立ちコロ やり方。 立ちコロの効果が凄すぎる!効く筋肉の部位を解説【腹筋ローラー】

【プロ監修】腹筋ローラーは毎日でもOK? 効果的な頻度と正しいやり方

立ちコロ やり方

腹筋を器具で鍛える 2018. 18 2019. 16 dongori 立ちコロの適切な回数は?正しいフォームで腹筋ローラーの効果を実感! 腹筋ローラーは腹筋を割るための強力なツールとなりますが、 その真価を発揮できるやり方が立って行う「立ちコロ」です。 その立ちコロは負荷も難易度も腹筋トレーニングの中ではトップクラス。 それ故に キツくなってくると、どうしてもフォームが崩れがちになってしまうんですよね。 では結局のところ、立ちコロでのトレーニング回数は何が正しいのでしょうか? この答えは腹筋を割る上で1番と言って良いくらい重要で、その 回数によって腹筋への効果が全く違ってくるので、確実に押さえておく必要あり。 そこで今回は、 立ちコロを適切な回数と正しいフォームで行い、腹筋へ最大の効果を実感する方法をお伝えします。 この記事の目次• 立ちコロの適切な回数は? 立ちコロの適切な回数を知るには、まず 筋肉と動作回数の関係を知る必要があります。 ハッキリと割れた腹筋を手に入れるためには、 腹筋を大きく厚くすることが最大のポイントであり、それに合わせて回数を適正にすることが不可欠。 その関係性を見て行きましょう。 筋肉と動作回数の関係 筋トレはその動作回数によって、得られる効果が異なってきます。 例えば、筋肉を大きくする(筋肥大)のに1番適している10回なら、同じ動作を10回やったら筋肉が限界になるということです。 そして、この時の負荷は動作を1回しかできない負荷(最大筋力という)の70〜80%なのですが、この辺りは難しく考えずに、「10回で限界」と覚えておきましょう。 筋肥大以外の効果と合わせてまとめると、以下のようになります。 最後のセットはキツくなるので8回になっても良いですよ。 正しいフォームで腹筋ローラーの効果を実感 冒頭でもお伝えした通り、立ちコロは腹筋トレーニングの中でもトップクラスの負荷で、 正しくやれば腹筋を大きく厚くすることができます。 その反面、キツくなってくるとフォームが崩れがちで、腹筋に効かなくなってしまうばかりか怪我のリスクがあるのも事実。 そうならないためにも、正確なフォームと適切な負荷の調整を行いましょう。 フォームは正確に! 立ちコロは何回もお伝えしているように負荷が大きいので、 とにかくフォームを正確に行うことが大切です。 特に注意したいのは、腰を反らないようにすること。 腰を反ってしまうと、まず間違いなく腰痛になります。 正確なやり方を確認しておきましょう。

次の

腹筋ローラーの正しい使い方と効果|立ちコロのコツ&できない人へのアドバイス!

