大学 教授 メール アポ。 【実際のメールあり】教授に研究室訪問のアポイントをとる方法

【実際のメールあり】教授に研究室訪問のアポイントをとる方法

大学 教授 メール アポ

大学院入試の準備段階において、まず済ませておきたいのが研究室訪問です。 特に他大学大学院の受験を考えている場合、指導教授との相性を確認するという意味でも必ずしておきたいところです。 研究室訪問の時期は人によって様々ですが、4回生の5月、6月頃までには済ませておきましょう。 7月以降になりますと、本格的に大学院入試が始まりますし、夏休みが近づくにつれ、教授もだんだん忙しくなり、大学内にいないことが多くなるからです。 ところで、コンタクトメールの書き方がわからなかったり、何を話せばいいのか分からないという話が当時いた大学院の中でも話題になったことがあります。 研究室訪問において注意すべき点は大きく3つです。 事前調査• アポ取り(メール)• 研究室訪問の準備 その他にも細かい注意点はありますが、今回の記事では主にこの3点について説明していきたいと思います。 これから他大学の大学院入試を準備している方、研究室訪問を控えている方の参考になれば幸いです。 そもそも研究室訪問は必須なのか 院試の合否には影響しないというのが大学側の立場です。 原則は試験の成績によって入学者は選抜されます。 が、大学院の世界は一般の学部入試と異なり、成績だけではどうにもならないこともあるのもまた事実です。 一番わかりやすい例が、他大学出身の院生を一切採用しないというスタンスの大学院。 過去の入学者データを見てみると、他大学出身者がゼロという大学をたまに見かけることがあります。 私の友人のひとりが他大学大学院の臨床心理学の研究室に入ったのですが、彼以外の院生は全員、その大学出身者だったそうです。 最初は居心地が悪いとぼやいていましたが、結局、博士後期課程まで進学しています。 ですので、他大学の大学院入試を準備する前に、 必ず過去入学者のデータは確認しておきましょう。 万が一、情報が公開されていなければ、事務に問い合わせるか、一番手っ取り早いのはそれこそ研究室訪問で尋ねてみることです。 ぶっちゃけ教授は研究室訪問をどう考えているのか さて、話を研究室訪問に戻しますと、教授の多くは研究室訪問を肯定的に捉えているようです。 中には研究室訪問をしなかった学生を受け入れないという先生もいらっしゃいました。 これはうちの指導教授が話していたのですが、「面識のない学生を受け入れるのは少し抵抗がある」のだそうです。 面接で「初めまして」という学生よりは、説明会や研究室訪問で見知っている学生の方を採りたくなるのも気持ちとしてはわかる気もします。 ところで、中には研究室訪問を好ましく思っていない先生もおられるようです。 「入試の結果には全く関係ないからね」と念を押される先生もいます。 再度強調しておきますが、研究室訪問の有無は原則として合否に影響しません。 ですが、面接時に教授の印象に残るか、残らないかという部分においては、研究室訪問は合否の判断基準に影響を与えるといえます。 曖昧な書き方になりますが、これはもう神のみぞ知るという世界です。 ただし、研究室訪問は教授、学生双方にとってメリットがあるという点だけは断定できます。 教授にとっては自分の研究に興味を持ってくれているだけでも内心嬉しく思っているでしょうし、自分の指導方針(研究分野や手法など)と合わない学生はこの段階で除外することができます。 学生にとっても教授との相性を確認する貴重な機会です。 万が一、研究室訪問を拒絶しているところがあれば、入学説明会に足を運んでみるか、そうでなければ候補から除外しましょう。 事前調査でやっておくべきこと まずは情報収集から始まりますが、世の中には多くの大学院と研究室が存在します。 それをいちいち全部調べるのにはけっこう時間がかかります。 まずは、自分の大学の指導教授と相談してみることです。 前回記事の「」では言及しませんでしたが、指導教授と相談することなく、大学院へ進学するというのはNGです。 特に他大学大学院への進学が事後報告になってしまったり、教授の反対を押し切っての進学となると、関係がかなり悪化します。。 私の場合、4回生になってから進学に関する相談に乗っていただきました。 他大学院へ進学するかどうか悩んでいたのですが、様々な視点からアドバイスをしていただき、本当に感謝しています。 次にやったのが先行研究と文献の調査です。 巻末の参考資料リストから、著者と所属先を調べ、候補を絞って行きました。 その際に年齢もチェックしておきましょう。 60代ですと退官が近いので、途中で指導教授が交代になるということがあるからです。 それと、若手の教授であれば海外留学していたり、在学中に海外に出て行かれるケースがあります。 私も実は試験が終わった後、教授から1年間、海外研修にいくことが急遽決まったと伝えられ、申し訳ないと頭を下げられたのですが、、まぁ、M2のときではなかったのが幸いでした。 研究室訪問のアポ取りメール ネットで検索してみると、研究室訪問の添削や書式についての情報が溢れていますが、ビジネスメールのように堅い文章を書く必要はないと考えます。 もちろん、知人に送るような軽い文面もアウトですが、アポ取りメールで大事なポイントは、• 自己紹介• 目的 少なくともこの2点が明確であれば、多少ぎこちない日本語でも問題ありません。 