ご覧 いただき ありがとう ござい ます。 『悠遊』のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

「見てくれてありがとう」の敬語表現・使い方・別の敬語表現例

ご覧 いただき ありがとう ござい ます

」 というのは、誤用らしい。 それでは、正式にはどのようにいうべきか。 「ご覧いただきありがとうございます。 」 「お読みいただきありがとうございます。 」 理由は、「拝」は、謹んでという意味の謙譲語で自らの行為をへりくだる際に使うものだから。 尊敬語と取り違えて使用しているとのこと。 以下10例、皆様には正解の表現、おわかりになりますよね?! 1 ご拝読いただきありがとうございます。 商談で資料を示して No. 社外からの電話に No. 来客に No. 4 コーヒーと紅茶どちらにいたしますか。 商談で No. 5 お子様に差し上げてください。 目上の人に贈り物を託して No. 6 お求めやすい。 接客の場で No. 7 ご注意してください。 接客・公共の場で No. 8 おわかりいただけたでしょうか。 商談で No. 9 ご助言参考になりました。 上司に対して No. 10 上司にも申し上げておきます。 商談で 上記の正しい言い方は??? さて、以下が正解とのこと。 1 ご拝読いただきありがとうございます。 商談で資料を示して 理由は上述 正しくは、 ご覧いただきありがとうございます。 お読みいただきありがとうございます。 社外からの電話に 休みを与えている本人の所属会社に対して、いただくを使うとへりくだる形になってしまう。 来客に 「ございますね」は「ある」の丁寧語。 かばん、コート等物には使うが、敬意を示す相手には使わない。 4 コーヒーと紅茶どちらにいたしますか。 商談で 謙譲語と尊敬語を取り違えている。 正しくは、 コーヒーと紅茶どちらになさいますか。 5 お子様に差し上げてください。 目上の人に贈り物を託して 差し上げるは、謙譲語。 相手を経由する場合は不適切。 正しくは、 お子様に差し上げます。 お子様にお渡しいただけますか。 6 お求めやすい。 接客の場で 求めるの尊敬語はお求めになる。 正しくは、 お求めになりやすい。 7 ご注意してください。 接客・公共の場で 「お ご ~する」という謙譲表現を取り違えて使っている。 正しくは、 ご注意ください。 8 おわかりいただけたでしょうか。 商談で 目上の能力を試したり評価したりしている印象を与えてしまう。 正しくは、 ご理解いただけたでしょうか。 9 ご助言参考になりました。 上司に 相手の行為への感謝としては不十分。 参考程度とみなされる。 正しくは、 ご助言勉強になりました。 10 上司にも申し上げておきます。 商談で 社外の人の前で上司を高める形になっている。 正しくは、 上司にも伝えておきます。 上司にも申し伝えておきます。 日本語はとかく難しいが、正しく使いたいものではある。 とはいいつつ、時代とともに許容される例もあるとのこと。 昔は、「とんでもございません」は、「とんでもない」という一つの形容詞ということで、「とんでもないことでございます」が正しかったらしい。 文化庁審議会が2007年に出した指針により、「相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消す時に「とんでもございません」を使うのは問題ない」とされたとのこと。 -追記- 以下の尊敬語に対応する謙譲語を述べよ! 1 お ご ~になる、なさる e. ご説明になる、お話なさる 言う・・・No. 2 おっしゃる 聞く・・・No. 3 お聞きになる 見る・・・No. 4 ご覧になる 行く・・・No. 5 いらっしゃる、おいでになる 食べる・・No. 1 お ご ~する、いたす e. 説明する、お話しいたします 言う・・・No. 2 申し上げる 聞く・・・No. 3 うかがう、お聞きする 見る・・・No. 4 拝見する 行く・・・No. 5 うかがう、参る 食べる・・No. 6 いただく 参考・・・尊敬語とは、相手側の行為や状態を高めて敬意を表現する。 謙譲語では、自分側の行為をへりくだって表現。 または丁重に表現する。 その他 部下から上司に「ご苦労様」はない。 状況に応じて、「お疲れさま」または「ありがとうございます」を使う。 ご苦労様は、基本は、上司から部下にである。 近年、車 社有車等 に乗る時の上司の位置が変化している。 昔は、後部座席、運転手の後ろが、位の上の人となっていたが、 車や会社にもよるのかもしれないが、近年は、運転手の左後ろの席、 すなわち、後部座席、乗って手前側に上位者が座る場合が増えた。 タクシーなどでは、やはり、運転手後ろ、奥まった席が上位者というふうに考えているが、正式にはどうなのであろう。 社有車で、後部座席に、アームレストなどがある場合、 乗って、わざわざ、奥に移動せずともよいという、最高の席という意味では、 運転手の左後ろの席が上位者というのもベターと感じる今日この頃。 1-16 エチュードOp. Villa-Lobos ・NEW-YORK SKY LINE --.

次の

「ご拝読いただきありがとうございます」 の正しい言い方は?

