ユニー 給与 明細。 給与明細テンプレートを無料ダウンロード!エクセルで管理できる

給与明細テンプレートを無料ダウンロード!エクセルで管理できる

ユニー 給与 明細

スポンサーリンク ユニーグループ・ホールディングスのサラリーマンの住宅ローン借入額 ユニーグループ・ホールディングス社員の場合はどれくらいのローンを組むのが良いでしょうか。 まず、住宅ローンを組むなら30歳あたりで組むと定年までに返済が終わるのでオススメです。 なので今回はユニーグループ・ホールディングスに勤めている、30歳で年収457万円のサラリーマンの場合で考えてみましょう。 住宅ローンは返済額が手取り月給の25%くらいまで抑えられていれば良いかと思うので、その場合の住宅ローン借入額を計算してみます。 ボーナスが4. 4ヶ月で年収457万円の場合は手取り月給が21. 4万円となるので、そのうち25%の5. 35万円をローン返済に回すということであれば比較的安全に返済できるかと思います。 月々5. 35万円返済のローン借入額 毎月5. 35万円返済の場合、金利1. 110%の35年ローンで計算すると ローン借入額は1860万円となります。 ユニーグループ・ホールディングスで30歳の場合、この金額までなら返済の負担をそれほど心配せずに借りても大丈夫かと思います。 ユニーグループ・ホールディングス社員の住宅ローン借入限度額 参考までにユニーグループ・ホールディングスで30歳のサラリーマンの借入限度額を計算すると4630万円で、この場合は月々の返済額が13. 3万円となります。 住宅ローンについてもっと詳しく知りたいなら も書いています。 年収を入力して計算することもできるので、違う年収の場合の住宅ローンの借入目安額を計算する場合はこちらも試してみてください。 人気の記事•

次の

ユニーグループの年収&給料|手取りはいくら?住宅ローンも徹底計算【2020年版】|サラリーマンの年収分析ブログ

ユニー 給与 明細

スポンサーリンク 給与明細テンプレート一覧 エクセルで作成した給与明細テンプレートです。 簡易的なフォーマットや1枚で複数人数分を印刷できる雛形、必要事項を入力すると合計を自動計算できるようにしています。 また、勤怠管理と給料計算を一緒にした給料明細もあります。 給与明細書01 A4用紙を横にして、縦型の給与明細を1枚で4人分印刷できるテンプレートです。 記載する支給額・控除額の項目が少ない方や用紙を節約したい方におすすめのテンプレートです。 記載すべき必要事項を縦に並べて、分かりやすく、計算しやすくしたフォーマットです。 給与明細書02 アルバイトやパートの時給で働く方向けの給与明細書です。 時給を記載する欄を設け、支給額や控除額の記載項目が少ない方やA4用紙の余白を無駄にせず使用できるおすすめのテンプレートです。 記載すべき必要事項を縦に並べて、分かりやすく、計算しやすくしたフォーマットです。 給与明細書03 縦型の給与明細書に、必要事項をすべて記入したフォーマットです。 項目に合わせて日数や時間・金額を書いていくことで給与明細を管理することができます。 書く項目が網羅されていないと合計額や差引支給額が合わなくなってきます。 こちらのテンプレートなら記載漏れを防ぐことができます。 給与明細書04 A4用紙・横型の給与明細書のテンプレートです。 勤怠・支給・控除・累計を分かりやすく表示し、それぞれの総支給額・控除額・差引支給額を記入し、別途で累計を表示するような書式にしています。 給与明細をエクセルで管理するのにも適しているフォーマットです。 給与明細書05 A4用紙を縦に使用し、二人分を印刷できるようにしたテンプレートです。 支給と控除は3段にしてそれぞれの区分を分けることで表示と見やすさを良くしたタイプになります。 勤怠は2段にしていますが、記入項目が多ければ3段することも可能です。 給与明細書06 A4用紙・縦型1枚で一人分を印刷する給料明細テンプレートです。 見やすく、項目を並べたフォーマットです。 記載する項目の追加もできる書式です。 給与明細書07 A4用紙・縦型1枚で一人分を印刷する給料明細テンプレートです。 支給と控除は3段にして項目を記入できるようにしています。 勤怠管理・給与明細一体型01 入力項目に必要事項を記入して、勤怠を入力していくと給与明細も自動計算・自動反映で給料を計算してくれます。 関数を使用して、ある程度の時間計算や手当・控除額を計算できるようにしています。 ただ、万全なテンプレートではありませんので、ご了承下さい。 勤怠管理・給与明細一体型02 勤怠表の上部に設置した入力欄に、必要項目を入力、勤怠を入力することで給与明細が自動作成できるように計算しています。 こちらのテンプレートは、勤怠の締め日が10日・20日・月末の3つに対応しています。 関数を使用して、ある程度の時間計算や手当・控除額を計算できるようにしています。 ただ、万全なテンプレートではありませんので、ご了承下さい。 使用上の注意• 無料でダウンロードして頂けますが、著作権は放棄しておりません。 当サイトのエクセル給与明細の販売行為・再配布行為は禁止しております。 こちらの記事へのリンクは自由ですが、エクセルデータへの直リンクは禁止しております。 記載内容については最新の注意を払っていますが、間違いを発見されたとき、問い合わせやコメントよりご指摘頂けると幸いです。 ダウンロード後に起きた不具合や損害などについては、一切責任を負うことはできませんのでご了承下さい。 まとめ 個人事業主の方や会社を立ち上げたばかりの方で、はじめて社員やアルバイト・パートを雇用して給与・給料を支払うとき、社会保険労務士の方に計算を依頼するのが本当は良いのですが、月額費用が掛かります。 自分でも計算することができますので、エクセル(EXCEL)の給与明細テンプレートを使用して、計算式を入力することで、ある程度自動計算することができます。 使用できるテンプレート・フォーマット・ひな形があれば、無料でダウンロードして頂いて使用して下さい。

