栄光 へ の スピン。 藤原竜也主演『探検隊の栄光』 スピンオフドラマ配信決定

ワルキューレの栄光とは

栄光 へ の スピン

藤原竜也主演「探検隊の栄光」スピンオフドラマ配信決定!探検隊結成の前日譚描く 2015年8月24日 15:40 スピンオフドラマに出演する藤原竜也(右)と岡安章介 C ひかりTV [映画. com ニュース]が主演し、、らが共演する映画「」のスピンオフドラマが、9月11日から「ひかりTV」で配信されることが決定した。 映画は、落ち目の俳優・杉崎が未確認生物(UMA)を追うテレビ番組に出演し、個性豊かな探検隊クルーに振り回されながらも奮闘するさまを描く。 スピンオフドラマはその前日譚で、杉崎が番組に出演するまでの過程が明かされる。 杉崎役の藤原のほか、映画では現地通訳・マゼラン役を務めたが、杉崎のマネージャーとして出演。 ふたりの息の合ったかけあいが、ドラマの見どころのひとつとなる。 杉崎がいつものように楽屋で台本を読んでいると、マネージャーが突然テレビをつけ、ある番組を見せてきた。 それは秘境の地で探検隊が未確認生物を追うという内容で、杉崎は戸惑いながらも最後まで鑑賞してしまう。 なぜこの番組を流すのか、マネージャーの意図が語られる。 スピンオフドラマ「実録! ひかりTVスペシャル これが伝説の隊長、誕生の瞬間だ! ~ROAD TO ~」は、9月11日からひかりTVで配信開始。 全5話のショートストーリーで、4KとHD画質の映像で配信される。 映画「」は、10月16日から全国公開。 (映画. com速報)•

次の

NetflixオリジナルTV番組の一覧

栄光 へ の スピン

image:• Spinning Out• 2020年• アメリカ• (オリジナル)• 音声:英語・日本語・ポルトガル語• 字幕:英語・日本語・ポルトガル語・中国語・韓国語• 10エピソード キャットは、ソロのフィギュアスケーターとして将来を有望視されていましたが、ある大会で転倒して頭に怪我を負ってしまいます。 それがトラウマになってしまい選手としてのキャリアを終えようと考えていました。 しかしフィギュアスケートには関わっていたいので、コーチになる試験を受けることにします。 が結果、不合格。 悲嘆に暮れるキャットですが、そんな彼女にジャスティンのコーチをしているダーシャが声を掛けてきます。 ジャスティンとペアを組んでみる気はないかと。 ジャスティンは、スケートの才能はあるが性格に問題があるので、キャットははじめ躊躇いました。 しかし、ソロではトラウマからジャンプができず、試験に落ちてコーチにもなれずです。 ソロからペアへの転向はとても難しいことですが、もうこれしかないと心に決めたキャットはジャスティンとペアを組んで、第二のキャリアをスタートさせます。 実は双極性障害を患っていて、そのことを家族以外は知りません。 普段はきちんと薬を飲んで平静を保っていますが、それでもたまに起こすイカれた行動は、病気のせいにはできません。 ソロのフィギュアスケーターとして活躍していますが、仲の悪い母と姉に挟まれて、日々ストレスが溜まっていきます。 自身もフィギュアスケーターでしたが、思いがけずキャットを妊娠してしまったためにスケートのキャリアを諦めました。 キャロルもキャットと同じく双極性障害を患っていますが、こちらは薬を飲んだり飲まなかったりなので、情緒が安定せず問題ばかり起こします。 しかしペアを組んでもなかなか長続きする相手と巡り合うことができません。 ボンボンなので生活は超適当。 大金持ち。 ジャスティンのスケートは応援しているが、生活態度にはうんざりしている。 妙にキャットに肩入れする。 実は若い頃子供を生んでいるが、とりあえず内緒。 若い頃、スケートを取るか彼女を取るかで、スケートを取って彼女とは疎遠に。 セリーナに性的にちょっかいを出してると勘違いしたキャットに詰められますが、ミッチがちょっかいを出そうと思っていたのは、母親のキャロル。 ジャスティンのことが好きだったが、それを知っているはずのキャットにジャスティンをかっさらわれる。 キャットのプライベートが結構ひどい 本気でスケートをやろうと思ったら、とてもお金がかかります。 練習場所を確保したり、いいコーチをつけたり、キレイな衣装を用意したり・・。 でも、ベイカー家はお世辞にも裕福とは言えません。 なのでキャットは、穴あきタイツで練習するし、車は超ボロ、当然練習後はバイトです。 疲れ果てて家に帰れば、双極性障害の母親キャロルと大喧嘩。 とばっちりが妹セリーナにいかないように守ろうとしますが、実はキャット自身も双極性障害の持ち主。 薬だけでは抑えきれない感情の浮き沈みがあります。 そんな時に心を落ち着かせる方法は、思いっきり腕を噛む。 私も噛むのは好きですが、意味合いがちょっと違いますね。 キャットは恋愛面でもちょっとあれです。 スケートやめるから、あなたに付いていくわ~なんて言って彼氏を喜ばせますが、当日になってやっぱ行かない。 バイトの同僚マーカスと付き合うも、親友ジェンが惚れているジャスティンとヤッちゃう。 それでジェンからは絶交を言い渡されてしまいます。 このへんはどうなんでしょう、病気のせいなんでしょうか。 キャロルの変化 双極性障害を患っていますが、あまり薬を飲もうとしません。 そのために精神が安定せず、キャットと度々喧嘩になります。 結果キャットは家を出てしまいます。 そんな家庭でストレスマックスなセリーナのコーチとして雇ったミッチと付き合うことになっちゃいますが、このミッチ、はじめキャットにロリコンクソ野郎だと思われてたんですよね。 キャットの勘違いでよかったですよほんと。 そしてある時フッと思います、このままじゃだめだと。 自ら病院に入り、そしてまともになった自分を娘たちに認めてもらおうとしますが、キャットは認めてくれません。 でもキャットだけでなく、周りの人たちも半信半疑なのでしょう。 キャロルを雇ってくれたマンディも、ほぼ雑用しかやらせませんから。 そのマンディに認めてもらいたくて取った行動は、契約のために顧客と寝るという、賛否入り乱れるものでした。 結果的にマンディに認められましたが、それは全く別の理由から。 可哀相なミッチ。 完璧な人間なんかいない 病気や母親との関係で苦しむキャット。 家庭環境からのストレスやクズ医者に弄ばれて傷つくセリーナ。 父親に勘当されそうになるジャスティン。 無理をしたせいでスケートのキャリアが終わったジェン。 子供を生んでいたことを内緒にしていたマンディ。 まともになった自分を認めてほしいキャロル。 究極の選択をしたダーシャ。 これでもかというほど、人の暗い負の部分を見せられてゲンナリする人もいるかもしれませんが、逆にそれがリアルなんだと思わせてくれる部分でもあります。 家が裕福で心身共に健康で、何の不自由もなく生活して、イケてる恋人がいて友達が一杯いて、それでもってオリンピックでメダル取っちゃうような人。 そんな人間は、この世の中に1人もいやぁしないんです。 人間誰しもが何かしらの苦悩を抱え、いくつもの苦難を乗り越え、そして困難に立ち向かって行くんです。 そのへんがとてもリアルに描かれていて、また共感を呼ぶのだと思います。 実際に滑っているのは誰? このドラマのスケートシーンがものすごく素晴らしくて感動すら覚えてしまいますが、まさかカヤ・スコデラリオが3回転ジャンプとかできるわけないですよね。 そもそも、キャット役はエマ・ロバーツだったわけですが、(よくある)スケジュールの都合でキャンセルになったため、カヤ・スコデラリオがキャスティングされました。 なので十分な練習ができなかったことでしょう。 そこでちょっと調べてみました。 2018四大陸選手権で15位。 エブリン・ウォルシュ・・カナダのペアスケーター。 2018カナダ選手権で総合5位。 リアルのスケートパートナーはジャスティンのダブルのトレント・ミショー。 エリザベス・パットナム・・カナダのフィギュアスケーター。 2006四大陸フィギュアスケート選手権3位。 2014ソチオリンピック団体銀メダル。 トレント・ミショー・・カナダのペアスケーター。 2015国内シニアで5位。 そりゃそうだ。 ちなみに、ゲイヴ役の ジョニー・ウィアーはアメリカの元フィギュアスケーターで、2006トリノオリンピック5位、2010バンクーバーオリンピック6位。 2008年世界選手権銅メダル。 全米選手権三連覇。 シーズン2は? 現時点での更新・打ち切りのアナウンスはありません。

