教場キャスト相関図。 教場(ドラマ)木村拓哉主演、あの有名な警察小説がドラマ化!キャストやエキストラ情報

「スペック」ドラマのキャスト一覧・相関図を顔画像付きで紹介

教場キャスト相関図

宮坂は手帳を失くしたらクビなのでバレないようにするために、体調が悪いと言って午前の授業を休みますが、 風間教官(木村拓哉)はそれを何かあると見抜いたのです。 その後、射撃訓練を見学していた風間が、授業後に宮坂と南原を呼んで射撃が下手過ぎる宮坂に教えてやれと言います。 銃マニアの南原はつい夢中になってレクチャーし始めたので、風間は 「銃が好きなんだな」と言いますが、その時、男子寮の捜索を終えたと報告が入り、トイレのタンクの中から見つかったと手製の拳銃が! 南原は腕にケガをしていましたが、これは実家に帰って自作の拳銃を作っていた時に暴発した銃創だったのです。 やがて実家で作るのでは物足りなくなって寮へ持ちこんだところを宮坂に見つけられてしまったというわけですが、それらのことを風間に言い当てられた上、その拳銃を向けられたのです。 一方、裕奈と仲が良かった 菱沼羽津希(川口春奈)は友人を思いやることができないことが欠点だと風間に言われて退校届をつきつけられることに。 彼女は母親が警察の上層部だったことからクビにはならないと高を括っていたことが原因だったのです。 ようやく佑奈の気持ちを理解することができた羽津希は、彼女の分もがんばると心に決めました。 卒業試験 やがて卒業式を間近に控え、風間教場1班として最後の野外実習に出ることになった宮坂・日下部・都築・羽津希・しのぶの5人は山奥へと連れて行かれると風間からそこに用意されていた殺人事件を模したマネキンの死因や人物像を割り出す課題を与えられました。 5人はそこで一晩過ごし、警察学校に来てからのことなどを語り合います。 その時に羽津希が、風間のことを調べている都築に風間の過去に何があったのか聞くと、 「風間教官が刑事の時に部下の若い刑事が重傷を負い、教官の右目もその時に・・」と簡単に告げるだけでした。 全員不合格 翌日、迎えにきた風間に5人で考え抜いた課題の答えを言うと不合格を告げられて5人とも退校届を出すように言われたのです。 彼らは学校に戻って荷物をまとめながら机の上の退校届を見つめていると、校内放送で風間教場に至急集まるように言われて教場へと集合しました。 「この5人を送りだしたら自分が迷惑する」と風間は言い、リーダーである都築の父親が税金を払えずに工場をつぶし、その時に警察官を殴って逮捕されてしまったことをやり玉にあげて親が親なら子も子だと酷い言い方をして責めたのです。 怒った都築は風間に摑みかかり、悔し涙を流しながら父親は金貸しと警察官がもみ合いになったのを止めに入っただけで殴ってない!でも警察官が「役人に逆らうな!」と言ってパトカーに乗せて連れて行ってしまった! その時の悔しさや父親の無念さから、自分は苦しんでいる人の傍に寄り添う警察官になりたかったと本音を白状させられたのでした。 宮坂たちは都築の本心を聞き、それを引き出すために風間がワザとやった意味を理解しました。 そして 「あの時、私たちは被害者の苦しみを忘れていました。 捜査報告の最後に被害者の方はさぞ無念だったことでしょうと、言うべきでした」と、ようやく風間が最後の答えとして求めていた回答を応えることができたのです。 「苦しんでいる人の声に耳を傾けることが君たちの仕事だ。 全員合格だ。 卒業を認める」 色々あったけれど、風間はやっぱり熱い教官でした! 南原自作の拳銃を突きつける迫真の演技はどこに落とし所をつけるのか怖かったですね~。 風間の右目の事は都築によって語られた程度しかわかりませんでしたが、ケガをした若い刑事と失った右目は風間の心にそうとう深い傷を負わせたんですね。 校長が辛そうにその事を語るシーンが切なかったです。 ところで、南原役の井之脇海さん、ホントに不気味でしたね~。 風間公親・・・木村拓哉さん• 宮坂定・・・工藤阿須賀さん• 菱沼羽津希・・・川口春奈さん• 平田和道・・・林遣都さん• 楠本しのぶ・・・大島優子さん• 岸川沙織・・・葵わかなさん• 南原哲久・・・井之脇海さん• 日下部准・・・三浦翔平さん• 枝元佑奈・・・富田望生さん• 都築耀太・・・味方良介さん• 石山広平・・・村井良大さん• 校長・・・小日向文世さん• 小野・・・高橋ひとみさん• 明石家さんまさん• 佐藤仁美さん• 和田正人さん• 石田明さん(NON STYLE)• 筧利夫さん• fujitv.