たとえば、以下のような感じで送ります。 件名:研究室訪問に関するお願い 〇〇大学大学院〇〇研究科 〇〇先生 突然のご連絡失礼いたします。 〇〇大学〇〇学部4回生の〇〇と申します。 私は現在、〇〇というテーマで卒業論文の執筆を準備しており、将来的には博士前期過程に進学し、〇〇についてより深く研究したいと考えております。 〇〇先生の研究論文をいくつか拝見し、先生のもとで研究したいと思うようになりました。 そこで、突然ではありますが、研究内容や進学のことに関しましてお話させていただきたいと思い、研究室訪問についてのご連絡を差し上げたしだいです。 ご多忙の中、大変申し訳ありませんが、ご時間を割いていただけないでしょうか。 それではご連絡をお待ち致しております。 自分の名前 E-mailアドレス 自己紹介の部分をもう少し詳しく説明しても構わないと思いますが、最初のメールで自分のことを長々と書いてしまうと、失礼だと思われるかもしれないので注意が必要です。 また、なぜその研究に興味を持ったのかも簡潔に書いておくといいかもしれません。 おそらく、研究室訪問時に質問されると思いますが一応。 研究室訪問の準備 アポイントがとれたら、あとは直接お会いして話を聞いてみるだけです。 あらかじめ質問しておきたいことをメモしておきましょう。 ところで、「教授と研究について話し合えるのか」と心配する方もおられるようですが、安心してください。 この段階では、詳細な研究計画について話すことを求められていませんし、あまり期待もしていません。 なぜその研究テーマに興味があるのかを確認される程度です。 以下は研究室訪問時にチェックすべき点です。 教授との相性 ある意味、研究室訪問の一番の目的といっていいかもしれません。 ホームページの写真や論文の内容だけでは、どのような人なのかわかりませんが、一度会って話してみると、だいたいどんな人なのかがわかるはずです。 もちろん、10分、20分の短い時間では相性の良し悪しはわからないと思いますが、ものすごく不機嫌であったり、横柄な態度であったりするなら、指導スタイルもそんな感じです。 第一印象が全てではありませんが、それでも第一印象の良し悪しは重要な判断基準です。 少なくとも、2年間はお世話になるわけですし、指導教授は慎重に選ばれることをお勧めします。 (もちろん、これは訪問する学生の側にも当てはまりますので、くれぐれも失礼のないよう最低限のマナーには気を付けましょう。 ) 院生の話 研究室訪問の主目的は教授に会うことですが、研究室の院生の方と話してみることも大事です。 運が良ければ、教授が研究室を案内し、院生の1人、2人紹介してくれますが、そうではない場合、教授にお願いしてみましょう。 不躾なお願いだと思われるかもしれませんが、 それだけ大事だということです。 院生にもよりますが、基本的にこれから入ってくる後輩に対しては好意的な人が多いです。 こちらが聞かなかったこと(裏情報)まで教えてくれたりします。 もし教授が同席していなかったら、教授がどんな人なのか質問してみてもいいかもしれません。 思わぬ本音を聞き出せるかもしれません(笑) 冗談はさておき、院生の方に時間をとってもらったら、 院試についてアドバイスを求めるのがいいと思います。 これも運がよければ過去問のコピーをもらえたり、参考書を見せてもらえたりします。 院生研究室 これは私の個人的な趣向でもあったのですが、やっぱり院生研究室って気になりますよね。 院生ひとりひとりに個人デスクがあるのか、それとも共同で使うのか。 研究室の広さはどのくらいなのか。 ポットとコーヒーは用意されているのか否かなど(笑) これは本当に大学の財力によってピンキリなので、自分が将来的にお世話になるであろう院生研究室についてもしっかり確認しておいた方がいいと思います。 まとめ 以上が研究室訪問のおおよその流れになります。 あと、研究室訪問の翌日にはお礼のメールを送っておくとよいでしょう。 これも一種のマナーです。 それと、大学院入試説明会が開催されていれば必ず行くようにしましょう。 ここで教授や院生の話を聞くことができたら、研究室訪問をする必要性はなくなります。 まぁ、研究計画書の書き方のアドバイスをいただくという名目で研究室訪問をする手もありますが、研究計画書については別稿で述べたいと思います。 最後に服装とお土産についてですが、面接ではないので、服装は私服で問題ないです。 お土産もあってもなくてもいいと思いますが、先生個人に対する手土産は収賄行為と判断されるかもしれないので避けておいた方がよいでしょう。 どうしても持って行くのであれば、研究室の学生と食べられる和菓子なんかがいいかもしれませんね。 追記:大学院入試と英語対策 文系大学院(おそらく理系も)であれば、 大学院入試の際に必ず英語を受けることになると思います。 大学院によって出題傾向は異なりますが、読解と英作文が出題されることが多いと思います。 僕のように大学に入ってから英語の勉強を全くしなかった学生にとって、大学院入試はセンター試験以来の英語との戦いになります。 どうやって対策を練ればいいのか。 ひとつの方法としては、 英語試験の免除制度を活用すること。 大学院によっては、TOEICスコアを提出することで英語試験が免除されることもあるので、英語対策+あわよくば免除を狙ってTOEICの勉強を始めるのが効率的です。 (ちなみに大学院生の就活人気資格もTOEICだったりします).

