テセウス の 船 原作 と 違う。 テセウスの船犯人が原作と違う田中正志!驚きのオリジナルのネタバレ

テセウスの船考察 犯人 黒幕は原作と違うあいつか?【最終回結末を予想】|ドラマ情報サイトのドラマイル

テセウス の 船 原作 と 違う

ドラマの放送が開始された「テセウスの船」。 テセウスの船というのは、そもそもパラドックスの一つで、テセウスのパラドックスとも呼ばれています。 ある物体(オブジェクト)の全ての構成要素(部品)が置き換えられたとき、基本的に同じであると言えるのか、という問題です。 これをテレビドラマだと、船の部品がダメになったら、その部分だけをどんどん新しく変えていく。 そうしているうちに、船は元々あった部品なくなってしまったのに、それが同じ船だと言えるのだろうか・・・という事です。 この考え方が、タイムリープを繰り返す事で、過去が変わり、未来が変わっていく。 当初の未来は、鈴木亮平さん演じる佐野文吾が「音臼小無差別殺人事件」の犯人とされていたけど、過去を変えていく事によって、未来が変わり、佐野文吾が犯人とされる「音臼小無差別殺人事件」さえも未然に防げたら・・・。 それは本当に同じ未来だと言えるのだろうか・・・的な事ですかね。 という事で、これ以上このテセウスのパラドックスについて触れていくと、混沌とした記事になっていくので、サクっと犯人のネタバレをしていきたいと思います! そしてまた大きな発表がありました! 原作者さんいわく 真犯人は原作と違う というのです! なのでこの記事は、あくまで原作の犯人の事を書きますので、原作だと思ってお楽しみくださいませ! 【テセウスの船記事一覧】 もくじ• 「テセウスの船」犯人ネタバレ【原作】 この物語の大きなポイントとなっている、佐野文吾が犯人とされる「音臼小無差別殺人事件」ですが、これの真犯人は別にいます。 佐野文吾は冤罪です。 佐野宅に青酸カリがあったというのは、これは犯人の協力者?が置いていったモノです。 「音臼小無差別殺人事件」の真犯人は 【加藤みきお】です。 加藤みきお・・・誰やねん!?って感じですよね 笑 そうなんです。 ドラマを観ている今では、まだまだ「誰やねん!!」って感じだと思います。 加藤みきおの正体は? もうこの記事の冒頭から車椅子の画像で、ここでも車椅子の画像なので、察していただけるかと思いますが、車椅子に乗っている男です。 ドラマでは、安藤政信さんが演じています。 この男が、犯人なんです! しかし、青酸カリを佐野宅に置いていったのは加藤みきおではありません。 青酸カリを置いていったのは、麻生祐未さん演じる木村さつきです。 しかし・・・しかしですよ!? これはあくまで原作での話なので、ドラマではまだどうなるか解りません。 【原作】加藤みきおの犯行動機は? もうこれも、詳しくは書きません。 