オクラ 料理。 オクラの茹で方のまとめ(下処理や時間など):白ごはん.com

オクラの茹で方のまとめ(下処理や時間など):白ごはん.com

オクラ 料理

独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。 夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。 緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。 南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。 鹿児島県で最も多く栽培されています。 輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。 オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 オクラの栄養素について オクラは何を隠そう野菜の中でも群を抜いて栄養価が高い緑黄色野菜のひとつ。 ビタミン群、カルシウムや鉄、カリウムなどのミネラル、葉酸も含んでいるので、様々な料理に活用して、積極的に食べたい野菜です。 オクラの特徴であるネバネバした食感は食物繊維のペクチンや、糖タンパクの働きによるものです。 体内で水分を吸って膨らみ、腸の動きを活発にするほか、タンパク質の消化吸収を助ける働きがあるとされ、夏バテ予防・スタミナアップに効果があると言われています。 オクラの調理法について どんどん食べたいオクラですが、調理の仕方が分からないから手を出せないという人もいるのではないでしょうか。 そんな人も、下処理の仕方さえ覚えてしまえば簡単に食卓にプラスすることができます。 オクラには固い産毛が生えているのでそのままでは食感が悪く、塩をまぶしてこすることで産毛を取って滑らかな食感にすることができます。 生のまま輪切りにしてサラダとして食べるときにおすすめです。 塩を洗い流さず2分ほど下茹ですると、生で食べるより歯触りが柔らかくなり炒め物や煮物、揚げ物、焼き物など幅広い料理に使えます。 細かく刻むほど粘り気が出てくるので、よく叩いてソース状にしたものを冷ややっこに掛けたり揚げ物のソースにしたりしてもおいしいです。 野菜嫌いな子供もパクパク食べてくれるオクラレシピです。 アスパラの肉巻きはよくありますが、アスパラをオクラに替えるとねばねばな食感がたまらない肉巻きになりますよ。 薄切りの豚肉で産毛を取ったオクラを巻き、片栗粉をまぶします。 フライパンで肉に色が付くようにこんがり焼きます。 合わせておいたしょうゆ、みりんなどをフライパンに入れ、煮詰めたら完成です。 オクラの緑が色鮮やかな、ウィンナーとの炒め物レシピです。 材料2つでとっても簡単、あっという間にできます。 フライパンで、斜め切りしたウィンナーを炒めます。 下茹でして斜め切りしたオクラも加え、さらに炒めます。 塩こしょうで味付けし仕上げにバターを落として溶かしたら出来上がりです。 シンプルな味付けでオクラのねばねばとウィンナーの塩気が引き立ちます。 ねばねば系の野菜の代表格がオクラです。 オクラは夏野菜で、夏バテや冷たいものの食べ過ぎで弱った胃を回復する効果があります。 オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタン・アラバン・ペクチン、といった食物繊維になります。 特にペクチンは整腸作用を促し、腸内の善玉菌を増やしてくれます。 体にいい栄養素を含んだオクラは和食にもよく合い、独特の形が料理のアクセントにもなります。 ねばりがある以外には特に臭みなどなく食べやすい野菜なので、料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特の形がおしゃれなオクラは、料理のアクセントにぴったりの野菜です。 カットすると可愛らしい星型で、七夕の料理にもよく使われます。 オクラは独特の粘りがありますが、このねばねばはペクチンと呼ばれ粘膜を保護して細胞の活性化に役立ちます。 オクラはアフリカが原産で暑さに強く、夏を代表する野菜として知られています。 他の夏野菜と一緒に食べると、さらに栄養バランスよく食べられますよ。 独特のねばねばがある以外は味や臭いに癖がなく、どんな料理にも合わせやすいです。 今回はオクラを使った煮る料理を紹介しています。 ぜひオクラを使う際は参考にして下さい。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特な形がユニークなオクラは、料理のアクセントにもなるおしゃれな雰囲気の野菜です。 オクラをカットすると星型のような可愛い形で、七夕の献立にもよく使われますね。 ねばねばとした食感がありますが、味や臭いにくせがなく食べやすいのが特徴です。 オクラは元々アフリカ大陸の植物で、暑い国から来た野菜なので旬の時期も夏になります。 オクラのねばねばはペクチンと呼ばれ、水に溶けるタイプの食物繊維で細胞の活性化に役立つと言われています。 オクラはさまざまな料理に使われますが、今回はオクラを蒸すレシピを厳選して紹介します。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 夏を代表する野菜と言えばオクラ。 アフリカ原産の野菜で、独特の形と粘りが特徴で、カットすると星型に見えるので七夕の料理にもよく使われます。 硬さがあるので火を通して使い、湯がいて冷水でしめてサラダに使うこともできます。 そのまま一本丸ごと使うこともでき、揚げ物、炒め物などあらゆる料理に使えてアクセントになります。 オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。 料理に一つ添えるだけでおしゃれな仕上がりになる、とっても便利な野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特の形が印象的なオクラは、そのまま1本使うと料理のアクセントになります。 食べるとぬめりがあり、ネバネバ系を代表する野菜として納豆やとろろなど他の粘りのある食材とよく合わせて使われます。 硬さがあるため必ず火を通して料理に使い、炒め物や揚げ物、煮物などさまざまな料理に使うことができます。 和食から洋食までどんな料理にも合わせやすく、特徴的な形や粘りがあるにもかかわらず好き嫌いの分かれない野菜です。 オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