次の

「教授へのメール」書き方とマナー!お礼の返信や謝罪の例文も

大学 教授 メール アポ

でもそこで困ってしまうのが、メールの文面。 さすがに友達にプライベートで送るような、メールの書き方にするわけにはいきません・・。 ビジネスマナーを踏まえた内容にする必要があります! 教授 に アポ を取る メールは、どのような内容にすればよいのでしょうか? そこで今回お伝えするのが・・・ アポ取りのメール例文 私は大学3年生の時に、研究室訪問の目的でアポ取りをメールで行いました。 ただし、大学生ということもり、普段からビジネス仕様のメールは書いていません・・。 そこで、アポの依頼から、教授から来たメールへの返信まで、 アポ取りメールの一連の流れをお伝えしていきます! 大学教授にメールを送る場面は、学生時代のどこかで必ず出てくるでしょう。 農学部生物資源学科3年の山田です。 〇〇先生が行っている「農作物との環境ストレスの関係に関する研究」に大変興味を持っております。 ぜひ一度研究室を訪問させていただき、研究内容の詳細についてお伺いしたいと考えております。 以下の日時の何れかで、訪問させていただくことは可能でしょうか。 10日(月)15時• 12日(水)14時• 13日(木)15時以降 お忙しい中お手数をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。 農学部生物資源学科 3年 山田 一郎 内容はもちろん大切ですが、 件名についても意識をすることが重要。 教授は一日に何通・何十通ものメールに目を通すことも多いもの。 そのため、一目でメールの内容がわかるような件名にすることが大切。 例文のように、 パッと見て概要が分かるようにしましょう。 教授の負担を少なくすると同時に、見落されるリスクを低くするもできますよ! アポの日程を提案する際には、 いくつか候補を挙げること。 相手にお願いをする際は、こちらが選択肢を用意し、相手に選んでもらう形式の方がよいです。 複数の選択肢を用意して、教授に都合の良いタイミングを選んでもらいましょう! アポ依頼のメールを送った後に、教授から返信メールが来ることでしょう。 ただし、ここで終わりではありません。 ご連絡いただきありがとうございます。 それでは以下の日時にて、研究室を訪問させていただきます。 日時:12日(水)14時 内容:研究室見学のための訪問 お忙しい中お時間をいただき、感謝申し上げます。 当日はよろしくお願いいたします。 農学部生物資源学科 3年 山田 一郎 連絡をくれたこと、そしてアポに応じてくれることに対して、お礼を述べましょう。 時間を割いて会ってくれるわけなので、アポに応じてくれることに関して、 感謝の気持ちを忘れないことが大切。 万が一、あなたの提案した日程の何れも都合が悪ければ、再度提案する必要があります。 最初に送ったメールのように、 候補日時をもう一度提示してくださいね。 日時を確定させるところまで頑張りましょう! ここまで、アポ取りのメールの流れについてお伝えしてきました。 実はアポ取りのメールでは、 意識すべきポイントがあります。 スポンサーリンク アポ取りのメールで意識すべき3つのポイント 教授へのアポ取りのメールでは、どんなことに意識すればよいのでしょうか? 