三井 住友 ビザ カード 年 会費。 三井住友VISAカードが改悪!紙の利用明細・年会費・ボーナス・海外事務手数料と連続

三井住友カードと三井住友カードVISA(SMBC)の年会費や還元率を比較

三井 住友 ビザ カード 年 会費

現在年1回以上のカード利用で年会費が無料、または半額になる三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」だが、2021年2月以降の支払い分から条件が変更される。 具体的には「マイ・ペイすリボ」に登録の上、「前年のリボ払い手数料を年1回以上にわたって支払っている」ことが条件だ。 またAmazon Mastercardゴールド以外の提携カードやクレジットカードが変更の対象で、条件適用後は下記のような年会費に。 カード名 年会費 三井住友VISAカード、バーチャルカード 無料 ゴールドカード、プライムゴールドカード、ヤングゴールドカード、エグゼクティブカード 半額 提携カード 半額や無料など つまり、「マイ・ペイすリボ」設定は変わらないが、適用条件がリボ払い手数料の支払いが必須になったことで改悪といえる。 マイ・ペイすリボとは そもそも「マイ・ペイすリボ」とは、三井住友VISAカードにおけるリボ払いの名称。 一般的なリボ払いと同様に、毎月設定した金額を支払いさえすれば、大きな金額の商品でも購入することができる。 例)10万円の商品を購入した場合、毎月1万円支払う設定をすれば、基本的には1万円の返済でOK ただリボ払いの手数料は別途必要なので、使いすぎによる「リボ地獄」などのリスクは存在する。 メリット 「マイ・ペイすリボ」の主なメリットは下記の通り。 年会費が安くなる• ポイントが2倍になる• ショッピング保険が適用される 年会費が無料や半額になるのはもちろんのこと、カードの種類にもよるが「手数料が発生した場合はポイント2倍」や「ショッピング保険が適用」されるといった特典が付与される。 ただリボ払いの手数料が膨らんだ場合、ポイントが2倍になっても結果的に損をするパターンが多い。 実際「リボ地獄」に1度ハマってしまったら、簡単には抜け出せず、ポイント還元率どころの話ではなくなってくる。 ショッピング保険もリボ払いという条件の割には魅力的なメリットに思えない。 総合的に判断すると、「マイ・ペイすリボ」でリボ払いを継続的に利用するメリットはかなり低いといえる。 手数料無料で利用している人にとってはより厳しい条件に 「マイ・ペイすリボ」とはシステム上、1回の利用金額が「マイ・ペイすリボの設定金額内なら1回払い」「マイ・ペイすリボの設定金額を超えたらリボ払い」となっており、1回払いなら手数料は発生しない。 つまり「マイ・ペイすリボ」に登録し、設定金額をいっぱいまでに引き上げて年会費優遇特典を利用している人にとって、今回の改定は厳しいものになる。 例えば「マイ・ペイすリボ」の設定金額が1万円の場合、1万円以内の商品をいくら購入しても年会費は無料や半額にはならない。 「マイ・ペイすリボ」の設定金額を超える高額な商品を1回は購入する必要が生まれる。 唯一考えられる打開策としては、年会費に届かない程度の手数料を年に1度支払う方法が挙げられる。 例)三井住友VISAカード(クラシック)の場合、年会費の1,250円(税別)を超えない範囲の手数料を意図的に発生させる そうすれば「年会費ーマイ・ペイすリボ手数料」がプラスになるので、結果的に得をすることができる。 ただ細かい調整をするのは難しく、そこまで考えてクレジットカードを使いたくない人も多いだろう。 よほどの理由がない限りは、「マイ・ペイすリボ」の利用は控えた方が賢明だ。

次の

三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」の年会費優遇が改悪に!リボ払い手数料を払わないと年会費無料や半額は受けられない・・・

