フランキー デットーリ。 L.デットーリ「ぬるぬる!」雄叫びで武豊も唖然……? M.デムーロが頭を抱えた「嵐」のような2週間

デットーリが50歳現役に意欲、「一生に一度の馬」と凱旋門賞6度目Vへ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

フランキー デットーリ

概要 [ ] 、、、、などの名馬とコンビを組み、これまでに6勝を始めとする数々の大レースを制覇。 も2007年に制覇した。 世界各国でレースに勝利した回数は220勝、日本のGIレースも4勝している。 父のもボルコンスキー、ウォローで英を連覇し、日本にも第2回と第3回のジャパンカップに2度来日した名騎手であった。 また、母親は団にいたことがあり、馬の曲乗りを得意にしていた。 このことに関して本人は「身体が柔らかいのは母親譲りだと思う」と発言している。 大レースに勝利した際に、馬の背で立ち上がりそこから飛び降りる通称「デットーリジャンプ(フライングディスマウント)」が有名で、日本でもデットーリと非常に仲の良いが彼の真似をしている。 サイドビジネスとして、「フランキー・デットーリ・ピザ」や「フランキー・デットーリ・イタリアン・レストラン」を経営しており、、に店舗を展開している。 近年は調教師とのコンビで大舞台を沸かせており、などを制したを始め、連覇など圧倒的な実力を発揮する、連覇の、完全制覇を達成した、の子供であるラーティダーやなどで数多くのレースを制している。 日本での活躍 [ ] にをで勝ち、ジャパンカップ単独最多勝利騎手となった(2017年末現在ではが4勝目を挙げたため歴代2位となった)。 しかもジャパンカップの3勝は全てがハナ差でのもので、接戦をものにしたその手腕を如実に示している。 元の実子のとは初来日時から親交があり 、来日時にはよく騎乗依頼を受けている。 にはに振り替えられたジャパンカップをで勝利。 しかも前日には完全な惑星候補と軽視されていたに騎乗しに勝利。 同馬に以来のG1勝ちをもたらした。 2日連続でテクニカルな中山コースでG1勝利を挙げる剛腕振りに、は「デットーリが乗ると5馬身違う」と感嘆した。 近年のジャパンカップでは日本馬が圧倒的に有利のため、有力外国馬でも優勝するどころか掲示板にすら載れない時も多い。 そんな中、に入って外国調教馬を2度も優勝に導いていて、その2度ともが僅差での勝利で、なおかつ、とそれぞれ違う種類でのコースでの勝利であった。 2019年の、で参戦。 には、での所有馬であるデボネアに騎乗するため、5月28日と29日のみで短期免許を取得。 身元引受調教師は、身元引受馬主は である。 エピソード [ ]• イタリア人騎手ながら、母国で騎乗することは少なく、1年の大半は世界中を飛び回っている。 そのため、英語やフランス語が堪能で、日本語も少し話すことができる。 2000年6月に小型飛行機墜落事故に遭い重傷を負うが、2ヶ月後に復帰。 騎乗成績 [ ] 主な勝ち鞍 [ ]• (Legal Case)• (Shamshir)• (Temporal)• (Second Set)• (Polytain)• (Drum Taps)• (Pips Pride)• (Masad)• (Misil)• (Drum Taps)• (Misil)• (Lochsong)• (Lochsong)• (Balanchine)• (Only Royale)• (Lochsong)• (Barathea)• (Pelder)• (Flemensfirth)• (Vettori)• (Torrential)• (Lord of Men)• (Moonshell)• (So Factual)• (Germany)• (Timarida)• (Classic Cliche)• (Lammtarra)• (Bahamian Bounty)• (Ryafan)• (Shantou)• (Shantou)• (Flemensfirth)• (Mark of Esteem)• (Overbury)• (Halling)• (Nicole