コロナ ウイルス ワクチン いつ。 新型コロナ:新型コロナ収束のカギ、治療薬・ワクチンはいつ? (写真=ロイター) :日本経済新聞

新型コロナウィルスのワクチンはいつできるの?4月末時点の展望!│御パンダと合理天狗の雑記

コロナ ウイルス ワクチン いつ

バイオの専門情報が毎日届くメルマガ(無料)の登録はから 「日経バイオテク」の無料試読のお申し込みはからお進みください。 日本でも感染の拡大は止まっていない。 クルーズ船や中国からのチャーター機を除く感染者は3月9日12時時点で487人(うち49例の無症状病原体保有者)と、前日より数十人増えた。 目には見えないウイルスに対する不安感を背景に、マスクやトイレットペーパーなど生活用品を必要以上に買い占める騒動も起きている。 感染経路を追跡するのが困難な事案が国内でも増えており、現時点では終息が見通せない状況にあるのは紛れもない事実だ。 だが、本誌(日経バイオテク)はバイオテクノロジーの専門誌として、人類が新型コロナウイルスを克服するまでの道筋は、既にはっきり見えていると考えている。 本稿では、その根拠を順に説明したい。 新型コロナウイルスは全く未知のウイルスではない 新型コロナウイルスはその名の通り、コロナウイルスの1種である。 これまで人に感染するコロナウイルスは7種類見つかっている。 そのうちの4種は一般的な風邪の原因の10%から15%(流行期は35%)を占めており、ほとんどの場合は軽症に終わる。 残りの2種類は、2002年に発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)と2012年以降発生しているMERS(中東呼吸器症候群)だ。 そして7番目に発見されたのが、今回の「新型」コロナウイルスだ。 学術的には2019年に発見されたことから「2019-nCoV」や、SARSとの類似性から「SARS-CoV-2」と呼ばれている。 つまり今回のウイルスは「新型」ではあるが、人類がこれまで遭遇したことがないような全く「未知」のウイルスではない。 この点は非常に重要だ。 既知のウイルスではあれば、対処の仕方もある。 人類はこれまでにウイルスによる感染症を数多く克服してきた。 研究を重ねる中で、ウイルスの仕組みを把握し、それに応じた治療薬を開発してきた歴史がある。 ウイルスは単独では増殖できない。 そのため感染した細胞(宿主)の中に入り込み、自らの設計図とも言うべき核酸(DNAもしくはRNA)を複製する必要がある。 新型コロナウイルスと同じRNAウイルスであるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)を例に、そのプロセスを詳しくみてみよう。 HIVは(1)宿主細胞表面のレセプターを介して細胞に侵入し、(2)宿主細胞内でHIVの持つ逆転写酵素によってゲノムである1本鎖RNAから2本鎖DNAを合成する(逆転写)。 (3)生じた2本鎖DNAは宿主細胞の核内でHIVの持つインテグラーゼによって宿主のDNAに組み込まれる。 その後、転写・翻訳を経て、ウイルスゲノム由来の蛋白質が形成されるとHIVのゲノムRNAと集合して宿主細胞から放出される(出芽)。 (4)最後に、HIVのプロテアーゼにより蛋白質が切断されて、機能する蛋白質となることで成熟したHIVとなる。 この一連の増殖機構のうち、主に(1)から(4)のプロセスを作用点とした医薬品が既に治療に用いられている。 