オクラの茹で方のまとめ(下処理や時間など):白ごはん.com

オクラ 料理

独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。 夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。 緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。 南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。 鹿児島県で最も多く栽培されています。 輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。 オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 オクラの栄養素について オクラは何を隠そう野菜の中でも群を抜いて栄養価が高い緑黄色野菜のひとつ。 ビタミン群、カルシウムや鉄、カリウムなどのミネラル、葉酸も含んでいるので、様々な料理に活用して、積極的に食べたい野菜です。 オクラの特徴であるネバネバした食感は食物繊維のペクチンや、糖タンパクの働きによるものです。 体内で水分を吸って膨らみ、腸の動きを活発にするほか、タンパク質の消化吸収を助ける働きがあるとされ、夏バテ予防・スタミナアップに効果があると言われています。 オクラの調理法について どんどん食べたいオクラですが、調理の仕方が分からないから手を出せないという人もいるのではないでしょうか。 そんな人も、下処理の仕方さえ覚えてしまえば簡単に食卓にプラスすることができます。 オクラには固い産毛が生えているのでそのままでは食感が悪く、塩をまぶしてこすることで産毛を取って滑らかな食感にすることができます。 生のまま輪切りにしてサラダとして食べるときにおすすめです。 塩を洗い流さず2分ほど下茹ですると、生で食べるより歯触りが柔らかくなり炒め物や煮物、揚げ物、焼き物など幅広い料理に使えます。 細かく刻むほど粘り気が出てくるので、よく叩いてソース状にしたものを冷ややっこに掛けたり揚げ物のソースにしたりしてもおいしいです。 野菜嫌いな子供もパクパク食べてくれるオクラレシピです。 アスパラの肉巻きはよくありますが、アスパラをオクラに替えるとねばねばな食感がたまらない肉巻きになりますよ。 薄切りの豚肉で産毛を取ったオクラを巻き、片栗粉をまぶします。 フライパンで肉に色が付くようにこんがり焼きます。 合わせておいたしょうゆ、みりんなどをフライパンに入れ、煮詰めたら完成です。 オクラの緑が色鮮やかな、ウィンナーとの炒め物レシピです。 材料2つでとっても簡単、あっという間にできます。 フライパンで、斜め切りしたウィンナーを炒めます。 下茹でして斜め切りしたオクラも加え、さらに炒めます。 塩こしょうで味付けし仕上げにバターを落として溶かしたら出来上がりです。 シンプルな味付けでオクラのねばねばとウィンナーの塩気が引き立ちます。 ねばねば系の野菜の代表格がオクラです。 オクラは夏野菜で、夏バテや冷たいものの食べ過ぎで弱った胃を回復する効果があります。 オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタン・アラバン・ペクチン、といった食物繊維になります。 特にペクチンは整腸作用を促し、腸内の善玉菌を増やしてくれます。 体にいい栄養素を含んだオクラは和食にもよく合い、独特の形が料理のアクセントにもなります。 ねばりがある以外には特に臭みなどなく食べやすい野菜なので、料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特の形がおしゃれなオクラは、料理のアクセントにぴったりの野菜です。 カットすると可愛らしい星型で、七夕の料理にもよく使われます。 オクラは独特の粘りがありますが、このねばねばはペクチンと呼ばれ粘膜を保護して細胞の活性化に役立ちます。 オクラはアフリカが原産で暑さに強く、夏を代表する野菜として知られています。 他の夏野菜と一緒に食べると、さらに栄養バランスよく食べられますよ。 独特のねばねばがある以外は味や臭いに癖がなく、どんな料理にも合わせやすいです。 今回はオクラを使った煮る料理を紹介しています。 ぜひオクラを使う際は参考にして下さい。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特な形がユニークなオクラは、料理のアクセントにもなるおしゃれな雰囲気の野菜です。 オクラをカットすると星型のような可愛い形で、七夕の献立にもよく使われますね。 ねばねばとした食感がありますが、味や臭いにくせがなく食べやすいのが特徴です。 オクラは元々アフリカ大陸の植物で、暑い国から来た野菜なので旬の時期も夏になります。 オクラのねばねばはペクチンと呼ばれ、水に溶けるタイプの食物繊維で細胞の活性化に役立つと言われています。 オクラはさまざまな料理に使われますが、今回はオクラを蒸すレシピを厳選して紹介します。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 夏を代表する野菜と言えばオクラ。 アフリカ原産の野菜で、独特の形と粘りが特徴で、カットすると星型に見えるので七夕の料理にもよく使われます。 硬さがあるので火を通して使い、湯がいて冷水でしめてサラダに使うこともできます。 そのまま一本丸ごと使うこともでき、揚げ物、炒め物などあらゆる料理に使えてアクセントになります。 オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。 料理に一つ添えるだけでおしゃれな仕上がりになる、とっても便利な野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特の形が印象的なオクラは、そのまま1本使うと料理のアクセントになります。 食べるとぬめりがあり、ネバネバ系を代表する野菜として納豆やとろろなど他の粘りのある食材とよく合わせて使われます。 硬さがあるため必ず火を通して料理に使い、炒め物や揚げ物、煮物などさまざまな料理に使うことができます。 和食から洋食までどんな料理にも合わせやすく、特徴的な形や粘りがあるにもかかわらず好き嫌いの分かれない野菜です。 オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