Pharly)• (Starborough)• (Singspiel)• (Shantou)• (Starborough)• (Luso)• (Singspiel)• (Glorosia)• (Almutawakel)• (Aljabr)• (Cape Verdi)• (Lochangel)• (Swain)• (Swain)• (Lujain)• (Island Sands)• (Daylami)• (Mukhalif)• (Daylami)• (Teggiano)• (Muhtathir)• (Aljabr)• (Dubai Millennium)• (Diktat)• (Kayf Tara)• (Daylami)• (Daylami)• (Dubai Millennium)• (Bachir)• (Aljabr)• (Bachir)• (Muhtathir)• (Regal Rose)• (Crystal Music)• (Mutafaweq)• (Fantastic Light)• (Fantastic Light)• (Mutafaweq)• (Fantastic Light)• (Lailani)• (Noverre)• (Lailani)• (Kutub)• (Sakhee)• (Independence)• (Fantastic Light)• (Slickly)• (Kutub)• (Sulk)• (Slickly)• (Kutub)• (Fantastic Light)• (Kutub)• (Best of the Bests)• (Kazzia)• (Grandera)• (Marienbard)• (Marienbard)• (Grandera)• (Slickly)• (Sunstrach)• (Dubai Destination)• (Vintage Tipple)• (Mamool)• (Mezzo Soprano)• (Mamool)• (Carry On Katie)• (Falbrav)• (Refuse to Bend)• (Papineau)• (Refuse To Bend)• (Doyen)• (Crimson Palace)• (Sulamani)• (Var)• (Ancient World)• (Sulamani)• (Firebreak)• (Shamardal)• (Dubawi)• (Cherry Mix)• (Alkaased)• (Librettist)• (Librettist)• (Sixties Icon)• (Dutch Art)• (Caradak)• (Sergeant Cecil)• (Kirklees)• (Ouija Board)• (Kelly's Landing)• (Authorized)• (West Wind)• (Sudan)• (Ramonti)• (Authorized)• (Ramonti)• (Rio de la Plata)• (Ramonti)• (Creachadoir)• (Nahoodh)• (Folk Opera)• (Schiaparelli)• (Passion for Gold)• (Campanologist)• (White Moonstone)• (Poet's Voice)• (Rio de la Plata)• (Casamento)• (Dangerous Midge)• (Rio de la Plata)• (Mastery)• (Rewilding)• (Rewilding)• (Blue Bunting)• (Blue Bunting)• (Dabirsim)• (Lyric Of Light)• (Campanologist)• (Nahrain)• (Campanologist)• (Colour Vision)• (Joshua Tree)• (Olympic Glory)• (The Wow Signal)• (Ribbons)• (Olympic Glory)• (Hootenanny)• (Star Of Seville)• (Undrafted)• (Golden