作用点の異なる複数の医薬品を併用する多剤併用療法(highly active anti-retroviral therapy: HAART)の普及によって、HIV感染者の予後は大幅に改善したと言われている。 複数の薬剤を組み合わせることから「カクテル療法」の俗称で呼ばれることもある。 既存の薬剤の転用なら迅速に対応できる HIVのプロテアーゼを阻害し(4)のプロセスに作用する抗HIV薬としては、米Abbvie社が開発した「カレトラ」(ロピナビル・リトナビル)がある。 大型哺乳類を用いた研究などから、ロピナビルとリトナビルの併用療法がコロナウイルス感染症の1種であるMERSに有効であることが示唆されている。 こうした知見から、今回の新型コロナウイルス感染症の患者に対して、ロピナビルとリトナビルの併用療法が本当に効くかどうかを確かめるため、中国で複数の臨床試験が進められている。 既に認可されている薬剤を別の疾患に転用することを「ドラッグリポジショニング」と呼ぶ。 これも今回のウイルスが既知のコロナウイルスであるからこそ、その感染プロセスを阻止するための戦略がすぐに立てられる。 既知の薬剤であれば、既にヒトに投与した実績があるため、安全性や体内動態が確認されている。 つまり全く未知のウイルスに対する治療薬をゼロから開発するのと比べて、治療薬を準備するまでの期間を大幅に短縮できるのだ。 インフルエンザのウイルスとの類似性から、新型コロナウイルス感染症への治療効果が期待されているのが富士フイルム富山化学の「アビガン」(ファビピラビル)だ。 インフルエンザウイルスは、宿主の細胞内に侵入後、(1)ウイルスの増殖に必要なゲノムRNAの複製や、蛋白質の合成に必要なmRNAの合成を行う。 mRNAが翻訳され蛋白質が合成されるなどしてウイルス粒子が作られ、(2)宿主細胞から遊離することで、他の宿主細胞に伝搬して増殖を繰り返す。 アビガンは(1)のプロセスに関わるRNAポリメラーゼを阻害してウイルスの増殖を抑え込めると考えられている。 米Gilead Sciences社が開発した「レムデシビル」もドラッグリポジショニングに近い事例といえる。 もともとエボラ出血熱の治療薬として開発が進められている抗ウイルス薬であるが、RNAポリメラーゼを阻害することが報告されている。 コロナウイルスの増殖にもRNAポリメラーゼが関わっているとされ、未承認ではあるが、アビガンと共に新型コロナウイルス感染症に対する有力な治療薬候補となっている。 こうした状況の中、既存の抗ウイルス薬を転用できないかを検証するために、世界各国で臨床試験が実施されている。 中国で実施されているレムデシビルの医師主導治験では、早ければ4月にも結果が分かる段階まできている。 開発元のGilead Sciences社も、中国の医師主導治験などを補完する目的で企業治験(第3相臨床試験)を3月から開始している。 Gilead Sciences社の広報担当者は、「レムデシビルの安全性については、エボラ出血熱を対象にした第2相試験で検証を進めている段階だ。 (新型コロナウイルス感染症に対して)いきなり第3相試験を開始するのは異例で、経験がない。 良好な結果が得られたとしてもその後どのように実用化するかは(承認取得の計画なども含めて)現段階では判断できない」と説明する。 ただし日本では医師は、未承認の薬物であっても患者に投与することができる。 種々の条件(適切な目的、有効性や安全性、科学的な妥当性、患者の同意など)が満たされた医療行為として認められれば、患者に対して投与できるのだ。 臨床試験の結果次第では、我々人類は新型コロナウイルスに対する治療手段を早期に獲得できることになる。 