きちうま。 馬キチくんの競馬サイト

楽天競馬:地方競馬全場のオッズ・予想・投票・レース映像を提供

きちうま

地方競馬における競馬場の入場対応について 地方競馬における 競馬場の入場対応について 地方競馬は、本年2月下旬以降、 無観客競馬を継続しておりますが、新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿った対策を講じたうえで、一部競馬場から 入場及び勝馬投票券の発売・払戻を再開いたします。 詳細は下記にてご確認ください。 競馬場の入場再開 (7月8日 11:00現在) ばんえい帯広競馬 7月11日 土 から 盛岡競馬 7月12日 日 から 上記日程で、開催時の競馬場への 入場および勝馬投票券の発売・払戻を再開いたします。 入場に際しての諸条件や開催日程等は、各主催者のホームページでご確認ください。 なお、場外発売施設についても、一部で勝馬投票券の発売・払戻を再開しております。 地方競馬主催者ホームページ• TOPICS (7月21日 13:00現在)• 03無観客競馬の実施にかかる特設ページを開設いたしました 20. 12 20. お客様におかれましては、 電話・インターネット投票をご利用のうえ、競馬をお楽しみください。 インターネット投票サイト 指定の銀行に口座をお持ちのお客様は、 ご登録日から勝馬投票券をご購入いただけます。 新規会員登録は各サイトからお申込みください。 ライブ中継を無料でネット配信 テレビ中継• 地方競馬のポータルサイト• 騎手からのメッセージ (7月9日掲載) 競馬場の入場再開に向けて、騎手からのメッセージをご紹介します。 2月29日からばんえい帯広は無観客競馬になり、騎手にとってのこの期間は、静かで不思議なレースというのが実感でした。 3月のばんえい記念もスタンドにファンがいないなかで行われました。 その日もそうだったけど、ばんえいコースを遠目に観ることができる「産直市場とかちむら」の敷地から競馬を楽しんでいるファンの姿があり、最近までとかちむらからのファン観戦は続いてました。 いよいよ7月11日から帯広競馬場ではファン入場が再開。 レース観戦を待ち望んでいるファンがほとんどだと思うし、入場再開はとてもいいことだと思うんだけど、ファンの皆さんのことを考えると、心配な気持ちもあります。 ファンの皆さんには、引き続き感染防止に気を付けてもらいながら、ばんえい競馬を楽しんでほしいです。 僕たち騎手会も、外出を必要最小限に留め、検温、手指消毒の励行、マスク着用など引き続き感染防止に努めていくことにしています。 個人的には、昨年度にデビュー以来初のシーズン100勝を達成したので、今シーズンも100勝を狙ってます。 今年6月の北斗賞ではミノルシャープで6年ぶりに重賞制覇を達成できたので、いい流れで来てます。 競馬場へのご来場には、ファンの皆さんに検温やマスク着用のお願いがあったり、場内のばんえいミュージアムやプレミアムラウンジなどの閉鎖があったりして、ご不便をお掛けするようだけれど、久しぶりにスタンドから、ばん馬と騎手の気迫を堪能してもらいたいですね。 8月のばんえいグランプリに騎乗できたときには、応援よろしくお願いします! 島津 新(ばんえい帯広)• 岩手県は新型コロナウイルス感染者が発生してないんですが(7月8日現在)、岩手県民の皆さんはかえって緊張感をもって生活していると思いますよ。 僕は3月末まで南関東で期間限定騎乗していたので、岩手に帰る際は、公共交通機関を利用せず、レンタカーを借りて千葉から岩手まで自ら運転し戻りました。 その後は2週間自宅待機。 もちろんその間は馬に触れることもなく、ようやく4月半ばに騎乗を開始したときには筋肉痛になってしまいました。 岩手は7月12日の盛岡競馬場からお客様をお迎えするということで、身が引き締まる思いを感じますね。 無観客競馬は南関東でも岩手でも、むしろ「不気味さ」を感じるくらい普通じゃない雰囲気でした。 競馬場への入場再開は僕らも嬉しいし、ファンの皆さんも嬉しいと思いますが、双方で予防対策をきちんとやりながら、生の競馬を十分に楽しんでほしいと思ってます。 何より競馬に活気が出る! 期間限定騎乗や自宅待機があったりして、今シーズンは遅れをとった感がありますが、岩手競馬の年間リーディング奪還が目標ですし、獲らなきゃダメだと思ってます。 あと、まもなく1,800勝というところなんですが、2,000勝に向けて着実に勝ち星を積み重ねていきたいですね。 