いです。 (3)いじめに遭っていることを認めたくない 実際にはいじめを受けていても、そのことを自分でも受け入れられない子供がたくさんいます。 自分でも認めていないので、周囲の人には言い出せません。 自分の中に溜め込みすぎて、最終的に爆発してしまう可能性もあります。 (4)相談するといじめが酷くなるのが不安 いじめている子供を恐れている場合には、 誰かに相談をすると、より酷いいじめに遭うのではないかと不安を感じているケースも見られます。 実際、学校の先生に話し、先生が加害者を注意するなどの対応した場合でも、その対応が子供寄りでないケースでは、裏でのいじめが激しくなるということもよくあります。 また、 日頃学校と直接の関与がない親に相談して良い解決になるか、子供にその見通しがつかないことも原因となります。 6、加害者からのいじめを止めさせる方法 子供がいじめられていることが発覚したら、まずは加害者にいじめをやめさせなければなりません。 そのためにはどのような方法が効果的なのか、見てみましょう。 (1)学校に相談する まずは、 学校に相談することです。 このとき、電話や手紙などではなく、必ず先生や責任者と直接面談して状況を伝えることが大切です。 電話などでは状況がうまく伝わらず、対応してもらえない可能性も高くなるからです。 (2)加害者の子供や保護者と話をする 次に、加害者である子供や保護者と直接話をすることも考えられます。 ただしこの場合、いじめを証明できる資料があることが望ましいです。 たとえばいじめられて壊された物や落書きされた物を持っていくとか、身体に傷をつけられている場合にはその場所を見せたりしましょう。 何もないのに相手の親に対し「お宅の子供にいじめられている」と言っても、 相手が認めずトラブルになってしまう可能性が高いです。 (3)加害者と担任や学年主任などを交えて話す 効果的な方法は、 加害者やその保護者、学校の先生を交えて関係者全員で話し合うことです。 先生が間に入ることにより、加害者の保護者も落ち着いて話をしやすくなります。 いじめは学校での問題ですから、学校なしに解決することはできません。 子供の年齢や学業の状況、学校の特徴などに応じて、関係者全員でケースごとに最善の解決方法を検討しましょう。 まずは加害者、被害者双方と第三者から事情聴取をしてもらい、担任だけではなく学年主任や生活指導部なども合同して、全体で対応策をとるよう要望しましょう。 いじめがあるとわかったときには、加害者に謝罪してもらうとともに、その他のペナルティを与えてもらいます。 同時に、被害者であるわが子へのフォロー方法を検討してもらい、再発を防ぐための方策について検討しましょう。 (4)弁護士に相談・依頼する いじめ問題を弁護士に相談する方法もあります。 弁護士には、学校内のいじめ問題に積極的に取り組んでいる人がいるためです。 中には元教員の弁護士などもいるので、学校トラブルに協力してくれる弁護士を探して相談を受けましょう。 7、自分の子供との向き合い方について いじめが発覚したら、自分の子供とはどのような距離感で接したら良いのでしょうか? (1)子供が安らげる居場所をつくる まずは家庭内で、 子供が安らげる場所を用意してあげることが大切です。 たとえ学校に居場所がなくても家に帰ってきたら居場所があると感じられると、子供の心の中に逃げ場ができて、追い詰められずに済みます。 家庭でなく、習い事などの場所でもかまいません。 (2)親が先走らない。 子供の意思を尊重する いじめ対策をするとき、 親が先走った行動をしないことも重要です。 加害者の子供や保護者と会ったり学校に何らかの申し入れをしたりするとしても、子供に「それでいい?」と確認してからにしましょう。 いじめ問題の解決は子供が主体であるということ。 子供の立場、気持ち、環境が最優先です。 (3)いじめ相談窓口に相談する いじめ問題は、家庭内だけで抱えていると苦しくなってしまうことが多いです。 