ご覧 いただき ありがとう ござい ます

もとになる語「見る」に「~してもらう」の敬語(謙譲語)「お(ご)~いただく」をつかうと「ご覧いただく」という敬語になります。 したがって意味は「見てもらい~」と解釈できます。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてます。 あわせると意味は「見てもらい、ありがとう」• ご覧いただき=「見てもらい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご覧いただきありがとうございます」の意味は… 「見てもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「ご覧いただきありがとうございます」の敬語の種類について。 この項目はかなりマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 たとえば、• ちなみに謙譲語とか尊敬語ってなに?の解説はすこし後にあります。 「ご覧いただく」にかぎらず・・・ 「お(ご)〜いただく」は 「〜してもらう」の敬語(謙譲語) 使い方はたとえば、• 「ご覧いただく」であれば「(上司なり目上に)見てもらう」の意味• 「ご連絡いただく」であれば「(上司なり目上に)連絡してもらう」の意味• 「ご指導いただく」であれば「(上司なり目上に)指導してもらう」の意味 というように使います。 あるいは単に「〜していただく」とし、• 例文「見ていただく」• 例文「連絡していただく」• 例文「指導していただく」 のように使っても丁寧です。 意味はどちらもまったく同じ。 ビジネスメールなど文書では「お(ご)〜いただく」をつかうとよりカチッとした文章になります。 いっぽうで会話や電話対応など堅苦しい敬語がもとめられないシーンでは「〜していただく」でも十分に丁寧ですね。 お(ご)〜する お(ご)〜します• 〜いたす 〜いたします• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• 〜していただく 〜していただきます• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• 〜させていただく 〜させていただきます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 【注意事項】 ・「させていただく」「申し上げる」「差し上げる」は日本語としておかしい表現になる時もあり、何でもかんでも使える訳ではありません。 ・丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方です。 ご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 お(ご)~だ お(ご)~です• お(ご)~になる お(ご)~になります• ~される ~されます• ~なさる ~なさいます• お(ご)~なさる お(ご)~なさいます• ~してくださる ~してくださいます• たとえば「連絡」「指示」「利用」「報告」など。 【注意事項】 ・「〜される」は受け身形との混同をまねくことがあるため要注意。 ・丁寧語「です・ます」とくみあわせて「お(ご)〜です」「お(ご)〜になります」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 文字どおり「見てもらいありがとう」というお礼フレーズなので、そのようなビジネスシーン(メールなど)で使います。 上司・目上など社内にかぎらず社外にも使える丁寧な敬語フレーズですね。 例文「ご覧 いただきましてありがとうございます」 とするとなお丁寧な敬語になります。 まぁ「ご覧ありがとうございます」だけでも十分ではありますが…丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 相手に著しく負担をかけた時は「恐縮」を使う 上司や目上などの相手にとんでもなく負担をかけてしまったときには… 「ありがとう」だとイマイチしっくりこないですね。 こんなときには申し訳なくおもう気持ちをしめすフレーズをもってくると丁寧です。 とくに上司・目上や取引先にいちじるしく負担をかけたときには以下の例文をつかうと好感度UP。 ご覧+恐縮(申し訳なく思うこと) 「ご覧いただき誠に恐縮です」 「ご覧いただきまして誠に恐縮でございます」 「ご覧くださいまして誠に恐縮でございます」• ご覧+恐れ入る(申し訳なく思う) 「ご覧いただき大変恐れ入ります」 「ご覧いただきまして誠に恐れ入ります」 「ご覧くださいまして誠に恐れ入ります」 こんな感じでつかうと丁寧なビジネスメールになります。 他にもある丁寧な「ご覧」の例文 お礼のシーンで「ありがとう」ばかりつかっていては敬語ビギナー。 お礼をしめすフレーズは他にもいろいろあります。 中級〜上級者むけですが、代表的な言い換え例文だけを紹介しておきます。 例文「ご覧いただき感謝申し上げます」• 例文「ご覧頂きお礼申し上げます」• 例文「ご覧頂き深謝いたします」• クッション言葉を添えるとなお丁寧 ビジネスメールのお礼をより丁寧にするためのコツ。 「ご覧」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってくるとなお丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご覧いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご覧いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご覧〜」• 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 早速資料にお目通しいただき誠にありがとうございます。 さて、ご指摘部分を訂正いたしましたので、再度添付ファイルにて送付いたします。 ご査収のほどよろしくお願いいたします。 (株)転職・ノマドです。 メール拝受しました、 早速 お目通しいただき誠にありがとうございます。 ご依頼事項につき承知いたしました。 対応可能かどうか弊社法務担当とすり合わせの上、ご報告申し上げます。 回答に今週末までお時間をいただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 秘書室・ノマドでございます。 早速ご一読いただき誠にありがとうございます。 またご丁寧に感想もいただきあわせて感謝申し上げます。 何かの折にご紹介させていただきたく存じます。 今後ともよろしくお願い致します。 使い方に迷ったときのご参考にどうぞ。 「ご覧」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご覧いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご覧いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご覧〜」• 「 ご覧いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご覧くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認。 ご覧いただきありがとうございます 意味は「見て もらいありがとう」 敬語は「~して もらう」の 謙譲語「お(ご)~いただく」を使用。 ご覧くださいましてありがとうございます 意味は「見て くれてありがとう」 敬語は「~して くれる」の 尊敬語「お(ご)~くださる」を使用。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご覧いただく=見ていただく」なのか「ご覧くださる=見てくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご覧いただきありがとうございます」「 ご覧くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 お礼では「ご覧いただき〜」が一般的 わたしの経験上ではお礼のビジネスシーンにおいては「お(ご)〜いただきありがとう」という敬語フレーズを使うことが多いです。 おっさん営業マンのたわごとですので無視してもらって構いませんけど… 本来はどちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく vs. くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用 くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の