立ちコロ やり方

「腹筋の強さの指標とは何でしょう?」 腹筋というトレーニングは何故か回数で語られることが多いトレーニングです。 例えば器具を使用したウエイトトレーニングでは回数よりも扱う重量が目標になりますが、腹筋を鍛えるという話だと何故か持久力を鍛える回数が目標になっている方が多いと思います。 それでは腹筋の強さを回数以外で示す指標はないのでしょうか? 私の提案としては 腹筋ローラーという器具で 「立ちコロ」というやり方ができることが回数以外に腹筋の強さを示す1つの指標になるのではないかと思っています。 この「立ちコロ」は腹筋トレーニングを始めたばかりの初心者では例え1回でも出来る人はいません。 それではこの「立ちコロ」はどうすれば出来るようになるのでしょうか? 私は独自のやり方で「立ちコロ」を成功させ、今では連続で20回でも立ちコロをすることが出来るようになりました。 この記事ではその私のトレーニングや理論を紹介して行きます。 有名なサイヤマンというユーチューバー方の動画ですが体が水平になるまでローラーを転がしているのがわかります。 これがいわゆる「立ちコロ」です。 立ちコロを出来る人はほとんどいない 上記の動画を見ると簡単にやっているようですが、実際には立ちコロを出来る人はあまりいません。 鍛えた腹筋を持った人でなければ腹筋ローラーを前に転がしていった時に腹筋の力で体をキープ出来ず潰れてしまい顔を強打してしまいます。 一般の人は「膝コロ」と呼ばれる膝をついた状態からスタートするトレーニングしか出来ない場合がほとんどです。 一般の人の中だと100人に1人も立ちコロが出来る人がいないかも知れません。 立ちコロが出来ればこれだけで全身の筋肉を鍛えられる 立ちコロが出来るようになるとこれだけで全身の様々な筋肉を鍛えることが出来るようになります。 立ちコロには主に腹直筋の強さが必要になるのですが、実は腹筋以外の部位もかなり強くなければ出来るようにはなりません。 ですからたった1回でも立ちコロが出来るようになると腹筋以外の筋肉もかなり鍛えられた状態になっていることになります。 筋トレや腹筋トレーニング初心者は全身の筋力の強さの指標としても立ちコロを一つの目標としてみてください。 これだけやれば大丈夫!「立ちコロ」が1回できるようになるためのトレーニング ここからは私が実際に立ちコロを出来るようになった時していたトレーニングを紹介します。 立ちコロ攻略最強種目はズバリ「アブドミナルクランチ」 私が立ちコロが1回出来るようになった時していたトレーニングは何と1種目です。 それがこの 「アブドミナルクランチ」です。 「立ちコロ」と比べるとかなり負荷が軽いです。 「膝コロ」が100回出来るようになっても強くなったのは持久力であり、「立ちコロ」に必要な腹直筋の筋力は決して強くなっていることはありません。 腕立て伏せを100回出来てもベンチプレスで100キロが挙がらないのと同じ理屈です。 筋力を強くするには腹筋でも高重量低回数のトレーニングが必要となります。 私が実際行っていた高重量低回数のアブドミナルクランチのメニュー 私が実際にアブドミナルクランチをやっていたときのメニューを紹介しましょう。 連続で8回〜10回が限界の重量• 3セット• このメニューを始めて3ヶ月くらいたった頃でしょうか。 何気なく試してみた腹筋ローラーを使っての立ちコロがあっさりと出来てしまいました。 この間腹筋ローラーを使ったトレーニングは一切行っていません。 ジムに通わなければ出来ないというのが問題 ただこのアブドミナルクランチはジムに通わなければ出来ないという点が問題です。 しかも自宅で代用できるようなトレーニングも見当たりません。 アブドミナルクランチのマシンは市営のジム 体育館 にもおいている確率が高いので、近くでなるべく安いところを探して見てください。 市営のジムなら1回300〜500円ほどです.

次の

アブローラーで立ちコロができるまでの流れとコツをご紹介!

立ちコロ やり方

腹筋ローラーにはやり方によって筋トレ強度が変わりますが、その中でも最も筋トレ強度が高いのが「 立ちコロ」と呼ばれるやり方です。 いきなり立ちコロができる人はほとんどおらず、立ちコロが出来るころには間違いなく腹筋はバキバキに割れます。 立ちコロは自分の体重を腹筋で支える形になるので、ただ筋力が強いだけでは上がらないので、 「腹筋力アップ+余分な脂肪を落とす」必要があるのです! 立ちコロ8回できますか?これが出来る人はすごいです!人口の数%しか立ちコロはできないと言われています。 私の知り合いで出来ている人は腹筋が大きく成長していて、しっかり割れている人がほとんどです。 では、出来れば腹筋がバキバキに割れている人になれる立ちコロの 「やり方のコツ」や「注意点」について詳しくご紹介します。 Contents• 腹筋ローラーとは 腹筋ローラーとは腹筋を鍛えるために開発された筋トレ器具です。 動作はシンプルで両手に腹筋ローラーを持って前に進めるだけです。 見た目は簡単ですが、かなりの負荷が腹筋にかかるので シェイプアップ・ダイエット・筋力アップなど幅広い目的の人にメリットがあります。 やり方がシンプルなので筋トレ初心者の人もやり方を間違う心配が少ないので、筋トレを始めたいけど、月謝払ってジムまで行くのは嫌だなぁという人はまずは腹筋ローラーを買って自宅で筋トレをスタートしてみてくださいね。 筋トレに慣れてきて他の部位も本格的に鍛えたいと思ったら、ジムに通うのもオッケーだと思います! 【がきSHOWチャンネル】 YouTube動画でバレー上達方法を楽しくわかりやすく解説しています。 j gmail.

次の