そういった息苦しさは子供にも伝わり、余計に子供を追い詰めてしまうおそれがあります。 そこで、 第三者機関によるいじめの相談窓口を利用しましょう。 たとえば、子供が相談できる 「チャイルドライン」 「24時間いじめ相談ダイヤル」 などの電話相談窓口がありますし、保護者が 「子供人権110番」 「インターネット人権相談」 などを利用したりすることもできます。 (4)子供を信じ、いつでも味方でいること もっとも重要なのは、 親が最後まで子供の味方でいることです。 いじめられていることは恥ずかしいことではない、悪いことではない、親はいつでも子供を信じていて、心から愛している、一番大事な存在であることを伝え続けましょう。 親が子供に寄り添って、二人三脚で取り組むことにより、子供も徐々に自信を取り戻していけるものです。 8、いじめ被害に遭わないようにするには? 最後に、なるべくいじめに遭わないようにするための対処方法を考えてみましょう。 (1)体と心を鍛える まずは、 子供の身体と心を鍛えましょう。 スポーツや武道を習いに行くのも良いですし、ときどきハイキングに行ったりするのも良いでしょう。 家に閉じこもりがちだとどうしても精神的にもしんどくなってしまうので、身体を動かして気持ちも解放していきましょう。 (2)誰かに助けを求める姿勢を持つ また、子供に 「何かあったときには周囲に助けを求める姿勢」を持たせること も大切です。 「5」で、子供が自分がいじめられていることを言えない理由をお伝えしました。 この理由からもわかるように、言えないのは、子供が• いじめられる自分が悪い• 大人に話しても解決が見えない、解決どころか事態が悪化する という考えを持っている場合が多いのです。 ですので、 大人は、• いじめはいじめられる方に問題があるということではない• 大人に相談した場合、加害者の心を刺激することなく解決することができる ということを、子供に話しておくことが大切です。 そして、実際に、 いじめを悪化させないための解決策を、大人も用意しておくことが必要です。 先生でもクラスの中心の子供でも、相談相手は誰でも良いのです。 一人で抱え込まないようにすることが、いじめを大事にさせない重要なポイントです。 (3)その場で拒絶する姿勢を持つ 嫌がらせをされたり理不尽なことを言われたりしたときに、その場で「NO」と言えるようにしておきましょう。 その場で毅然とした態度をとれば、いじめる子供もそれ以上強く出にくくなるものです。 いざというときに「嫌」と言うように、日頃から子供と話し合っておくと良いでしょう。 まとめ 今回は、子供がいじめに遭ったときの対応方法やいじめに遭わない対処方法を解説しました。 子供がいじめに遭うと、親としては大変心配なものです。 一緒になってパニックになると子供も余計に辛くなるので、親は子供を無条件に受け入れながら、落ち着いて対応を進めていきましょう。 カテゴリー• 101• 153• 190• 129• 118• 135• 361•

次の

【夢占い】異性が出てくる夢は恋のサイン?15例の夢を解説

いじめにあう夢

もし、我が子がいじめにあったら…。 そんなことは考えたくないでしょうが、親ならば「いじめ」について知っておいてほしいことがあります。 この記事では、なぜいじめが起こってしまうのか。 その原因やいじめの種類、事例をご紹介します。 また、我が子が小学校でいじめを受けた場合の対応もお教えします。 いじめから我が子を守ってあげてください。 小学生のいじめ、なぜ起こってしまうの? 小学生のいじめは、なぜ起きるのでしょうか。 いじめる側、いじめられやすい子の理由をそれぞれ解説します。 いじめる側の子供の理由、その原因は? 子供が他の子供にいじめをする理由には、相手の行為にいらだったり、憤りや脅えを感じることが挙げられます。 それに対する反発、報復として、攻撃を加えるのです。 いじめる側の子どもは、「相手が悪いからやっている」という相手の非を主張する傾向にあります。 