Horn)• (Shalaa)• (Golden Horn)• (Shalaa)• (Golden Horn)• (Galileo Gold)• (Elliptique)• (Wicklow Brave)• (Journey)• (Queen's Trust)• (Edict Of Nantes)• (Enable)• (Enable)• (Al Wukair)• (Enable)• (Enable)• (Persuasive)• (Cracksman)• (Cracksman)• (Without Parole)• 凱旋門賞(Enable• チャンピオンステークス Cracksman• (Enable• 2019年• (Advertise)• (Coronet)• (Enable)• (Too Darn Hot)• (Enable)• (Stradivarius)• (Too Darn Hot)• (Enable)• (Star Catcher)• (Anapurna)• (Star Catcher)• 2020年• () 年度別成績 [ ]• 日本 中央競馬 年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 1991年 0 0 0 2. 000. 000. 000 1992年 1 2 0 4. 250. 750. 750 1993年 4 1 0 9. 444. 556. 556 1996年 3 2 2 11. 273. 455. 636 1998年 0 0 1 7. 000. 000. 143 1999年 0 1 1 4. 000. 250. 500 2000年 0 2 1 10. 000. 200. 300 2002年 4 0 0 7. 571. 571. 571 2005年 3 2 1 10. 300. 500. 600 2006年 2 2 1 12. 167. 333. 417 2011年 1 1 3 8. 125. 250. 625 合計 18 13 10 84. 214. 369. 488 略歴 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。 2015年10月10日• イギリス・で、ルカ・クマーニ調教師に師事し見習騎手となる• イタリア・トリノ競馬場で初勝利• 6月 グッドウッド競馬場でイギリス初勝利• クマーニ厩舎の専属騎手として75勝を挙げ、イギリス最優秀見習騎手となる• 141勝を記録し、以来となる10代年間100勝を達成• で行われる出場のため、初来日。 11Rの'92ファイナルカップをグレイトウェーブで勝利し、日本初勝利。 ゴドルフィンの専属騎手となり、233勝を挙げイギリス平地競走年間最多勝騎手となる• 216勝を挙げ、2年連続イギリス年間最多勝騎手• で1日7レース全勝を達成、ジャパンカップでに騎乗して勝利• にに遭い、大怪我を負うが奇跡的に回復し、には復帰し、緒戦を制する• で、ジャパンカップでに騎乗しともに勝利し、日本競馬史上初の2日連続GI制覇達成• ジャパンカップでに騎乗し勝利。 1のレースレコード・芝2400m日本レコードでの勝利だった。 で初制覇、翌日にはでを制覇。 史上4人目となる英仏ダービー連覇を達成• で初制覇• 9月16日にフランス・での騎乗後に行われた薬物検査で陽性反応があり、フランスの競馬統括団体より12月19日から6カ月の騎乗停止処分の裁定が下る。 でエプソムダービー2回目の制覇• ゴールデンホーンで凱旋門賞史上最多タイの4回目の制覇• 8月12日、ニューマーケット競馬場で史上6人目となる英国平地競走3000勝を達成。 2017年 に騎乗し凱旋門賞史上最多の5度目の制覇、また翌2018年にもエネイブルに騎乗し6度目の凱旋門賞制覇。 自身2度目の連覇を成し遂げた。 2018年にはとのコンビでその年から始まったWHステイヤーズミリオンを完全制覇し、100万ポンドもの賞金を獲得した。 また秋にはチャンピオンステークスをクラックスマンとのコンビで連覇し、またをに騎乗し制覇、意外にもこの勝利が同レース初制覇であった。 脚注 [ ] [].

