メバル アクアパッツァ。 【簡単料理】釣れたメバルとカサゴのアクアパッツァのレシピ

釣ったメバルでアクアパッツァ!〆パスタも絶品のイタリアン釣りメシ

メバル アクアパッツァ

先日のメバリングでは予想以上の釣果に恵まれました。 釣ったメバルは釣り場で血抜きだけ済ませて持ち帰ったので当日は帰宅後、内蔵の処理と鱗取りを済ませて冷蔵庫に保存しておきました。 本当は釣りから帰ってその日の内に食べたかったのですが、釣り時間を予定以上に延長することになり帰宅が遅くなってしまったので断念しました。 次の日、白ごはんが大好きな私は刺身と煮つけを作りましたが、それでもまだ魚が残っているので、翌日は以前から挑戦してみたかったアクアパッツァを作ってみることにしました。 アクアパッツァとは何か? 簡単に言ってしまうと南イタリア発祥の魚介類の煮込み料理です。 一見イタリア料理店で食べるような料理に思えてしまいますが南イタリアでは家庭料理として親しまれている料理で、日本の家庭でも意外と簡単に作れてしまいます。 メバルの下処理 メバルの内蔵処理と鱗取りは非常に簡単です。 私は包丁を使いません。 必要なのは割り箸とスチールたわしです。 どちらも100均の物です。 まず、内蔵処理ですが壺抜きという方法で処理します。 割った割り箸をメバルの口に差し込み、エラを挟み込むように腹袋の奥まで箸先を進めていきます。 割り箸が奥まで到達したら割り箸をしっかりと握り、クルクルと3回転位回します。 後は割り箸をしっかりと握ったまま口から割り箸を引き抜くと内臓が取り出せます。 この時、滑って作業がやりにくい場合は布巾を魚に巻き付けて魚を掴むと作業はやりやすいですし、背びれなどが刺さって怪我をすることがないと思います。 下のリンク先にアジの壺抜きをしている動画がありますので、興味がある方は見てみてください。 内蔵が取り出せたらメバルの尻尾から頭に向かってスチールたわしで擦って鱗を取っていきます。 最後に水道水で腹袋の中と鱗をきれいに洗い流しキッチンペーパーで水気を拭き取れば下処理が終了です。 後は冷蔵庫で保管します。 アクアパッツァの材料と作り方 材料• メバル・・・2匹• アサリ・・・適量• ニンニク・・・1片• ドライトマト(フレッシュトマト、プチトマトでもOK)・・・適量• 塩・コショウ・・・適量• オリーブオイル・・・適量• ケーパー・・・小さじ1杯• 白ワイン・・・50㏄• 水・・・100㏄• ドライパセリ・・・適量 この中で聞いたことのない材料があるとすればケーパーではないでしょうか。 ケーパーはフウチョウボク科の植物の花のつぼみを酢漬けや塩漬けにしたものです。 スモークサーモンのマリネで薬味として良く使われています。 今回は風味づけに塩漬けの物を入れてみましたが無くても全く問題ありません。 作り方 まずは主役のメバルの両面に十字の切り込みを入れ、軽く塩コショウをします。 ケーパー、ニンニク、ドライトマトは粗みじん切りにし、アサリは砂抜きして洗っておきます。 フライパンにオリーブオイルをとニンニクを入れ、香りが出るまで炒めたらそこにメバルを入れて両面に焼き目を付けます。 メバルに焼き目が付いたらドライトマト、ケーパー、アサリを加え、白ワインを入れアルコールを飛ばしてから水を加えます。 アサリの口が開くと灰汁が出るので、灰汁を取り除き、メバルがフライパンに焦げ付かないようにたまにフライパンを揺すりながら、10〜15分位煮込んでいきます。 10分ぐらい煮込み煮汁に濃厚感がでたら火を止めます。 最後にお皿に盛り付け、色どりにドライパセリを振りかけて完成です。 シメのパスタ フライパンにはメバルとアサリから出た出汁を含んだ煮汁がまだ残っているので再びコンロに火を付けスープを温めます。 そこに少し硬めに茹でたパスタを加え、パスタに煮汁を絡めていきます。 パスタに煮汁が絡み、汁気か無くなったらお皿に盛り付け、ドライパセリを振りかけたらアクアパッツァパスタが完成です。 まとめ アクアパッツァは魚介類を美味しく食べることのできる調理法ですが、残った煮汁もとても美味しいです。 今回はアサリのうま味も加わり、特に美味しい煮汁だったのでパスタを加え頂きましたが、軽く焼いたフランスパンを煮汁に浸しながら魚と一緒に食べるのも良さそうです。