場合によっては、集団の中で共通の感情となることもあるのです。 いじめられやすい子供の理由、その原因は? いじめられやすい子供には特徴があります。 対人関係が不得意だったり、欲求不満に対する耐性が欠けていたり、思いやりがないなどです。 また、成績がよかったり、容姿がかわいいなども、嫉妬の原因となり、いじめにつながるケースもあります。 さらに、おとなしい子や内向的な子も、攻撃の対象になりやすくなります。 いじめの原因は学校側にもあります。 たとえば、先生のいじめに対する認識不足や、先生と児童の交流が不十分であること、生活指導や管理的な締め付けが強いと、集団として異質なものを排除しようとする傾向が生じやすくなる、などが挙げられます。 小学生に見られるいじめの種類 小学生のいじめには、いくつか種類が見られます。 低学年、中学年、高学年に分けてその種類をご紹介します。 小学校低学年に多い、いじめの内容 低学年の時期のいじめには、ちょっかいを出すというようなものが多い傾向にあります。 たとえば、叩いたり、蹴ったり、人の嫌なことをしたり、悪口を言ったりなどです。 これは、低学年では言語表現が未熟なことが原因と考えられています。 仲間が欲しくてもどのようにして接したらいいのかわからなかったり、日常的な不満やストレスの解消について適切な方法を見出せなかったりするなど、自分の感情を上手に表現できないことから、いじめが発生しているように思われます。 小学校中学年に多い、いじめの内容 中学年の時期になると、叩いたり、蹴ったりということのほかに、仲間はずれや無視するなどが加わわります。 この時期は、同性の気の合うもの同士のグループが形成される時期だからです。 集団にうまくなじめなかったり、集団と異なる雰囲気をもつものを排斥するいじめが発生しやすくなります。 ・女子に見られる特徴 男子にくらべ、女子のほうがグループをつくる傾向にあります。 そのことにより、仲間はずれや無視などの心理的ないじめが多くなります。 ・男子に見られる特徴 男子では、中学年になっても低学年と同様のいじめが多いです。 たとえば、暴力などの身体的ないじめです。 小学校高い学年に多い、いじめの内容 高学年になると、仲間はずれや無視するなどに加えて、しつこく悪口を言うなどの心理的ないじめが目立つようになります。 ・女子に見られる特徴 高学年という時期は、女子にいじめが多く発生する時期です。 その場合には特に心理的ないじめが多く見られます。 具体的には、グループ内での親密さを競う争いが起きたり、グループ間での対抗が激しく行われたりすることがあり、それがいじめにつながるケースがあります。 ・男子に見られる特徴 高学年の男子においては、リーダー格の児童が出現することが多々あります。 それにより、小集団における支配欲を伴ういじめに発展することがあります。 実際にあった、小学生のいじめの事例 ここでは、実際にあった小学生のいじめの事例を掲載します。 人との関わりが未熟なことがいじめに… A君は、いつもトラブルを起こしていました。 教室でも落ち着きがなく、イライラした印象で、クラスメイトを突き飛ばしたりしていました。 また、クラスメイトが砂場で遊んでいるときに、砂山を突然崩したり、砂を投げつけたりも。 そのようなトラブルから、多くの子供たちがA君を怖がりはじめ、関わろうとしなくなります。 A君自体はというと「友達がいない、遊んでくれない」と悲しんでいます。 このケースは、人との関わりや自己表現の仕方がわからず、自分の欲求の実現に性急なことなどがいじめにつながっています。 グループ内のいじめ 同じクラスの女子5人は仲が良く、いつもグループ行動をしていました。 しかし、リーダー格で人気者のBさんが、ほかの4人から急に「自分勝手」、「気にくわない」、「生意気」などの理由から仲間はずれに…。 同グループのCさんは、周囲にBさんの陰口を言いふらすようになります。 その後、Bさんは不登校になってしまいました。 