盛岡競馬場で皆さんをお待ちしています! 山本 聡哉(岩手)• 他場では無観客競馬がすでに始まっていますが、ホッカイドウ競馬では開幕の4月15日に初めて無観客で開催されることとなりました。 門別は他場に比べると入場者数が少ないので、正直に言うと「あまり変化はないのかな?」と想像してますが、どのような競馬になるでしょうか。 ホッカイドウ競馬の朝の調教は、騎手が各厩舎から馬に乗り、コースや坂路で調教した後、次の調教騎乗馬への乗り替わりは厩舎まで戻って行うというサイクルを普段からやっていて、騎手が待機所で固まって次の調教すべき馬を待つということがないので、調教中の関係者間の接触は最低限に保たれています。 門別競馬場はいわゆる繁華街と呼ばれるエリアとは地理的に遠いんですけれども、各騎手がそういう地域への立ち入りを自制してますし、調整ルームへの入室時、朝の調教開始時、調教終了後の再入室時の少なくとも1日3回は検温を義務付けていて、37. 無観客競馬で開幕を迎えますが、どんな状況下でも、騎手は、騎手としてやるべきことをきちんとやって、自らの騎乗馬を勝たせる努力をするのみです。 今年は門別競馬場でJBC2歳優駿が行われますし、競馬ファンの注目がホッカイドウ競馬に集まる年になるので、質の高い競馬を提供し続け、11月3日のJBCには多くのファンに門別競馬場へ来場してもらいたいですね。 桑村 真明(門別)• ファンの見守る中で競馬ができないことは、何より寂しいです。 ジョッキーのみならずスポーツ選手はモチベーションが第一ですし、ファンからの声援の有無が大きく影響することを実感しています。 一刻も早く、新型コロナウイルスが終息に向かってくれることを願っています。 いま大井競馬場では、関係者全員が気を配り、外出を控え、手洗い・うがいといった当たり前の予防対策を丁寧に行っています。 調整ルームの共用スペースでは全員がマスクと手袋の着用をするようになりました。 僕個人としても、移動の際には常にアルコール消毒液を持ち歩いて、こまめに使用するようにしています。 競馬が中止になってしまう心配も生じている昨今の状況の中で、競馬開催を継続させていただいていることのありがたみを強く感じています。 これも感染症対策に懸命に尽力していただいている医師や看護師など医療従事者の皆様のおかげに他ならないと心から感謝しています。 それら関係の方々には、いつか競馬界全体で恩返しができればいいなと思っています。 無観客競馬に対する、皆様のご理解とご協力に深く感謝し、競馬に携わる一人として、この苦難を乗り越えるための寄与をこれからも実行していく決意です。 笹川 翼(大井)• 無観客競馬開始から1か月以上が経って、その環境に慣れてきてしまっていることの怖さを逆に感じています。 この無観客の期間中に、JRA初騎乗を経験したんですが、とりわけ大きな観客席がガランとしている中で競馬を開催していることに、寂しさを痛感しました。 西脇トレセンや園田競馬場の業務エリアは、各所にアルコール消毒液が置かれていたり、関係者全員がこまめな検温と手洗いを励行したりして感染予防に努めています。 厩舎地区は外部との接触を制限できる施設なので感染拡大防止には適していて、僕たちもできるだけ人と接する機会を減らしています。 今年は年間100勝を目指して頑張っています。 競馬開催を継続していただいていることにとても感謝しています。 ファンの皆さんが自宅にいながら楽しめる娯楽の一つとして、「競馬」で盛り上がっていただけるのなら、たいへん嬉しいです。 その期待に応えられるよう、僕たち騎手は精一杯騎乗することを約束します。 いまは日本全体が我慢の時。 一人ひとりの心掛けは小さなことかもしれませんが、皆が共通の気持ちと対応で感染予防に取り組めば、大きな成果につながると思います。 今こそ皆のチカラを結集しましょう!よろしくお願いします。 鴨宮 祥行(園田・姫路)• LVRレディスヴィクトリーラウンド2020名古屋ラウンドは無観客の中での最終戦となりました。 ケガから復帰後、念願だったLVR初出場の機会に総合優勝を果たすことができたことについて、お客様に向けて直接お礼を伝えたかったのですが、それが叶わず、とても寂しい思いをしました。 お客様の応援の声が、競馬にはなくてはならない大事なものだということも本当によく分かりました。 