次の

デットーリ騎手が来日「有馬記念も乗れれば」|極ウマ・プレミアム

フランキー デットーリ

航空機事故でデットーリ騎手を救出 元トップジョッキーで、ここ20年ほどフランキー・デットーリ騎手のエージェントを務めてきたレイモンド・コックレイン 62歳 が、引退を表明した。 騎手としてもエージェントとしても確固たる実績を残したコックレインだが、その名が最も大きくクローズアップされたのは、2000年6月1日にニューマーケットで、航空機事故が発生した時だった。 当時42歳だったレイモンド・コックレインは、まだ現役で乗っていた時代で、グッドウッド競馬場で行われる開催で騎乗するため、移動用の小型機に搭乗。 12時30分にニューマーケットを飛び立ったその機には、フランキー・デットーリ騎手も同乗していた。 ところが、あろうことか離陸後まもなく小型機が、ロウリーマイルとジュライコースにはさまれたデヴィルズディッチと呼ばれるエリアに墜落。 燃料がたっぷり残っていた小型機は炎上し、残念ながらパイロットのパトリック・マッケイさんが命を落とす惨事となった。 幸いにして軽傷だったコックレインが自力で脱出した一方、右足首骨折などの重傷を負って機内に取り残されたのがフランキーで、そのフランキーを荷物の積み下ろし口から外に引きずり出して、命を救ったのがコックレインだったのである。 その武勇伝は世界に喧伝され、のみならず、勇気ある行動をとった市民に女王陛下から贈られる「クイーンズ・コメンデーション・フォー・ブライヴリー」を、コックレインは手にしたのだった。 騎手としては、ベン・ハンブリー厩舎のミッドウェイレディで1986年のG1英1000ギニー 芝8F とG1英オークス 芝12F6y を、ルーカ・クマーニ厩舎のカヤージで1988年のG1英ダービー 芝12F6y を制しているのがレイモンド・コックレインだ。 私事になるが、1988年は英国に在住していた筆者は、カヤージのダービーは勿論のこと、前哨戦となったリングフィールドのG3ダービートライアルS 芝12F も現地で生で観ていたから、非常によく覚えている。 カヤージはアガ・カーン殿下による自家生産馬で、この時既に日本に輸出されていた種牡馬イルドブルボンが、現地に残してきた産駒だった。 体高が157cmほどしかない小柄な馬で、これは母の父ブラッシンググルームの影響と言われている。 この年のダービーにクマーニ厩舎から2頭の出走馬があり、前走G2ダンテS 芝10F56y で2着となってダービーに駒を進めたキファー 父ブラッシンググルーム もコックレインのお手馬だったのだが、彼はダービーでの騎乗馬に、G3ダービートライアルSを含めて3戦無敗だったカヤージを選択していた。 ちなみに馬主のアガ・カーン殿下も、この年のダービーは2頭出しだった。 1頭は3冠初戦のG1英2000ギニー 芝8F を勝っての参戦だった、ウォルター・スウィンバーン騎乗のドユーン 父ミルリーフ で、緑地に赤のアクセントが肩に入っている、お馴染みのアガ・カーン殿下の服色はスウィンバーンが着用し、カヤージのコックレインは緑地に茶の輪、帽子が茶という、アガ・カーン殿下のセカンドカラーを着用しての参戦だった。 1番人気はG2ダンテSを勝っての参戦だったレッドグロウ 父カラグロウ だったが、結果はオッズ12倍の5番人気だったカヤージが快勝。 勝ち時計の2分33秒84は、電気計時が導入された1964年以降のレコードタイムだった。 筆者の手元には、当時のスポーティングライフ紙の切り抜きもあるのだが、おそらくはダービーのゴールをご覧になっている瞬間をとらえたのであろう、レープロを持った左手と、掌を上にかざした右手を、天に向かって大きく広げているエリザベス女王 当時62歳 の写真が掲載されている。 さて、コックレインは件の航空機事故が起きた数か月後に騎手を引退。 フランキー・デットーリ騎手のエージェントに転身した。 エージェント生活のハイライトは何かとメディアに問われた彼は、「凱旋門賞を5回も勝つことが出来たこと」と答えている。 エージェント業からの引退については、1年ほど前から考え始めたようだ。 本人いわく、働きはじめたのは9歳か10歳だった頃で、社会人として力を出し尽くしたように、近頃は感じていたそうだ。 また、フリーランスと言いながら、近年のフランキーはジョン・ゴスデン厩舎の専属のような形で乗っており、エージェントにかかる比重はかつてに比べて大きく軽減していた。 今後についてコックレインは、趣味のサイクリングとスキーにたくさんの時間を使いたいと語っている。 さらに、最近になって0. 5エーカーの菜園を手に入れたそうで、その手入れにも精を出す予定だ。 おそらくは今後も、テレビ中継の解説などで、ファンの目に触れる機会がありそうである。