神奈川県が新型コロナウイルスの感染者の治療に当たっている神奈川県内の医療機関で、アビガンの使用を政府に要望したのも同じ考え方からだ。 関連記事: 新型コロナウイルスに感染しても多くは重症化していない 中国の研究チームが約7万人のCOVID-19患者を対象に実施した調査結果(2月17日に公開)によれば、患者の約80%が軽症で、致死率は2. 3%程度だという。 3月8日時点でWHOが公表した全世界の患者数(10万6893人)と死亡者数(3639人)から単純計算しても約3. 4%だ。 また、厚生労働省が公表している新型コロナウイルスに関する専門家の見解(3月2日時点)でも、感染が確認され症状がある患者のうち、約80%は軽症、14%が重症、6%が重篤であることがこれまでのデータから分かっているとしている。 3%程度の致死率を過去の感染症を比べてみる。 SARSの場合、感染者数は8000人以上、死者は700人を超えたので致死率は約10%となる。 MERSは、報告された患者数から推計すると致死率は約35%だ。 こうしたデータから、日本感染症学会と日本環境感染学会は2月13日、新型コロナウイルスの致死率は「SARSやMERSよりもずっと低く、今後さらに下がっていくだろう」とする見解を発表している。 専門家の間では、実際の致死率はもっとずっと低いという意見も出ている。 新型コロナウイルスは感染したとしてもほとんど症状が無く、軽症で済むケースが多いからだ。 感染に気付かなければそもそも医療機関に行くこともなく、自然治癒していく人も一定数以上いる。 つまり報告されている患者の数よりも実際の「感染者」の数はずっと多く、致死率の数字はさらに低くなるはずだ。 もっとも、致死率だけが、その疾患の危険度を示す指標ではない。 軽症例が多いほど、感染者が自身の感染に気付かずに、ウイルスを拡散してしまうリスクが高く、感染拡大を助長する要因となり得るのも確かだ。 感染を拡大させないために手洗いを敢行するなど、一人ひとりがすべきことは少なくない。 WHOが「終息宣言」を出すのはいつか 人類は、これまでの科学技術の発展や、過去の新興感染症の経験などから、病原体の解析やワクチン開発、臨床試験のノウハウなどを蓄積してきた。 こうした科学的な実績を踏まえれば、新型コロナウイルスを克服するための道筋は見えていると本誌は考えている。 もちろん新興感染症に対する課題は山積している。 ただ、そこで得た教訓は、次の新興感染症に立ち向かうための武器ともなり得る。 今は誤った情報や、偏った報道に流され、過剰に恐れるべきではないのではないか。 そのような問題意識から本稿を執筆した。 国立感染症研究所(感染研)などの資料によると、SARSの感染者が確認されたのは、2002年11月だった。 その後2003年4月にはSARSコロナウイルス(SARS-CoV)の全ゲノムが解読されたとみられる。 その後もSARS-CoVの研究が進められたが、WHOを中心に各国が協力し隔離や検疫が徹底された結果、治療法が確立しないまま、2003年7月には終息宣言が出された。 WHOはこれまで、最長潜伏期間の2倍の日数が経っても新規の感染者が発生しない場合、「終息宣言」を出してきた。 新型コロナウイルスの場合、現時点では潜伏期間は14日程度とされている。 上記の例を当てはめると、世界で1カ月間新しい感染者が出なければ終息宣言となる。 その日がいつになるのか現時点では分からない。 だが、既に述べたように全く希望も対処法も無いわけではない。 大事なのは、科学的な根拠に基づいて冷静に行動することではないか。 悲観からは何も生まれないはずだ。