次の

教場(ドラマ)木村拓哉主演、あの有名な警察小説がドラマ化!キャストやエキストラ情報

教場キャスト相関図

この項目では、小説について説明しています。 学校における教場については「」を、人物については「」をご覧ください。 教場 ジャンル 学園小説 小説 著者 出版社 掲載誌 レーベル (文庫本) 刊行期間 - 巻数 単行本:既刊4巻(2019年12月時点) 文庫本:既刊3巻(2019年11月時点) テレビドラマ 原作 長岡弘樹 『教場』、『教場2』 脚本 演出 制作 (制作協力) 放送局 系 放送期間 - 話数 全2話 - プロジェクト ポータル ・ 『 教場』(きょうじょう)は、によるを舞台としたのシリーズ。 既刊は連作3巻、長編1巻。 「教場」とは、における「クラス」のこと。 『教場』『教場2』を原作としてにて化され、1月に放送された。 作品の評価 [ ] 第1作『教場』は『 2013年』にて第1位に、『 2014年版』にて第2位にランクインした。 小学館の公式サイトでは推理小説として分類しているが、警察「学校」が舞台ということから学園小説として評価する者もいる。 「警察学校は、優秀な警察官を育てるための機関ではなく、適性のない人間をふるい落とす場である」。 過酷な警察学校を舞台に生徒たちの成長を描く物語であると同時に、観察力に長けた教官が極限状態で生徒たちが抱いた邪(よこしま)な思惑を暴いていくミステリ、見込みのある者をより成長させていく教師の物語としても評価が高い。 『』で警察官同士の足の引っ張り合いを描いた、『』で警務課の人間を主人公にした、『』でキャリアの視点から警察組織を描いたなど、多くの作家によって発展してきたに新たなジャンルを開拓した作品としても評価されている。 あらすじ [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 登場人物 [ ] 風間教場 [ ] 初任科第98期短期課程〈風間教場〉の学生は入学時41名(その内、女子は6名)、物語開始時の5月下旬時点で4人が辞退し37名になっている。 風間 公親(かざま きみちか) 病気で休職した植松に代わり、担当教官になる。 50代、白髪、焦点の定まらない目をしている。 道場の裏手にある花壇でをマメに世話している。 物腰が柔らかく、学生を恫喝するようなことはしない。 観察力に優れ、学生の動向を良く見ている。 須賀(すが) 〈風間教場〉副担任。 体重120kg。 武道(・)専任教官。 柔道6段。 些細なことで学生に手を上げる暴力教官。 宮坂 定(みやさか さだむ) 四班。 免許を取ったばかりの頃、人通りの少ない場所で事故を起こし、助からないかもしれないと思っていたところを、地元の駐在所警官に助けられ、警察官を目指すようになった。 親に猛反対され、一度は小学校の教職に就いた。 平田 和道(ひらた かずみち) 三班。 転職組で、以前は外食チェーンを経て、ビルの管理会社のデスクワークをしていたが、いずれも辛くて辞めている。 父親は宮坂を助けた、の警察官。 都築 耀太(つづき ようた) 三班。 ポーカーフェイスで感情をあまり見せない。 成績優秀で、何事もそつなくこなす。 配属希望は防犯。 楠本 しのぶ(くすもと しのぶ) 三班 班長。 26歳。 女子の中で最も小柄な体格。 元インテリアコーディネーター。 似顔絵クラブ所属。 保健委員。 2年前に婚約者の和馬を亡くしている。 取り調べ技術が高いと評される。 岸川 沙織(きしかわ さおり) しのぶと最も親しい。 女子の中で最も大柄な体格。 24歳。 似顔絵クラブ所属。 鳥羽 暢照(とば のぶてる) 幼い頃からに憧れており、人や物の移動速度を言い当てる能力を身に付けた。 書道クラブ所属。 稲辺 隆(いなべ たかし) 童顔。 剣道2段。 隙間から部屋に入り込んでくるアリが共通点で鳥羽と親しくなった。 由良 求久(ゆら もとひさ) 自動車狂。 希望部署は。 陶芸クラブ所属。 協調性がなく、教場の鼻つまみ者で、皆から無視されている。 に刺されたことがあり、を過度に恐れている。 