次の

横山典弘が語るデットーリの凄み。「どんな騎乗をしても驚かない」

フランキー デットーリ

概要 [ ] 、、、、などの名馬とコンビを組み、これまでに6勝を始めとする数々の大レースを制覇。 も2007年に制覇した。 世界各国でレースに勝利した回数は220勝、日本のGIレースも4勝している。 父のもボルコンスキー、ウォローで英を連覇し、日本にも第2回と第3回のジャパンカップに2度来日した名騎手であった。 また、母親は団にいたことがあり、馬の曲乗りを得意にしていた。 このことに関して本人は「身体が柔らかいのは母親譲りだと思う」と発言している。 大レースに勝利した際に、馬の背で立ち上がりそこから飛び降りる通称「デットーリジャンプ(フライングディスマウント)」が有名で、日本でもデットーリと非常に仲の良いが彼の真似をしている。 サイドビジネスとして、「フランキー・デットーリ・ピザ」や「フランキー・デットーリ・イタリアン・レストラン」を経営しており、、に店舗を展開している。 近年は調教師とのコンビで大舞台を沸かせており、などを制したを始め、連覇など圧倒的な実力を発揮する、連覇の、完全制覇を達成した、の子供であるラーティダーやなどで数多くのレースを制している。 日本での活躍 [ ] にをで勝ち、ジャパンカップ単独最多勝利騎手となった(2017年末現在ではが4勝目を挙げたため歴代2位となった)。 しかもジャパンカップの3勝は全てがハナ差でのもので、接戦をものにしたその手腕を如実に示している。 元の実子のとは初来日時から親交があり 、来日時にはよく騎乗依頼を受けている。 にはに振り替えられたジャパンカップをで勝利。 しかも前日には完全な惑星候補と軽視されていたに騎乗しに勝利。 同馬に以来のG1勝ちをもたらした。 2日連続でテクニカルな中山コースでG1勝利を挙げる剛腕振りに、は「デットーリが乗ると5馬身違う」と感嘆した。 近年のジャパンカップでは日本馬が圧倒的に有利のため、有力外国馬でも優勝するどころか掲示板にすら載れない時も多い。 そんな中、に入って外国調教馬を2度も優勝に導いていて、その2度ともが僅差での勝利で、なおかつ、とそれぞれ違う種類でのコースでの勝利であった。 2019年の、で参戦。 には、での所有馬であるデボネアに騎乗するため、5月28日と29日のみで短期免許を取得。 身元引受調教師は、身元引受馬主は である。 エピソード [ ]• イタリア人騎手ながら、母国で騎乗することは少なく、1年の大半は世界中を飛び回っている。 そのため、英語やフランス語が堪能で、日本語も少し話すことができる。 2000年6月に小型飛行機墜落事故に遭い重傷を負うが、2ヶ月後に復帰。 騎乗成績 [ ] 主な勝ち鞍 [ ]• (Legal Case)• (Shamshir)• (Temporal)• (Second Set)• (Polytain)• (Drum Taps)• (Pips Pride)• (Masad)• (Misil)• (Drum Taps)• (Misil)• (Lochsong)• (Lochsong)• (Balanchine)• (Only Royale)• (Lochsong)• (Barathea)• (Pelder)• (Flemensfirth)• (Vettori)• (Torrential)• (Lord of Men)• (Moonshell)• (So Factual)• (Germany)• (Timarida)• (Classic Cliche)• (Lammtarra)• (Bahamian Bounty)• (Ryafan)• (Shantou)• (Shantou)• (Flemensfirth)• (Mark of Esteem)• (Overbury)• (Halling)• (Nicole Pharly)• (Starborough)• (Singspiel)• (Shantou)• (Starborough)• (Luso)• (Singspiel)• (Glorosia)• (Almutawakel)• (Aljabr)• (Cape Verdi)• (Lochangel)• (Swain)• (Swain)• (Lujain)• (Island Sands)• (Daylami)• (Mukhalif)• (Daylami)• (Teggiano)• (Muhtathir)• (Aljabr)• (Dubai Millennium)• (Diktat)• (Kayf Tara)• (Daylami)• (Daylami)• (Dubai Millennium)• (Bachir)• (Aljabr)• (Bachir)• (Muhtathir)• (Regal Rose)• (Crystal Music)• (Mutafaweq)• (Fantastic Light)• (Fantastic Light)• (Mutafaweq)• (Fantastic Light)• (Lailani)• (Noverre)• (Lailani)• (Kutub)• (Sakhee)• (Independence)• (Fantastic Light)• (Slickly)• (Kutub)• (Sulk)• (Slickly)• (Kutub)• (Fantastic Light)• (Kutub)• (Best of the Bests)• (Kazzia)• (Grandera)• (Marienbard)• (Marienbard)• (Grandera)• (Slickly)• (Sunstrach)• (Dubai Destination)• (Vintage Tipple)• (Mamool)• (Mezzo Soprano)• (Mamool)• (Carry On Katie)• (Falbrav)• (Refuse to Bend)• (Papineau)• (Refuse To Bend)• (Doyen)• (Crimson Palace)• (Sulamani)• (Var)• (Ancient