あまた 法律 事務 所。 集団訴訟プラットフォームMatoMa【週刊女性】特集コーナーへ掲載・取材協力!

【債務整理】弁護士法人あまた法律事務所の評判・口コミは?相談時の対応・手続き・費用もチェック!|マネーのマ! ~借金・お金の悩みから自由になろう~

あまた 法律 事務 所

あまた法律事務所では、 交通事故被害者向けの示談交渉に関する相談を全国対応で受け付けています。 交通事故に合うと、加害者からの謝罪はなかったとしても、保険会社の担当者から連絡が来ることが一般的で、対応が丁寧で優しいように感じるかもしれません。 しかし、治療を始めてから3ヶ月もすると、保険会社からは 治療費の支払い打ち切りと示談交渉の催促が多くなってきます。 保険会社から提示される示談金は非常に安い上に、症状がおさまっていないのにも関わらず、治療費の支払いが打ち切られると、その後は自腹で支払わくてはいけないのかと不安に感じるかもしれません。 あまた法律事務所の弁護士に、この交通事故の示談交渉を任せることで、 治療費の支払い継続や、示談金の金額を増額できる可能性が高まります。 この「あまた法律事務所」の交通事故への対応に関する口コミや評判などを調べました。 自賠責保険基準• 任意保険基準• 弁護士基準 「自賠責保険基準」がもっとも金額が少ないため、 保険会社からすれば、この水準で示談が成立すれば、大いに会社の利益になるわけです。 このため、保険会社のなかには、任意保険基準ではなく自賠責保険基準を提示してくるところもありますので示談金が非常に安くなります。 保険会社の担当者は交渉慣れしていますし、保険会社が雇っている顧問弁護士などのサポートも得ているため、 個人が交渉して弁護士基準での示談金を受け取ることは困難です。 それも、交通事故の被害を受けた状況で交渉を行うとなると、非常に苦痛に感じるのではないでしょうか? あまた法律事務所は弁護士が交通事故の示談交渉を代行 あなたもすでに経験しているとは思いますが、保険会社の担当者は、あなたの都合に関係なく電話をかけてきたり、訪問してくることが多いですよね。 体調が悪いときに延々と話を続けられたり、示談を成立させようと書類を持ってこられたりすると、普段は冷静に判断できる人でも思わぬミスをすることは珍しくありません。 あまた法律事務所に依頼すると、 担当の弁護士が保険会社との交渉を全て代行してくれます。 あなたは交通事故の怪我や病気の治療に専念することができます。 示談金は「弁護士基準」での交渉がベースになるため、受け取れる金額が増える可能性が高まります。 また、後遺障害等級認定申請のサポートも受けられるため、個人では難しいケースでも障害年金などが受け取れる可能性があります。 弁護士費用特約を使っても等級はかわらないため、自動車保険の保険料が上がる心配はありません。 あまた法律事務所の口コミや評判は? 次に、あまた法律事務所を利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。 交通事故対応以外の口コミも含まれます。 諸事情があり一度だけ伺いました。 丁寧な対応と、少しの会話だけで、こちらのことを理解してくれたのでとても話しやすく印象が良いです。 できればもう弁護士の出番は無い人生が良いとは思いますが、万が一そのようなことがあれば、またこちらの弁護士さんにお願いします。 引用元:google口コミ 信号待ちで停車中に、後方から前方不注意で突っ込んできた車にぶつけられる。 後遺障害14級9号に認定され、示談金が提示されていましたが、自分にとって正しい金額なのか判断がつかないとのことでご相談をいただきました。 当所で損害計算をしてみると、逸失利益などを増額できる見込みがあったため、弁護士が交渉した結果、わずか1ヶ月半後に500万円以上もの金額で示談となりました。 引用元: 若い弁護士さんで大丈夫かと心配になったけれど、無事に借金を減らしてもらえてよかったです。 引用元: 100万円から1,200万円に増額 信号無視の自動車に衝突され病院に緊急搬送された被害者のご家族からご連絡をいただき、弁護士がすぐに病院まで伺いました。 治療中の保険会社とのやり取りや労災の手続きから、その後の後遺障害申請、示談交渉まで、2年以上に渡りサポートさせていただきました。 100万円から4,900万円に増額 ご主人が交通事故で高次脳機能障害となり、奥様から今後の対応についてご相談をいただきました。 お仕事にも影響が出ていたため、内払金として先に示談金の一部を受け取れるように交渉。 最終的に、逸失利益や今後の治療費など、将来必要なお金もしっかり請求し、ご納得いただける形で示談しました。