日下部 准(くさかべ じゅん) 32歳。 2年前にC級ボクサーライセンスを返上した元。 級長を務める。 同い年の妻と3歳の娘がいる。 学科の成績が芳しくない。 樫村 巧実(かしむら たくみ) 必要としている様々なもの(制服のボタンなどの備品)を物々交換してくれるため、陰で調達屋と呼ばれる。 安岡 学(やすおか まなぶ) ふっくらとした頬が特徴的。 追跡(トラッキング)が得意。 身長161cm、体重49kgで、採用試験の体格制限をぎりぎりでクリアしている。 その他 [ ] 教官 植松(うえまつ) 風間教場の本来の担任。 些細なことですぐに怒鳴る鬼教官。 で入院し、休職する。 服部(はっとり) 女性教官。 指示棒で黒板や学生の手を叩く。 口調は丁寧だが性格は陰険。 四方田(よもた) 校長。 逆三角形の顔をした小柄な男。 その他 貞方(さだかた)。 県警特別救助班 隊員。 尾崎(おざき) 寮兄。。 36歳。 樫村とは同じ大学の先輩後輩。 度々差し入れを持って警察学校にやって来る。 神林(かんばやし) 警部補。 運転技術講習会の講師として県警本部からやってくる シリーズ一覧 [ ] 教場 シリーズ第1作。 連作短編集。 第98期短期課程の風間教場。 初出:『』vol. 1(2009年9月)、vol. 4、vol. 5、vol. 8、vol. 11、vol. 14、vol. 17、vol. 18(2011年2月)「初任」を改題• 単行本:2013年6月19日、、• 文庫本:2015年12月8日、、 教場2 シリーズ第2作。 連作短編集。 第100期短期課程の風間教場。 単行本:2016年2月23日、小学館、• 文庫本:2017年12月6日、小学館文庫、 タイトル 初出 創傷 『STORY BOX』2014年9月号 心眼 『STORY BOX』2014年12月号 罰則 『STORY BOX』2015年3月号 敬慕 『STORY BOX』2015年7月号 机上 『STORY BOX』2015年10月号 奉職 『STORY BOX』2016年1月号 教場0 刑事指導官・風間公親 シリーズ第3作。 連作短編集。 風間が警察学校の教官になる前、捜査一課にいた頃の話。 単行本:2017年9月16日、小学館、• 文庫本:2019年11月6日、小学館文庫、、解説:三橋曉 タイトル 初出 仮面の軌跡 『STORY BOX』2014年6月号 三枚の画廊の絵 『STORY BOX』2017年3月号 ブロンズの墓穴 『STORY BOX』2016年9月号、「百度を踏む男」を改題 第四の終章 『STORY BOX』2016年6月号、「二重舞台」を改題 指輪のレクイエム 『STORY BOX』2016年12月号、「償い」を改題 毒のある骸 『STORY BOX』2017年6月号 風間教場 シリーズ第4作。 第102期短期課程の風間教場。 初出:『STORY BOX』2018年8月号、同年11月号、2019年2月号、同年5月号、同年8月号、同年11月号• 単行本:2019年12月18日、小学館、 テレビドラマ [ ] フジテレビ開局60周年特別企画 教場 ジャンル 原作 脚本 演出 出演者 国・地域 言語 製作 プロデュース 中江功 西坂瑞城 高石明彦 制作 (制作協力) 製作 放送 放送局 フジテレビ系 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 21:00 - 23:10 21:00 - 23:24 放送枠 (第一夜) 放送分 【第一夜】130分 【第二夜】144分 回数 2 開局60周年特別企画として・の2夜連続で放送された。 脚本は、主演は。 舞台は。 は「 ここで生き残った者だけが、警察官になれる。 原作の登場人物とは容姿が異なったり、他の人物の設定が流用されている。 ギャラクシー賞テレビ部門1月度月間賞を受賞した。 あらすじ [ ] 神奈川県警察学校の初任科短期課程第198期、植松教場の訓練生は入校から1カ月、を貸与され担任教官の植松、助教の服部、実技担当の須賀の各教官の元で厳しい訓練を受けていく。 