ジューダス 廻 副 友情。 【モンスト攻略】ジューダス廻戦攻略と適正モンスター紹介/凶禍の接吻、背徳の咎・廻 [ファミ通App]

【モンスト攻略】ジューダス廻のギミックと適正キャラランキング【超絶・廻】

ジューダス 廻 副 友情

攻略Twitter 攻略情報一覧• 最新ニュース・速報• ランキング 注目ランキング• その他のランキング• ガチャイベント• 定期開催ガチャ• クエスト攻略• ルシファー絶望の夜明け• EXステージ等• 英雄の神殿• ノマクエ・ランク上げ• システム関連• チェッカーツール• お役立ち情報• 育成素材の入手方法• 初心者おすすめ記事• オールスター感謝ガチャが開催中! 『楊セン』の獣神化決定! フラパの代わりとなるイベントが開催決定! モンストジューダス廻 ジューダス回 」の評価とおすすめの副友情 当たり友情 を紹介しています。 「ジューダスかい じゅーだすかい 」におすすめのわくわくの実も紹介しておりますので、キャラ評価や育成にご活用ください。 詳細な評価は下記リンクより無印ジューダスのページをご覧ください。 ジューダス廻におすすめの副友情は? ジューダス廻の副友情は以下の5種類の中からランダムで付与されます。 属性の乗る友情はいずれも闇属性です。 副友情コンボ一覧とおすすめ度 Sランク 理由 スピードアップS 味方の火力の底上げ可能 Aランク 理由 超強次元斬 雑魚処理の後押しに 電撃 Bランク 理由 クロスレーザーS 威力に期待ができない エナジーサークルS おすすめ副友情アンケート 【違いの簡易表】 ・基本性能は無印と同じ ・わくわくの実を1つ付けることが可能 ・副友情がある 全5種類 ・無印でラック上げが可能 ・星6状態でドロップ 進化素材が不要 廻は無印の完全上位性能 アビリティ・メイン友情・ステータス・SSなど基本的な性能は無印ジューダスと全く同じです。 大きな違いは「 副友情の搭載」と「 入手時点で 英雄の証を1つ所持」の2点です。 無印ジューダスにこの2つの要素が追加されるので、性能はほぼ完全な上位互換と言えます。 同キャラ伝染攻撃の出現しないクエストで廻よりも無印を編成したい場面はありません。 無印を合成してもラックを上げられる ジューダス廻は無印ジューダスとの合成でラックを上げることができます。 そのためジューダス運極を目指す方も、すでにジューダス運極が完成している方も、性能重視であればジューダス廻に無印ジューダスを合成していきましょう。 進化素材が不要 ジューダス廻は、クエストクリア後の「ノーコンボーナス」のみから入手できます。 その時点で星6、すなわち進化後ジューダスと同じ状態なので、本来必要となる獣神玉2個などの進化素材が必要ありません。 32 ゲージ成功 28586 キラー発動 42879 ジューダス廻のSS・メイン友情 SS(ストライクショット) キッス・オブ・ジューダス 24ターン 敵にふれる毎に雷がランダムで敵を攻撃 友情コンボ エナジーサークルL 威力 13259 サークル状の属性大エナジー攻撃 ジューダス廻のサブ友情 下記の5種類の中からランダムで1種類がついてきます。 どれになるかは運次第です。 なお属性の乗る友情は全て「闇属性」です。

次の

【モンスト】今日は「焔摩天廻」が初降臨! ギミックをチェック!!

ジューダス 廻 副 友情

攻略Twitter 攻略情報一覧• 最新ニュース・速報• ランキング 注目ランキング• その他のランキング• ガチャイベント• 定期開催ガチャ• クエスト攻略• ルシファー絶望の夜明け• EXステージ等• 英雄の神殿• ノマクエ・ランク上げ• システム関連• チェッカーツール• お役立ち情報• 育成素材の入手方法• 初心者おすすめ記事• オールスター感謝ガチャが開催中! 『楊セン』の獣神化決定! フラパの代わりとなるイベントが開催決定! モンストジューダス廻 ジューダス回 」の評価とおすすめの副友情 当たり友情 を紹介しています。 「ジューダスかい じゅーだすかい 」におすすめのわくわくの実も紹介しておりますので、キャラ評価や育成にご活用ください。 詳細な評価は下記リンクより無印ジューダスのページをご覧ください。 ジューダス廻におすすめの副友情は? ジューダス廻の副友情は以下の5種類の中からランダムで付与されます。 属性の乗る友情はいずれも闇属性です。 副友情コンボ一覧とおすすめ度 Sランク 理由 スピードアップS 味方の火力の底上げ可能 Aランク 理由 超強次元斬 雑魚処理の後押しに 電撃 Bランク 理由 クロスレーザーS 威力に期待ができない エナジーサークルS おすすめ副友情アンケート 【違いの簡易表】 ・基本性能は無印と同じ ・わくわくの実を1つ付けることが可能 ・副友情がある 全5種類 ・無印でラック上げが可能 ・星6状態でドロップ 進化素材が不要 廻は無印の完全上位性能 アビリティ・メイン友情・ステータス・SSなど基本的な性能は無印ジューダスと全く同じです。 大きな違いは「 副友情の搭載」と「 入手時点で 英雄の証を1つ所持」の2点です。 無印ジューダスにこの2つの要素が追加されるので、性能はほぼ完全な上位互換と言えます。 同キャラ伝染攻撃の出現しないクエストで廻よりも無印を編成したい場面はありません。 無印を合成してもラックを上げられる ジューダス廻は無印ジューダスとの合成でラックを上げることができます。 そのためジューダス運極を目指す方も、すでにジューダス運極が完成している方も、性能重視であればジューダス廻に無印ジューダスを合成していきましょう。 進化素材が不要 ジューダス廻は、クエストクリア後の「ノーコンボーナス」のみから入手できます。 その時点で星6、すなわち進化後ジューダスと同じ状態なので、本来必要となる獣神玉2個などの進化素材が必要ありません。 32 ゲージ成功 28586 キラー発動 42879 ジューダス廻のSS・メイン友情 SS(ストライクショット) キッス・オブ・ジューダス 24ターン 敵にふれる毎に雷がランダムで敵を攻撃 友情コンボ エナジーサークルL 威力 13259 サークル状の属性大エナジー攻撃 ジューダス廻のサブ友情 下記の5種類の中からランダムで1種類がついてきます。 どれになるかは運次第です。 なお属性の乗る友情は全て「闇属性」です。