知り過ぎるとつまらなくなるし、ドラマも最初、この記事を書いている段階では1話しか放送されていないのに書いてしまうのもあれですが・・・竹内涼真さん演じる田村心の姉、未来では貫地谷しほりさんが演じる田村鈴に対しての歪んだ愛情です。 この歪んだ愛情が引き金となり、事件を起こしてしまうんです・・・。 タイムリープは今後どうなる? とりあえず物語の冒頭で田村心は過去に戻ります。 しかし、原作でのタイムリープはそれだけではないんです・・・。 心だけではないんです・・・。 「僕だけがいない街」という物語はご存じですか? 映画化もされたこの物語もタイムリープを繰り返す内容なのですが、事件のカギを掴むまで、何かを解消するまで何回もタイムリープを繰り返して過去を体験します。 詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。 この「テセウスの船」でもタイムリープを何度か行います。 しかも、心だけではないんです。 これが・・・これがドラマではどうなるのか・・・。 仮面ライダー電王の時をかける列車デンライナーではないですが、過去と未来を交差していきます。 これが・・・ドラマでうまく表現できるか、チャチなフィクションになり過ぎず表現できるか・・・これが演出などにかかっている部分ですね。 過去と未来を行き交う感じをドラマでうまく表現するのか、そこは端折って、また違う展開にしてくるのか・・・どう展開してくるかは解りませんが、楽しみですよね!? 【余談】全ての事件は繋がっている ドラマの1話を観た感じ、全体的に佐野文吾が怪しく演出されているじゃないですか。 そして物語の根幹というか、報道などで騒がれているのはあくまで「音臼小無差別殺人事件」です。 しかし、それ以前にも除草剤のパラコートの事件などが起こりますよね? これらも全て繋がっているんです。 加藤みきおの手によって・・・。 そこがどう繋がってくるのか、この事件の裏側がどうなっているのか・・・ハッピーエンドで解決するのかどうか・・・これはもう実際に物語を観ていただくしかないですね 笑 これ以上に詳しいネタバレはあまり書く気がないので・・・。 作品に対して失礼でもありますし・・・。 それとも、下町ロケットなどのように、ディレクターズカット版だったり、完全版が配信されるかもしれませんね。 何にしても、テレビやTVerで観るだけでも満足は出来ると思いますが、更に作品を深く楽しむにはParaviを観るしかありません。 そして電子書籍は、まんが王国だけでなくU-NEXTにもあります! 原作をじっくり読みたいという場合は、是非U-NEXTをご利用になられては如何でしょうか。 それではこれからストーリーが展開されていく「テセウスの船」を楽しみにしていましょう! 真実は何なのか! 親子の絆を見届けましょう! 【関連記事】.

