多い 類義語。 「一人前」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

「怒り心頭」の意味と使い方・例文・類義語は?現役の校正者がサクッと解説!

多い 類義語

ここからは「一概には言えない」という言葉の語源について詳しくご解説します。 「一概」の「概」とは、升に入れた米などの穀物を平らにならすために使われる棒のことを指します。 「とかき」「ますかき」と呼ばれることもあります。 「概」という漢字の形は「木のそばに米があふれんばかりに盛られた器があり、人が座っている」という意味を表します。 「器から米が溢れていては困る」ことが転じ、「概」という漢字が「器の表面を平らにならして米を溢れさせないようにする棒・道具」を指すことになったとされています。 このことから「一概」「一概に」という言葉には「ひとつにならす」、「同じようにする」という意味が込められたとされています。 このため、「一概には言えない」という言葉には、「 升に入った米をならすように 物事を1つの局面で考え、結論を出すわけにはいかない」という意味が込められたとされています。 「一概には言えない」を英語にすると以下になります。 ・It cannot be simply said so. ・It depends. 「not always true」や「there are exceptions」という表現を用いることで、この意味を示すことができます。 It dependsは後ろにつくはずのon circumstancesが省略されたもので、「それは 時と場合に よる」という意味です。 中国語の場合.

次の

「一概には言えない」の意味・類義語と対義語・使い方と例文

多い 類義語

まず「古今」は「昔と今」ということです。 よく聞くのは「古今東西」という言葉ではないでしょうか。 「古今東西」は「今も昔も西も東も全て含めて」ということです。 「古今」は思い返しです。 昔から今までのことを考えてみるということで使用されます。 「こきん」と読まれることも多いのですが、意味は同じです。 続いて「無双」ですがそのまま「並ぶものが無い」という意味です。 「双」は双子の「双」です。 似ている、同じような、同じものということなのですが、それが「無い」ということです。 そして優れているものに対して使用されます。 ですから、「同じような、優れているものが無い」ということです。 頭の回転が良かったり、戦うと強く誰も叶わなかったり、歌がべらぼうにうまかったりなど、優れていることは様々です。 「古今無双」の英語表現と類義語 「古今無双」の英語表現 次に「古今無双」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。 ancient and modern(古代と現代)• incomparableness in the ancient and modern times(古代と現代に類まれな) 【例文】• He is an ancient and modern cook(彼は古今無双の料理人です)• He is a painter of the incomparableness in the ancient and modern times(彼は古今無双の画家) 「古代と現代」両方ともに居なかったという意味で表現されます。 他にも「前代未聞の」ということで「unparalleled in history」という英語も使用されます。 「古今無双」の類義語 「古今無双」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。 天下無双(てんかむそう) 「天下無双」とは「天下に並ぶものが一人としていない」という意味です。 「天下」とはこの世、全世界のことをいいます。 世界中を探しても並ぶものがいないことを表わしています。 「天下無双」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

次の

「蔑ろ(ないがしろ)」の意味は?類義語や対義語・例文を教えて?

多い 類義語

Contents• この記事は、約 5分 27秒で読むことができます。 人間なら誰でも辛い状況や厳しい状況に陥ってしまう事がありますよね。 そんな時、あなたはどんな言葉で自分を励ましていますか?私は「雲外蒼天」という言葉を胸に自分を奮い立たせて頑張るようにしています。 とても前向きな意味があるので、座右の銘にもピッタリな言葉なんですよ。 ところで、「雲外蒼天」の意味ってご存知ですか?文字を見れば何となく想像がつきそうですが、日常会話でも出てくる事が多い言葉なので、きちんとした意味を知っておいた方がいいかもしれませんね。 この記事では「雲外蒼天」の意味や語源、英語の表記や類義語、使い方の例文をご紹介します。 「雲外蒼天」の意味と語源 「雲外蒼天」の意味 はじめに、「雲外蒼天」の意味についてご紹介したいと思います。 まずは読み方ですが、「雲外蒼天」は 「うんがいそうてん」と読みます。 「雲外蒼天」とは「試練を乗り越え、努力して克服すれば、快い青空を見ることができる」という意味です。 つまり、「頑張って困難を乗り越えた後にはいい景色が見られるよ」という意味なんですね。 かっこよく「明けない夜はない」なんて表現をしてもいいかもしれません。 「雲外蒼天」の語源 次に、「雲外蒼天」の語源についてご紹介します。 まず 「雲外」の「雲」ですが、ここでは「困難」「迷い」「暗闇」など、マイナスな状態のことを意味します。 「雲外」は文字通り「雲の外」という意味なので、ここでは「困難の先」「暗闇の外」などという意味になりますね。 そして 「蒼天」は、「青空」「大空」「雲がない空」などを意味し、ここでは「明るい未来」や「いい結果」などプラスの状態を表す言葉として使われます。 「雲外蒼天」を直訳すると「雲の外は青空」「曇っている空の向こうは青い」となりますが、ここに先ほどご説明した意味を当てはめると、「困難を乗り越えたら、いい結果が待っている」「暗闇を抜けきった後は明るい」などという意味になります。 「雲外蒼天」の英語表現と類義語 「雲外蒼天」の英語の表現 続いて「雲外蒼天」が英語でどのように表現されているのかをご紹介します。 sky beyond the clouds azure sky(雲外蒼天) 【例文】• dream in the sky beyond the clouds azure sky(雲外蒼天を夢見る)• believe in the sky beyond the clouds azure sky(雲外蒼天を信じる) まず、「sky beyond the clouds azure sky」に使われている英語をご説明していきます。 「sky」は「空」、「beyond」は「越えて」、「clouds」は「雲」、「azure sky」は「黒みを帯びた青空」という意味があります。 なので、直訳すると「雲がある黒みを帯びた空を越えた青空」という意味になりますね。 「雲外蒼天」を日本語で直訳した場合の「曇っている空の向こうは青い」と同じようなニュアンスです。 また、英文では「雲外蒼天」と訳されることは少なく、例文も一般的には「雲の向こうの青空を信じる」「雲の向こうの青空を夢見る」という意味で訳されます。 「雲外蒼天」の類義語 次に「雲外蒼天」と似たような意味をもつ言葉をご紹介していきます。 開雲見日(かいうんけんじつ)• 撥雲見日(はつうんけんじつ)• 撥雲見天(はつうんけんてん) これらは3つとも「心配なことがなくなって将来に希望が持てる」という意味です。 「開雲」も「撥雲」も「雲が晴れる」という意味で、「心配なことが消える」ということの例えです。 悩みなどがある今の状態から抜け出すという意味で、「雲外蒼天」に似ていますね。 「努力した成果が実る」という意味では、こちらの四字熟語も類義語と言えます。 「雲外蒼天」の使い方 最後に「雲外蒼天」の使い方を紹介します。 【例文】• 「雲外蒼天を信じよう」• 「雲外蒼天の気持ちで頑張ろう」• 「雲外蒼天だよ。 諦めないで」• 「雲外蒼天を心の支えにする」• 「いつか雲外蒼天するはずだ」 「雲外蒼天」は、自分が辛い状況にいる時や、人を励ます時などに使われるポジティブな言葉です。 「きっといい事があるよ」「未来は明るいよ」と自分や誰かに言ってあげたい時に、「雲外蒼天が待っている」「雲外蒼天を信じて」などといった言い方でよく使われています。

次の