トナカイ 漢字。 動物の漢字表記一覧表

【スタディピア】魚・鳥・虫・動物・植物の漢字辞典

トナカイ 漢字

でもこちらから何かしない限り意外と襲って来たりしないんですよ! 今回は謎多きコウモリの生態や特徴、そして名前の由来などについて紹介していきたいと思います。 コウモリってどんな生き物なの?~生態と特徴について~ コウモリの生態は、脊椎動物亜門哺乳綱コウモリ目に属する動物の総称です。 世界中に980種以上のコウモリが生息していて、そのうち国内には34種のコウモリが生息しています。 日本の哺乳類の約3分の1を占めていて、ネズミの次に多いとされています。 生息地は、西日本での生息は限られていますが、主に中部似北では広く分布しています。 生活環境は主に周辺環境が密林に囲まれているような洞底・洞穴・洞窟を住処にしている事が多いですが、種類によっては市街地や平野部の民家を住処とするものもいます。 平均体長は10㎝程ですが、オオコウモリという種は1.5m以上もあるんだとか。 体の特徴としましては、翼を持っていて完全な飛行が出来る動物です。 前肢が翼として飛行に特化する形に進化しており、多くの鳥類と同様に羽ばたく事によって飛行しますが、コウモリの翼は鳥類の翼とは作りが違い飛膜という伸縮性のある膜で出来ているんです。 視覚は鈍いですが、声帯から超音波を発して、その反響を聞きながら障害物との距離をはかっています。 基本的に夜行性で、日中は後ろ足にある5本の指の鋭いかぎ状の爪で、木や岩や天井などにぶら下がっています。 コウモリの食性は種類によって大きく異なり、昆虫などの節足動物を食べるもの・脊椎動物を食べるもの 地域によっては蛙のみ ・果実を食べるもの 主にコショウの実 ・花粉や花蜜を食べるもの・動物などの血液を吸うものと様々な食性に分かれています。 他には、魚類を食べるものや他の種のコウモリを食べるものなどもいるそうです。 天敵となるものは、タカやフクロウなどの猛禽類です。 コウモリは11月中旬~3月中旬までの期間は冬眠します。 コウモリの冬眠は温度と密接な関係があるとされているので、地球温暖化が進めば冬場でもコウモリを見かけるようになるかもしれないと言われています。 野生のコウモリの平均寿命は5年~6年で、飼育下では15年~20年とされています。 コウモリの漢字表記と名前の由来~コウモリの雑学~ コウモリは漢字で「蝙蝠」と書きます。 平安中期には「カハホリ」と呼ばれ、平安末期には「カハボリ」と呼ばれていたそうです。 その後、呼び名が変化していきコウモリと呼ばれるようになりました。 コウモリの名前の由来には色々な説がありますが一番有力なのが、かわもり 川を守る から来ている説で、川の側で沢山目撃されたり橋の下に住んでいたからだそうです。 日本では昔からコウモリは馴染み深い動物とされていて、刀の柄や歌舞伎役者の着物の模様などにコウモリがあしらわれています。 ですが、西洋から吸血鬼伝説が入って来た事によって、いつの間にか悪いイメージが付いてしまいました。