World)• (Sulamani)• (Firebreak)• (Shamardal)• (Dubawi)• (Cherry Mix)• (Alkaased)• (Librettist)• (Librettist)• (Sixties Icon)• (Dutch Art)• (Caradak)• (Sergeant Cecil)• (Kirklees)• (Ouija Board)• (Kelly's Landing)• (Authorized)• (West Wind)• (Sudan)• (Ramonti)• (Authorized)• (Ramonti)• (Rio de la Plata)• (Ramonti)• (Creachadoir)• (Nahoodh)• (Folk Opera)• (Schiaparelli)• (Passion for Gold)• (Campanologist)• (White Moonstone)• (Poet's Voice)• (Rio de la Plata)• (Casamento)• (Dangerous Midge)• (Rio de la Plata)• (Mastery)• (Rewilding)• (Rewilding)• (Blue Bunting)• (Blue Bunting)• (Dabirsim)• (Lyric Of Light)• (Campanologist)• (Nahrain)• (Campanologist)• (Colour Vision)• (Joshua Tree)• (Olympic Glory)• (The Wow Signal)• (Ribbons)• (Olympic Glory)• (Hootenanny)• (Star Of Seville)• (Undrafted)• (Golden Horn)• (Shalaa)• (Golden Horn)• (Shalaa)• (Golden Horn)• (Galileo Gold)• (Elliptique)• (Wicklow Brave)• (Journey)• (Queen's Trust)• (Edict Of Nantes)• (Enable)• (Enable)• (Al Wukair)• (Enable)• (Enable)• (Persuasive)• (Cracksman)• (Cracksman)• (Without Parole)• 凱旋門賞(Enable• チャンピオンステークス Cracksman• (Enable• 2019年• (Advertise)• (Coronet)• (Enable)• (Too Darn Hot)• (Enable)• (Stradivarius)• (Too Darn Hot)• (Enable)• (Star Catcher)• (Anapurna)• (Star Catcher)• 2020年• () 年度別成績 [ ]• 日本 中央競馬 年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 1991年 0 0 0 2. 000. 000. 000 1992年 1 2 0 4. 250. 750. 750 1993年 4 1 0 9. 444. 556. 556 1996年 3 2 2 11. 273. 455. 636 1998年 0 0 1 7. 000. 000. 143 1999年 0 1 1 4. 000. 250. 500 2000年 0 2 1 10. 000. 200. 300 2002年 4 0 0 7. 571. 571. 571 2005年 3 2 1 10. 300. 500. 600 2006年 2 2 1 12. 167. 333. 417 2011年 1 1 3 8. 125. 250. 625 合計 18 13 10 84. 214. 369. 488 略歴 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。 2015年10月10日• イギリス・で、ルカ・クマーニ調教師に師事し見習騎手となる• イタリア・トリノ競馬場で初勝利• 6月 グッドウッド競馬場でイギリス初勝利• クマーニ厩舎の専属騎手として75勝を挙げ、イギリス最優秀見習騎手となる• 141勝を記録し、以来となる10代年間100勝を達成• で行われる出場のため、初来日。 11Rの'92ファイナルカップをグレイトウェーブで勝利し、日本初勝利。 ゴドルフィンの専属騎手となり、233勝を挙げイギリス平地競走年間最多勝騎手となる• 216勝を挙げ、2年連続イギリス年間最多勝騎手• で1日7レース全勝を達成、ジャパンカップでに騎乗して勝利• にに遭い、大怪我を負うが奇跡的に回復し、には復帰し、緒戦を制する• で、ジャパンカップでに騎乗しともに勝利し、日本競馬史上初の2日連続GI制覇達成• ジャパンカップでに騎乗し勝利。 1のレースレコード・芝2400m日本レコードでの勝利だった。 で初制覇、翌日にはでを制覇。 史上4人目となる英仏ダービー連覇を達成• で初制覇• 9月16日にフランス・での騎乗後に行われた薬物検査で陽性反応があり、フランスの競馬統括団体より12月19日から6カ月の騎乗停止処分の裁定が下る。 でエプソムダービー2回目の制覇• ゴールデンホーンで凱旋門賞史上最多タイの4回目の制覇• 8月12日、ニューマーケット競馬場で史上6人目となる英国平地競走3000勝を達成。 2017年 に騎乗し凱旋門賞史上最多の5度目の制覇、また翌2018年にもエネイブルに騎乗し6度目の凱旋門賞制覇。 自身2度目の連覇を成し遂げた。 2018年にはとのコンビでその年から始まったWHステイヤーズミリオンを完全制覇し、100万ポンドもの賞金を獲得した。 また秋にはチャンピオンステークスをクラックスマンとのコンビで連覇し、またをに騎乗し制覇、意外にもこの勝利が同レース初制覇であった。 脚注 [ ] [].

次の