次の

弁護士紹介

あまた 法律 事務 所

部分的な作業を担当する分業制ではなく、基本的には案件ごとに弁護士・事務スタッフがペアを組んで担当し、全体像を把握しながら解決まで依頼者をサポートできるため、法律事務に習熟できますし、やりがいを感じられます。 【チーム・組織構成】 今回は体制強化のために3~4名増員募集します。 【住所設定】 東京都文京区本郷2-39-6 [最寄り駅]本郷三丁目駅 【勤務時間】 下記のいずれか(実働8時間 休憩1時間) 9:00~18:00 10:00~19:00 12:00~21:00 【残業は基本的にゼロ】 時間管理を徹底しているため、基本的に残業はありません。 期間終了後は正社員雇用となる予定ですが、当方の判断によりアルバイト雇用継続となる場合もあります。 10時間を超える残業については追加支給します。 弁護士事務所はもちろん、司法書士での事務の経験者も歓迎します。 債務整理・交通事故に関する専門的な知識をお持ちの方は是非ご応募ください。 【分類】 人や職場の雰囲気は? 【見出し】 法律の仕事と聞いて身構える必要なし 【本文】 今回募集するパラリーガルは、資格がなくても、法律の分野で人に精一杯尽くすことができるという。 弁護士からの信頼に応えるというやりがいも大きい。 また今回の募集は、基本的なビジネスマナーが備わっていれば、前職は不問とのこと。 価値あるスキルを一から身につけ、将来性豊かなキャリアを築いていきたい方には絶好のチャンス。 ぜひ積極的なご応募をオススメしたいです。 職務レベル エントリーレベル• 雇用形態 正社員• 職務タイプ 総務• 業種 コンサルティング 類似する求人.

次の

集団訴訟のリーガルITサービス「MatoMa」、情報商材5件のプロジェクトでチャージバック成功 ~ITと法律の力で被害者をサポート~|弁護士法人 あまた法律事務所のプレスリリース