オクラの茹で方のまとめ(下処理や時間など):白ごはん.com

オクラ 料理

独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。 夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。 緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。 南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。 鹿児島県で最も多く栽培されています。 輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。 オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 オクラの栄養素について オクラは何を隠そう野菜の中でも群を抜いて栄養価が高い緑黄色野菜のひとつ。 ビタミン群、カルシウムや鉄、カリウムなどのミネラル、葉酸も含んでいるので、様々な料理に活用して、積極的に食べたい野菜です。 オクラの特徴であるネバネバした食感は食物繊維のペクチンや、糖タンパクの働きによるものです。 体内で水分を吸って膨らみ、腸の動きを活発にするほか、タンパク質の消化吸収を助ける働きがあるとされ、夏バテ予防・スタミナアップに効果があると言われています。 オクラの調理法について どんどん食べたいオクラですが、調理の仕方が分からないから手を出せないという人もいるのではないでしょうか。 そんな人も、下処理の仕方さえ覚えてしまえば簡単に食卓にプラスすることができます。 オクラには固い産毛が生えているのでそのままでは食感が悪く、塩をまぶしてこすることで産毛を取って滑らかな食感にすることができます。 生のまま輪切りにしてサラダとして食べるときにおすすめです。 塩を洗い流さず2分ほど下茹ですると、生で食べるより歯触りが柔らかくなり炒め物や煮物、揚げ物、焼き物など幅広い料理に使えます。 細かく刻むほど粘り気が出てくるので、よく叩いてソース状にしたものを冷ややっこに掛けたり揚げ物のソースにしたりしてもおいしいです。 野菜嫌いな子供もパクパク食べてくれるオクラレシピです。 アスパラの肉巻きはよくありますが、アスパラをオクラに替えるとねばねばな食感がたまらない肉巻きになりますよ。 薄切りの豚肉で産毛を取ったオクラを巻き、片栗粉をまぶします。 フライパンで肉に色が付くようにこんがり焼きます。 合わせておいたしょうゆ、みりんなどをフライパンに入れ、煮詰めたら完成です。 オクラの緑が色鮮やかな、ウィンナーとの炒め物レシピです。 材料2つでとっても簡単、あっという間にできます。 フライパンで、斜め切りしたウィンナーを炒めます。 下茹でして斜め切りしたオクラも加え、さらに炒めます。 塩こしょうで味付けし仕上げにバターを落として溶かしたら出来上がりです。 シンプルな味付けでオクラのねばねばとウィンナーの塩気が引き立ちます。 ねばねば系の野菜の代表格がオクラです。 オクラは夏野菜で、夏バテや冷たいものの食べ過ぎで弱った胃を回復する効果があります。 オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタン・アラバン・ペクチン、といった食物繊維になります。 特にペクチンは整腸作用を促し、腸内の善玉菌を増やしてくれます。 体にいい栄養素を含んだオクラは和食にもよく合い、独特の形が料理のアクセントにもなります。 ねばりがある以外には特に臭みなどなく食べやすい野菜なので、料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特の形がおしゃれなオクラは、料理のアクセントにぴったりの野菜です。 カットすると可愛らしい星型で、七夕の料理にもよく使われます。 オクラは独特の粘りがありますが、このねばねばはペクチンと呼ばれ粘膜を保護して細胞の活性化に役立ちます。 オクラはアフリカが原産で暑さに強く、夏を代表する野菜として知られています。 他の夏野菜と一緒に食べると、さらに栄養バランスよく食べられますよ。 独特のねばねばがある以外は味や臭いに癖がなく、どんな料理にも合わせやすいです。 今回はオクラを使った煮る料理を紹介しています。 ぜひオクラを使う際は参考にして下さい。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特な形がユニークなオクラは、料理のアクセントにもなるおしゃれな雰囲気の野菜です。 オクラをカットすると星型のような可愛い形で、七夕の献立にもよく使われますね。 ねばねばとした食感がありますが、味や臭いにくせがなく食べやすいのが特徴です。 オクラは元々アフリカ大陸の植物で、暑い国から来た野菜なので旬の時期も夏になります。 オクラのねばねばはペクチンと呼ばれ、水に溶けるタイプの食物繊維で細胞の活性化に役立つと言われています。 オクラはさまざまな料理に使われますが、今回はオクラを蒸すレシピを厳選して紹介します。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 夏を代表する野菜と言えばオクラ。 アフリカ原産の野菜で、独特の形と粘りが特徴で、カットすると星型に見えるので七夕の料理にもよく使われます。 硬さがあるので火を通して使い、湯がいて冷水でしめてサラダに使うこともできます。 そのまま一本丸ごと使うこともでき、揚げ物、炒め物などあらゆる料理に使えてアクセントになります。 オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。 料理に一つ添えるだけでおしゃれな仕上がりになる、とっても便利な野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特の形が印象的なオクラは、そのまま1本使うと料理のアクセントになります。 食べるとぬめりがあり、ネバネバ系を代表する野菜として納豆やとろろなど他の粘りのある食材とよく合わせて使われます。 硬さがあるため必ず火を通して料理に使い、炒め物や揚げ物、煮物などさまざまな料理に使うことができます。 和食から洋食までどんな料理にも合わせやすく、特徴的な形や粘りがあるにもかかわらず好き嫌いの分かれない野菜です。 オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の