三井 住友 ビザ カード 年 会費

三井住友カード(三井住友VISAカード)を使っている人にとっては、なかば当たり前に使われてきた年会費優遇サービス(年会費割引)が大幅に改悪されます。 現在、「マイ・ペイすリボ」をご登録いただき、年に1回以上カードをご利用になれば年会費が無料または半額となる特典がございますが、2021年2月年会費お支払い分からは、特典の条件が変更となります。 2021年2月以降のお支払い分からは、前年のリボ払い手数料のお支払いが条件となります。 ということで、マイペイすリボ(自動リボ)の設定をしてカードショッピングをするだけで年会費割引が受けられたというものが、リボ手数料の支払いが必要になります。 マイペイすリボの改悪 これまでのマイペイすリボの年会費割引については上記の記事でも紹介していますが、三井住友VISAカードの年会費はこれまで、マイペイすリボの設定をして、年1回以上のお買い物をすることで、割引を受けられました。 一般カード:無料• ゴールドカード、プライムゴールド、ヤングゴールド、エグゼクティブ:半額• 提携カード:割引 マイペイすリボは初回手数料が無料なので、月々のリボ返済額を月々の決済額よりも大きくしておけば、実質的にリボ手数料を払わずに年会費の割引を受けられたわけです。 これがつかえなくなるわけですね。 リボ手数料の支払いが必須で割を食う三井住友VISAカード 三井住友VISAカードは、これまで比較的簡単に年会費を無料や半額、割引とすることができました。 そのため、同社のカードを死蔵カード(保有しているけどほとんど使わないカード)にできてしまいした。 などはその年会費割引の恩恵をモロに受けられたクレジットカードとなっています。 ANA VISAは年会費が割引後1,025円(通常2,000円・税別)にすることができました。 ANAカードは更新時に1000マイルがもらえるということを考えると、ANAマイルを貯める目的だけでも利用価値があるクレジットカードとなっていました。 また、Amazonゴールドカードも年会費は1万円(税別)ですが、マイペイすリボ割引で年会費は5000円とできます。 WEB明細割も付けると4,000円です。 AmazonゴールドカードにはAmazonプライム特典が付帯しており、Amazonプライムの年会費は4,900円するので、特典込みで考えると、Amazonゴールドカードを使うほうがお得という状況でした。 ただ、これらもマイペイすリボの年会費割引が消えると話は変わります。 小額のリボ手数料を支払うことで回避可能だが…… もちろん、年1回のリボ手数料を支払うようにすることで回避可能です。 リボ手数料の支払いをするには1000円程度の残高を翌月に繰り越すようにすればOKです。 三井住友VISAカードでは、マイペイすリボで手数料を発生させるとポイントが2倍になるというキャンペーンも行っているので、こちらを活用してきた方からすると、全く問題ないことでしょう(詳しいやり方は下記記事)。 ただ、月々の支払金額を調整するのは面倒なことは間違いないので、年1回の支払いだけで年会費を無料化(割引)してきたという方にとっては、間違いなく改悪です。

次の

三井住友カードの年会費を安くする方法

三井 住友 ビザ カード 年 会費

お1人目は初年度無料。 翌年度以降は、家族カードでの前年のお買物利用回数が3回以上の場合無料となります。 お2人目以降は所定の年会費がかかります。 一部無料とならない提携カードがございます。 年会費優遇について• 各カードとも初年度はお1人目の年会費無料です。 ただし 一部提携カード、法人カードは有料となります。 お2人目以降の家族カードは所定の年会費がかかります。 翌年度以降は、家族カードでの前年のお買物利用回数が3回以上の場合無料となります。 「前年」とは、年会費請求前月締切日から12ヵ月さかのぼった期間をいいます。 一部お買物利用回数にカウントされない料金がございます。 買物回数にカウントされない主な料金は以下のとおりです。 年会費• キャッシングリボ利用代金• VISA誌など機関紙購読料金• 海外キャッシュサービス• 保険料など収納を依頼された料金• 一部の年会費、月会費 など.

次の