そんな中、教官の植松が病気で入院して休職。 植松が復職するまでの間、代理としてやってきたのは風間公親(かざま きみちか)という白髪交じりの初老の男性教官。 右目は義眼、一切笑わず、「警察学校は、警察官として適正のない者をにかける場」という信念を持ち、適性の無い者には容赦なく退校届を突き付ける冷徹な人物である。 卒業まで残り5カ月間、訓練生たちは風間の元で無事に警察官として卒業できるのだろうか。 キャスト [ ] 主要人物 [ ]• 風間公親(かざま きみちか)- 神奈川県警察学校教官。 階級は。 かつては刑事部捜査一課の刑事だっだが、捜査中に右目を失明する事故に遭い義眼を装着している。 病気休職した植松の代わりに植松教場の代理教官を務める。 退校届を常に持ち歩いており、訓練生の些細な変化、嘘、隠し事を瞬時に見抜き適性がないと判断した生徒に容赦なく突きつける。 しかし見込みのある訓練生には特別な課題を出し、それをクリアさせることによって挽回のチャンスを与えている。 警察学校の庭にある花壇の手入れをこまめに行っている。 宮坂定(みやさか さだむ)- 神奈川県警察学校 風間教場訓練生。 階級は。 本作のもう1人の主人公。 小学校の教職員を経て警察官に転職した。 志望動機は免許取り立ての大学時代に雪山で事故を起こし、その時に救助してくれた警察官への憧れから。 仲の良い平田を不憫に思い、あえて落ちこぼれのふりをしていたが、全てを見抜いていた風間から最初に退校届を突き付けられる。 同時にその日の出来事を報告する「課題」を与えられる。 心身共に追い詰められた平田の自殺未遂に巻き込まれ、また様々な危機に陥るが、課題をクリアし徐々に警察官に必要な適性を掴んでいく。 階級は宮坂を含め全員が巡査。 楠本しのぶ(くすもと しのぶ)- 風間教場訓練生。 前職は。 岸川沙織と仲が良く、また他の生徒からも信頼の厚い姉御肌。 取調べ技術に優れ、風間や服部からも評価は高い。 風間から警察官を志した動機を尋ねられ、「子供の頃からの憧れ」と回答するが、実際は交際していた男性を轢き逃げした犯人を自分で逮捕するためだった。 花粉症もちで、ミントオイルを染み込ませたハンカチを常に持っている。 岸川を轢き逃げの犯人と思い込んで脅迫状を送りつけるが、そのことに気づいた岸川によって駐車場のパレットに足を挟まれ重傷を負う。 風間に問い詰められ全てを打ち明けると、自身が思い込みをしていたことを諭される。 宮坂に次いで退校勧告を受けるが見込みがあると判断されたため学校に残り、松葉杖をついて授業にも復帰する。 後に風間の行動の意味を理解し、警察学校を去った岸川を訪れ互いに謝罪し和解する。 都築耀太(つづき ようた)- 風間教場訓練生。 警察官を志望した動機を聞かれると「警官に色々と文句があるから」と答えている。 ポーカーフェイスで学科成績は優秀だが、実技は今一つと評される。 かつて捜査一課の刑事だった風間が何故、教官に転身したのか不審に思い風間を調べている。 他の生徒たちとは距離を置いており、突き放したような態度を取っているため親しい相手はおらず、孤立している。 「警官に恨みがある」という志望理由の通り、訓練生に「課題」を与える風間に面と向かって協力を拒否したり、宮坂や楠本など風間から「課題」を課された生徒に対して「教官のスパイ」と呼ぶなど敵意を隠そうとしない。 かつて父親が警察官に不当な扱いを受けるのを目の当たりにして以来、警官を恨むようになる。 菱沼羽津希(ひしぬま はづき)- 風間教場訓練生。 母親は県警幹部。 容姿端麗だが警察学校の訓練生とは思えないほど軽い性格で、授業中にこっそり手鏡で化粧のチェックをしているほど。 このため、須賀や服部は頭を悩ませている。 枝元とよく行動を共にしているが、彼女のことは自分の引き立て役としか思っていない。 風間に色仕掛けを企むが、逆に自身の問題点を指摘され退校届けを突きつけられる。 初めて自分を否定され、追い討ちをかけるように見下していた枝元に実技と学科で遅れを取る。 その行動が身勝手な自分を矯正するために敢えてやっていたことに気づくが、枝元は実家の都合で退校することになる。 