次の

【モンスト攻略】ジューダス廻のオススメの副友情&わくわくの実まとめ [ファミ通App]

ジューダス 廻 副 友情

魔封じが活躍 ボス種族は魔人。 ザコ敵に魔族も多いため、両種族をキラー対象にする魔封じ持ちがいれば効率的にダメージを狙える。 ただし、Two for all(獣神化)は広範囲に強力な火力を出せるため、対応は地雷だけながらもっともオススメだ。 シンクロを持つシンジ(獣神化・改)なども活躍できるが、バリア展開時は防御アップフィールドの効果を得られないため、立ち回りには注意したい。 ステージ1 1. 魔導士を倒す 2. 中ボスを撃破 魔導士を倒すと、それぞれの属性に対応したビットンが防御アップフィールドを展開する。 中ボスのマミーが、中央数字の攻撃で強力なレーザーを放つため、フィールド内に留まるように戦おう。 ステージ2 1. 魔導士を倒す 2. 残りのザコ敵を倒す ハングリンを倒すとヒーリングウォールが展開する。 ドドクロナイトは2ターン後に高威力のホーミングを放つので、攻撃前に倒すか防御アップフィールド内に留まろう。 なお、魔導士はほかのザコ敵をすべて倒すと撤退するため、蘇生した際はムリに対処する必要はない。 ステージ3 1. 魔導士とアビロッカーを倒す 2. ハングリンを倒す 3. 中ボスを撃破 中ボスのビゼラーが中央数字の攻撃で近くの味方にレーザーを放つ。 早めに魔導士を倒して防御アップフィールド内に留まろう。 また、アビリティが発動しなくなるのを避けるため、アビロッカーは左数字の攻撃をくり出す前に倒したい。 ステージ4 1. 魔導士を倒す 2. ハングリンを倒す 3. ドドクロナイトを倒す 4. 中ボスを撃破 このステージでは、魔導士の全滅で3つの防御アップフィールドが展開する。 中ボスを直接攻撃する際は、移動後のほうがオススメだ。 ステージ5 1. ドドクロナイトを倒す 2. ハングリンを倒す ドドクロナイトの一斉攻撃を受けると非常に危険な状態になる。 友情も活かしつつ、早めに倒していこう。 ダメージを受けた場合は、ハングリンを倒したときに展開されるヒーリングウォールで回復しておきたい。 ボス1 1. 魔導士を倒す 2. マミーを倒す 3. 残りのザコ敵を倒す 4. ボスを撃破 魔導士以外の敵が2ターン後に一斉に攻撃を放つうえ、ヒーリングウォールによる回復ができない。 とくにボスとマミーのレーザーが危険なため、防御アップフィールド内に留まる立ち回りを心がけよう。 ボス2 1. 魔導士を倒す 2. 残りのザコ敵を倒す 3. ボスを撃破 アビロッカーは左数字の攻撃をくり出す前に必ず倒そう。 反射タイプは、魔導士とアビロッカーのあいだを狙うことで、防御アップフィールド内に止まりやすい。 HPが減った際はヒーリングウォールで小まめに回復しておくこと。 ボス3 1. 魔導士を倒す 2. 残りのザコ敵を倒す 3. ボスを撃破 引き続き魔導士を優先して倒す。 友情を発動しつつの立ち回りを意識するといい。 SSが溜まっていれば、ザコ敵やボスにダメージを与えるために、初手から温存せず使っていきたい。 ボスの残りHP次第では、復活した魔導士をムシして集中攻撃するのもアリだ。 あわせて読みたい ルシファー 絶望の夜明け 映画公開決定記念.

次の