お 香典 お札 の 入れ 方。 お香典袋へのお札の入れ方

【ご霊前】お札の入れ方とお金の向き・中袋ありとなし!新札は折り目?

お 香典 お札 の 入れ 方

・キリスト教であれば「御花料」、神道であれば「御玉串料」と書きますが、 宗旨宗派を問わない「御香典」も安心です。 さらに表書きの下部分には、自分の名前をフルネームで記入してください。 夫婦など、連盟でお渡しする場合には、三名までなら表に書いても問題ありません。 法事のお香典、中袋の書き方 続いて中袋の表面には、 包んだ金額を中央上部に記入しますが、この金額は 「漢数字」で書かなければなりません。 漢数字は一~十までが、「 壱・弐・参・四・伍・六・七・八・九・拾」、百・千・万は、「 百・阡・萬」です。 また金額の上には「金」、下には「 圓也(えんなり)」を入れるので、例えば五千円を包むのなら、「金 伍阡圓也」となります。 …以上が基本的な中袋の書き方ですが、なかには 中袋がないタイプもあります。 しばしば、住所を省略して書く方がいるのですが、施主はお香典返しやお礼の手紙を送る時に使いますので、そこまで想定して、 郵便番号や都県まで、正確に書くと親切です。 お札を入れる 表書きまで終えると安心しがちですが、 お札の入れ方にもマナーがあります。 そして、そのマナーが結婚式のお祝儀とは反対な点も、間違えやすいところです。 (一方、お祝儀は華やかな色でも大丈夫です。 ) ・渡す時には袱紗(ふくさ)からお香典を取り出します。 受付では取り出して そのまま両手で渡すと丁寧です。 またご自宅へ弔問する時には、袱紗を座布団のように、 お香典の下に敷いて差し出してください。 いかがでしたでしょうか、今日は 法事でお香典を準備する時に、押さえておきたいマナーをお伝えしました。 また袋の包み方ですが、弔事では 「お辞儀をするように」下が先、上を先に折りたたんでください。 (祝儀では上が先です。 )このように冠婚葬祭では、あらゆる場面でお金を包みますが、その 内容によって細かなマナーに違いがあります。 複雑に感じることもありますが、一度 意味合いまで理解してしまえば、後々間違える心配もありません。 法事のお香典の、 立場や年齢で違う金額相場については別記事でもお伝えしていますので、ぜひ、こちらも参考にしてください。 ・ まとめ.

次の

五千円の香典の包み方は?|入れ方・向き・書き方・渡し方|終活ねっと

お 香典 お札 の 入れ 方

Contents• お札の入れ方 香典のお札の入れ方にはマナーがあることをご存知ですか? お札の向きやお札の状態、新札なのかそれともボロボロでもいいのか、いろいろあるんですよ。 最もいい状態はどんな状態なのかをご紹介することにしましょう。 お札の向き お札を入れる向きについては明確なルールがあるわけではありません。 ただ、一般的には中袋を裏にした状態で開けた際に、お札の表面(人物がある方)が上になるように入れてください。 天地は人物を下になるようにします。 お札を複数枚入れる場合には、きちんと向きを揃えるようにしましょう。 向きがガチャガチャでは見苦しくなります。 お札の状態 次に大事なことは入れるお札の状態です。 どんな状態がベストなのかおわかりでしょうか。 若い人は気にしない方も増えましたが、年配の人はまだまだ気にする方がいることも忘れないでください。 ご遺族や関係者が不快になるようでは、何のための香典なのかわからなくなりますから。 ほんの少しの配慮でいいんですよ? 新札はNG? これはご存じの方は多いと思います。 新札ではあらかじめ期待して用意しておいたような印象を与えますから。 年配の方は特に気にするポイントなので注意してください。 しかしだからといってクシャクシャのお札の方がいいのかと言うとそれも違います。 ややこしく思われるかも知れませんが「ほんの少しの配慮」だということを思い出してくださいね。 ボロボロもNG? クシャクシャのお札でもNGなわけですから、ボロボロのお札などは論外ということになります。 お札の端が擦り切れていたり、破れて千切れそうな状態では、お金としての価値が変わってしまう可能性すらあります。 また、クシャクシャやボロボロとは少し違いますが、いわゆる旧札も避けた方が無難です。 現在流通している紙幣を使うようにしましょう。 これが良い状態 新札もクシャクシャもボロボロもダメと言われると、どんなお札を用意すればいいのか、迷われるかも知れません。 ここで再び「ほんの少しの配慮」というキーワードを思い出してください。 まずは新札を用意してください。 「え?新札??」と思われるかも知れませんが、これからご説明します。 新札を丁度お年玉のポチ袋に入れるように三つ折りにしてください。 折り目がしっかり付いたら再び広げます。 そして伸ばしてお札の向きに注意して中袋に収めます。 これがベストの状態なんです。 決して難しいわけではないんですよ。 地域によって異なることも多いので、迷ったら同じ立場の人と相談してみてください。 また、祖父母や父母、兄弟姉妹が故人の場合は自分も遺族ですが、結婚していれば世帯は別ということになるので香典を包むことになります。 香典を連名で包む場合は、故人との付き合いや年齢を考慮して3,000~10,000円ずつ出し合うようにしましょう。 合計の金額が「4」や「9」など悪い数字にならないよう考えてください。 関連記事: 関連記事: 終わりに 最後に香典袋の選び方についてお話しておきます。 香典に包む金額が5,000円以下の場合は、水引が印刷されているタイプで十分です。 包む金額が10,000円を超える場合は、水引が帯紐で結ばれているタイプにしましょう。 これはくれぐれも逆にしないでください。 10,000円を超える金額なのに簡易タイプだとか、金額が5,000円以下なのに香典袋だけは立派というのは失礼にあたります。 常識を疑われてしまいますよ?.