佐賀競馬でもしばらく無観客競馬が続いていて、馬たちは「いつもと違うな」と感じているように思います。 普段は入れ込む馬が落ち着いている時があって、その面では騎手にとって良いことだと思いますが、馬も気合いが抜けてしまっているように感じることがあります。 馬の飼養や調教に関わっている者の責任として、競馬場全体で新型コロナウイルス感染拡大防止のための注意事項をしっかり守り、外出も控えて生活しています。 お客様の声援が騎手のパワーになることは間違いないことなので、以前のような雰囲気の中でのレースが1日も早く実現されるよう願っています。 ファンの皆さん、競馬場にお越しいただくまで、まだしばらく時間が掛かると思いますが、いまはお身体をどうかご自愛いただいて、インターネットやCS放送などを通じてご声援をお願いします。 私もその声を受け取る気持ちでレースに臨みます。 入場再開の時には、お客様のありがたさを改めて味わわせてください。 皆様のご健康を心よりお祈りしています。 岩永 千明(佐賀)• (3月6日掲載)• お客様が競馬場内に全くいない状況に、違和感を感じています。 やはり寂しいですね。 意外に思われるかもしれませんが、例えば最後の直線のシーンで、スタンドのお客様が追え!と口にしたとします。 そう言った声援は僕たちの耳にきちんと届いていて、フレーズ単位でしっかり聞き取れてるんですよ。 だから場内の歓声がないと寂しく感じます。 まるで能力試験みたいですよね。 馬は全体的に普段よりも大人しいですね。 いつもなら入れ込んでる馬も落ち着いてたりします。 もしかしたら、通常の環境だと能力を発揮できない馬が、今の無観客競馬でなら走るかもしれませんし、その逆もあると思うんです。 たしかに張り合いを感じにくい部分はありますが、僕たちは騎手ですので、レースが始まれば無観客競馬に関係なく、少しでも上の着に入れるよう全力で乗るだけですね。 そう言った意味では普段と違いはないです。 騎手がファンの皆様のためにできることって、すごく限られていると思うんです。 だからこそ、目の前のレースに集中して一生懸命に騎乗しています。 皆様が感染予防に努められているように、僕たち騎手も強い意識を持って体調管理を徹底しています。 一人一人がしっかりと予防しないといけない状況にあると思うんです。 ファンの方々も不安で大変だと思いますが、僕たちも精一杯頑張りますので、一緒に力を合わせて、今のこの状況を乗り切って行ければと思います。 森 泰斗(船橋)• 無観客競馬と通常の開催を比べると、どうしても盛り上がりに欠けてしまうかもしれません。 馬に変化があったかと聞かれると、馬が人の言葉を話すわけではありませんので確かなことは言えませんが、騎乗してて違いはあまり感じません。 もしかしたら、馬は環境の変化に気付いていないのかもしれませんね。 とても難しいことだと思うのですが、競馬場にいることで肌で感じられるリアルな喜びや感動を、どのようにしたらインターネットやテレビ中継を通じてファンの皆様にお届けできるのかと悩んでいます。 私も手洗いうがいやマスクを着用して予防に努めていますが、新型コロナウイルスは目に見えないものなので、皆様も不安だと思います。 日本の方々が健康でいられることを心からお祈りしています。 しばらくの間、皆様にお会いできずとても寂しいです。 1日でも早くこの事態が収束し、また競馬場でお会いできることを願っています。 ミカエル・ミシェル(川崎)• 無観客競馬を初めて経験しましたが、身が引き締まらないというか、すごく寂しかったです。 ファンの方がいないこともですが、競馬場内のお店もシャッターが閉まったままで、そういう光景も寂しかったですね。 パドックで騎手への掛け声や応援もなく、ただただ寂しい思いを感じました。 今年のLVRは、新人3名に加え、ミカエル・ミシェル騎手の参加で、高知も佐賀もたくさんのファンの方が来場されましたし、名古屋もこれまで以上に、たくさんのファンの方が来場してもらえると期待してたのに…。 私の知人も、名古屋競馬場でミシェル騎手と私が戦う姿を見るために、仕事をお休みして応援してくれることになっていただけに、うーん…本当に残念です。 今回のLVR名古屋ラウンド観戦をとても楽しみにしてくださった方は多いと思います。 無観客で開催されることにはなりましたが、地元名古屋で最終戦を迎えるLVRは、絶対に総合優勝したいと思っていますので、ライブ映像を通して、皆さん応援してください! 