次の

テセウスの船考察!犯人黒幕が原作違う理由は?さつき先生最終回は?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

テセウス の 船 原作 と 違う

【テセウスの船 キャスト】 田村心…(竹内涼真)物語の主人公。 かつて父が起こした事件の真相解明に挑む。 田村由紀…(上野樹里)心の妻。 1989年に毒物事件を起こし死刑判決を受ける。 佐野和子…(榮倉奈々)文吾の妻。 男まさりのパワフルかーちゃん。 しっかり者。 カニ大好き。 佐野慎吾…(番家天嵩)心の兄。 プロレス&ガンダム好き。 木村さつき…(麻生祐未)音臼小学校の教師。 佐々木紀子…(芦名星)音臼村のメッキ工場に勤務するメガネっ子従業員。 長谷川翼…(竜星涼)村の新聞配達員。 佐々木紀子の婚約者。 イケメンDV男。 金子刑事(ユースケ・サンタマリア)…心を疑う鬼刑事。 ちなみに『テセウスの船』の原作者・東元俊哉氏は北海道出身です。 主人公・田村心(竹内涼真)の年齢は、マンガでは27歳、ドラマでは 31歳。 ドラマでは佐野文吾の毒物事件は3月に発生していたが、原作マンガでは 6月に発生していた。 第1話で心(竹内涼真)が崖下にいた三島病院の次女・千夏ちゃんと佐野文吾を救ったエピソードはドラマのオリジナル。 (結果的に原作の田中さんは火事で亡くなっている)• ドラマ第2話のウサギ事件。 心が音臼小学校に初出勤した時、ドラマでは5年生の教室で自己紹介していたが、原作ではその前に 全校生徒の前で自己紹介していた。 この時 心は緊張のためメッチャ小声になっており、『聞こえねーww』と生徒たちの失笑をかっていた(笑)• 第2話で『明音ちゃんなんか死んじゃえばいいのに!』と言った鈴を母・和子がビンタしていたが、マンガ版では心が鈴を叱っていた。 第2話のラストで新聞配達員の長谷川翼(竜星涼)が遺体で発見されていたが、原作では長谷川とともに 三島明音ちゃんの遺体も発見されていた。 (音臼岳の小屋で明音ちゃんが生存したまま発見されたのはドラマのオリジナルエピソード)。 心の就職祝いで登場した カニラーメンが原作の1. 5倍ほど大きかった。 ちなみに原作のかにラーメンは文吾が作っていた(得意料理)。 田村心(竹内涼真)が崖下で事件ノートを探している時に 『S』のキーホルダーを見つけたのはドラマのオリジナル。 原作ではこのキーホルダーは音臼岳の小屋で発見されていた。 第3話の佐野文吾(鈴木亮平)が 「アントニオ猪木のモノマネからの腹芸」で家族を元気づけたのはドラマの完全オリジナルストーリーw• 駐在所のポストに心の捨てたはずの免許証が入れられていたのはドラマのオリジナル。 原作では心が現代に戻った時に真犯人に渡されていた。 小学校の校門に ブキミな絵が貼り付けてあったのはドラマのオリジナル。 田村心が金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)に未来から来た事をカミングアウトしたエピソードはドラマのオリジナル。 原作では心は佐野文吾に家を追い出された後、心は 金丸刑事に絡むこと無く霧に包まれ、現代にタイムスリップしていた。 ドラマでは音臼事件の毒物は法度汁(はっとじる)に入れられていたが、原作では 牛乳だった。 拘置所で心と面会した佐野文吾が 『1・2・3・ダー』やったのはドラマの完全なるオリジナルw(ドラマの佐野文吾は猪木に寄せすぎ?w)• ドラマでは心が姉の鈴と再会した 直後に木村みきおと木村さつきに出会っていたが、原作では数日後、母と兄の 墓参りをした後に出会っていた。 事件被害者の会が開催されたのはドラマのオリジナル。 