次の

同意書が必要!給与明細電子化の前に知っておきたい4つのポイント!|ITトレンド

ユニー 給与 明細

最近立った質問から、質問します。 soumunomori. 何か月定期を買うかは労働者にまかせ、使用者は月割りの通勤手当しか払わない、というのであれば、その支給実態どおりの給与明細書に計上し、各保険料計算に付されるので、これはありでしょう。 しかし、前掲質問における現況は支給実態を反映しておらず、労働保険料も年度をまたがっての納付になります。 質問を言い換えると、労働保険や社会保険料の計算を給与明細書のうえでやるのは許容されているのでしょうか? お疲れさんです を支給額に含めるのは税務上では月額10万円以内かどうかの判定のためと、(を含む)のに含めなければならないからです。 においては定期代は月額10万円以下ならです。 しかし購入時に一括支給すると10万円を超えてしまう場合、その月のみ源泉税が徴収されてしまうことになります。 また、定期券を会社が購入して社員に渡すだけなら支給に含める必要はないのではないかとお考えになると思いますが、次のの絡みによりそういうことはできないのです。 では毎月の支給額にを含めなければならないので、6か月定期なら6分の1の金額を支給額に加算します。 次に支給額に加算された金額を控除額で引くというのは、会社が購入して渡された定期代であれば支給額に含めると定期券という現物と給与のという金額を二重にもらうことになります。 そこで金額分を控除欄で引くと金額的にはゼロとなり、手元に残るのは定期券という現物だけということになります。 質問のしかたがまずかったでしょうか。 としては一括支給、には月割り分割掲載、と仮定しての質問です。 この方式による、料、上の当否をおたずねしています。 なお、であれば枠は現在月15万円で、6カ月定期なら90万円まで一括してもです。 の質問はしておりません。 あしからず。 しかし購入時に一括支給すると10万円を超えてしまう場合、その月のみ源泉税が徴収されてしまうことになります。 また、定期券を会社が購入して社員に渡すだけなら支給に含める必要はないのではないかとお考えになると思いますが、次のの絡みによりそういうことはできないのです。 では毎月の支給額にを含めなければならないので、6か月定期なら6分の1の金額を支給額に加算します。 そこで金額分を控除欄で引くと金額的にはゼロとなり、手元に残るのは定期券という現物だけということになります。 質問の文章解釈で回答が悩ましくなっているように感じます。 私もいつかいりさんの質問の真意を汲み取れていないかもしれません。 私が受け取ったのは、先の質問では「現在は6ヶ月分(仮に)の定期代を一括して支給している。 これを一括した6ヶ月毎に口座振り込みとしたい」という場合、現実には6ヶ月毎に支給しているわけだが、を計算する時、各月のとしてその月数で除した上で含めるのは正しいのか?ということを尋ねられているのだろうと解釈しました。 であれば、実際には一括してある月のみに支給されているわけですが、その月のみに入れるのではなく各月に分割する事になっています。 探せばあるのでしょうが、公の資料は見つかりませんでした。 わかり易い下記のURLがありましたのでご覧ください。 村の長老さん いつもお世話になっております。 質問する発端となった引用先は忘れてください(謝)。 ・6カ月定期代、一括支給 ・支給月に書、全額記載(&全額控除) この方式ですと支給実態、書の記載は一致しており、問題なし。 算出やの手間は残る。 質問で仮定している形態は、 ・6カ月定期代、一括支給 ・書、月割り記載(&同額控除) この仮定の方式ですと、 支給実態と明細書記載が一致しておらず、料上なら、計算年度をまたがっての納付となりうる。 こういう記載する動機は、先に述べた社保、対応の手間軽減なのだろうと推測。 