ビーチ サッカー ワールド カップ。 FIFAビーチサッカーワールドカップ

ビーチサッカーとは?日本の世界ランキングは?ワールドカップが開催|アトランダム

ビーチ サッカー ワールド カップ

2005 FIFAビーチサッカーワールドカップ 大会概要 開催国 日程 5月8日 - 5月15日 チーム数 12 (6連盟) 開催地数 1 (1都市) 大会結果 優勝 1回目 準優勝 3位 4位 大会統計 試合数 20試合 ゴール数 164点 (1試合平均 8. 2点) 得点王 Madjer(12ゴール) 最優秀選手 Madjer 2005 FIFAビーチサッカーワールドカップは、の国際統括団体の主催による第1回目のである。 前回までは主催者はFIFAではなく、 ビーチサッカー世界選手権という大会名だった。 通算ではこれが第11回目のビーチサッカーワールドカップにあたる。 ・のにて,2005年5月8日から5月15日にかけて開催された。 12ゴール• Madjer 9ゴール• Nenem 8ゴール• Anthony Mendy 6ゴール• Benjamin• Buru• Jairzinho Cardoso 5ゴール• Belchior• Ricar• Alan 4ゴール• David• Parrillo• Juninho• 河原塚毅 3ゴール• Yevgen Varenytsya• Amarelle• Dmytro Koryenyev• Oleksandr Pylypenko• Sergiy Bozhenko• Noel Sciortino• Junior Negao• Thierry Ottavy 2ゴール• Bruno• Ricardo Francisco• Ezequiel Hilaire• Federico Hilaire• Martin• Nico• Seba• Victor Moroz• Jonas• Didier Samoun• Jean-Marc Edouard 2ゴール• Jorginho• Marinho• 當間正人 1ゴールが25人 オウンゴール• Nico(対フランス) 最終チーム順位 [編集 ] 順位 チーム 1 フランス 2 ポルトガル 3 4 5 ウルグアイ 6 ウクライナ 7 スペイン 8 アルゼンチン 9 オーストラリア 10 アメリカ合衆国 11 タイ 12 南アフリカ共和国 参考文献 [編集 ]•

次の

ビーチサッカー日本代表 FIFAビーチサッカーワールドカップ開幕まであと2日|JFA|公益財団法人日本サッカー協会

ビーチ サッカー ワールド カップ

ビーチサッカー ワールドカップ2005 ブラジル・リオデジャネイロ大会 : 日程&結果 Match No. 日付 Group 対戦カード (第1ピリオド) (第2ピリオド) (第3ピリオド) スコア 1 2005. 12 日 本 ブ ラ ジ ル | 13 | | 15 | | 16 | | 14 | | | | | | | | | 1 2 1 2 1 2 1 2 フ ラ ン ス ス ペ イ ン ウ ル グ ア イ 日 本 ブ ラ ジ ル オ | ス ト ラ リ ア ポ ル ト ガ ル ウ ク ラ イ ナ ビーチサッカー日本代表メンバー FIFAビーチサッカーワールドカップ ブラジル・リオデジャネイロ大会 2005. 14発表 名 ポジション 背番号 選手名 所属クラブ 生年月日 年齢 備考 GK 1 加登 永一 SOL MAR PRAIA (沖縄) 1971. 9 34才 - 22 小川 和男 SOL MAR PRAIA (沖縄) 1977. 3 28才 - DF 3 吉井 勝宏 SOL MAR PRAIA (沖縄) 1973. 25 31才 - 5 中村 律臣 SOL MAR PRAIA (沖縄) 1975. 20 30才 - 6 牧野 真二 SPORVA21(福岡) 1976. 29 28才 - 7 黒木 直幸 FCエスペランサ熊本(熊本) 1978. 25 26才 - 4 新垣 隆 SOL MAR PRAIA (沖縄) 1979. 26 25才 - 2 大城 直也 SOL MAR PRAIA (沖縄) 1981. 26 23才 - FW 8 高良 清和 海邦銀行サッカークラブ(沖縄) 1973. 8 31才 - 10 河原塚 毅 SOL MAR PRAIA (沖縄) 1975. 1 30才 - 11 前田 直樹 FCエスペランサ熊本(熊本) 1977. 26 27才 - 若林 邦広 SOL MAR PRAIA (沖縄) 1978. 6 27才 追加招集 9 當間 正人 FC琉球(沖縄) 1981.

次の

世界一になっても満足しない茂怜羅オズ。 ビーチサッカー日本代表 新監督に茂怜羅オズが就任!(J SPORTS)

ビーチ サッカー ワールド カップ

FIFA(国際サッカー連盟)は12月1日、日本代表の茂怜羅(モレイラ)オズ(東京ヴェルディBS)がFIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ2019のアディダス・ゴールデンボール賞(大会最優秀選手)に選ばれたことを発表した。 FIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ2019は11月21日から12月1日までの期間で開催されていた。 ラモス瑠偉監督率いる日本代表は、開催国のパラグアイ代表、アメリカ代表、スイス代表を破り、全勝でグループリーグを突破。 準々決勝ではウルグアイ代表を3-2で下したものの、準決勝では最終的に今大会の王者となるポルトガル代表にPK戦の末に惜敗していた。 1日に行われた3位決定戦でもロシア代表に4-5で敗れ、過去最高位である2005年と同様に4位で大会を終えていた。 ブラジル出身の茂怜羅オズは2012年に帰化して日本代表入り。 今大会はキャプテンとしてチームをけん引し、チーム最多タイとなる7得点を挙げる活躍を見せた。 なお、シルバーボール賞には優勝したポルトガル代表のジョルダン・サントス、ブロンズボール賞には同じくポルトガル代表のビー・ マルティンスが選出されている。 🇯🇵 Japan captain Ozu Moreira won the adidas Golden Ball at the Paraguay 2019, the tournament's award for the most outstanding player. 🗞 Here are the rest of the award winners 👇 — BeachSoccerWC 🏖🇵🇾 FIFAcom.

次の