枝元の真意を理解してからは、軽薄で他人を見下していた自分を見直し始める。 日下部准(くさかべ じゅん)- 風間教場訓練生。 32歳。 元だったが4回戦止まりでライセンスを返上し警察官に転職した。 妻子持ち。 都築とは対照的に実技は優秀だが学科はからっきしで補講、追試に追われている。 警察学校に本来、持込禁止のものを持込み売っている"調達屋"の存在を知り自分で捕まえ手柄にしようとする。 石山から調達屋の正体が樫村であると聞き問い詰めるが、成績の悪さを指摘され、見逃す見返りとして学科の成績を受け取ってしまう。 それによって、警察学校で発生した小火の犯人に仕立て上げられ退校の危機に直面する。 風間が樫村の所行を暴き小火の犯人ではないと立証されるが、今度は不正を働いた咎で退校を言い渡される。 この件をきっかけに自身の弱さを見直し、風間から見込みありと判断され退学は免れる。 その後は自分の力で勉学に励み、学科の点数も上げていく。 平田和道(ひらた かずみち)- 風間教場訓練生。 外食チェーン店やビルの管理会社を転々とし警察官に転職した。 以前の職場はそれぞれ残業の多さや同僚からのいじめを苦に辞めている。 父親はかつて宮坂を助けた駐在所の警察官。 暗い性格で教場一の落第生で他の生徒より遅れをとっている。 宮坂を「宮ちゃん」と呼びペナルティであるトイレ掃除を手伝うなど仲が良いが、自分のためにわざと落第生を演じていることを見抜いており嫌っている。 厳しい規則と罰則に辟易しており、風間に「辞めてもいいです」と吐露するなど心身共に追い込まれている。 ある晩とうとう自信と気力を失ってしまい、ランニングの帰りに宮坂を自室に監禁し硫化水素で道連れにしようとするが失敗し退校処分を受ける。 岸川沙織(きしかわ さおり)- 風間教場訓練生。 気弱で繊細だがそんな自分を変えるために警察官になる。 楠本といつも行動を共にしまた些細なことでも頼りにしている。 学校生活にも慣れてきた最中に差出人不明の脅迫状が届き精神が不安定になり、取調べの実技中貧血を起こし倒れるほど追い詰められるが、楠本に元気付けられる。 だが脅迫状の差出人が楠本であると気づき、彼女を駐車場で罠にはめて学校を去る。 その後はカフェでアルバイトをしている。 楠本の訪問を受け、互いに相手への仕打ちを謝罪し和解する。 南原哲久(なんばら てつひさ)- 風間教場訓練生。 あだ名は「南ちゃん」。 銃器マニア。 楠本をに誘う。 銃について詳しいため射撃訓練の成績は優秀。 しかし、密造した殺傷性の高い銃を警察学校に持ち込んだことを宮坂に知られ、彼の警察手帳を奪うことで口止めする。 休暇中に銃を暴発させ腕を負傷した事からすべてを風間に見破られ、退校と共に逮捕される。 口癖は「どうもです」。 夜間の模擬交番での当直をめんどくさがり「警備会社にでも頼めば良いのに」とぼやく。 ふりかけ、マジックペン、果ては化粧品まで学校生活において必要なものは彼に頼めば簡単に手に入る。 日下部曰く「何でも持ってるな」。 持ち込み禁止の成人向け雑誌などを密かに調達し生徒に渡す「調達屋」であり、日下部に正体を見破られるが逆に成績の悪さを指摘し、見逃す見返りとして過去の授業レポートを渡す。 それによって日下部を先輩の尾崎が学校敷地の模擬小屋で起こした小火騒ぎの犯人に仕立て上げ退校の危機に陥れる。 しかし風間に全てを暴かれ、模擬交番の机に手錠で繋がれて退校を言い渡される。 枝元佑奈(えだもと ゆな)- 風間教場訓練生。 元女子選手という異色の経歴の持ち主。 菱沼と行動を共にする。 ご飯はいつも大盛り。 女子生徒の中で最も体格が良く、警備実施(機動隊訓練)でフル装備の須賀を突き飛ばし返り討ちにする。 訓練を視察に来ていた機動隊員に才能を見込まれ機動隊にスカウトされる。 手話が得意。 実家は旅館。 病気で入院した兄に代わって後を継ぐことになり、退校までに菱沼の自分勝手な振る舞いを正そうと奮闘する。 実は風間に密かに想いを寄せていた。 石山広平(いしやま こうへい)- 風間教場訓練生。 笑顔が絶えない。 