宮下 瞳(名古屋)• 競馬場にお客さんがいなくなるとどうなるかと思ってましたが、馬たちは落ち着いていて、騎手としては乗りやすい環境かもしれないです。 逆に場内の喧噪もないので、たまに近くの道路を走る救急車のサイレンが場内までよく響き、馬が驚いています。 一方で、騎手としてはファンの声援がなく、張り合いがなくて「寂しい」の一言ですね。 高知はナイター開催なので、昼間のうちはまだ大丈夫なんですが、ナイター時間になると、スタンドの照明がいつもよりも落ちているので、もっと寂しくなります。 この機会が無観客となることは、余計に寂しいですね。 かつて高知競馬存続が危ぶまれ、当時は競馬場に来ていただけるファンも少ない時代があったわけですけれども、少しだけその頃を思い出しました。 ここ数年で高知競馬はインターネットでの馬券発売に支えられ、競馬場も活気づいてきました。 いま日本中も世界全体としても大変な状況になって、外出を控える事態にもなってしまいましたが、その間はインターネットで馬券を買って、ライブ中継で応援いただくしかないですね。 ファンの皆さんもそうでしょうが、僕たち競馬関係者も寂しい思いをしています。 早くこの事態が収束して、皆さんが競馬場に来られる時のことを楽しみにするしかありませんね。 通常開催に戻った時には、ファンの皆さんの来場と声援を心からお待ちしています。 赤岡 修次(高知)• copyright 2020 NAR The National Association of Racing All Rights Reserved•

次の

吉馬(中央競馬版)の指数は当たらない!?5つの見方と攻略方法を紹介

きちうま

地方競馬における競馬場の入場対応について 地方競馬における 競馬場の入場対応について 地方競馬は、本年2月下旬以降、 無観客競馬を継続しておりますが、新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿った対策を講じたうえで、一部競馬場から 入場及び勝馬投票券の発売・払戻を再開いたします。 詳細は下記にてご確認ください。 競馬場の入場再開 (7月8日 11:00現在) ばんえい帯広競馬 7月11日 土 から 盛岡競馬 7月12日 日 から 上記日程で、開催時の競馬場への 入場および勝馬投票券の発売・払戻を再開いたします。 入場に際しての諸条件や開催日程等は、各主催者のホームページでご確認ください。 なお、場外発売施設についても、一部で勝馬投票券の発売・払戻を再開しております。 地方競馬主催者ホームページ• TOPICS (7月21日 13:00現在)• 03無観客競馬の実施にかかる特設ページを開設いたしました 20. 12 20. お客様におかれましては、 電話・インターネット投票をご利用のうえ、競馬をお楽しみください。 インターネット投票サイト 指定の銀行に口座をお持ちのお客様は、 ご登録日から勝馬投票券をご購入いただけます。 新規会員登録は各サイトからお申込みください。 ライブ中継を無料でネット配信 テレビ中継• 地方競馬のポータルサイト• 騎手からのメッセージ (7月9日掲載) 競馬場の入場再開に向けて、騎手からのメッセージをご紹介します。 2月29日からばんえい帯広は無観客競馬になり、騎手にとってのこの期間は、静かで不思議なレースというのが実感でした。 3月のばんえい記念もスタンドにファンがいないなかで行われました。 その日もそうだったけど、ばんえいコースを遠目に観ることができる「産直市場とかちむら」の敷地から競馬を楽しんでいるファンの姿があり、最近までとかちむらからのファン観戦は続いてました。 いよいよ7月11日から帯広競馬場ではファン入場が再開。 レース観戦を待ち望んでいるファンがほとんどだと思うし、入場再開はとてもいいことだと思うんだけど、ファンの皆さんのことを考えると、心配な気持ちもあります。 ファンの皆さんには、引き続き感染防止に気を付けてもらいながら、ばんえい競馬を楽しんでほしいです。 僕たち騎手会も、外出を必要最小限に留め、検温、手指消毒の励行、マスク着用など引き続き感染防止に努めていくことにしています。 個人的には、昨年度にデビュー以来初のシーズン100勝を達成したので、今シーズンも100勝を狙ってます。 今年6月の北斗賞ではミノルシャープで6年ぶりに重賞制覇を達成できたので、いい流れで来てます。 