次の

新型コロナウイルスのワクチン、いつ完成? 既存薬にも期待(The Telegraph)

コロナ ウイルス ワクチン いつ

【記者:Anne Gulland, Sarah Knapton】 感染症のまん延が迫る時、最初に湧いてくる疑問の一つは「ワクチンはあるのか?」だろう。 簡潔に答えると、「ない」。 より丁寧に答えると、これまで感染症に対し、今ほど世界中でワクチン開発に注力していたことはない。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は二つの型に変異し、感染力に差がある。 「S」型は症状が軽く感染力も弱いとみられるが、後から現れた「L」型は感染力が強く、確認された感染例の約70%が「L」型だ。 米国で1月21日に感染が確認された男性の遺伝子を解析したところ、両型に感染する可能性があることが明らかになった。 中国の研究者たちが、速やかに新型ウイルスの遺伝子配列を解析し公開したことは、ワクチンや抗ウイルス剤を開発し、治療方法や診断方法を構築するために時間と闘っている世界中の研究者たちにとって、恩恵となった。 いくつかの研究所ではワクチンの試作品を開発し、動物実験を行っている。 その多くが、4月には治験を始められると考えている。 安全性と効果が証明されれば、「実際の状況下で」治験が行われる。 それが成功すれば、来年初めには広範囲でワクチンが提供可能になる。 最大の障壁は、ワクチンの大量生産と供給だ。 もし、新型ウイルスの大流行が終わる前に準備できれば、世界中で大規模なワクチン配布が始まる前に、専門家が「キー・ポピュレーション(鍵となる人たち)」と呼ぶ医療従事者や危険にさられている人たち、患者と接触する人たちに向けて提供されるだろう。 しかし、医師らはワクチンよりも、抗エイズウイルス(HIV)薬や抗マラリア薬など既存の薬に希望を見出している。 中でも有望なのは、米製薬大手ギリアド・サイエンシズが開発した、広範囲で利用される抗ウイルス薬「レムデシビル」で、3月初旬から治験が始まった。 レムデシビルはエボラ出血熱の治療薬として開発された。 エボラ出血熱にかかった英スコットランド出身の看護師が、1年半後に合併症を発症した際の治療にも使われた。 米国の医師らは今年1月、新型コロナウイルス感染症にかかり、他の治療で改善しなかった男性患者に対し、初めてレムデシビルを使用した。 その後、男性患者は完治した。 抗エイズウイルス薬も選択肢の一つと考えられており、中国では少なくとも2件の研究が進行中だ。 また、タイでは3月初旬、抗エイズウイルス薬とインフルエンザ治療薬を組み合わせて使用した結果、48時間後にはコロナウイルスの検査で陰性が確認されたと、医師らが主張している。 専門家らは、新型コロナウイルスの変異によりワクチン開発が困難になるものの、開発は可能だと指摘する。 英ロンドン大学衛生熱帯医学大学院のデービッド・ヘイマン教授は「特に(コロナウイルスを含む)RNAウイルスに関しては、小さな変異は普通のことだ」と話している。 【翻訳編集】AFPBB News 「テレグラフ」とは: 1855年に創刊された「デーリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。 「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