なお、よく似た方式で、次の形態は問題ない(もちろんこの方式をに明記のこと)。 支給実態と明細記載に乖離がなく、単に主がケチだということで。 ・6カ月定期代を毎月月割り支給 ・書、月割り記載(&同額控除) いつかいりさん おはようございます。 複数月のの扱いをしたことがないので、個人的な意見で、推測でしか記載できませんが、思うところを記載します。 の根拠を、法に求めるのであれば、実支給額を記載することが必要であるかと考えます。 が全額控除される場合においても、その記載は必要であることから、実際の金額を記載するべきであると考えます(税務署に未確認です)。 においては、の課税給与、等の給与(課税の項目もあり)、を分けて集計・計算できるものがほとんどであるかと思います。 であれば、まとめてを支払ったとするのであれば、会社側が支給額を記帳する観点から、実際の支給額をに記載することが望ましいと考えます。 あと、以下の観点から、計算し按分した額を各月の明細に記載することは、誤りの原因になると考えますので、望ましくないと考えます。 1.等においては、まとめて支払ったの端数は、支給された最後の月に加算して扱われます。 「なお、本来、月ごとに支給すべきものを、便宜上数か月をまとめて支給した場合には、支給された定期券の券面金額の全額をその月数で除して得た額がその月ごとに支払われたものとして取り扱う。 この場合に生じた端数は、その最後の月にまとめて支払われたものとして取り扱う。 」 2.の月額においては、端数は支給月に参入します。 「まとめて支給された手当等を月数で除し各月のに算入する場合、ある一定期間に受けたの総額を、ある一定期間全体で使用する場合においては、総額が変わらないように調整いただき、またその場合は原則支給月に算入することにします。 」 各月に按分するとして、端数がある場合には、1で考えるか、2で考えるかになり、一方をとれば、他方が誤った処理になることから、は実支給額を記載して(まとめて支払ったのであればその支給月にきちんと記載し)上で計算を行うべきでなく、記載時であればその時に、月額を提出するときであればその時に、計算するべきであると思います。 算出やの手間は残る。 こういう記載する動機は、先に述べた社保、対応の手間軽減なのだろうと推測。 支給実態と明細記載に乖離がなく、単に主がケチだということで。 私見ですが… ぴぃちん様は月額支給のみとのことですが小生は逆に3か月支給が殆どです。 まだ6か月支給は対象者が不在の為そちらは経験しておりませんが3か月支給は常でした。 支給月も1,4,7,10月と規定されておりそれ以外は1か月、支給規定月時に3か月一括支給です。 3か月ですと按分の必要もなくに加算されますし、料の集計にも今の所影響は出ておりません。 逆に3か月の一括支給の月次按分は必要性がなく処理したことがありません。 6か月一括支給対象者が発生した時にはおそらくですが4月、10月が指定支給月となっていたかと記憶しています。 支給月指定をすることで各種計算、届出集計等への対応が可能ではと考えます。 とりあえず。 おはようございます。 自分もぴぃちんさんと同意見なのですが、別の観点からも考えてみました。 仮に月末締めの翌5日払いで給与を支払うとします。 月末の締め時点でなりが立つのですですが、その金額はを根拠で計上することになります。 ここでに定期代の実額が記載されていないとなると、翌5日の支払にともなうやによるなりの消込事務が、別途伝票を入れたりとかでかなり煩雑になってしまいます。 やをで行うこと自体が許容されるかといえば、許容されないとまではいいきれませんが、そのことによって発生する別の手間を考えれば、やらない方がいいということになるのではないでしょうか。 先にキャッシュの流れありきで、その他の事務はそのあとのことだと考えます。

次の