あまた 法律 事務 所

【法律事務所が未経験でも採用する理由】• 法律事務所を経営する弁護士によってやり方に違いがあるため• 経理や事務だけをサポートしてくれる人材を求めている事務所も多いため• 経験者だとやりづらいと考える人もいるため 法律事務所は一般の企業とは違う、専門分野の職場です。 そのため事務所から営業をすることはなく、クライアントから相談に来ることで仕事が成り立ちます。 ただ業務内容としては、一般の企業と大きな違いはありません。 事務所の規模や経営する弁護士によって経営方針が違うこと• クライアントの秘密を守ることが優先されるため経験以上に人柄や素質が重視されること 違いとしては、上記が挙げられます。• 法律事務所の事務と一般事務との違い 法律事務所と一般の事務にはどういった違いがあるのか、転職の前に理解しておきたいですよね。 法律事務所の詳しい業務については後ほどご紹介しますので、ここでは大まかな違いをご紹介します。 【法律事務と一般事務の違い】 法律事務 ・専門知識が求められる(未経験の場合でも勉強は必要) ・任される仕事が多い ・クライアントと直接関わることが多い 一般事務 ・一定のレベルに達すれば比較的誰にでも行いやすい業務(経験を積んでいることが前提) ・責任ある仕事を任されることは少ない ・クライアントと接する機会はあまりない 経営者である弁護士と事務所で仕事することが、企業と法律事務所の大きく違う点です。 一般の企業では、社長や重役と机を並べて仕事したりしませんし、部署ごとに分かれていますよね。 弁護士の仕事のサポートが主な業務となるため、事務所によっては事務の人がいないと仕事が回らなくなるといったこともあります。 2.法律事務所と弁護士法人の違い いざ求人を探してみたら「法律事務所」「弁護士事務所」「弁護士法人」とあり、どう違うのか悩んだことはありませんか。 いずれも弁護士が在籍する事務所なのですが、法律で名称には細かい制限が設けられています。 働く場合にはそれほど問題はありませんが、知っておきたいその違いについて詳しくご紹介します。 法律事務所とは 法律事務所とは、法律事務の業務を行う事務所のことです。 弁護士法では、弁護士の事務所は「法律事務所」もしくは「弁護士法人」と呼ぶように定められています。 そして法律事務所は「弁護士法人に属さない」弁護士の事務所のことをいいます。 事務所は1人の弁護士が経営、もしくは経営者である代表弁護士(ボス弁)と雇われの弁護士(居候弁護士・イソ弁)で構成されています。 そして、1人の弁護士につき1つの事務所しか経営できないことも定められています。 さらに法律事務所には以下のようなタイプがあります。 【法律事務所の3つのタイプ】 総合法律事務所 総合的な依頼を引き受けてくれる事務所。 弁護士によって得意分野(経験が多い)の違いはあるものの、法律関係の依頼ならどんなことでも相談が可能。 ブティック型法律事務所 ある特定の分野(法律事務)を専門に取り扱う事務所。 渉外事務所 国際業務を専門に取り扱う事務所。 海外に拠点を持つグローバル企業や外資系企業などが主なクライアント。 法律事務所への転職の際には、自分の今後のキャリアプランも考えながらタイプを選ぶことも必要です。 弁護士法人とは 弁護士法人とは、弁護士を社員とする社団法人のことです。 法人は法律事務所と違い、複数の法律事務所を設置することができます。 ただし、外国法事務弁護士は社員になることができません。 法律事務所との違いは「事務所の規模の大きさ」や「社員全体で依頼を受ける」といったことがあります。 また弁護士法では「法人に債務が発生したとき社員全員で返済義務を負う」といった細かな決まりがあります。 CMなどで宣伝している法人も多く、知名度の高さが大きなポイントといえます。• 弁護士事務所とは 弁護士法では「弁護士事務所」という名称はありません。 弁護士事務所は日本では俗称です。 それでも 「弁護士事務所」が多く使われている理由として、司法書士が使っている「法務事務所」との区別の必要性が挙げられます。 法務事務所は自主的に司法書士が使っている名称ですが、法律事務所と紛らわしいですよね。 そのため「弁護士事務所」という名称を看板などで使用している法律事務所は多くあります。 ただし外国の法律事務所が日本で活動する場合、その事務所は「外国法事務弁護士事務所」と呼ばれます。 の第四十五条で「外国法事務弁護士の事務所は、外国法事務弁護士事務所と称さなければならない。 」と定められているためです。 弁護士事務所は法律事務所と同じく、「弁護士法人に属さない事務所」といえます。 3.知っておきたい法律事務所の事務の仕事 法律事務所は一般企業の事務とは違うということをご紹介しました。 ただ、事務所によって事務が受け持つ仕事内容には違いがあります。 そこで法律事務の仕事内容について詳しく見ていきましょう。 法律事務所の事務の仕事内容には、以下のものがあります。 