由紀(上野樹里)が新証言を求めて壇上で魂の訴えをしたのもドラマのオリジナルエピソード。 原作では何の前触れも無しに佐々木紀子(芦名星)が証言をかって出ていた。 木村さつき(麻生祐未)が鈴を隠しカメラで監視していたシーンはドラマ版のオリジナル。 テセウスの船 ドラマと原作の違い 第5話 テセウスの船 ドラマ第5話(2020年2月16日放送)の原作マンガとの違いをご紹介します。 第5話で田村心が岸田由紀(上野樹里)と一緒に佐野文吾の面会に行ったのはドラマのオリジナル。 原作では由紀と文吾は最終話でのみ出会っており、それ以前には出会っていない。 ドラマでは木村さつき(麻生祐未)が鈴(貫地谷しほり)の正体の件で脅した場所は 自宅だったが、原作では廃墟となった音臼村の 木村メッキ工場(さつきの父が元経営していた工場)で脅していた。 証言をする予定だった佐々木紀子(芦名星)はドラマでは松尾と名乗っていたが(結婚後に姓が変わったため)、原作では 上野と名乗っていた。 びしょ濡れの心が由紀の家でシャワー&鍋食べてイイ感じになっていたのはドラマのオリジナルw• 佐々木紀子の家に向かっていた木村さつきが運転中に 『クソ信号!』と暴言かましたのはドラマのオリジナルw(ドラマ版の木村さつきは凶暴さが増してて草w)• 鈴が佐々木紀子の家で薬を飲んで倒れたのはドラマのオリジナル。 原作では鈴は佐々木紀子の家で 真犯人の正体を知り、そのショックで家を飛び出していた。 一人の残された木村さつき(麻生祐未)がやむを得ず紀子を殺害していた。 原作の佐々木紀子(芦名星)は重い病におかされており 余命一年と宣告されていた。 佐野文吾の証言をする気になった理由は『最後に良いことをしたい』と思ったから。 ドラマの木村さつき(麻生祐未)は病院で毒入りオレンジジュースを飲んで死亡していたが、原作では真犯人に 目玉をくり抜かれて死亡していた。 木村みきお(安藤政信)が母・木村さつきを音臼事件の真犯人に仕立てようと色々小細工したのはドラマのオリジナル。 田中まさし(霜降り明星 せいや)が現代で死亡した事件は原作では起きていない。 原作の田中は心がタイムスリップした1989年で登場したきり、特に物語に関わっていない。 木村さつき(麻生祐未)から送られた絵により心が音臼村を訪れたエピソードはドラマのオリジナル。 原作では木村みきおが心を『慰霊祭』に誘い、心は村を訪れていた。 心が音臼村に行く前夜に由紀に会い、別の歴史で結婚していたことを話したエピソードはドラマのオリジナル。 原作の心は由紀との関係を最後まで話さなかった。 音臼村の慰霊碑の前で木村みきおが車椅子でやって来たのはドラマのオリジナル。 ドラマの木村みきおは何の前触れもなく心に襲いかかっていたが、原作では 『過去に戻る方法を聞いた後に』心に襲いかかってきた。 加藤みきおが自宅に『ぼくを捕まえられるかな?』と心あてにフロッピーディスクを残していたエピソードはドラマのオリジナル。 ドラマの田中さんは加藤みきおに毒物を飲まされ殺害されていたが、原作の田中さんは家を放火され亡くなっていた。 (犯人の加藤みきおは心たちが消火活動中してるスキに文吾の妻・和子を襲おうと計画していた)• 10歳の加藤みきおが和子(榮倉奈々)に毒入りスープを届けに来たエピソードはドラマのオリジナル。 原作では未来から来た39歳の加藤みきおが和子を襲いに来ていた(これは未遂で終わっていた)。 ドラマでは佐野家の皆がお楽しみ会の代わりに開かれた自宅パーティーで カニ鍋を食べていたが、原作では ジンギスカンを食べていた(原作の舞台は北海道なので)。 原作では真犯人の加藤みきおがお楽しみ会の当日、小学校に来る前に 後の義母となる木村さつき(麻生祐未)を 殺害していた。 