ケンミンショーご覧いただきありがとうございます。

ご覧 いただき ありがとう ござい ます

「いただき」、「くださり」も正しいですし、意味にも大差はありません。 「いただき」は「もらう」の謙譲語ですから「ご覧いただきありがとうございます」は「見てもらってありがとう」になり、こちらが依頼して見てもらったり、見てもらったことにより恩恵を受けることの感謝の意を込めた言い方になります。 「くださる」は「くれる」の尊敬語ですから「ご覧くださりありがとうございます」は「見てくれてありがとう」となり、相手側が自発的に見たことへの感謝の意になります。 しかし、これは厳密に言えばの話であり、実際には大差はありません。 一方、「迅速にご対応いただきありがとうございます。 」と「迅速にご対応くださりありがとうございます。 」では事情が違います。 こちらですと「いただき」のほうは「こちら側から迅速に対応願います」とお願いした場合は「いただき」を使うのが妥当であり、相手が自主的に迅速に対応してくれた場合には「くださり」が相応しいことになります。 「~していただき」は、正しくありません。 「~して」は相手側の行動を表します。 それに謙譲語の「いただき」をつけるているのは相手側の行動に謙譲語をつけているので間違いなのです。 通常語でも「~してもらってありがとう」では敬意がこめられていません。 「ご/お~いただき」で謙譲語になります。 「〜いただき」と「〜くださり」 どちらでもOKです。 NHKの調査では「〜いただき」のほうが優勢です。 当方もどちらかと言うと「〜いただき」です。 しかし、厳密に考えると「〜くださり」だ、と主張する人もいるようです。 詳しくは下記をご参照ください。 以下は一部の抜粋(重言)。 1 本日はご来店くださいましてありがとうございます。 2 本日はご来店いただきましてありがとうございます。 どちらの形が正しいのか。 結論を先に書くと、どちらもOKです。 どちらを主体に考えるのか、という違いがあるだけです。 【客が】(店に)ご来店くださいまして 【私が】(客に)ご来店いただきまして 下記も1 と同様の表現と言えるでしょう。 論理的に考えると「くださいまして/くださり」が正しい、という説もありますが、一般にはどちらも認められています。 下記が代表的な考え方です。 40に「どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである」と明記されています。 【「教えてくださり」? 「教えていただき」?】 ================引用開始 現状としては、どちらかといえば「教えていただき~」のほうがよく使われており、「教えてくださり~」という言い方は自分ではしないという意見が、やや多くなっています。 ですが、両方とも正しい言い方です。 ================引用終了 個人的には下記のように考えています。 長〜い話なので結論部だけ。 ================引用開始 「〜してくださりありがとうございます。 」 「〜していただきありがとうございます。 」 これは否定できないから、厳密に言えば「くださり(まして)/くださいまして」なんだろう。 論理的に考えるとそうなってしまう。 しかし、現実にはどちらも使われているし、どちらも「間違い」とは言えない。 困ったことに個人的な語感では「〜していただきまして」のほうが自然。 NHKの調査でも、「〜していただきまして」が優勢のようだ。 こうなってくるとなんとも言えない。 (略) ================引用終了 文化審議会というやや大それた名称の機関で敬語学者等で審議され、文化庁のHPにも載っている2007年「敬語の指針」が、(議論の余地があるとはいえ)、現在では標準的な敬語理解になりつつあります。 この中では、「いただき」の方はやや変則的で違和感を持つ人もいるのが実態だが、結論としてどちらも問題ない(回答者の要約)、としています。 本文40ページにまさにこの問題を論じています。 なお、このページだけを読んでも、理解に事欠くことはあまりないでしょう。 その上で、私見を補足しておきます。 最近は、尊敬語の「くださる」を使うよりも、謙譲語の「いただく」の方がより丁寧な言い方である、という感覚(あまり根拠はないと思いますが)を持つ人が多くなっており、職場その他で「~してくださり」を使うと、上司に「~していただき」に修正させらたという経験を持つ人が多いのではないでしょうか。 おそらく年配層の意見としては、「~していただき」はやや過剰に好まれているということだと思います。 ちなみに、「先ほど地階食品売り場で和菓子セットをお買い上げいただいたお客様、お伝えしたいことが云々」のような店内放送を時々耳にします。 この場合は「お客様」を修飾する名詞修飾節ですから、お客様側の行為として描く、「お買い上げくださった」の方が本来的だと思います。

次の