【法律事務所で働く社員・職員の業務内容】 法律事務(法務) ・必要書類の取り寄せ ・電話対応(クライアントとの連絡や依頼者からの相談も受ける) ・書類作成 ・文献や判例のリサーチ ・必要となる書類のコピー(裁判所や検察所などに出向くこともある) ・登記、破産処理手続き 弁護士秘書 ・電話対応 ・スケジュール管理 ・来客対応 ・郵便物やFAXの仕分けや手配 ・裁判資料などのコピーやファイリング ・掃除や買い物 経理・財務 ・クライアントへの請求書等会計業務 ・事務所の会計、年末調整や納税など 広報 ・取材に関する対応 ・事務所の広報対応 事務所の規模によっては、それぞれ担当する事務職員が複数在籍していることもあれば、1人で兼務することもあります。 それぞれの業務について、より詳しくご紹介します。 法律事務所の事務は弁護士のサポートが中心 法律事務所の事務が一般の事務と大きく違うのは「弁護士をサポートする仕事」であるということです。 もちろん、事務にはクライアントと面談をしたりする権限や資格があるわけではないので、弁護士の指示に従って業務をすることになります。 法律事務所では弁護士の数だけ担当する案件があるため、必要書類の取り寄せや判例の資料をリサーチしてコピーするだけでもかなりの量です。 また弁護士が外出している間に依頼があれば、「面談日程の調整」「依頼弁護士へのつなぎ」も事務の仕事です。 事務で分担し総務の仕事だけをする場合もある 法律事務所の規模によっては、法律事務と秘書業務を兼ねるところや、担当が細かく分かれているところもあります。 規模が大きいとクライアントとの連絡や報酬のやり取りなども多くなるためです。 そういった事務所では、経理や総務だけを担当する事務もいます。 逆に担当する弁護士について、法律事務と秘書の仕事を兼ねる事務所もあります。 どこまで担当するかは、それぞれの事務所の代表弁護士の考え方によって違ってきますので転職の場合には事前に確認することが必要です。 事務所によってはパラリーガルとしてキャリアアップも目指せる TVなどで広く知られるようになった「パラリーガル」を法律事務から目指す人もいます。 パラリーガルとは、弁護士の業務の補佐をする人のことです。 補佐というと「法律事務や秘書業務と同じでは?」と思われるかもしれませんが、パラリーガルの仕事はより専門的な知識を使ってのサポートです。 専門分野によっては弁護士より手続きの知識が豊富な人もいます。 パラリーガルには「パラリーガル認定資格制度」()という民間資格はありますがその資格がなくても仕事をすることは可能です。 ただ、 近年パラリーガルの資格を公的資格にしようと日本弁護士連合会が働きかけを行っているため、公的資格になればパラリーガルの地位向上につながる可能性があります。 4.法律事務所に転職した人の経験談 法律事務所に転職したい、と考えていても実際に働いてみて「こんなはずじゃなかった」となったりしないか不安ですよね。 ここでは法律事務所に転職した人の経験談をご紹介します。 転職活動や面接対策の参考にしてみてくださいね。 パラリーガルとしての経験を積みたくて入社したのに、実際の仕事はお茶くみとコピー取り。 専門知識を学ぶ時間もなく失敗したと後悔する日々です。 法律事務所では、事務に任せる仕事については代表弁護士が決めます。 そのため法律事務所における事務の仕事は、事務所の規模によって大きく変わります。 事前に求人票の情報だけでなく、どういった人材が求められているのかなどきちんと調べておかないと「こんなはずでは」ということにもなりかねません。 法律事務所では、パラリーガルなどキャリアアップを目指す人を指導する取り組みを積極的に行っているところもあります。 今後のキャリアアップなどを考え、転職先を選ぶようにしましょう。 5.法律事務所への転職のポイント 法律事務所への転職は、異業種からや未経験でも可能です。 ただ一般の事務とは色々な面で違いがあるため、戸惑うことも少なくありません。 そこで 法律事務所への転職の際、事前に持っておいた方が有利になるスキルや、法律事務所での仕事に向いている人について詳しく見ていきましょう。 法律事務所に向いているのは丁寧に仕事ができる人 法律事務所が一般の企業と違うのは、「クライアントありき」の仕事だということです。 企業なら営業が会社を訪問して商品を売り込んだりしますが、法律事務所では相談をする人が来てくれなければ仕事になりません。 そのため法律事務所では以下のような人が求められます。 【法律事務所の事務に求められるもの】 丁寧に仕事ができる 裁判所などに提出する書類にはミスが許されないため、几帳面で丁寧な仕事が確実にできることが求められる。 細やかな対応や気遣いができる 一緒に働く弁護士とはもちろん、悩みを抱えて訪れるクライアントに対しても心配りができることが求められる。 機密や守秘義務を守ることができる 法律事務所では特に企業情報や個人情報等を多く取り扱うため、守秘義務が求められる。 知り得たことを漏らすことのない誠実で真面目な人柄であることが必須。 法律事務所では仕事が多岐にわたり、事務所によっては1人で何役もこなさなければなりません。 そのため一般企業の事務以上に求められることが多くなります。 パソコンスキル・秘書資格・財務系の資格があると有利 法律事務所の事務は未経験でも転職可能ですが、他の法律事務所での経験がある人はやはり優遇されます。 ただ法律事務所での経験がなくても、以下の資格やスキルを取得していると有利に働くでしょう。 