枝元のメガ盛りご飯を冷かしたり、樫村が描いたあからさまに嫌らしい岸川のデッサンを欲しがるなど教場のムードメーカー。 樫村に成人向け雑誌の調達を依頼していたが、日下部に見つかり全て白状する。 風間にも調達屋の存在と調達を依頼した事を打ち明けるが、自分から申し出たため不問にされる。 その後は大きなトラブルを起こしたり風間から退校を告げられることなく無事卒業を迎える。 卒業式では風間からその明るさを評価され、涙ながらに敬礼した。 教官 [ ]• 服部京子(はっとり きょうこ)- 神奈川県警察学校教官。 風間教場の副教官。 階級は警部補。 学科担当。 真面目だが須賀の話を射撃訓練用のヘッドホンで遮ったり、実技で死体役だった南原が自分の質問に答えようとした際に突き放すなどやや陰険な性格。 生徒を褒めることは滅多に無いそうだが、楠本の取り調べの技術は評価している。 学校に取材が来た際にはメイクを張り切り、生徒そっちのけで目立とうとしていた。 卒業式では風間と共に学生たちを見送った。 須賀太一(すが たいち)- 神奈川県警察学校教官。 階級は警部補。 術科担当。 "力は正義だ"が信念で常に怒声を浴びせ生徒に接する。 警備訓練では鉄パイプ片手に訓練生を攻撃するが、元女子レスリング選手の枝元に簡単に返り討ちに遭う。 服部や小野にまともに話を聞いてもらえないなど不遇な人物。 植松貞行(うえまつ さだゆき)- 神奈川県警察学校教官。 宮坂たちの教場の本来の担任教官。 担当学科は地域警察。 サングラスに派手なシャツとヤクザ風の出で立ちで職務質問の授業を行う。 風間とは対照的で陰険な性格で宮坂や平田をいびっていた。 宮坂たちの入校から一ヶ月ほどで病気で入院し休職する。 その後、卒業まで復帰する事はなかった。 小野春江(おの はるえ)- 神奈川県警察学校の用務員。 退校していく生徒の机のネームプレートをピンセットで取り小さなビニール袋に回収するという業務なのか趣味なのかわからない奇怪な行動が特徴。 淡々としており笑うことはない。 須賀の話をまともに聞かない。 四方田秀雄(よもだ ひでお)- 神奈川県警察学校長。 階級は。 物腰が柔らかく、宮坂ら学生にも敬語で接する。 風間のことは昔から知っており彼を気にかけている。 風間が世話をしている花壇の手入れも行っている。 その他 [ ]• 尾崎賢治(おざき けんじ)- () 神奈川県警察の警察官。 階級は巡査。 樫村の大学の先輩で彼を警察官に誘った人物。 時々警察学校の道場で訓練をした後、模擬交番を訪れ実習中の樫村達に差入れを行い励ます。 この差し入れは学校内に持ち込みが禁止されている物資であり、樫村がそれを売った金でを入手していた。 警察学校の模擬小屋で小火を起こし、自身の無罪を樫村に依頼する。 のちに覚醒剤使用の疑いで逮捕される。 平田国明(ひらた くにあき)- (友情出演) 神奈川県内の交番に勤める地域課の警察官。 階級は巡査部長。 平田和道の父親で、大学時代の宮坂が事故を起こした際に彼を救出した人物である。 宮坂とは手紙のやり取りを続けている。 息子が騒動を起こし退校処分を受けた際には警察学校に迎えに訪れる。 町の駐在警官 - 枝元の実家の旅館のある管内を受け持つ駐在所の警察官。 通報があり旅館に出向く。 新人生徒 - 、、、、 神奈川県警察学校訓練生。 宮坂たちが卒業していったあと風間が新たに受け持つことになった教場の訓練生。 物語は風間が彼らに名乗る場面で幕を閉じる。 スタッフ [ ]• 原作 - 『教場』シリーズ()• 脚本 -• 音楽 -• 演出 -• プロデュース - 中江功、、高石明彦(The icon)• 制作協力 -• 制作著作 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 ラテ欄 視聴率 備考 第一夜 1月4日 珠玉の警察ミステリー実写化 過酷警察学校で起こる問題や葛藤を冷徹教官風間が暴き出す!! サバイバル今夜完結 15. クロスネット局では、が第1夜を同時ネットした他は全て当日深夜の時差ネットだった。 