山本道子の店。 一見お断りのお店がしている、山本道子の店のマーブルクッキーを食べました!

『東京都千代田区一番町「山本道子の店」3*...』by バームクーヘンちゃん : 山本道子の店

山本道子の店

カテゴリの「食べたもの特集 菓子店」内にクリオロの記事があり、そのページは私のクリオロの記事のリンク集となっています!ダイエット中の人には糖質制限のケーキもよいかと思う。 次に足立音衛門です。 カテゴリの「食べたもの特集 菓子店」内に足立音衛門の記事があり、そのページは私の足立音衛門の記事のリンク集となっています! 「東京でお持たせに東京以外のお菓子を買いたいのだけど~」と言われたとき、何度かおすすめしているのが、グレゴリー・コレです。 「地方の人にお菓子を送りたい」というときに、買ったことがあるお店です。 ケーキモンブランの発祥のお店といわれ、バター感の強いクッキーで、甘い物慣れしている人に好いかと思います。 楽天にイタリアのチョコ店、カファレルがあったとは! そして東京の手土産として昔から使われてきている泉屋さんもあり! バームクーヘンはリピ買いしています。 平塚のスイーツ店 ポイントUPは魅力! カレンダー 、村上開新堂(東京のほう)がやっている、半蔵門ののマーブルクッキー(抹茶・チョコ)です。 久々に買ってしまいました。 posted by 場所は半蔵門にあります。 posted by マーブルクッキーは、ピンクの缶入り、200gで1780円です。 posted by 原材料は小麦粉、砂糖、バター、卵、生クリーム、チョコレート、抹茶、食塩、香料です。 posted by 賞味期限は2か月ほどです。 posted by 大理石をイメージしたクッキーです。 posted by 一枚だけ上に飛び出ているのは、ぎちぎちに詰まっていて取り出しにくいのを出しやすくするためかもしれません。 posted by 小麦粉の比率が高いせいか、からっとはしていないですが、食感はけっこう固いです。 食べるなり、ツレが「ああ、懐かしい味だ 」とその味を喜びます。 posted by 抹茶は、抹茶ラテのような優しい味わいです。 口のなかで乳製品と抹茶が、噛み砕くたびに広がっていきます。 posted by ツレはどちらかというと抹茶が好きだそうです。 私はきめがたいな~。 posted by マーブル柄?ゼブラ柄?? なめらかでつややかな表面、裏も綺麗だけどマットな感じのぶつぶつがあります。 posted by 固い分、歯には少しくっつく系かな。 チョコは、しっかりカカオ味を脳に伝達してくれます。 チョコ好きを満足させてくれます。 紅茶とともにいただきましたが、なくてもそのままでも、水でも、麦茶でも、きっとあいます。 posted by ツレもあっという間に3枚ずつ食べ、さらに食べたそうにしていましたが、2枚ずつしか食べない私を見て、我慢していました。 1枚が薄いけれど、それだけにどんどん食べたくなってしまいます。 でも、我が家としては、けっこう 大事 に食べております。 上品なクッキーだと思います。 変哲がないっていえばそうなのかもしれませんが、バランスが良くて、食感なども含めて昔ながらの定番高級クッキーという感じ、家族、実家、友人などにも、非常に受けが良いです。 以前紹介した山本道子の店のクッキーの記事は!同じく山本道子さんがされている、以前UPしたドーカンの記事はです。 麹町(半蔵門)には、家族・親族で好きな禁断のローザのクッキーもあります。

