ザノンフィクション 無料動画。 ザ・ノンフィクション(5/3菜々江ママの天国と地獄)の再放送/見逃し配信/無料動画を視聴する方法!

ザ・ノンフィクションのバックナンバーまとめと動画を無料視聴する方法│LINKST|バラエティ無料動画まとめサイト

ザノンフィクション 無料動画

161• 517• 478• 159• 159• 1,027• 827• 868• 962• 928• 1,725• 1,800•

次の

ザノンフィクションの再放送や無料視聴方法は?見逃し配信やフル動画を調査!|まんまる。

ザノンフィクション 無料動画

久しぶりの一家団欒。 しかしそこには、長男・星音(しおん)くんの姿はありません。 家出を繰り返していた星音くんは、 今年3月から、10か月ぶりに家族と同じ家で生活することになりました。 父・義人さんとの同居の条件は、 アルバイトをして一人暮らしのためのお金を貯めること。 しかし部屋に引きこもり、ゲームに夢中になっていました。 家に戻ってから約一か月が経ちますが、まだアルバイトは決まっていない様子。 仕事が決まっていないことに対して、特に焦りは感じていないと話します。 ある日の出来事。 母親である美奈子(みなこ)さんと履歴書について話す星音くん。 この日はアルバイトの面接でしたが、 当日になっても、履歴書を書いていませんでした。 「手書きが面倒、ミナ(美奈子さん)字上手いじゃん」と 自分で履歴書を書こうとしない星音くん。 見かねた美奈子さんがパソコンの履歴書メーカーで入力。 そして、車で面接会場まで送ってもらう星音くん。 どこか投げやりな感じになっているように見えました。 その後も、星音くんのアルバイトはなかなか決まりません。 義人さんと美奈子さんには不信感が募っていました。 美奈子さんにはイライラが溜まり、義人さんとの言い合いも。 義人さんは、「父親として長男とどう向き合っていけば良いのか」 その答えが見つかりません。 一方その頃、高校を中退した長女・乃愛琉(のえる)さんは朝から仕事。 宅配便の再配達伝票整理と荷物の仕分けをしています。 1日8時間、週5日勤務。 高校時代からアルバイトをしていましたが、中退後に契約社員となりました。 社会人経験を積みながら、大人になりつつある乃愛琉さん。 血の繋がらない父親、義人さんについては… 「話しかけても無視される」 「なんか、もういいかな…」 「一人暮らし家を出ようかな…」と話します。 義人さんのほうは、 のえるさんに対し「偉いと思っている」と話していました。 妹が頑張っている姿を目にしている長男の星音(しおん)くんは、 以前よりは焦りが出てきて家に居づらいと話します。 働いていない気まずさからか、みんなが寝ている間に1人きりで食事をするなど、 徐々に家族との時間を避けるようになりました。 ようやくアルバイトが決まったそうです。 バイト先は自宅から自転車で10分ほどの場所にある居酒屋。 1日6時間、週3日勤務で時給は900円。 そしてアルバイト初日を迎えました。 飲食店の厨房で働いたことがある星音くんですが、ホールで接客するのは初めて。 「人見知りなので接客は緊張する」と話していました。 厨房経験があるだけあって、ビールの注ぎ方は上手くいきました。 慣れない接客に戸惑いながらも、初日のアルバイトは無事終了。 「お客さんも人当たりが良くて楽しい」 「続けていけそう」と話す星音(しおん)くんでした。 それから3週間後… 髪を短くした星音くんが、居酒屋で働いていました。 初日とは比べ物にならないほどテキパキと働く星音くん。 店の人も、「よく頑張ってくれています」と笑顔で話していました。 しかしその数日後、星音くんから番組スタッフに連絡が。 仕事を辞めるという内容のラインが届きました。 一体何があったのでしょうか…。 2019年5月31日 佐々木家を訪ねた番組スタッフ。 義人さんと美奈子さんの姿がありました。 美奈子さんは、寝坊してアルバイトに行かなかった星音くんと喧嘩したそう。 「寝坊して気まずいから行かない」「体調が悪い」などと言い、 バイト先に連絡もせず「もう辞める」と言い出したそうです。 長男・長女には干渉しないで見守ると言っていた義人さんですが、 アルバイトを無断欠勤し部屋に閉じこもっている長男・星音くんの態度が どうしても許せませんでした。 義人さんは星音(しおん)くんを起こし、バイト先に電話をかけるように言います。 ほんの数日前まで楽しいと話していたのに、どうしたのでしょうか。 「職場に慣れてくると、急に人間関係が嫌になってしまう」 「続けたいと思えない」 そう話す星音くんですが、これじゃダメだということはわかっているそう…。 そして、なかなかバイト先に電話しようとしない星音くんに対し美奈子さんも。 「電話してちゃんと謝りなさい。 まずは」 「いい加減にしろ お前 本当に!」 「親のことも店長さんのこともナメすぎだよ!」 「別の部屋で電話する」と言う星音(しおん)くんに対し、 「信用ならない」「ここで電話しろ」と義人さん。 「なんでここで電話しなきゃいけないの?」という星音くんに、 「座れよコノヤロー!」と、胸ぐらをつかみ無理やり座らせます。 美奈子「そういうことじゃないでしょ!星音は全部思ってることを言えよ」 「全部言い合いなさい、暴力はなし!」 2人は思ってることを言い合うことに。 義人「お前がダラダラしてっから、俺は我慢できねーんだよ!」 しおん「関係ないし そんなの」 義人「関係あるんだって!」 しおん「(うるさいから)嫌いだよ」 義人「嫌われていいよ、お前のことを思って言ってんだよ!」 星音くんから 「実の父だったら」という言葉が出て、 義人さんは動揺を隠せませんでした。 母、美奈子さんも星音くんに 「みんなあんたのことを考えているから熱くなるんだよ」と 涙ながらに話しましたが、 星音(しおん)くんはドアをバタン!と閉め部屋を出て行きました。 この日を境に、再び部屋に籠ってしまった星音くん…。 2019年6月 「どうすれば家族はひとつになれるのか」 そのきっかけを掴むため、どうしても会っておきたい人が居ました。 義人さんと美奈子さんは、さいたま市にある妙宣寺へ。 義人さんの最愛の母、佐々木ユキさんです。 義人さんが22歳のとき、ガンでこの世を去りました。 母親が生きていたら、どんな助言を与えてくれたのか… 「家族をひとつにしたい」そう願う美奈子さん。 長女・乃愛琉(のえる)さんと2人きりで話をしました。 家族がギクシャクしているし、星音くんの気分転換にもなると思い、 美奈子さんは家族キャンプを提案。 「乃愛琉から星音(しおん)を誘ってほしい」とお願いしました。 6月29日 キャンプ当日 乃愛琉(のえる)さんの説得で、星音くんも家族キャンプに参加。 家族みんなが乗れるレンタカーで出発です。 一泊二日で、茨城県神栖市へ。 普段とは違う環境に、小さい子たちは大はしゃぎ。 みんな、自然と笑顔がこぼれます。 夜はキャンプ場で久しぶりに家族揃っての晩御飯。 義人さんは、乃愛琉さんに対しての態度を「ごめんね」と謝りました。 この日、家族みんなで大笑いしたり、一緒にご飯を食べたりした佐々木家。 忘れかけていた家族の絆を少しだけ取り戻しました。 義人さんは 「ウソ偽りなく会話できる家族にしていきたい」こう話しました。 そしてキャンプから数日後、 アルバイトの面接へ応募するために電話をかけている星音くんの姿が。 「やりたいことでお金を稼げるようになったら一番いいけど、 諦めないようにしたいです。 やりたいことだけは。 」と話していました。 《おわり》 ザ・ノンフィクション 動画配信中です。 気になった方は是非チェックしてみて下さい。

