皇太子 誕生日。 皇太子(天皇陛下)様雅子様馴れ初めは?お誕生日は祝日になるのか調査!

皇太子の誕生日と御年齢は?天皇誕生日の変更と即位後の秋篠宮様の呼称は?

皇太子 誕生日

スポンサーリンク 皇太子様の身長が156㎝で低すぎる? 皇太子さまの年齢や身長を調べてみますと、 ご年齢は 2017年時点で57歳でいらっしゃいました。 身長についてですが、 皇太子さまは163㎝くらいだそうです。 ただ、そのなかで 身長156㎝で低すぎる!との噂もありますが、これは秘密の靴のことをさしているようです。 靴の下敷きみたいなものとしてインソールをはいて身長が高いようにみせるものなんです。 その話が発端で、実は身長が低いのでは!とささやかれましたが、公表されているのは163㎝になります。 雅子様とよく並んで歩いていらっしゃるのを見ていると、皇太子様ってかなり低い感じがしますよね。 これは雅子様のすらっとしたスタイルも関係していると思います。 また、 雅子様の身長ですが、164㎝だそうなのですが…基本的に雅子様はヒールをはいていらっしゃるため、皇太子様よりぐっと身長が高いように感じてしまうんですよね。 ただ、雅子様もできるだけ高い帽子をかぶったりはしないようにと皇太子様とへの気配りもされているとか…。 週刊新潮によると、 皇太子殿下は背が低いので、背が高い雅子様は自分を小さくみせようと首をすくめ前屈みになっていることが多いようで、この姿勢は首に負担。 しかし、ここで気になるのは、この身長の情報は皇太子さまが17歳の誕生日時点での163㎝という情報。 体重は53㎏なんだそうです。 現在皇太子様の年齢が50代にはいったこにより、人間の摂理上、人が老いていくにつれ身長は縮んでいくと言われています。 私の予想です、163㎝も今はないのではないかと考えているんです。 天皇になると誕生日は改ざんされる? 皇太子さまが即位されたとなると、 誕生日って改ざんされるのでしょうか?そういった声も国民から疑問が飛び買っています。 現時点で考えられるのは、 皇太子さまの誕生日が2月23日が天皇の誕生日として祝日へと改ざんされる可能性はないとはいえません。 現在は12月23日のクリスマス前が一般的に知れ渡っている天皇の誕生日であり祝日です。 おそらく、12月23日はそのまま祝日として残り、2月23日が新たに祝日となるのでは?と考えています。 祝日増えるかもしれませんね!! このように考えるのは、これまでの天皇のお誕生日が祝日として残っているからです。 昭和天皇の誕生日である4月29日や明治天皇のお誕生日11月3日はそのまま残っているんですよね。 2018年皇太子さまがが即位された時にいつに改ざんされるかについての発表となるでしょう! なにより国民にとって祝日は大事な日。

次の

皇太子の誕生日と御年齢は?天皇誕生日の変更と即位後の秋篠宮様の呼称は?

皇太子 誕生日

生前退位で皇太子殿下が天皇になるのはいつ?年齢は? 平成天皇が生前退位することによって 皇太子殿下が天皇となるのですが、 現在の天皇陛下の 退位の日は 2019年の4月30日に決まっています。 この日に退位され、 皇太子殿下が即位されるのはその翌日になります。 つまり、生前退位で 皇太子殿下が天皇に即位されるのは 2019年の5月1日ということになります。 ちなみに、 皇太子殿下のお誕生日は2月23日です。 2018年現在で58歳でいらっしゃいますので、 皇太子殿下が即位されるときには 59歳での即位ということになります。 皇太子殿下はお若く見えますので、 年齢を聞いてビックリする方も多いかもしれません。 スポンサードリンク 皇太子の誕生日はいつ?新元号後、祝日「天皇誕生日」が変わる? 現在の天皇陛下のお誕生日は、12月23日です。 そのため、毎年12月23日は 天皇誕生日という祝日でした。 しかしながら、皇太子殿下が即位されると 天皇誕生日は変わってきます。 そのため、 天皇誕生日の祝日は 「12月23日」から「2月23日」に変わります。 ただ、皇太子殿下の即位は 2019年の5月1日です。 おわかりのように、 お誕生日の2月23日を過ぎてからの 即位となります。 そのため、 新元号後に初めて迎える天皇誕生日の祝日は 2019年ではなく、 2020年2月23日ということになります。 平成天皇の誕生日はどうなる? ちなみに、平成天皇の誕生日である 「12月23日」は これからどういう扱いになっていくのでしょうか? これまで、 昭和天皇の誕生日は「昭和の日(4月28日)」という祝日に、 明治天皇の誕生日は「文化の日(11月3日)」という祝日になっています。 では、 「平成天皇の誕生日も何らかの祝日になるのでは?」 「祝日が1日増える?」と 期待を持ってしまいそうになるのですが、 現時点では政府は 12月23日を平日に戻す予定でいるそうです。 大正天皇の誕生日は「8月31日」でしたが、 現在は平日になっています。 そのような前例もあるので、 平成天皇誕生日も平日に戻すということで、 検討されているようです。 ただし、 現在も議論中とのことですから 祝日として残す可能性もゼロではありません。 まとめ-皇太子が天皇になる日はいつ? 平成天皇が生前退位をすることが決まりましたが、 実際に、現在の皇太子が天皇に即位する日は、 2019年5月1日ということです。 4月30日 平成天皇 退位の日• 5月 1日 新天皇 即位の日• 12月23日 平成天皇誕生日 祝日として残すか検討中 2020年 新元号2年)• 2月23日 新天皇誕生日 となります。 新天皇となる皇太子は見た目が若々しいので、 年齢も気になるところですが、 2018年現在で59歳というのも驚きですね。 そして、平成天皇の誕生日である「12月23日」は 今後祝日となるかどうかは、未定のようです。 祝日として馴染みがある 12月23日が祝日でなくなるのは、 どこか物寂しいものがあるので、 「昭和の日」や「文化の日」同様、 何らかの祝日として残してほしい気がします。