特に大切なのが次の3つ。 それが・・・• 宛名の敬称は「先生」が無難• アポの目的を述べること• 日時の候補を提案すること メールの送信前に、これらの点はしっかりと確認しておくこと。 それぞれについて、詳しく見ていきましょう! 宛名の敬称は「先生」が無難 もしあなたと教授との距離が近く、あだ名やニックネームなどで呼んでいるかもしれません。 しかし、メールではマナーを踏まえる礼儀がとても大切。 宛名は「教授」でも問題ありませんが、 「先生」が無難です。 また、「先生」という敬称は、教授のみならず准教授・助教授・講師などの役職でも使用可能です。 つまり、 どの役職の方でも問題なく使うことができる敬称ということ。 教授のみならず、大学の先生にメールを送る際には「先生」を使うよう習慣づけておきましょう! アポの目的を述べること アポの目的が分からなければ、教授からOKをもらうことは非常に難しいでしょう。 時間を割いてもらうわけなので、 どんな目的なのかをしっかりと述べることが大切。 例えば・・・• 研究室の見学に関して• レポートの提出に関する相談• 授業中の疑問点について聞きたい などですね。 アポの目的が分かっていれば、教授も事前に準備でき、余計な時間を取らせなくて済みます。 貴重な時間を無駄にさせないためにも、事前にアポの目的を述べるのは忘れないでくださいね! 日時の候補を複数提案すること アポを取りたい 具体的な日時を複数個提案するようにしましょう。 もしも、あなたが気を遣ったつもりで、「教授の都合がよいタイミングで」と伝えたとします。 そうすると、教授からこのタイミングでと言われた時に、あなたが行けなかったらどうなるでしょうか? 教授に失礼ですし、プラスアルファのやり取りが増えてしまいます・・。 友達に送るような感覚で、ただ用件のみのメールは絶対にやめてくださいね! そして、アポを依頼するメールなので、 どんな目的かを入れましょう。 目的が分からなければ、色々な仕事を抱えている教授は、わざわざ時間を割いてくれないはず。 1つだけだと、教授の都合が悪ければアポを取れません。 就活は「 情報戦」であるため、有益な情報をいかに仕入れることが出来るかが大きな鍵。 そこで、登録必須のサービスである キャリアパーク就職エージェントについてご紹介しますね。 無料で活用できるので、 金銭的なデメリット0なのが大きな特徴です。 「キャリアパーク就職エージェント」を活用する大きな3つのメリットをご紹介しますね。 就活相談・ES添削・面接対策・企業紹介まで対応してくれます。 無料で利用できるので、活用しない手はありません。 就活から内定後までサポートを受けることができるため、就活に関する不安がグッと減るでしょう。 特に、面接は オンライン面接が主流となりつつあります。 自己流でオンライン面接に挑むのは、学校の試験に無勉強で挑むレベルです。 厳選された300社の中から、あなたに合う企業を紹介してもらうことができます。 ブラック企業を避け、 ホワイト企業への内定を勝ち取りましょう! このサービスを受けることができるのは、残念ながら 関東圏にお住まいの方のみです。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