次の

NETFLIX『栄光へのスピン』更新?打ち切り?

栄光 へ の スピン

ワルキューレの栄光 [編集 ] 本作は「ワルキューレ」シリーズのひとつで、ワルキューレを主人公とし、かつシリーズ作品のリメイクやでない完全新作としてはに発売された『』以来、18年ぶりの作品にあたる。 なお、のが同名の作品を『』()で連載したが、本作と直接関連するものではない。 ストーリー [編集 ] マーベルランドで「 神の眼」の力を手にした邪教祖がタッタ族にを広め、住民を脅威に晒していた。 事態を憂慮した大女神は事の真相を調べさせるために神官をに派遣するが、たちは次々に消息を絶ち、最後の望みは神の子・ワルキューレに託された。 果たして、ワルキューレはマーベルランドの住民たちを邪教の脅威から解放し、邪教祖を操る「神の眼」の謎を解き明かすことが出来るのだろうか? ゲームシステム [編集 ] マップ画面とアクション画面により構成され、マップ画面上のフィールドに入ることで画面が横スクロール方式のアクション画面に切り替わる。 基本的な攻撃方法は剣であるが、展開によりやスキルを習得することがある。 特に3段ジャンプ・4段ジャンプ・空中浮遊のスキルはゲームクリアに必須となっている。 敵を倒すことにより経験値を積み、レベルアップする度に最大HPが増加する。 途中、イベントによりプレイヤーの操作するキャラクターがサンドラに交替する場面がある。 主要キャラクター [編集 ] 主人公。 大女神の命を受け、地上に降り立った神の子。 大女神 邪教の蔓延により混乱するマーベルランドの状況を憂慮し、ワルキューレを地上に遣わせた天界の女神。 邪教祖 「神の眼」の力を手にし、タッタ族に邪教を広めている正体不明の人物。 サンドラ サンドランド平原の心優しき民。 砂漠の危険地帯で大蠍・ドクサスGの毒に冒されたワルキューレを救助し、解毒剤を求めて森へ分け入る。 コアクマン 森の住民。 毒の知識が豊富で、サンドラの願いを聞き入れて解毒剤を与える。 リレイア ワルキューレより先にマーベルランドに派遣された天界の戦士。 黒衣に身を包みワルキューレと似た技を使う。 ズール 元盗賊の行商人。 主にキャンプでアイテムを売っている。 マッコウクジラ 体調を崩し、地底湖に迷い込んだクジラ。 前作が横スクロール形式なのに対し、本作は『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』に近いフィールド型のアクションRPGとなっている。 ストーリー(ワルキューレの栄光2) [編集 ] 天界から地上にもたらされた「想念樹」を巡って人々が起こした争いを鎮める命を大女神より受けたワルキューレは、マーベルランドに降り立つ。 外部リンク [編集 ]•

次の