インスタ ライブ コメント 消す。 【インスタ】ライブのコメント欄は非表示にできない<2020年最新>

17live(イチナナ)のコメントとリアクションの消し方・非表示方法を徹底解説!

インスタ ライブ コメント 消す

インスタライブを見方・視聴する方法 まずは自分が視聴者になって、友人・芸能人の配信の見方を紹介します。 コメント・ハートの送信など、視聴者が利用できる機能も解説します。 インスタライブの見方 インスタライブはスマホ・タブレットと、パソコンで視聴できます。 各デバイスでインスタライブを視聴する方法を紹介します。 スマホ・タブレットでのインスタライブの見方 スマホ・タブレットでインスタライブを見るには、インスタグラムの公式アプリを利用しましょう。 公式アプリならコメント・ハートの送信など、各種機能を利用できます。 スマホ・タブレットでの視聴方法は下記の通りです。 インスタグラムの公式アプリを開く 2. フィード画面の上部にあるストーリーズ欄をチェック 3. 「ライブ動画」と記載のアイコンをクリック ライブ配信している場合、ストーリーズ欄に「ライブ動画」と表示されます。 ライブ配信を見たいユーザーのアイコンを、クリックするだけでOKです。 なおフォロー外のユーザーのインスタライブも視聴できます。 検索から相手のプロフィール画面に訪れて、アイコンをクリックしましょう。 PC(パソコン)でのインスタライブの見方 パソコンからでもインスタライブを視聴できます。 ただし機能が限定されており、ハート・質問の送信やシェアはできません。 パソコンでの視聴方法は下記の通りです。 インスタグラムのにアクセスしてログイン• フィード画面の横にあるストーリーズ欄をチェック• 「LIVE」と記載のアイコンをクリック ストーリーズ欄で「LIVE」と記載されたアカウントをクリックすればOKです。 機能に制限はありますが、スマホ・タブレットよりも大画面で見れるのが魅力です。 インスタライブ視聴中に利用できる5つの機能 インスタライブは視聴だけでなく、下記のような機能も利用できます。 配信者にコメント・ハートを送る• 配信者に質問カードを送る• インスタライブをシェアする• リクエストしてコラボ配信する• 視聴者を確認する 5つの機能について詳しく紹介します。 全機能を利用したい場合、スマホ版を利用しましょう。 配信者にコメント・ハートを送る 配信者にコメントや、「いいね」と呼ばれるハートを無料で送信できます。 コメントの送り方は下記の通りです。 画面下部の「コメントする」をクリック 2. 文字を入力して、「投稿する」をクリック 投稿したコメントは、自分のユーザー名ともに画面上に表示され、全視聴者が閲覧できます。 一度送信したコメントは、削除・編集できないので、適切な文章かどうか、しっかり検討しましょう。 とはいえコメントは新着順に表示され、どんどん上に流れていきます。 またコメント量が多い場合、すぐに流れていくので、悩みすぎる必要はありません。 どうしてもコメントを送るのが恥ずかしい時は、ハートを送りましょう。 ハートなら文章を考える手間なく、配信者にアクションを起こせます。 ハートの送り方は、下記の通りです。 画面右下のハートマークをクリック 自分のアイコンが表示された後、ハートマークに変わり、画面に浮かびます。 ハートは無制限で送れるので、連打での送信も可能です。 配信者に質問カードを送る コメントは流れが早いので気付かれにくかったり、全視聴者に見られてしまいます。 そんな時は、「質問カード」を利用しましょう。 コメントとは異なり、配信者に通知が直接届くので、聞きたい質問に答えられやすいです。 また質問を送信しただけでは、画面上に表示されません。 質問カードの送り方は下記の通りです。 画面下部の「? マーク」をクリック 2. 文章を入力して、「送信」をクリック 送信を押すと画面上に表示されませんが、配信者にはきちんと届いています。 なお自分の質問が選ばれると、画面上に大きく表示されるので、内容には充分注意しましょう。 インスタライブをシェアする インスタグラムのDMを利用すれば、ライブ配信のシェアができます。 インスタライブのシェア方法は、下記の通りです。 画面下部の「DMマーク」をクリック 2. シェアしたい友人を選んで、「送信」をクリック ライブ動画を直接送信できるので、すぐに配信へ参加できます。 友達にお知らせしたり、共有したい時に利用しましょう。 リクエストしてコラボ配信する 相手のインスタライブに参加して、コラボ配信もできます。 リクエストする方法は下記の通りです。 