【新卒採用】大学訪問を成功させるためにおさえておきたい3つのポイント

大学 教授 メール アポ

日本の大学は基本的に学生や教授に学校用のメールアドレスが配布されています。 そのため、教授や先生は基本的に学校のメールアドレスで仕事や学生に対してやりとりしていることが殆どです。 そういった理由から、できるだけ個人で使用しているメールアドレスは使用しないようにしましょう。 無断で連絡してしまうと送り先の教授や先生を不快にさせてしまったり、メールを見落とすことになり返信が届かないといったトラブルを起こしてしまう可能性があります。 大学に属している教授や先生は、色んな人々とメールアドレスなどで連絡を取り合っています。 そのため、分かりやすい内容で伝えることはなるべくはやく返信をもらうため以外にも円滑なコミュニケーションをとるために必要です。 内容をわかりやすくするのはなにも言葉遣いにこだわるだけでなく、適度に改行を入れるなどしても読みやすくすることができます。 送られる相手の立場になって読みやすくわかりやすい文章を送るように心掛けていくことで、社会に出ても円滑なコミュニケーションをとることができるでしょう。 これは大学だけでなく誰かしらにメールを送るうえでの基本的なマナーのひとつと言えます。 特に教授や先生は先にも触れたように多くの人と接しているわけですから、必ず身分を明かすようにしてください。 具体的な内容としては、氏名以外にも学年や学部といった所属を書き記します。 大切なのは一目で相手が誰だかわかるように意識することです。 身分に関してメールに記載するときは、必ず冒頭におくようにして、それから本題に入るようにすると相手にとって見やすい文章となります。 これは先に触れた「内容はわかりやすく」に共通したポイントとなっており、相手に対して物事を伝えるうえでも大切なマナーです。 学生と教授は異なる立場になりますから、できるだけ丁寧な文章を心がけましょう。 失敗例としてフランクな文章にしてしまったり、記号を用いてしまうことがありますが、これはマナー違反です。 目上の人とコミュニケーションをとっていることを意識して、丁寧な言葉遣いにするだけでなく正しい日本語を使うことを意識しましょう。 大学においてゼミは重要な科目のひとつであることから、教授や先生と学生が多く言葉を交わす内容のひとつでもあります。 そういったことから、ゼミに関して了解を得る際はその内容をしっかり明記しておきましょう。 教授や先生は多くの学生と交流しているわけですから、その内容を覚えていないことも多くありますので、了解を得る場合は詳しく内容を書くようにして了解を得えるようにしましょう。 先に紹介したゼミと同じように学生は課題に関して教授や先生と多くやりとりすることの多い内容です。 場合によっては自身の成績に大きく関わる内容になりますから、しっかりマナーを守るようにしましょう。 教授や先生によっては多くの講義を行っていることもありますので、より詳しい日時を書いておくとスムーズに質問の答えを得ることができるでしょう。 大学において教授や先生は忙しい身でありますから、突然の訪問は不躾になります。 そのため、あらかじめメールでアポイントメントをとるようにするのがマナーとなっています。 例文としては、「〇〇の件について研究室に訪問したいと考えております。 あくまでこちらの都合に合わせていただくわけなので、相手の都合が合うかどうか確認する意味合いを含んだ内容を送るようにしてください。 大学生活にとって課題の締め切りをまもれなかったり、単位を落としてしまったときなどの失敗をしてしまったときは教授や先生に対して謝罪しなければならない場面も出てきます。 そういったときの例文としては「〇〇といった理由で、締め切りが守れませんでした。 申し訳ございません」といった内容にすると良いでしょう。 どうして謝罪するのかについて自分の非を明確かつわかりやすく書き記すだけでなく、心を込めて誠意を持った謝罪の言葉を記すことが大切です。 こういった内容において返信を催促する場合に大切なのは、「どういった内容のものか」すぐにわかるようにしておくことです。 関連記事においては返信する際のビジネスマナーについて詳しく解説されています。 今後のやりとりしておいくうえでしっかりマナーを守れるように読んでおくと良いでしょう。 このケースの場合は、再度確認の旨を伝えるだけでなく、期限が迫っているなどの場合はそういった内容も丁寧に伝えておくことで相手に対して返信が欲しいことを伝えることができるでしょう。 内容としては、「先日にアポイントメントに関しての相談はご確認できましたか」といった確認から始まり、期限を伝えます。 それから伺うことが可能な日程を書き記しておきましょう。 このとき、一日だけでは相手の都合がつかないこともあるので、複数の日時を伝えるようにすることで、相手に猶予を与えてあげてください。 正しいマナーを理解して大学教授とのメールのやりとりをスムーズに行おう! 今回は、大学において教授や先生とのメールをやり取りする際のマナーについて詳しく解説しました。 内容はケースバイケースではありますが、基本的なマナーを守ることでスムーズな返信を行えるようにしましょう。 まずはしっかりマナーを理解して、円滑なコミュニケーションとしてメールを活用してください。

次の