この歴史を変えるために、みきおは過去のさつきを殺害した。 ドラマでは心と文吾が加藤みきおのリュックを調べた時 中に何も入っていなかったが、原作では 怪しい水筒が出てきており、心たちは水筒の中身を破棄していた(毒は入っていなかった)• ドラマでは避難中の佐野和子(榮倉奈々)が道に置かれた野菜BOXにより車を止めていたが、原作では 工事用のコーンが置かれていた。 11歳の加藤みきおが心に『未来の僕はどうだった?』と聞くシーンはドラマのオリジナル。 心が法度汁を毒味したエピソードはドラマのオリジナル。 原作ではお楽しみ会の前日にすでに和子(榮倉奈々)たちは誘拐されていた。 原作で和子たちを誘拐したのは 未来からきた加藤みきお(安藤政信)だった。 ドラマ第8話で加藤みきおが事件を起こした目的が『佐野文吾を死刑にするため』という描写があったが、原作では 『佐野文吾を破滅させ、落ち込む鈴を助けるヒーローになる』という目的で毒物事件を起こしており、文吾に個人的恨みはなかった。 加藤みきおが佐野文吾に『捕まえに来て』と電話してきたのはドラマのオリジナルエピソード。 原作ではお楽しみ会の当日、 心が一人で小屋に行き、加藤みきおと対峙していた。 原作の木村さつき(麻生祐未)はお楽しみ会の当日の朝、未来から来た加藤みきお(安藤政信)に 殺害されている。 監察官の馬渕(小籔千豊)が佐野家に家宅捜索に来たエピソードはドラマのオリジナル。 原作では馬渕は登場していない。 ドラマの木村さつき(麻生祐未)は入院中の加藤みきおを見て『あなたの事は私が守る』と誓っていたが、原作ではみきおが音臼事件の真犯人だと知った時に彼を守り続ける決意をしていた。 1972年に開催された音臼村祭りのエピソードは原作では登場していない。 ドラマでは佐野文吾が警察署に勾留中に田村心が自宅に隠された毒物を探していたが、原作では音臼小学校のお楽しみ会直前に探していた。 佐野文吾が家族を守るために『犯人は俺だ』と罪を認めたエピソードはドラマ版のオリジナル。 佐野文吾の子供たちが描いたイラストに『正義は勝つ!』と書かれていたが、原作ではこの言葉は佐野文吾が毒物事件で逮捕される直前に妻の和子に言った言葉だった。 ドラマの佐野文吾はタイムカプセルに 家族宛の手紙を入れていたが、原作では 『過去に逃げるな! by父』と一言だけ書いたメモを入れていた。 原作のタイムカプセルは全ての事件が片付いた後(28年後の2017年)に掘り出されていた。 ドラマでは 10歳の加藤みきおがこれまでの犯行を心に暴露していたが、原作では 未来から来た39歳のみきおが心に暴露していた。 ドラマでは佐野文吾が犯人に刺されていたが、原作では佐野文吾をかばった心が刺されていた。 (心はこの時死亡)• 加藤みきおの共犯が田中正志(霜降り・せいや)だったというエピソードはドラマのオリジナル。 原作の佐野文吾は死にゆく心に『お前は助かる!また一緒に温泉いこう!』と話しかけていた。 ドラマの佐野鈴(貫地谷しほり)は新たな歴史でも整形してた時と同じ顔だったが、原作では 整形前の顔に戻っていた。 (音臼事件が起きなかったので整形する必要が無くなったため)• 佐野文吾が生まれてくる心と由紀の子供の名前を『未来(みく)がいい』と提案したのはドラマのオリジナル。 原作の最後に登場した由紀は まだ妊娠していなかった。 原作では新たな歴史の心と由紀はともに 小学校の教師をしていた。 (心のかつての夢が叶ったという結末)• 未来の加藤みきおが義母のさつきと カフェを経営してたエピソードはドラマのオリジナル。 原作の加藤みきおは三島千夏ちゃん事件や金丸刑事事件の犯行が公になったことで少年院に収監され、出院後も 『少年A』としてマスコミに追われる日々を過ごしていた。