次の

「早く、大量生産できる」新型コロナ国産ワクチン、年内供給を目指す。開発者に最新状況を聞いた

コロナ ウイルス ワクチン いつ

コロナウイルスのパンデミックに関する最新のニュースと情報については、WHOのWebサイトを参照してください。 医師と科学者は、世界中で248,000を超える死に関与しているコロナウイルスを阻止するワクチンを開発しようとしています。 COVID-19パンデミックは、世界の人口の60%から70%が免疫を持つまで社会を荒廃させると推定されています。 95以上のコロナウイルスワクチンが現在テストされており、そのうち7つはすでに臨床試験でテストされています。 つまり、より多くの科学者がパンデミックの歴史の中でこれまで以上に熱心かつ迅速にワクチンを見つけるために働いています。 しかし、現在開発中のワクチンの1つが有効であることが判明した場合でも、FDAの承認プロセスには通常1年以上かかります。 予測するのは時期尚早ですが、現在のパンデミックを終わらせるのを助けることができるコロナウイルスワクチンを開発するための競争について私たちが知っていることがここにあります。 始める前にもう1つ注意点があります。 この記事は、コロナウイルスワクチンに関する現在の研究を理解するのに役立つように作成されています。 医学的アドバイスを意味するものではありません。 コロナウイルステストの詳細については、 が近くのテストサイトを見つけます(ここ Apple Mapsユーザーのための別のオプション)。 ここで、 テストの資格があるかどうかと 家庭用のコロナウイルステストキットがない理由を確認できます。 このストーリーは、新しい情報が知られると頻繁に更新されます。 続きを読む:禁止の終了後、生命が正常に戻るのに必要なもの ワクチン101:ワクチンとは何か、それがどのように機能し、どれくらいの時間がかかるか? ワクチンは、コロナウイルスなどの病気からあなたを守る医療です。 ワクチンの作用の詳細については、CNETの科学編集者であるジャクソンライアンによるコロナウイルス治療の詳細な説明をご覧ください。 しかし、短くて甘いことは、ワクチンはあなたの体にすでに病気があると考えさせるので、あなたの体の自然な防御-免疫システム-がそれに対する抗体を作ります。 次に、感染した場合、体は気分が悪くなる前に抗体にウイルスと戦うよう促します。 再生中: 次をご覧ください: ワクチン、抗体検査、治療:科学から… 6:02 現在のコロナウイルスワクチンの状況 先週、ホワイトハウスは、迅速な追跡に焦点を当てた14のワクチンプロジェクトを特定したコロナウイルスワクチンタスクフォースの一種であるワープスピード作戦を発表しました。 このプロジェクトの目標は、2021年1月までに3億回分のワクチンを入手できるようにすることです。 これは、米国の主要な感染症専門家であるDr. アンソニー・フォーチ。 現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、中国を含む世界中の国々で97のワクチンプロジェクトがあります。 12件は既に臨床試験中であるか、今後数か月以内に開始されます。 これらの12のうち、オックスフォード大学は、2020年の秋までに準備ができると研究者が言っているワクチンで最前線にいるようです。 ワクチン候補のわずか6%が市場に出ました。 有望な候補者をキャンセルすることさえできる多くの問題があります。 たとえば、科学者がSARSワクチンを開発しようとしたときに何が起こったかを考えてみましょう。 それは失敗し、人々が病気にかかりやすくなりました。 デング熱に対するワクチンでも同じことが起こりました。 さらに悪いことに、コロナウイルスはウイルスの大きなクラスであり、これまでのところそれらのためのワクチンはありません。 しかし、この特定のコロナウイルスであるSARS-CoV-2には、研究者がワクチンウイルスに取り組むのに役立ついくつかのユニークな特徴があります。 たとえば、インフルエンザなどの一部のウイルスは迅速かつ頻繁に変異するため、毎年新しいインフルエンザワクチンが導入されています。 このコロナウイルスはそれをしていないようです。 ワクチンの準備ができたときに何が起こるかを確認するには時期尚早ですが、ウイルスはまだワクチン開発を混乱させるほど十分に変異しておらず、予期されていません。 ワクチンはどのようなステップを踏みますか?承認を受けるために通過する必要がありますか? 規則と規制は国によって異なりますが、一般的にほとんどの先進国では、ワクチン承認のための同様のプロトコルがあります。 以下は、FDAに基づく米国でのワクチンの承認方法です。 臨床試験を開始する前に:実験室で、動物モデルでのテストと製造プロセスの開発を含む潜在的なワクチンを研究および開発したらそして品質管理手順、それは臨床試験を始めるためにFDAに適用することができます。 フェーズ1の臨床試験:ワクチンは、少数(数十)の綿密に監視されたボランティアで安全性と有効性がテストされます。 フェーズ2臨床試験:ワクチンのさまざまな用量が数百人の人々でテストされています。 フェーズ3臨床試験:ワクチンの全体的な有効性を測定するために数千人の被験者が登録されています。 ワクチンが3つのフェーズすべてを通過する場合:検査機関は、ワクチンを製造してFDAに販売するためのライセンスを申請する必要があります。 このアプリケーションは、FDAと非FDAの両方の科学者によってレビューされます。 承認された場合: FDAが製造を注意深く監視している間、研究所はワクチンの製造を開始します。 フェーズ4:現時点ではワクチンが市販されている可能性がありますが、多くのワクチンがいわゆるフェーズ4研究を継続しており、FDAはワクチンの安全性と有効性の検討を続けています。 ワクチンができるまで、フェイスマスクや社会的距離などの安全対策は日常生活の一部である必要があります。 たとえば、治療法が大幅に進歩したおかげで、HIV患者は、HIV陽性でない人と同じ平均余命を期待できるようになりました。 コロナウイルスワクチンがなければ、正常への道はより困難でより長くなる可能性があります。 しかし、必ずしも不可能ではありません。 抗体検査を含むコロナウイルス検査、および接触追跡の取り組みを強化する必要があるでしょう。 ロックダウン措置はゆっくりと逆転する可能性が高いですが、都市や州は、フェイスマスクや社会的距離の必要性など、それらの処理方法に応じてそれらを戻す可能性があります。 最後に、世界の人口は、免疫のない人々を保護するために群れの免疫に必要な60%から70%の割合に達する可能性があります。

次の