競馬場へのご来場には、ファンの皆さんに検温やマスク着用のお願いがあったり、場内のばんえいミュージアムやプレミアムラウンジなどの閉鎖があったりして、ご不便をお掛けするようだけれど、久しぶりにスタンドから、ばん馬と騎手の気迫を堪能してもらいたいですね。 8月のばんえいグランプリに騎乗できたときには、応援よろしくお願いします! 島津 新(ばんえい帯広)• 岩手県は新型コロナウイルス感染者が発生してないんですが(7月8日現在)、岩手県民の皆さんはかえって緊張感をもって生活していると思いますよ。 僕は3月末まで南関東で期間限定騎乗していたので、岩手に帰る際は、公共交通機関を利用せず、レンタカーを借りて千葉から岩手まで自ら運転し戻りました。 その後は2週間自宅待機。 もちろんその間は馬に触れることもなく、ようやく4月半ばに騎乗を開始したときには筋肉痛になってしまいました。 岩手は7月12日の盛岡競馬場からお客様をお迎えするということで、身が引き締まる思いを感じますね。 無観客競馬は南関東でも岩手でも、むしろ「不気味さ」を感じるくらい普通じゃない雰囲気でした。 競馬場への入場再開は僕らも嬉しいし、ファンの皆さんも嬉しいと思いますが、双方で予防対策をきちんとやりながら、生の競馬を十分に楽しんでほしいと思ってます。 何より競馬に活気が出る! 期間限定騎乗や自宅待機があったりして、今シーズンは遅れをとった感がありますが、岩手競馬の年間リーディング奪還が目標ですし、獲らなきゃダメだと思ってます。 あと、まもなく1,800勝というところなんですが、2,000勝に向けて着実に勝ち星を積み重ねていきたいですね。 盛岡競馬場で皆さんをお待ちしています! 山本 聡哉(岩手)• 他場では無観客競馬がすでに始まっていますが、ホッカイドウ競馬では開幕の4月15日に初めて無観客で開催されることとなりました。 門別は他場に比べると入場者数が少ないので、正直に言うと「あまり変化はないのかな?」と想像してますが、どのような競馬になるでしょうか。 ホッカイドウ競馬の朝の調教は、騎手が各厩舎から馬に乗り、コースや坂路で調教した後、次の調教騎乗馬への乗り替わりは厩舎まで戻って行うというサイクルを普段からやっていて、騎手が待機所で固まって次の調教すべき馬を待つということがないので、調教中の関係者間の接触は最低限に保たれています。 門別競馬場はいわゆる繁華街と呼ばれるエリアとは地理的に遠いんですけれども、各騎手がそういう地域への立ち入りを自制してますし、調整ルームへの入室時、朝の調教開始時、調教終了後の再入室時の少なくとも1日3回は検温を義務付けていて、37. 無観客競馬で開幕を迎えますが、どんな状況下でも、騎手は、騎手としてやるべきことをきちんとやって、自らの騎乗馬を勝たせる努力をするのみです。 今年は門別競馬場でJBC2歳優駿が行われますし、競馬ファンの注目がホッカイドウ競馬に集まる年になるので、質の高い競馬を提供し続け、11月3日のJBCには多くのファンに門別競馬場へ来場してもらいたいですね。 桑村 真明(門別)• ファンの見守る中で競馬ができないことは、何より寂しいです。 ジョッキーのみならずスポーツ選手はモチベーションが第一ですし、ファンからの声援の有無が大きく影響することを実感しています。 一刻も早く、新型コロナウイルスが終息に向かってくれることを願っています。 いま大井競馬場では、関係者全員が気を配り、外出を控え、手洗い・うがいといった当たり前の予防対策を丁寧に行っています。 調整ルームの共用スペースでは全員がマスクと手袋の着用をするようになりました。 僕個人としても、移動の際には常にアルコール消毒液を持ち歩いて、こまめに使用するようにしています。 競馬が中止になってしまう心配も生じている昨今の状況の中で、競馬開催を継続させていただいていることのありがたみを強く感じています。 これも感染症対策に懸命に尽力していただいている医師や看護師など医療従事者の皆様のおかげに他ならないと心から感謝しています。 それら関係の方々には、いつか競馬界全体で恩返しができればいいなと思っています。 無観客競馬に対する、皆様のご理解とご協力に深く感謝し、競馬に携わる一人として、この苦難を乗り越えるための寄与をこれからも実行していく決意です。 笹川 翼(大井)• 無観客競馬開始から1か月以上が経って、その環境に慣れてきてしまっていることの怖さを逆に感じています。 この無観客の期間中に、JRA初騎乗を経験したんですが、とりわけ大きな観客席がガランとしている中で競馬を開催していることに、寂しさを痛感しました。 