相手のインスタライブに参加する 2. 「リクエスト」をクリック 3. 「リクエストを送信」をクリック 4. 配信者が承認後、配信スタート リクエストを送信して、配信者が承認すると、インスタライブの画面が2分割されて自分が映ります。 カメラとマイクのアクセスを許可しましょう。 ライブ配信に参加すると、自分・相手のフォロワーに配信が表示されます。 ただし相手がリクエストを承認しなければ、当然ながらコラボ配信はできません。 視聴者を確認する インスタライブに参加した視聴者を確認できます。 確認方法は下記の通りです。 画面上部の「視聴者数」をチェック• 参加した人の名前をチェック 今現在、何人の視聴者がいるかを確認可能です。 また自分が参加後、誰が見に来たかもチェックできます。 ただし確認できるのはあくまでも、視聴者数と自分より後に来た人のみです。 自分より前に参加している視聴者や、リアルタイムでいるユーザーは確認できません。 録画保存されたインスタライブの見方 インスタライブは生配信なので、基本的には配信を逃すと視聴できません。 しかしライブ配信終了後、配信者がリプレイ(録画保存・アーカイブ)機能を利用すれば、配信後も視聴できます。 ストーリーズ欄に表示された「リプレイ」アイコンを、クリックすれば再生できます。 あくまでも保存された録画再生なので、リアルタイムでの交流はできませんが、配信内容やコメント・いいねなどを視聴できます。 ただしストーリーズに投稿されてから24時間が経つと、自動で消えるので、早めに視聴しましょう。 また一部のコメント・いいねは、自動で削除されるので、全く同じ内容を視聴できるわけではありません。 インスタライブの通知を受け取る方法 「好きなユーザーのインスタライブを見逃したくない…」時は、通知設定しましょう。 設定したユーザーがインスタライブを始めたら、通知が届くので、見逃す心配がありません。 通知の設定方法は、下記の通りです。 インスタライブの通知設定したいユーザーのプロフィールへアクセス 2. 「フォロー中」をクリックして、「お知らせ」をクリック 3. 「すべてのお知らせをオンにする」をオンに設定 なお スマートフォンの通知がオフになっていると届かないので、併せて設定しましょう。 インスタライブの通知をオンにすると、見逃し防止に役立ちます。 インスタライブを配信する方法 インスタライブを視聴するだけでなく、自分で配信することもできます。 スマホ1台で、世界中のインスタユーザーとリアルタイム交流可能です。 インスタライブの配信方法や、配信中に使える機能を紹介します。 インスタライブの配信方法 インスタライブは、スマホ・タブレットでのみ配信できます。 パソコンでは配信できないので注意しましょう。 インスタライブ の配信方法は、下記の通りです。 公式アプリを開いて、ホーム画面上部の「カメラマーク」をクリック 2. 「ライブ」に切り替える 3. 「シャッターボタン」をクリックすると配信開始 「接続を確認中」と表示され、数秒後にライブが始まります。 インスタライブ配信中に利用できる6つの機能 インスタライブ配信中は、下記7つの機能を利用できます。 視聴者に制限をかける• コメントを投稿・非表示・削除する• 視聴者に「ウェーブ」を送る• 配信中に加工する• ライブ配信をシェアする• ライブ配信にゲストを呼ぶ 各機能について詳しく紹介します。 視聴者に制限をかける インスタライブを配信中、配信者の確認ができます。 現在の視聴者数・リアルタイムユーザー・配信を見に来たユーザーを、確認できます。 またライブ配信の視聴者に、制限をかけられます。 制限すれば、特定のユーザーにだけ配信できます。 制限をかける方法は、下記の通りです。 左上の「設定マーク」をクリック 2. 「ストーリーズを表示しない人」をクリック 3. ライブ配信を見られたくないユーザーにチェックを入れ、「完了」をクリック チェックを入れたユーザーには、ライブ配信が表示されないので、見られる心配はありません。 ただしチェックを入れたままだと、通常のストーリーズも表示されません。 設定は自由に変更できるので、ライブ後はチェックを外すなどして対応しましょう。 なお アカウントを非公開に設定すれば、フォロー外のユーザーは閲覧できません。 配信を辞めたい場合、「終了する」をクリックしましょう。 またインスタグラム ・アウトカメラは、左上の切り替えボタンから変更できます。 コメントを投稿・固定・オフにする インスタライブを配信中でも、自分の配信にコメントを送信できます。 画面下部の「コメントする」に文字を入力して、送信をクリックすればOKです。 