次の

【レシピ】失敗しない!春告魚「メバルのアクアパッツァ」の調理ポイントを丁寧に解説【献立】

メバル アクアパッツァ

白ワインと水で魚介を煮る、イタリア版「水炊き」です。 魚をふっくらと炊き上げるコツは、貝、トマト、オリーブ、にんにく、ケーパーのうまみを魚に吸わせるようにスープを回しかけながら、ゆっくり火入れしていくこと。 アンチョビや貝類に塩気があるため、最後に塩を加える必要はありません。 4人分/調理時間:約30分 材料・調味料 分量 下準備 鮮魚 カサゴ、真鯛、スズキなど白身魚 1尾 うろこ、えら、内臓、血合を除く あさり 20個 殻をこすり合わせて洗う ムール貝 8個 殻をこすり合わせて洗う にんにく 1片 縦に割って芯を除き、みじん切り アンチョビフィレ 2枚 ドライトマト ミニトマトで代用可 12個 ケーパー 大さじ2 ブラックオリーブ 12個 白ワイン 200cc 水 400cc イタリアンパセリ 適量 粗みじん切り エクストラバージンオイル 50ml タイム 1枝 塩 少々 こしょう 少々• 1 魚に塩と胡椒を振って下味をつける。 大きなフライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、魚の頭が右にくるようにおく。 表面に焼き色をつけ、裏面も同じように焼く。 2 フライパンの端でにんにく、アンチョビフィレを炒める。 アンチョビフィレは加熱させながらヘラでつぶす。 ケーパー、オリーブ、ドライトマトを加える。 3 あさり、ムール貝を入れたら強火にして白ワインを振り入れ、アルコール分を飛ばしながら貝の口が開くまで待つ。 タイムを加え、アルコール臭がしなくなったら、水を注ぐ。 4 15分ほど煮込む。 この間、魚が焦げつかないようにフライパンを揺ったり、貝類などのうまみを吸わせるようにスープをレードル お玉 で魚に回しかけながら火を入れていく• 5 スープの味がしっかりと感じられ、魚に火が通ったら、レードルとトングを使って皿に移す。 イタリアンパセリをちらし、エクストラヴァージンオイルを回しかけて、完成。 gnavi. 大きなフライパンにオリーブオイルを入れて中火にかけ、魚の頭が右にくるようにおく。 表面に焼き色をつけ、裏面も同じように焼く。 STEP2:フライパンの端でにんにく、アンチョビフィレを炒める。 アンチョビフィレは加熱させながらヘラでつぶす。 ケーパー、オリーブ、ドライトマトを加える。 STEP3:あさり、ムール貝を入れたら強火にして白ワインを振り入れ、アルコール分を飛ばしながら貝の口が開くまで待つ。 タイムを加え、アルコール臭がしなくなったら、水を注ぐ。 STEP4:15分ほど煮込む。 この間、魚が焦げつかないようにフライパンを揺ったり、貝類などのうまみを吸わせるようにスープをレードル お玉 で魚に回しかけながら火を入れていくSTEP5:スープの味がしっかりと感じられ、魚に火が通ったら、レードルとトングを使って皿に移す。 イタリアンパセリをちらし、エクストラヴァージンオイルを回しかけて、完成。 魚をふっくらと炊き上げるコツは、貝、トマト、オリーブ、にんにく、ケーパーのうまみを魚に吸わせるようにスープを回しかけながら、ゆっくり火入れしていくこと。 アンチョビや貝類に塩気があるため、最後に塩を加える必要はありません。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の

切り身で手軽に!スズキとアサリのアクアパッツァのレシピ・作り方

メバル アクアパッツァ

イタリア料理の定番、つうか漁師料理?であるメバルを使ったアクアパッツァです。 要するにイタリア風メバルとアサリの煮物。 メバルを使った料理ではこれが一番美味しいと思います(独断!(笑)) 基本的には、オリーブオイル・ニンニク・トマト・赤唐辛子が有れば簡単に出来ちゃいます。 後は好みの香草なんかでアレンジすれば自分なりのオリジナルが出来あがります。 塩の代わりにアンチョビを使っても美味しいです。 プチトマトの代わりにドライトマトを使うと、トマトの香りと甘みが増します。 サフランの代わりに等が良く使われています。 バジルの代わりにイタリアンパセリなどでも美味しく出来ます。 香草やアンチョビなどは好みで使ってください。 サフランはあらかじめ水に漬けて色と香りを出して置きます 漬けておく時間は30分程度。 メバルはウロコを落として内臓とエラを取り省いたら水洗いして水気をキッチンペーパーなどで拭き取って置きます。 特に腹の中とエラの内側は血などが残らないようにきれいにしてください。 血や内臓が残っていると雑な味になり臭みも出てしまいます。 魚下処理が終わったら、表面と腹の中に塩と白コショウを適量、満遍なく振っておきます。 冷めたフライパンに、みじん切りにしたニンニクと輪切りにした赤唐辛子、オリーブオイル大匙1を入れ、弱火で炒めます。 ニンニクは潰したものでもかまいませんが、みじん切りの方が香りが良くなります。 赤唐辛子は種を取り省いてください。 ニンニクの香りが出てきたら塩コショウをしたメバルを入れ、中火で両面に焦げ目をつけます。 この時、魚の中まで火が通る必要はありません。 表面に焼き色が付けばOKです。 スライスしたマッシュルームとザク切りにしたプチトマトを入れて軽く炒めたら、白ワインを入れて1分程度煮立たせます。 アサリを投入し、戻しておいたサフランを水ごと入れ、0. 5カップの水を入れたら蓋をして弱火にします。 煮立ってきてアサリが開いたら軽く味見をし、塩が足りないようなら味を見ながら塩を足します。 約10分程したら魚に火が通りますので、仕上げに手でちぎったバジルの葉(又はイタリアンパセリ)をまぶし、エクストラバージンオイル大匙1程度を回し入れ、30秒ほど蓋をして蒸せば出来上がりです。 今回はアンチョビとは使用していませんが、アンチョビとケッパーを使用すると香りとコクが強くなります。 今回のレシピは、サフランの香りとアサリの風味で上品な味になります。 ご飯よりもどちらかと言うとパスタやフランスパンによく合う料理です。 魚の焦げ目も良く付くし、火力も弱いままで調理でき、調理した物を取っ手を外せばそのまま食卓に出せるので便利です。 パエリアなんかにもあると便利ですよ! その上焦げ付かないので洗うのもとっても楽!一石三鳥の便利なフライパンです。

次の