次の

皇太子さまと同じ誕生日でなんか得するの?

皇太子 誕生日

生前退位で皇太子殿下が天皇になるのはいつ?年齢は? 平成天皇が生前退位することによって 皇太子殿下が天皇となるのですが、 現在の天皇陛下の 退位の日は 2019年の4月30日に決まっています。 この日に退位され、 皇太子殿下が即位されるのはその翌日になります。 つまり、生前退位で 皇太子殿下が天皇に即位されるのは 2019年の5月1日ということになります。 ちなみに、 皇太子殿下のお誕生日は2月23日です。 2018年現在で58歳でいらっしゃいますので、 皇太子殿下が即位されるときには 59歳での即位ということになります。 皇太子殿下はお若く見えますので、 年齢を聞いてビックリする方も多いかもしれません。 スポンサードリンク 皇太子の誕生日はいつ?新元号後、祝日「天皇誕生日」が変わる? 現在の天皇陛下のお誕生日は、12月23日です。 そのため、毎年12月23日は 天皇誕生日という祝日でした。 しかしながら、皇太子殿下が即位されると 天皇誕生日は変わってきます。 そのため、 天皇誕生日の祝日は 「12月23日」から「2月23日」に変わります。 ただ、皇太子殿下の即位は 2019年の5月1日です。 おわかりのように、 お誕生日の2月23日を過ぎてからの 即位となります。 そのため、 新元号後に初めて迎える天皇誕生日の祝日は 2019年ではなく、 2020年2月23日ということになります。 平成天皇の誕生日はどうなる? ちなみに、平成天皇の誕生日である 「12月23日」は これからどういう扱いになっていくのでしょうか? これまで、 昭和天皇の誕生日は「昭和の日(4月28日)」という祝日に、 明治天皇の誕生日は「文化の日(11月3日)」という祝日になっています。 では、 「平成天皇の誕生日も何らかの祝日になるのでは?」 「祝日が1日増える?」と 期待を持ってしまいそうになるのですが、 現時点では政府は 12月23日を平日に戻す予定でいるそうです。 大正天皇の誕生日は「8月31日」でしたが、 現在は平日になっています。 そのような前例もあるので、 平成天皇誕生日も平日に戻すということで、 検討されているようです。 ただし、 現在も議論中とのことですから 祝日として残す可能性もゼロではありません。 まとめ-皇太子が天皇になる日はいつ? 平成天皇が生前退位をすることが決まりましたが、 実際に、現在の皇太子が天皇に即位する日は、 2019年5月1日ということです。 4月30日 平成天皇 退位の日• 5月 1日 新天皇 即位の日• 12月23日 平成天皇誕生日 祝日として残すか検討中 2020年 新元号2年)• 2月23日 新天皇誕生日 となります。 新天皇となる皇太子は見た目が若々しいので、 年齢も気になるところですが、 2018年現在で59歳というのも驚きですね。 そして、平成天皇の誕生日である「12月23日」は 今後祝日となるかどうかは、未定のようです。 祝日として馴染みがある 12月23日が祝日でなくなるのは、 どこか物寂しいものがあるので、 「昭和の日」や「文化の日」同様、 何らかの祝日として残してほしい気がします。

次の