投稿されたコメントを長押しすると、コメントを固定できます。 ライブ配信は出入りが激しいので、重要な文章を固定すれば、毎回説明しなくても伝えられます。 全ユーザーのコメントをオフにしたい場合、右側のメニューバーをクリックして、「コメントをオフにする」をクリック。 自分・視聴者は、コメントを投稿できなくなります。 視聴者に「ウェーブ」を送る 自分の配信を見に来てくれたユーザーに、「ウェーブ」を送信できます。 手を振る絵文字のウェーブを送れば、「ようこそ」と伝えられます。 ウェーブを送るには、参加者の横にある「ウェーブを送る」をクリックするだけです。 たくさんの視聴者が来たり、話が盛り上がっている時は、新規視聴者が来ても毎回反応できません。 そんな時に ウェーブ機能を送れば、可愛いアクションが表示されるので、来てくれた感謝を伝えられます。 配信中に加工する 「ライブ配信したいけど顔出しが不安…」という方は、インスタライブの加工機能を利用しましょう。 動物のスタンプを顔に付けたり、美肌加工できるので安心です。 画面下部の「顔加工マーク」をクリックし、好きな加工・フィルタをクリックするだけです。 ライブ配信をシェアする 自分のライブ配信を、友人に直接告知できます。 画面下部の「DMマーク」をクリック後、シェアしたいユーザーをクリックして送信しましょう。 ライブ配信にゲストを呼ぶ 自分のライブ配信に友人を呼んでゲスト配信したり、リクエストを承認してコラボ配信できます。 自分でゲストを呼ぶ方法は、下記の通りです。 画面下部の「コラボ配信マーク」をクリック 2. 招待したいユーザーにチェックを入れて、「追加する」をクリック 3. 「ライブ配信を開始」をクリック 相手が許可すると、画面が2分割されてコラボ配信が始まります。 なお 招待できるのは1人まで、パソコンから視聴しているユーザーは招待できません。 「リストを見る」をタップして、リクエスト承認したいユーザーを追加すればOKです インスタライブの録画保存・リプレイを残す方法 インスタライブは生放送ですが、録画保存できます。 今回見れなかった視聴者に対して、録画保存・リプレイを任意で残しましょう。 録画保存・リプレイを残す方法は、下記の通りです。 インスタライブを終了する• 「ストーリーズでシェアする」をクリック ストーリーズ欄に24時間限定で、今回のインスタライブが表示されます。 ただし24時間が経過すると自動で削除され、アーカイブには残せません。 ちなみにインスタライブを終了後、配信を見たユーザーを確認できます。 最大24人までしか表示されませんが、足跡を確認したい時におすすめです。 インスタライブを視聴・配信できない時の解決方法 インスタライブは誰でも簡単に利用できますが、視聴・配信できないケースもあります。 4つの対処法を詳しく紹介します。 インスタグラムをバージョンアップする• 通信環境を確認する• インスタグラム側の不具合を確認する• スマートフォンのメモリを空ける インスタグラムをバージョンアップする インスタグラムは新機能の追加や、細かなバグの修正のため、定期的にバージョンアップされています。 そのためインスタグラムのバージョンが古いと、インスタライブを正常に利用できない可能性があります。 また自動アップデートの設定もおすすめです。 通信環境を確認する インスタライブはデータ通信が多い生配信なので、通信環境は重要です。 通信環境が悪い場所で配信すると、配信が途切れたり、タイムラグが生じてしまいます。 携帯回線ではなく、Wi-Fi環境下での配信をお勧めします。 Wi-Fiを使っても配信が悪い場合、ルーターを再起動するなどして、通信環境を整えましょう。 インスタグラム側の不具合を確認する 自分側ではなく、インスタグラム側に不具合が生じている場合、解消されるのを待つしかありません。 またシステムメンテナンス中は、ライブ配信の機能が制限されたり、ログイン自体ができないケースも。 インスタグラムの不具合は、から確認できます。 スマートフォンのメモリを空ける スマートフォンのメモリが不足していると、インスタライブを開いても落ちるかもしれません。 使用していないアプリをアンインストールしたり、バックグラウンドで起動中のアプリを終了しましょう。 まとめ インスタユーザーなら誰でも利用できるインスタライブは、友人・芸能人とコミュニケーションを取れます。 また自分が配信をして、世界中のユーザーと交流できるのも魅力です。 インスタライブには様々な機能があるので、今回紹介した使い方を参考に、ライブ配信を楽しんでください!.