【法律事務所への転職で持っておくと有利になる資格】 パソコンスキル ワードやエクセルの基本操作は必須なので、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格があると有利。 秘書検定 来客対応などをすることも多いので、秘書検定1級や秘書業務の経験があると有利。 簿記・ファイナンシャルプランニング検定 事務所で財務や経理を担当することもあるため、財務や経理の資格があると有利。 ただし税理士や公認会計士といった専門スキルまでは求められない。 簿記は3級でも持っていればアピールになる。 法律事務所への転職では、専門知識よりも事務関係のスキルがあることをアピールするのがおすすめです。 また外資系事務所や大手の渉外事務所への転職を考えているなら、英語力も求められます。 TOEIC700点以上が目安です。 あわせて読みたい 法律知識の有無よりもヒューマンスキルが重視される 法律事務所では、弁護士のサポートがメインであるため専門知識よりも「この事務所で一緒に働ける人かどうか」が求められます。 そのため「丁寧に仕事ができる」「人柄が信用できる」といったヒューマンスキルや、法律事務所で働きたいという動機が明確であることが重視されるのです。 事務スキルがあるなら一般の企業でも十分なのになぜ法律事務所なのか、と面接で聞かれる可能性もあります。 そういったときに、しっかりとした志望動機と共に自分がどういった仕事ができるのか、自己PRがきちんとできることが必須です。 転職エージェントの利用もおすすめ 法律事務所で働きたいという強い気持ちがあっても、それを提出書類や面接でアピールできないと意味がありませんよね。 そういった悩みをサポートしてくれるのが転職エージェントです。 転職エージェントは、求人の紹介に加え、転職先の情報提供や提出書類の添削・面接対策などをしてくれるサービスのことです。 法律事務所で働きたいなら、事前にどういった事務所なのか研究することも必須ですが、転職エージェントを利用すればそういった情報提供もしてもらえます。 個人で求人を探すより、有利な条件がそろった良案件を紹介してもらえるのも転職エージェントの大きなメリットです。 6.法律事務所への転職でおすすめの転職エージェント3選 法律事務所への転職を成功させるために、数多くある中からぜひ利用したい転職エージェントを紹介します。 【リーガルブリッジの強み】• 法務や知財に関わる豊富な求人を紹介している• マッチングシステムを使わず面談で求職者の要望と適性にあった求人を提案している• 法務や知財の専門知識が豊富なキャリアアドバイザーが在籍 は、法務・知財に関する求人に特化した転職エージェント。 システムマッチングで適職を紹介するのではなく、1人1人とじっくり面談した上で求人を紹介しています。 そのため求職者側・求人側双方のミスマッチがほとんどありません。 法律事務所への転職実績も十分ありますので、ぜひ利用したい転職エージェントです。 運営会社 株式会社アーベイン・スタッフ 対象地域 全国 公開求人数 非公開 非公開求人数 非公開 公式サイト 【dodaの強み】• 業界内トップの法務関連の求人を取り扱っている• キャリアアドバイザーのサポートが充実している• 大手企業への転職実績がある は、業界内でも多数の法務関連の求人を取り扱っている転職エージェントです。 大手から中小まで様々な法律事務所の転職実績があり、キャリアアドバイザーの質の高さも多くの求職者から評価されています。 未経験でもしっかりサポートしてもらえるので、安心して利用できる転職エージェントです。 運営会社 株式会社パーソルキャリア 対象地域 全国・海外 公開求人数 141,097件 2020年1月時点 非公開求人数 非公開 公式サイト 詳しくは 「」をご覧ください。 【JACリクルートメントの強み】• 法律事務所でキャリアアップを考えている求職者向けの求人が多数• 高年収の求人を紹介してもらえる• 外資系の法律事務所の内定実績がある は、外資系の求人に強い転職エージェント。 法律事務所での経験があり、将来パラリーガルを目指しているなどキャリアアップを考えているなら、その経験を活かせる求人を紹介してもらえます。 キャリアアドバイザーは、求職者ではなく企業や事務所を担当しているので、より詳しい企業情報を教えてもらえる点も心強いです。 運営会社 株式会社 ジェイエイシーリクルートメント 対象地域 全国 公開求人数 約6,000件 非公開求人数 非公開 公式サイト 詳しくは 「」をご覧ください。 【法律事務所における事務の仕事】• 法律事務所の事務は弁護士のサポートが中心• 事務で分担し総務の仕事だけをする場合もある• 事務所によってはパラリーガルとしてキャリアアップも目指せる 将来的にパラリーガルを目指すのであれば、職場内で専門知識を身につけるサポートをしている事務所に転職する必要があります。 そういった事務所を探すには、転職エージェントのサポートが不可欠です。 実際に法律事務所の求人を多数紹介していて、転職実績もある「」「」「」に登録し、サポートを受けることをおすすめします。 提出書類の添削や、面接対策などきめ細かいサポートが受けられますので、転職成功のためにもぜひ登録し活用しましょう。

次の