次の

テセウスの船の犯人は漫画とドラマで違う!原作の真犯人は2人いる?

テセウス の 船 原作 と 違う

ドラマ「 テセウスの船」が好評ですね。 原作は漫画ですが、実は ドラマとだいぶ違うというのです。 結末に犯人が判明するストーリーですが、その 犯人が原作と違うと原作者が明かしています。 俺が今一番推している テセウスの船の 犯人大考察会が行われました。 なんと竹内涼真さんも 参加してくれました。 そして一番のサプライズは 原作者の東元俊哉さんからの 手紙でした。 なんと真犯人は 原作とは違うそうです。 ネットで原作とここが違うとか ネタバレしてるとか 言ってた奴ざまー!! — やすきち deepfakesAKB つまり原作を知っている人もドラマオリジナルの犯人を追いながら見ることができるんです。 犯人の考察も含め、原作との違う点を比較してみました。 Contents• 第1話の違う点 心が文吾の事件について思い返すシーン ドラマ:仕事中の心が街頭スクリーンに映し出されたテレビ番組「平成の事件を振り返る特集」を目にした。 原作:職場の同僚が読んでいた雑誌の記事「事件はまだ終わっていない」の見出しに目をやる。 心が姉の鈴と車椅子の男と会う ドラマ:冒頭で鈴と車椅子の男が心とすれ違う。 心は気づいていない。 原作:鈴と車椅子の男と会うのは、物語の中盤以降。 音臼村の場所 ドラマ:東北(宮城県方面) 原作:北海道 狐のお面 ドラマ:出てこない 原作:タイムスリップ直後に狐のお面をしている老婆と子供に会う 鈴が倒れていた場所 ドラマ:神社の石段の下 原作:当時の佐野家の庭 明音が行方不明になり、文吾が一緒にいた ドラマ:リスに餌をやりに明音が山の方へ行っていた 原作:なし 田中の息子・正志 ドラマ:不審者だと怪しまれる 原作:村の人にも知られているので怪しまれない 犯人らしき人物 ドラマ:ワープロで起こった事件を記録。 漢字で入力しているので大人? 原作:テープに音声で録音している。 性別年齢は不明。 第2話の違う点 心が臨時職員に採用される ドラマ:年齢を誤魔化して校長と面接する 原作:木村さつきが話をつけてくれるだけで採用 学校のウサギ ドラマ:ウサギについての情報が特にない。 毒殺される。 原作:二羽いるうち片方が妊娠中、妊娠していないほうが首を切断され殺される。 田中義男の家 ドラマ:子供たちが遊びに来ているシーンなし 原作:ある少年がウサギが死んだ話を田中にする 鈴と明音のケンカ ドラマ:放課後、鈴と明音が教室で心のことでケンカになる。 鈴か「死んじゃえばいい」と言ったのを叱ったのは和子。 原作:帰宅途中に鈴と明音がケンカ。 「死んじゃえばいい」を叱ったのは心 鈴と明音が帰ってこない ドラマ:鈴が帰ってこないと心配する電話を正志が受ける。 鈴は明音と待ち合わせしていたが会えなかった。 原作:鈴の帰りが遅いと怒る和子を笑う正志。 鈴は明音と公園で話した後別れる。 明音の行方不明中 ドラマ:心と佐野家族が地蔵に手を合わせる 原作:鈴が責任を感じて部屋に引きこもってしまう 青酸カリ盗難 ドラマ:心が佐々木紀子の勤務先を見に行くだけで盗んだと確信する 原作:文吾が木村鍍金工場に確認しに行くと、青酸カリが1本無くなっていると気づく 閉じ込められた明音 ドラマ:鍵穴から何者かが覗いているのを見て驚く明音 これはあかねちゃんの目で、虹彩に映ってるのが犯人の姿で瞳孔に映ってるのが犯人の顔だ!! よくできてる!! — くまくっぺ kumappemb 原作:犯人が判明してから覗いた人物が明音に話しかけるシーンあり 明音と翼発見 ドラマ:小屋で意識を失くしているところを発見する。 青酸カリを服用。 翼は1人で服毒自殺? 原作:翼に暴行され裸になったことで、足跡が手がかりとなる。 神社で翼とともに遺体で発見。 第3話の違う点 正義という名前 ドラマ:出てきません 原作:家族でこれから生まれてくる赤ちゃん(心)の名前を決めようと話し合う。 文吾は「正義(せいぎ)」がいいと言い、紙に書いた。 心はその紙をもらい、大切に所持していた。 逮捕されたときに金丸に半分破られる。 校門に貼られた絵 ドラマ:心が釈放され仕事に復帰。 加藤みきおが「変な絵が貼ってある」と伝えに来た。 原作:なし オレンジジュースを飲む ドラマ:「21」と書かれた箱に入っていたオレンジジュース。 飲んでしまった生徒もいるが、心は飲まないようにと回収する。 原作:なし 文吾が心を追い出す ドラマ:文吾が音臼小学校の事件の犯人と知ると、心を追い出してしまう。 心は金丸に真実を伝える。 金丸が文吾に心を助けてやるよう助言する。 原作:追い出されたあと、霧に包まれ現代に戻る。 神社のシーン ドラマ:神社を表している絵を見た心は、神社へ向かい薬品の瓶を見つける。 石段から突き落とされる。 原作:なし 戻ってからの現代 ドラマ:音臼小学校で「はっと汁」が配られ、飲んだ生徒が中毒死。 原作:配られた「牛乳」で中毒死。 心が捨てたノートと免許証は、犯人が拾って保管している。 カテゴリー•

次の