次の

インスタライブとは?見方や保存方法、通知や配信方法も解説!

インスタ ライブ コメント 消す

追記 コメント欄を小さくすることはできなくなりましたが、iOS版インスタグラムは画面をタップでコメントを非表示できるようになりました。 iOS版を利用しているにも関わらず、コメントを非表示にできない場合は、アプリが最新バージョンになっていることをご確認ください。 IG Stories for Instagram IG Stories for InstagramはPCからインスタライブが見れるChromeの拡張機能です。 追加できたらにアクセスしてユーザーネームやパスワードを入力してログインします。 フォロー中のユーザーがライブ配信を行っているとフィードの先頭にライブ中のアイコンが表示されるのでクリックしてください。 IG Stories for Instagramのライブアイコンが表示されない場合は、ブラウザを何度か更新すると表示されます。 そしてライブ画面の右上に表示されている「Hide comments」をクリックすると他のユーザーのコメントが表示されなくなります。 コメント欄を小さくする こちらはiPhone版限定の機能で、コメントを完全に非表示にできる方法ではないのですが、ライブ画面の上部から下向きにスワイプすると表示されるコメント数を5つから2つに減らすことができます。 元のサイズのコメント欄に戻したい場合は、画面下から上向きにスワイプしてください。 尚、コメント欄を小さくできるのはライブ配信中のみでアーカイブでは行えません。 スクショした画像からコメントを消す方法 ライブ中にスクショした画像からコメントを消したい場合は「Adobe Photoshop Fix」をご利用ください。 綺麗に消せるかどうかはコメントの背景に左右されるのですが、対象の画像を選択した後に以下の操作でコメントを消せます。 これで視聴者はあなたのライブ配信でコメントができなくなります。 再び「…」をタップして「コメントをオンにする」をすると、コメントが送れるようになります。 まとめ インスタライブのコメントを非表示にする方法は以上です。 視聴者側もアプリからコメントを非表示にできると良いのですが、仕様変更を経て非表示できなくなっているので、あまり期待できないのが現状です。

次の

インスタライブを保存・録画する方法【iPhone/Android/PC】|アプリ村

インスタ ライブ コメント 消す

インスタライブとは インスタライブとは、大人気SNSインスタグラムのアプリ内で利用できるライブ配信機能です。 写真や動画と違い、 リアルタイムな動画を楽しむことが最大の特徴になります。 またインスタライブは別のアプリや配信機材などは必要なく、インスタグラムのアカウントとスマホ1台で手軽に利用できることで人気となっています。 サービス開始当初は芸能人・有名人によるライブ配信が主でしたが、その手軽さから今では一般ユーザーの利用も多くなりました。 インスタライブのコメント機能 インスタライブには 視聴者から配信者にコメントを送る機能があります。 コメント機能があることによって視聴者と配信者間でコミュニケーションをとりながらライブ配信を楽しむことができます。 人気のあるインスタグラマーともライブ配信を通してコミュニケーションがとれるのでコメント機能はインスタグラムをより楽しくしてくれる機能といえるでしょう。 関連記事はこちら インスタライブの見方 最初にインスタライブの見方や基本的な使い方を解説していきます。 まずはインスタグラムのアプリを起動して、ホーム画面を開きましょう。 ホーム画面を開いたら画面の上にある「ライブ動画」と表示されたストーリーのアイコンをタップします。 「ライブ動画」のアイコンをタップすると、以下の画像のようにインスタライブに見ることができます。 インスタライブを見始めると同時に「〇〇(自分のID)が参加しました」とコメント欄に通知されます。 ユーザーの参加通知は 配信者だけでなくほかの視聴者にも届くので、あなたがインスタライブを見にきたことが知られるようになっています。 芸能人のインスタライブであれば問題ないでしょうが、知り合いの配信に参加するときは注意が必要です。 