次の

【スタディピア】魚・鳥・虫・動物・植物の漢字辞典

トナカイ 漢字

「トナカイ」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 「真っ赤なお鼻のトナカイさんは~」と書いている今はまだ夏なのですが・・・ 今日はトナカイさんの由来です。 たまたま検索に引っかかったトナカイさんについて読んでいたら、驚くべきことが書いてあったのです。 トナカイは、シカ科の哺乳類で主に北極圏に生息していますよね。 枝状の大きな角を持ち、よく見かけるのはやはりクリスマス。 サンタさんが世界の子供たちにプレゼントを配りに行くそのお手伝いとしてソリを引く姿が印象的というか、それが全てかもしれません。 我々の知る動物の中には日本語と異なる名前を持つ動物がたくさん存在しますが、トナカイもその一つだというのです。 知りませんでした。 英語での呼び名は「カリブー」と言います。 そんな呼び名聞いたこと無いです。 トナカイ 漢字は馴鹿 は日本での呼び名となります。 「馴鹿」は「じゅんろく」と読み「飼いならされた鹿」の意味だそうです。 そしてこの「トナカイ」という呼び名はアイヌ語「tonakkay トナカッイ 」から由来しているというのです。 口に出して言ってみて下さい。 かなり言いづらいです。 間宮林蔵さんが樺太探検をした話が司馬江漢の「春波楼筆記」の中にあり、そこには「唐太の地に、トナカイと云う獣あり」と記されているそうで、江戸時代には「トナカイ」の呼称か浸透していったようです。 ここで一つ疑問が・・・北海道には今もトナカイはいるのだろうか? 探してみるとありましたありました。 北のほうですが二箇所。 あまり私は気が進みませんが・・・ ここで更に疑問。 これらの種は江戸時代から続くトナカイなのだろうか? 答えはNO。 幌延のトナカイは、岐阜県出身の脱サラした方がフィンランドでトナカイの飼育実習をし、平成元年に北海道で飼育適地を探し、町内の有志と会社を設立して輸入したのが最初なのだそうです。 目的は家畜としてのであり、肉やツノ、革の生産販売のための飼育でありました。 トナカイは順調に増え続け、珍しさもあってニュースや噂を聞きつけ観光に発展していったとの事です。 いるにはいましたが、輸入物であったというのは若干残念ですね。 さすがに大きさは雄のほうが勝っていますが、雄は晩秋に角が落ちて春に再び生え始めるのだそうです。 つまり・・クリスマスのシーズンには角が無い!? その為ソリを引いているのはメスの可能性が高い! というちょいと意地悪なウンチク。 すべてが夢の世界なので参考までにしておきましょう。 私としては江戸時代に北海道にトナカイがいたという事実のほうが大きな驚きです。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

「トナカイ」 の由来と語源

トナカイ 漢字

「トナカイ」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 「真っ赤なお鼻のトナカイさんは~」と書いている今はまだ夏なのですが・・・ 今日はトナカイさんの由来です。 たまたま検索に引っかかったトナカイさんについて読んでいたら、驚くべきことが書いてあったのです。 トナカイは、シカ科の哺乳類で主に北極圏に生息していますよね。 枝状の大きな角を持ち、よく見かけるのはやはりクリスマス。 サンタさんが世界の子供たちにプレゼントを配りに行くそのお手伝いとしてソリを引く姿が印象的というか、それが全てかもしれません。 我々の知る動物の中には日本語と異なる名前を持つ動物がたくさん存在しますが、トナカイもその一つだというのです。 知りませんでした。 英語での呼び名は「カリブー」と言います。 そんな呼び名聞いたこと無いです。 トナカイ 漢字は馴鹿 は日本での呼び名となります。 「馴鹿」は「じゅんろく」と読み「飼いならされた鹿」の意味だそうです。 そしてこの「トナカイ」という呼び名はアイヌ語「tonakkay トナカッイ 」から由来しているというのです。 口に出して言ってみて下さい。 かなり言いづらいです。 間宮林蔵さんが樺太探検をした話が司馬江漢の「春波楼筆記」の中にあり、そこには「唐太の地に、トナカイと云う獣あり」と記されているそうで、江戸時代には「トナカイ」の呼称か浸透していったようです。 ここで一つ疑問が・・・北海道には今もトナカイはいるのだろうか? 探してみるとありましたありました。 北のほうですが二箇所。 あまり私は気が進みませんが・・・ ここで更に疑問。 これらの種は江戸時代から続くトナカイなのだろうか? 答えはNO。 幌延のトナカイは、岐阜県出身の脱サラした方がフィンランドでトナカイの飼育実習をし、平成元年に北海道で飼育適地を探し、町内の有志と会社を設立して輸入したのが最初なのだそうです。 目的は家畜としてのであり、肉やツノ、革の生産販売のための飼育でありました。 トナカイは順調に増え続け、珍しさもあってニュースや噂を聞きつけ観光に発展していったとの事です。 いるにはいましたが、輸入物であったというのは若干残念ですね。 さすがに大きさは雄のほうが勝っていますが、雄は晩秋に角が落ちて春に再び生え始めるのだそうです。 つまり・・クリスマスのシーズンには角が無い!? その為ソリを引いているのはメスの可能性が高い! というちょいと意地悪なウンチク。 すべてが夢の世界なので参考までにしておきましょう。 私としては江戸時代に北海道にトナカイがいたという事実のほうが大きな驚きです。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の