次の

山本道子の店のクッキーたち

山本道子の店

山本道子の店とは 今年もよく食べました山本道子の店の『マーブルクッキー』。 山本道子の店とは?という人のために簡単に説明を。 村上開新堂の新しい味、また地域に開かれた店作りを目指して村上開新堂店舗隣りに開設されたお店です。 売っているのは、焼き菓子やクッキー、ジャムなど。 村上開新堂とは、お客さんから紹介してもらわないと買えない紹介制のお店。 そんなお店の新しい味を紹介制ではなく買えるということで人気のお店です。 マーブルクッキーの入手方法 その中で1番人気なのが、マーブルクッキー。 以前、開店して15分後に行ったら、マーブルクッキー関係商品がお店にありませんでした。。 かなりの競争率ですね。 私のように買えない人も多かったのか、今ではマーブルクッキーに関して完全予約制になっています。 だいたい1ヶ月後であれば予約出来ることが多いように感じますが、12月や3月など、人にあげることの多い時期は2ヶ月ほど前に連絡した方が良さそうです。 予約はお電話か店頭で行えます。 マーブルクッキーのお味は、、、というと、上品でシンプル。 あくまでも私のイメージですが、お金持ちのお家の普段の御茶菓子に出てきそうな感じ。 クッキーの入っている缶はピンク一色でかなりシンプルですので、華やかさや話題になる物を持っていきたいという場合には他のデコレーションされたクッキーの方が向いていると思います。 何度も言うようですが、こちらのクッキーは、上品なティータイムに合うイメージです。 おすすめポイント 実は、このクッキーを最初に食べた時は特に感動はありませんでした。 普通に美味しい。 いくつでも食べられそうでしたが、かといってシンプルすぎて特徴が無いように思いました。 このクッキーの良さを実感したのは、体調を崩して熱を出した時。 熱があるのにクッキーが無性に食べたくなることがあるのですが、でも、だいたい食べると油に負けて胃もたれして気持ち悪くなるんですよね。 それが、このクッキーは大丈夫だったんです。 悪いものが入っていない感じ。 体調が良い時はもっとチョコレートでコーティングなどされたクッキーに惹かれるんでしょうが、体調が悪い時にも口にできたというのが衝撃でした。 それだけ余計なものが入っていないのではないかと思っています。 その病気以来、このクッキーの虜に。 シンプルなクッキーを求めている人にはとても良いショップだと思います。 焼き菓子も買った事がありますが、クッキー同様、とても美味しかったので、何かの機会に食べてみて下さい。

次の

『東京都千代田区一番町「山本道子の店」3*...』by バームクーヘンちゃん : 山本道子の店

山本道子の店

カテゴリの「食べたもの特集 菓子店」内にクリオロの記事があり、そのページは私のクリオロの記事のリンク集となっています!ダイエット中の人には糖質制限のケーキもよいかと思う。 次に足立音衛門です。 カテゴリの「食べたもの特集 菓子店」内に足立音衛門の記事があり、そのページは私の足立音衛門の記事のリンク集となっています! 「東京でお持たせに東京以外のお菓子を買いたいのだけど~」と言われたとき、何度かおすすめしているのが、グレゴリー・コレです。 「地方の人にお菓子を送りたい」というときに、買ったことがあるお店です。 ケーキモンブランの発祥のお店といわれ、バター感の強いクッキーで、甘い物慣れしている人に好いかと思います。 楽天にイタリアのチョコ店、カファレルがあったとは! そして東京の手土産として昔から使われてきている泉屋さんもあり! バームクーヘンはリピ買いしています。 平塚のスイーツ店 ポイントUPは魅力! カレンダー 、村上開新堂(東京のほう)がやっている、半蔵門ののマーブルクッキー(抹茶・チョコ)です。 久々に買ってしまいました。 posted by 場所は半蔵門にあります。 posted by マーブルクッキーは、ピンクの缶入り、200gで1780円です。 posted by 原材料は小麦粉、砂糖、バター、卵、生クリーム、チョコレート、抹茶、食塩、香料です。 posted by 賞味期限は2か月ほどです。 posted by 大理石をイメージしたクッキーです。 posted by 一枚だけ上に飛び出ているのは、ぎちぎちに詰まっていて取り出しにくいのを出しやすくするためかもしれません。 posted by 小麦粉の比率が高いせいか、からっとはしていないですが、食感はけっこう固いです。 食べるなり、ツレが「ああ、懐かしい味だ 」とその味を喜びます。 posted by 抹茶は、抹茶ラテのような優しい味わいです。 口のなかで乳製品と抹茶が、噛み砕くたびに広がっていきます。 posted by ツレはどちらかというと抹茶が好きだそうです。 私はきめがたいな~。 posted by マーブル柄?ゼブラ柄?? なめらかでつややかな表面、裏も綺麗だけどマットな感じのぶつぶつがあります。 posted by 固い分、歯には少しくっつく系かな。 チョコは、しっかりカカオ味を脳に伝達してくれます。 チョコ好きを満足させてくれます。 紅茶とともにいただきましたが、なくてもそのままでも、水でも、麦茶でも、きっとあいます。 posted by ツレもあっという間に3枚ずつ食べ、さらに食べたそうにしていましたが、2枚ずつしか食べない私を見て、我慢していました。 1枚が薄いけれど、それだけにどんどん食べたくなってしまいます。 でも、我が家としては、けっこう 大事 に食べております。 上品なクッキーだと思います。 変哲がないっていえばそうなのかもしれませんが、バランスが良くて、食感なども含めて昔ながらの定番高級クッキーという感じ、家族、実家、友人などにも、非常に受けが良いです。 以前紹介した山本道子の店のクッキーの記事は!同じく山本道子さんがされている、以前UPしたドーカンの記事はです。 麹町(半蔵門)には、家族・親族で好きな禁断のローザのクッキーもあります。

次の