以降ではインスタライブを見ているときの基本的な操作を解説していきます。 インスタライブにコメントを送る インスタライブを見ている最中はコメントを送って配信者とコミュニケーションをとることができます。 配信に参加するとまず画面の下に「こんにちは」や絵文字が表示されるので、どれかタップして配信者に挨拶してみましょう。 ここでは「こんにちは」をタップします。 タップしたものがコメント欄に送られたことがわかります。 コメントや絵文字の候補一覧が表示されるのは、インスタライブを見始めたときだけです。 2回目以降コメントを送りたいときは、画面の下にあるコメント入力フォームにテキストを入力して送りましょう。 コメントした内容は配信者やほかに視聴している人全員みることができます。 誰にみられるかわからないので個人情報などのコメントはしないように注意しましょう。 インスタライブにハートを送る インスタライブには配信を盛り上げるハート(いいね)を送る機能があります。 通常の投稿と違って、インスタライブのハートはひとり何回でも送ることができます。 ただハートを送ったからなにかが起こるとかはないです。 しかし、配信を見ているだけでなく、ハートやコメントを送って自分も配信に参加していくとインスタライブをより楽しめるでしょう。 それではハートはどのようにして送るのかを解説します。 操作はすごくシンプルで、インスタライブの画面右下にある「ハートマーク」をタップするとハートを送れます。 送ったハートはハートマークから上のほうに一瞬あがり、すぐに消えるようになっています。 ですからハートマークを連打してもハートがどこかにたまることはないので、気軽に使っていきましょう。 インスタライブをシェアする インスタライブはストーリーと同じようにほかのユーザーにシェアすることができます。 気に入った配信があれば友だちにシェアして一緒に楽しむといいでしょう。 ここではインスタライブのシェア方法を解説します。 まずは画面の右下にある「紙飛行機マーク」をタップしましょう。 送信先アカウント一覧が表示されます。 シェアしたいユーザーの右側にチェックを入れて、画面の下にある「送信」をタップします。 これでインスタライブをシェアすることができます。 非公開アカウントによるインスタライブの場合、 シェアできるのは配信者のフォロワーに限られることを覚えておきましょう。 インスタライブの参加リクエストとは インスタライブを見にいくと表示されている「〇〇(配信者のID)のライブ動画への参加リクエストを送信する」。 これがどういう機能なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。 参加リクエストは、 ほかのユーザーと一緒にコラボ配信するときに使われます。 コラボ配信がどういうものかはLINEグループのビデオ通話をイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。 参加リクエストをしてコラボ配信すると、LINEグループのビデオ通話のようにお互いの画面が同時に表示された形で配信が行われます。 「配信をみてるときに間違ってリクエスト押しちゃったらどうしよう…」 と不安に思わなくても大丈夫です。 「リクエスト」を間違ってタップしたとしても、以下の画像のような確認画面が表示されます。 ここで「リクエストを送信」をタップしなければ大丈夫です。 たとえリクエストを送ってしまったとしても配信者がリクエストを承認しないとコラボ配信は始まりません。 基本的に インスタライブを見るだけの人は気にしなくていい機能ですね。 ほかユーザーのインスタライブを録画・保存する方法 ほかユーザーのインスタライブを録画や保存しておいてあとでじっくり見たいと考える人も多いはず。 ですが、 インスタグラムのアプリではインスタライブを保存しておくことはできません。 どうしても保存したいときは、iPhoneであれば標準で使える画面収録機能を、Androidであれば画面収録するアプリを使ってみてはいかがでしょう。 ただし後々トラブルにならないよう、インスタライブの動画を保存する旨を配信者にあらかじめ伝えておくことをおすすめします。 