ある時期までは対等な仲間として付き合っていたのが、仲間うちで学習面や運動能力が優れていたり、人気があったりしたことを羨んでいじめるケースです。 特徴をなじるいじめ D君は、肥満傾向で、動作が緩慢。 学習が遅れがちという特徴があります。 その特徴について「デブ」、「バカ」などと言われたり、暴力を振るわれたりなどして、いじめを受けました。 いじめる側はD君を自分たちとは異質なところがあるとして、相手への嫌悪感や拒否感を、悪口や暴力で示します。 いじめる側が大人数になると、罪悪感やいじめている意識が薄くなります。 我が子がいじめられているかも?と思ったら お子さんがいじめられていると感じたときの対応をお教えします。 まずは話を聞いてあげてください。 話したがらないようであれば、紙に書き出してみるように言ってみましょう。 たとえば、心配事、辛いこと、自分の好きなところ、嫌なところ、こうなればいいなと思うことを書き出してもらいます。 それを見て、確認し、対処法をいっしょに考えてあげてください。 いじめが発覚、親の対処法は? 我が子がいじめを受けていると認識したときの親の対処法をお教えします。 もしものときの参考になさってください。 ・子供を守る 子供の安全を確保することが最優先事項です。 いじめの原因から子供を引き離すようにしてください。 そして、子供に、味方であること、守ってあげるということを伝えます。 そうすることで、子供も少しは心が休まるはずです。 また、学校を休ませる、学校を変えるなども1つの選択肢だと頭に入れておきましょう。 ・学校・警察に動いてもらう 学校に相談することも重要です。 早めに相談することで、いじめの長期化させずにすみます。 また、おおげさかもしれませんが、警察に動いてもらうのもひとつの手段です。 我が子の命に関わることです。 命を守るほうが大切だと考えるようにしてください。 ・悩み事を相談できるサービスを利用する どうしたらいいのか悩んでしまうのは、子供も親も同じです。 そんなときは、悩み事を相談できるサービスを利用しましょう。 「文部科学省 24時間子供SOSダイヤル」では、いじめ問題やその他の子供のSOS全般に悩む子どもや保護者などが、電話で相談できるサービスです。 都道府県及び指定都市教育委員会が夜間・休日を含めて24時間対応可能な相談体制を整備しています。 電話番号:0120-0-78310 我が子が誰かをいじめているかも?と思ったら 子供と正面から向き合う時間をつくってください。 悪さをした時や、他人に迷惑をかけた時は、何が悪いのか、どうしていけないのか、その理由もしっかり説明した上で叱りましょう。 また、ほかの子供と比べず、手伝いをしてくれた時、誰かの役に立つことをした時には、笑顔で「ありがとう!」とほめてあげてください。 そうすることで、「世界にたった一人」しか存在しないお子さんの「個性」を伸ばすことにつながります。 お子さんのいじめで悩んだとき助けになってくれる本 『笑おうね 生きようね いじめられ体験乗り越えて(小学館)』 『笑おうね 生きようね いじめられ体験乗り越えて』 著者は、よしもとNSC(お笑いタレント養成所)の名物講師。 これまで1万人以上の芸人志望の若者たちを指導し、見続けてきました。 現在活躍している芸人や、芸人になる人の中にも、過去にいじめを受けたという人は少なくありません。 また、著者自身も喘息の持病で留年したことをきっかけに、小学生時代、いじめで辛い思いを経験しています。 でも、生きているからこそ、今があるのです。 著者の教え子でもある一流芸人や、著者自身のいじめられ体験と、それに負けずに生き抜いたことを、今、いじめに直面し辛い思いを抱えている人たちに伝えてくれます。 いじめから子供を守るのは親しかいない いじめから子供を守れるのは親しかいません。 子供からのいじめのサインを見逃さないようにしてください。 そして、子供にやさしく対処してあげるようにしてくださいね。 関連サイト 文・構成/HugKum編集部.

次の