次の

ザ・ノンフィクション(1話から全話)を無料視聴する方法とは?パンドラやデイリーモーションは動画をフルで視れる?

ザノンフィクション 無料動画

【2019年8月4日放送の感想】"62歳のシングル女性が築60年ほどのボロボロのアパートに暮らしながら、お金に困っている人達が住める格安のシェアハウスの経営をしました。 3年前まで彼女が区議会議員をしていた頃のお金をシェアハウスの経費として使っていましたが、議員って本当に儲かるのだなと、つくづく思いました。 貧困や行き場のない女性の味方だと全面に出していましたが、再度選挙に出ると決めたシーンでやけにしらけてしまいました。 意地悪なわたしは「再び選挙に出るためのパフォーマンスとしてシェアハウスを始めたのね」と冷ややかに観てしまいました。 女が1人で生きることは大変だと理解は出来ますが、長く生きていれば嫌な垢も付きますが、わたしは彼女の生き方に賛同出来ないと強く思いました。 正直不快でした。 "(女性40代) 【2019年8月11日放送の感想】いつも見終わった後気分が悪くなるのに、つい見てしまう。 親の犠牲になっている子供がかわいそうだ、本当に。 空回りしてしまう新しい父親は仕方ないと思う。 大家族を養うのも大変だし、血の繋がりのない大きくなってしまった子供との関わり方は難しいと思う。 ただすぐに怒鳴るのは間違っているが。。 それよりも離婚を繰り返し、子供を産むだけ産んで、高校の学費まで子供に負担をかけようとした母親。 父親の愛情を知らないんじゃなくて、母親がちゃんと母親の役割を果たせてない、愛情をかけてやってないと思う。 いい加減、自分のことをミナと言うのをやめて欲しい。 子供みたいにすぐに泣いて、ヒステリーになるのをやめて欲しい。 (女性40代) 【2019年10月13日放送の感想】好きな事だけして生きて行く。 誰もがそうでありたいと思って生きている。 でもそれが現実的ではなく理想としているから、どこかに属して嫌な事も我慢して仕事している。 シェアハウスを運営し自分の気の赴くままに生きている人がいて、それを知った同じ思想の若者達がまたそこに集まって暮らしている。 皆、仕事をせずにゲームやパソコン、料理とそれぞれバラバラの生活。 こんな事が成り立つ時代になってしまっている。 なんだか悲しくなった。 現実逃避にしか思えない。 運営者を慕う19歳の少年が全く同じ道を選択し、シェアハウスの経営者となっていた。 若さゆえなのか。 チャレンジ精神は良いと思うが、働きたくない。 とかそんな理由で社会から逃げて自分が楽しいと思う事だけをやって生きていて良いのか。 この少年の今後が心配になった。 (女性50代) 【2020年5月10日(日)放送の感想】獣医師さんもですが、ボランティア団体の方もすごい、私も犬猫は、飼い、昔は、妹が犬猫ウサギといろいろ拾ってきてかい育てましたので、気持ちは、わかります、特に猫の捨て猫は、うちにも猫がいるため、困ります、うちのには、避妊をしてありますが、野良猫同士で春になると困ります、そもそも最初にすてた人がいるからなのに、今堕胎猫の手術してますが、なぜ飼い猫なのに避妊しないのでしょうか、堕胎しようとしてたのに、生まれた猫、死んでるのもいた、どうするか画面でもみてられない、ボランティアのひとも、見られないでしょうね、飼い主の人いらないなら、なんでと腹たつ、新しい飼い主見つかるとよいですね、(女性50代).

次の