インスタライブを見逃したときにあとから見る方法 配信者がインスタライブのアーカイブを残していた場合、配信を見逃してもあとから見ることができます。 アーカイブの見方はインスタライブを見るときと同じように行います。 インスタグラムを開いてホーム画面の上にあるストーリーの一覧から「再生マーク」のついたアイコンをタップしましょう。 「再生マーク」のついたアイコンをタップするとインスタライブのアーカイブをみることができます。 アーカイブからメッセージを送る アーカイブでは配信者へのメッセージが可能で、送ったメッセージはダイレクトメッセージに届くようになっています。 インスタライブをみて配信者に伝えたいことがあればメッセージを送ってみるといいでしょう。 アーカイブでは早送り・巻き戻しができる 通常のインスタライブと違い、アーカイブで は動画の早送りや巻き戻しをしながらみることができます。 早送りは画面右側をタップ、巻き戻しは画面左側をタップすると15秒単位で行われます。 アーカイブでは興味ないところはとばしたり、好きなところを巻き戻して何度も見たりなど、アーカイブならではの楽しみ方ができます。 ただ、アーカイブはストーリーと同じように24時間たつと自動で消えるようになっているので、時間のあるときに早めに見たほうがいいでしょう。 お近くのノジマ店舗を検索いただけます インスタライブ配信開始の通知を受け取る方法 好きな人のインスタライブはできるだけリアルタイムで見たいもの。 そんなときはライブ配信が始まったときに通知を受け取れるようにしておきましょう。 通知の設定はインスタライブをするユーザーのプロフィール画面から行います。 まずは通知を受け取りたいユーザーのプロフィールを開きましょう。 プロフィールを開いたら「フォロー中」をタップします。 フォロー中ユーザーのメニューが画面の下にでてくるので、「お知らせ」をタップしましょう。 メニューが「お知らせ」の画面に変わったら「ライブ動画」をタップします。 するとライブ動画の通知設定画面が表示されます。 標準だと「一部のお知らせをオンにする」にチェックが入っているはずです。 「すべてのお知らせをオンにする」に変更しましょう。 これで通知設定をしたユーザーが配信を始めたときに、プッシュ通知を受け取ることができます。 インスタライブの動画は見逃してもあとでアーカイブで見れます。 しかし、リアルタイムでコメントやハートを送って配信に参加する楽しみは味わえません。 ですから見逃さないためにも通知設定をオンにしておくことをおすすめします。 インスタライブの配信方法と基本操作 ここまではインスタライブを見る側の操作方法を解説してきました。 ここからは配信する側の操作方法を解説していきます。 まず最初はインスタライブの配信方法です。 インスタグラムのホーム画面から「ストーリーズ」アイコンをタップしましょう。 するとストーリーの投稿画面が表示されます。 標準で「通常」が選択されているので「ライブ」を選択しましょう。 ライブ画面が表示されたら配信ボタンをタップして、インスタライブ開始です。 インスタライブが始まると以下画像のような画面になります。 カメラは画面左上のマークからインカメに変更可能です。 ユーザーがライブ配信に参加してくると「〇〇(視聴者のID)が視聴し始めました」とコメント欄に表示され、だれが見にきたかわかるようになっています。 また、現在配信を見ている人数が画面の上に表示されます。 のちほど解説しますが、視聴人数のところをタップすると今だれがみているかを確認することができます。 以降ではインスタライブを配信している側の基本的な操作方法を解説していきます。 視聴者にウェーブを送る インスタライブ配信者から視聴者に「ウェーブ」を送ることができます。 ウェーブとは、配信者が配信を見てくれている人に対して挨拶のように使われます。 視聴者でいうところのハートを送る行為と同じようなものです。 ただ ハートと違い、ウェーブは一度しか送れません。 ウェーブは手軽に送ることができます。 ユーザーがインスタライブを見にきたときの通知「〇〇(視聴者のID)が視聴し始めました」の右側に「ウェーブ」が表示されます。 この「ウェーブ」をタップしてウェーブを送りましょう。 