次の

香典に新札を入れるのはマナー違反!?折り方を工夫すれば大丈夫!?

お 香典 お札 の 入れ 方

そして、もちろんですが、香典の金額は様々でした。 ちなみに、私の場合は以下のような感じでした。 ですので、本当はいくらでも構わないのです。 しかし、そうは言っても基準となるものが欲しいと思われるお気持ちも分かります。 なので、もし私がご提案できるとすれば、 「香典の金額に迷ったら、5000円にしておけば間違いない」 とお伝えしたいです。 5000円という金額は、関係性で言えば、 ・繋がりが濃すぎない ・かといって、薄いわけでもない という中間、ちょうどいい金額だと私は思っています。 結構悩むのが、 「仕事関係の方や、親しい友人が亡くなった場合、香典は5000円がいいのか、1万円がいいのか?」 ということです。 これは私の主観ですが、 「お仕事関係の方や、ご友人が亡くなられた場合、香典は5000円の方がいい」 と思います。 1万円だと受け取った側が気を使ってしまうからです。 気を使うというのは金額の大きさもあるのですが、 「香典返し」 のこともあります。 香典返しのしきたりとしては、 「受け取った香典の何分の1かをお返しする」 というものがあります。 当然、受け取った香典の金額が高いほど、香典返しの金額も高くなります。 もちろん1万円も頂けるのはありがたいです。 ですが、私は、 「香典の5000円という金額を、少ないと感じたことはない」 です。 1万円というのは高額です。 なので、ご無理をなさらずに5000円くらいがちょうどいいかと思います。 スポンサーリンク 千円札を5枚 or 五千円札を1枚 仮に、香典に入れるお金を5000円に決めたとします。 次に問題になってくるのが、 「千円札を5枚入れる方がいいのか? それとも五千円札を1枚入れる方がいいのか?」 ということです。 これについて、いろいろいと調べてみたのですが、人によって意見が違っているようですね。 そこで、実際に受け取った体験談としては、 「千円札を5枚、五千円を1枚、どちらも差はなく変わりなく、ありがたく頂戴いたします」 ということです。 1つ、声を大にしてお伝えしたいのは、 「千円札5枚だから相手に失礼ということは、絶対にない」 です。 なので、あまりお気になさらないでくださいね。 新札 or 普通のお札 そして、次に問題になってくるのことがあります。 それは、 「香典に入れるお札は、新札がいいのか?それとも普通のお札でもいいのか?」 ということです。 これについても調べてみましたが、やはりいろんな意見がありました。 私は、 「葬儀の香典は、新札でも普通のお札でもOK。 ただし、結婚式のご祝儀は、新札が望ましい」 このように思っています。 まず、ご祝儀についてからお話します。 ご祝儀を包む機会というのは結婚式になると思いますが、結婚式には、準備期間があります。 いきなり連絡が来て、来週結婚式があるから来てくださいということは、まずありえません。 ですから、ご祝儀を包む場合は、結婚されるお二人の新しい門出の祝して、新札を包むというのが礼儀かと思います。 ですが、葬儀の場合は違います。 葬儀の連絡というのは突然やってきます。 そして、葬儀が行われるのも、連絡があった翌日、あるいは翌々日であったりします。 つまり、 「葬儀には準備期間がない」 ということです。 もちろん、銀行に行ける時間があれば、新札を手に入れることはできます。 しかし、葬儀の連絡があった日が、土日や祝日であった場合、銀行は営業していません。 日常的に、新札を準備している方はほとんどいないでしょう。 ですから、 「葬儀の香典に包むお札は、普通のお札でも全く問題ありません。 もちろん、新札でも全く問題ありません。 」 と、お伝えしたいのです。 私は喪主として、皆さまから香典を頂きました。 新札の方もおられました。 普通のお札の方もおられました。 これははっきりと言えるのですが、 「新札ではなく、普通のお札だからと言って、マナーがなっていないと思うことは絶対にない。 嫌な気持ちになることは絶対にない。 」 です。 ですから、あまりお気になさらないでくださいね。 喪主として感じたこと 私は家族を失って、喪主を経験しました。 そこで深く感じたことは、 「葬儀に来て頂けるだけで、 香典を包んで頂けるだけで充分ありがたい」 ということです。 本音を言えば、金額はいくらでもいいと思っています。 ですが、もし迷われるのであれば、5000円という金額は、ちょうどいいと思っています。 繰り返しになりますが、香典を受け取ると、そのあとで香典返しが待っています。 私の経験で言えば、1万円に対しての香典返しは、凄く気を使います。 5000円であれば、かなり気持ちは楽になります。 なので、やっぱり5000円がちょうどいい金額なのかもしれません。 スポンサーリンク 私の介護体験談 実は私は両親の介護をしていました。 今、思い返しても本当に大変だった記憶しか思い浮かびません。 「きれい事ではない介護の実態」 を正直に書いてみました。 よろしければ、ぜひお読みください。 マナーに関すること マナーに関する記事を書いてみました。 よろしければぜひ、気軽にお読みください。 お金に関すること お金に関する記事を書いてみました。 よろしければ、ぜひ気軽にお読みください。

次の