ツイッター この メディア は 表示 しない よう に。 【Twitter】このメディアは、表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示されません。の解決方法

Twitterで、このメディアは表示しないように設定したコンテンツがふく

ツイッター この メディア は 表示 しない よう に

【 このメディアは、表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示されません。 】 という表示。 これはツイートを投稿した人の設定でそうなっています。 ここでは設定の変更方法を画像つきで説明します。 WEBブラウザとツイッターアプリとで扱いが異なるので注意してください。 アップデートで設定が勝手に切り替わった可能性が疑われています。 パソコンでのツイッター画像・動画の投稿の設定 PC画面の場合について説明します。 1:プロフィール欄の設定とプライバシー 左側のプロフィールアイコンの下「もっと見る」をクリック すると各種項目が表示されます。 「 設定とプライバシー」をクリックします。 2:設定とプライバシーのプライバシーとセキュリティ 「 プライバシーとセキュリティ」を押します。 すると各種設定項目が表示されるので、ページ下部にスクロールします。 3:「セキュリティ」項目 ページ下部にくると「 セキュリティ」項目欄があります。 これが自分のツイートを投稿するときに画像と動画がセンシティブ扱いされる原因です。 対応方法は以上です。 こちらについては以下で説明しています。 スマホ・携帯のコンテンツ表示の場合 スマホ・携帯(或いはタブレット)の場合、ツイッターアプリの場合と WEBブラウザからツイッターを見る場合の2種類あります。 WEBブラウザからツイッターを見る場合 この場合はiOSのsafariから設定を行っています。 こちらがスマホで見たWEBブラウザのツイッター画面です。 左上のプロフィールアイコンをタップします。 設定とプライバシーをタップすると画面遷移します。 プライバシーとセキュリティをタップします。 ちょっと下にスクロールすると、PCのときと同様の設定項目があります。 スマホの場合はこれでOKです。 何か「変更を保存する」というボタンがあるわけではありません。 また、ブラウザでの設定なので、スマホとPCとで設定は連動しています。 別々に設定変更をする必要はありません。 ツイッターアプリでの場合 実は、ツイッターアプリではこの設定変更画面はありません。 デフォルトでどのような設定になっているのかはわかりませんが、もしもアプリだけを使っているという方はWEBブラウザで設定してみてください。 まとめ• WEBブラウザの場合は所定の設定変更で対応可能• ツイッターアプリの場合は設定変更不可能 今回問題になった現象以外にも、WEBブラウザ上で行える設定次第で解決可能な問題が多くあるように思います。 普段はアプリからツイッターを利用している方でも、問題が生じたらWEBブラウザからアクセスしてみてはいかがでしょうか? 以上 Nathannate.

次の

Twitterで「このメディアは表示しないように設定~」が表示された時の解除方法

ツイッター この メディア は 表示 しない よう に

「このメディアは表示しないように設定~」を解除する方法 「このメディアは、表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示されません。 」と表示されるのは、ご自身のTwitterアプリで表示しないように設定してしまっているためです。 見る人が「表示する」をタップすれば表示されるのですが、流れの早いタイムラインの中でちゃんと見てくれる人は意外と少ないと思います。 なので、この表示がされないように設定を解除しましょう。 手順1.Twitterアプリのご自分のアイコンをタップし、メニューの中から「設定とプライバシー」をタップ。 手順2.「プライバシーとセキュリティ」をタップ。 手順3.「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する」のチェックを外します。 これで画像をツイートしても表示されるようになります。 センシティブな内容ってなに? そもそもセンシティブな内容とはなんでしょうか? 簡単に行ってしまえばエロや暴力的な画像のことです。 これらの画像はTwitterでは表示させないようにできるのですが、Twitterの判断ではなく自分がそういう画像をツイートする場合は先ほどの設定をしておけば非表示にできるわけです。 過激な画像ばかりをツイートする人たちがそんな気を使うかどうかは疑問ですが、一応機能としてあるわけです。 ほかのユーザーから「あの人、過激な画像投稿しているのかな?」なんて思われてないためにも、問題のない画像をツイートする場合は先ほどの設定を解除しておいてください。 センシティブな内容のツイートを表示させたくない場合 たまにTwitterのタイムラインなどでエッチな画像や暴力的な画像が流れてくることがありますが、正直見ていて気分のいいものじゃありません。 エッチな画像は男性諸君なら興味あるだろうからまだしも、暴力的な画像というのは人間の精神面にもネガティブなものを植え付けます。 こういうものは興味本位でも見ないほうが得策です。 ちょっと話はそれますが、ネガティブなニュース(ワイドショーでやっているようなもの)は自分自身もネガティブになっていきますので、見ないほうが良いという研究結果があります。 誰がどうしたとか正直時間の無駄なので、もっとポジティブになれることに時間を使いましょう。 さて、話がそれて申し訳ありませんが、そういう暴力的な画像のツイートを見たくない場合は先ほどみたいに非表示設定ができます。 これでTwitterが危険な画像と判断したものは非表示にすることが可能です。 ただし、このセンシティブな内容というのがどこまで規制対象なのかはTwitter側があきらかにしておりません。 また、たまに普通の画像でもセンシティブな内容として扱われてしまうことがあります。 こればかりはTwitter社の設定になってくるので、どういう理屈でそうなるのかはわかりません。 この場合は「表示する」をタップして表示させるほかありません。 まとめ 今回は「Twitterで「このメディアは表示しないように設定~」が表示された時の解除方法」をご紹介しました。 自分がツイートする内容がすべて非表示設定になっていると、ほかのフォロワーさんたちなどは「また変な画像ツイートしているのかな?」なんて思われる危険もあるので、早めに設定を解除しておいてください。 なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。 この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

次の

Twitterの「このメディアにはセンシティブな…」という警告を表示しない方法

ツイッター この メディア は 表示 しない よう に

5 ~ 3. しかし,最近はページ内に数多くの広告,中にはJavaScriptやFlashなどを利用した悪質な広告を含んだサイトが存在します。 例えば,ウイルスの感染を警告してスパイウエアをインストールするように仕掛けたバナーも登場しています。 このような広告を表示させないようにするのが「Adblock Plus」です。 Adblock Plusは,URLやHTMLのソースなどを閲覧して,特定のファイルやタグ内を表示させないようにします。 Adblock Plusは,にある「Install now」をクリックしてインストールできます。 インストール後,Firefoxを起動すると,フィルタ・ルールを提供しているサイトが自動的に表示されます。 日本向けのルールは用意されていないため,英語サイト向けの「EasyList(USA)」を選びます。 これで,広告が表示されなくなります。 例えば,などのサイトにアクセスすると,ページ内の広告が表示されなくなります。 ブロックする広告の登録 特定の広告を表示したくない場合は,ルールを追加します。 まず,画像などを表示させないようにするには,表示したくない(ブロックしたい)画像上で右クリックして「Adblock 画像をブロック」を選択します。 また,Flashの場合は,Flashの右上や右下に表示される「Adblock」タブ上で右クリックして表示される「Adblock オブジェクトをブロック」を選択します。 これで,広告がブロックされ,表示されなくなります。 ルールを編集する Adblock Plusではさらに細かいルールを設定できます。 すると,ルールの一覧が表示されます( 写真1)。 新しいルールを追加するにはフィルタ・ルールにある「追加」をクリックして,ルールを入力します。 com上にあるすべてのコンテンツを表示しないようになります。 ルールには正規表現が使えます。 逆にブロックしたくないサイトについては,ルールの前に「 」を付けます。 nikkeibp. このほか,特定のタグやCSSなどを指定して高度なルール設定が行えます。

次の