ウェーブを送るとユーザーのアイコンにウェーブマークが表示されます。 あわせて「〇〇(視聴者のID)にウェーブを送信しました」と通知。 ウェーブを送ったからといってなにかあるわけではりません。 もし送られてきたら「自分が配信に参加したことを見てくれているんだな」くらいに思っておくといいでしょう。 データフォルダにある写真・画像をライブ配信画面に映す インスタライブではデータフォルダにある写真をライブ配信画面に映して視聴者に見せることができます。 見にきているユーザーに共有したい写真などあれば活用してみるといいでしょう。 ここでは写真を画面に映す方法を解説します。 ライブ配信画面の右下にあるマークをタップすると、画面の下にデータフォルダにある写真が表示されます。 画面に映したい写真を選択してタップしましょう。 タップした写真は以下画像のように画面いっぱいに表示され、カメラの映像は画面右上に小さく映るようになります。 写真の表示をやめたいときは、データフォルダの一番左にあるアイコンをタップすると元に戻すことができます。 カメラの映像だけで内容が伝わらないときなどに、データフォルダの写真を活用してみてはいかがでしょうか。 ライブ配信画面にエフェクトをかける エフェクトをかけてライブ配信画面を加工する方法を解説します。 ライブ画面右下にあるマークをタップすると、エフェクト効果の一覧が表示されます。 使いたいものをタップしましょう。 エフェクト効果は画面全体を変えるものや顔認識して顔を変えるものなど様々です。 活用すると動画が華やかになったり、おもしろおかしくなったりするのでインスタライブがもっと楽しくなるでしょう。 インスタライブの視聴者を確認する方法 インスタライブの配信者は、視聴人数だけでなく現在だれが見ているかがわかります。 ライブ画面うえの数字(視聴人数)をタップすると視聴者一覧が表示されます。 視聴者一覧ではユーザーのアイコンとIDを確認することができます。 インスタライブを見ている特定のユーザーを除外する方法 インスタライブを配信していると、視聴者のなかには不快なコメントを送ってくるユーザーがいるかもしれません。 そんなときはユーザーを配信から除外して追い出してみましょう。 ユーザーの除外は視聴者一覧から行います。 まずは視聴人数をタップして視聴者一覧を表示し、除外したいユーザーの「・・・」マークをタップします。 すると「〇〇にストーリーズを表示しない」がでてくるのでタップしましょう。 「〇〇にストーリーズを表示しないようにしますか?」と最終確認がでてくるので「非表示にする」をタップすると配信から除外できます。 ユーザーの画面には、「除外された」ではなく「インスタライブが終了しました」といった表示になるので、 相手は除外されたことに気づきません。 ただ、急にインスタライブが終了するので相手に怪しまれる可能性はあります。 インスタライブ終了時にアーカイブを残す方法 ここではインスタライブの終了とアーカイブを残す方法を解説していきます。 インスタライブの終了するときは、まず画面右上の「終了する」をタップしましょう。 「ライブ動画を終了しますか?」と確認画面が表示されるので「今すぐ終了」をタップします。 これでインスタライブを終了することができます。 また終了時にはライブ動画のアーカイブを残すか残さないかの選択が必要です。 アーカイブを残す場合は「ストーリーズをシェア」をタップしましょう。 シェアしたアーカイブの動画は ストーリーと同じように24時間たつと自動で消えます。 配信した動画をいつでも見れるようにしたいときは、保存しておくといいでしょう。 インスタライブ動画の保存方法 インスタライブの動画を保存する方法を解説します。 動画の保存はライブ終了時で行うので、ライブ終了画面まで進みましょう。 ライブ終了画面を開くと左上にあるマークをタップします。 これでライブ動画を保存することができます。 まとめ 今回はインスタライブについての説明から基本的な使い方まで解説してきました。 インスタライブは今や芸能人だけでなく、だれでも気軽に配信・視聴できるサービスです。 本記事で解説した内容を参考にインスタライブを楽しんてみてはいかがでしょうか。

次の