関連商品 [ ]• フジテレビ開局60周年企画『教場』Blu-ray(2020年7月1日発売予定、、品番:TCBD-0942)• フジテレビ開局60周年企画『教場』DVD(2020年7月1日発売予定、TCエンタテインメント、品番:TCED-5051) 脚注 [ ] []• ほんのひきだし. 2019年7月8日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年6月3日. 2019年6月3日閲覧。 2014年7月27日閲覧。 幾野克哉(小学館・出版局) 2013年7月6日. MSN産経ニュース. 2013年12月8日閲覧。 瀧井朝世 2013年9月1日. BOOK asahi. com. 2013年12月8日閲覧。 2013年6月27日. WEB本の雑誌. 2013年12月8日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年10月30日. 2019年10月30日閲覧。 ナターシャ. 2019年6月19日. 2019年6月19日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年6月27日. 2019年6月27日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年7月2日. 2019年6月2日閲覧。 MANTAN. 2019年9月16日. 2019年9月16日閲覧。 該当各日 『』 テレビ欄。 スポーツ報知 報知新聞社. 2020年1月6日. 2020年1月6日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年11月29日. 2020年1月3日閲覧。 TCエンタテインメント. 2020年2月27日閲覧。 TCエンタテインメント. 2020年2月27日閲覧。 外部リンク [ ]• - 小学館• - 小学館• - 小学館• - 著者による紹介動画• - フジテレビ• kazamakyojo - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

教場相関図キャストを画像付きで紹介!明石家さんまが友情出演!|ENTAMENOTE

教場キャスト相関図

1954年1月23日生まれ、北海道三笠市 出身です!2001年の舞台『オケピ! 』にとぼけたピアニスト役で出ていると、フジテレビのプロデューサーに月9ドラマ『HERO』のメインキャストの1人として起用されレギュラー出演。 冷酷無比な教官・風間公親が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされています。 何より厳しいのがルール厳守。 その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負います。 携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。 そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきています。 また、警察学校という閉塞した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。 「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男です。 また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。 長岡弘樹さんって?! 1969年生まれ、山形県山形市 出身です!2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞。 2005年『陽だまりの偽り』で単行本デビューします。 2011年に発売された『傍聞き』の双葉文庫版が、本の雑誌社が刊行する『おすすめ文庫王国2012』の国内ミステリー部門で第1位に選ばれると、ロングセラーとなり39万部を超えるヒットとなりました。

次の