西脇トレセンや園田競馬場の業務エリアは、各所にアルコール消毒液が置かれていたり、関係者全員がこまめな検温と手洗いを励行したりして感染予防に努めています。 厩舎地区は外部との接触を制限できる施設なので感染拡大防止には適していて、僕たちもできるだけ人と接する機会を減らしています。 今年は年間100勝を目指して頑張っています。 競馬開催を継続していただいていることにとても感謝しています。 ファンの皆さんが自宅にいながら楽しめる娯楽の一つとして、「競馬」で盛り上がっていただけるのなら、たいへん嬉しいです。 その期待に応えられるよう、僕たち騎手は精一杯騎乗することを約束します。 いまは日本全体が我慢の時。 一人ひとりの心掛けは小さなことかもしれませんが、皆が共通の気持ちと対応で感染予防に取り組めば、大きな成果につながると思います。 今こそ皆のチカラを結集しましょう!よろしくお願いします。 鴨宮 祥行(園田・姫路)• LVRレディスヴィクトリーラウンド2020名古屋ラウンドは無観客の中での最終戦となりました。 ケガから復帰後、念願だったLVR初出場の機会に総合優勝を果たすことができたことについて、お客様に向けて直接お礼を伝えたかったのですが、それが叶わず、とても寂しい思いをしました。 お客様の応援の声が、競馬にはなくてはならない大事なものだということも本当によく分かりました。 佐賀競馬でもしばらく無観客競馬が続いていて、馬たちは「いつもと違うな」と感じているように思います。 普段は入れ込む馬が落ち着いている時があって、その面では騎手にとって良いことだと思いますが、馬も気合いが抜けてしまっているように感じることがあります。 馬の飼養や調教に関わっている者の責任として、競馬場全体で新型コロナウイルス感染拡大防止のための注意事項をしっかり守り、外出も控えて生活しています。 お客様の声援が騎手のパワーになることは間違いないことなので、以前のような雰囲気の中でのレースが1日も早く実現されるよう願っています。 ファンの皆さん、競馬場にお越しいただくまで、まだしばらく時間が掛かると思いますが、いまはお身体をどうかご自愛いただいて、インターネットやCS放送などを通じてご声援をお願いします。 私もその声を受け取る気持ちでレースに臨みます。 入場再開の時には、お客様のありがたさを改めて味わわせてください。 皆様のご健康を心よりお祈りしています。 岩永 千明(佐賀)• (3月6日掲載)• お客様が競馬場内に全くいない状況に、違和感を感じています。 やはり寂しいですね。 意外に思われるかもしれませんが、例えば最後の直線のシーンで、スタンドのお客様が追え!と口にしたとします。 そう言った声援は僕たちの耳にきちんと届いていて、フレーズ単位でしっかり聞き取れてるんですよ。 だから場内の歓声がないと寂しく感じます。 まるで能力試験みたいですよね。 馬は全体的に普段よりも大人しいですね。 いつもなら入れ込んでる馬も落ち着いてたりします。 もしかしたら、通常の環境だと能力を発揮できない馬が、今の無観客競馬でなら走るかもしれませんし、その逆もあると思うんです。 たしかに張り合いを感じにくい部分はありますが、僕たちは騎手ですので、レースが始まれば無観客競馬に関係なく、少しでも上の着に入れるよう全力で乗るだけですね。 そう言った意味では普段と違いはないです。 騎手がファンの皆様のためにできることって、すごく限られていると思うんです。 だからこそ、目の前のレースに集中して一生懸命に騎乗しています。 皆様が感染予防に努められているように、僕たち騎手も強い意識を持って体調管理を徹底しています。 一人一人がしっかりと予防しないといけない状況にあると思うんです。 ファンの方々も不安で大変だと思いますが、僕たちも精一杯頑張りますので、一緒に力を合わせて、今のこの状況を乗り切って行ければと思います。 森 泰斗(船橋)• 無観客競馬と通常の開催を比べると、どうしても盛り上がりに欠けてしまうかもしれません。 馬に変化があったかと聞かれると、馬が人の言葉を話すわけではありませんので確かなことは言えませんが、騎乗してて違いはあまり感じません。 もしかしたら、馬は環境の変化に気付いていないのかもしれませんね。 とても難しいことだと思うのですが、競馬場にいることで肌で感じられるリアルな喜びや感動を、どのようにしたらインターネットやテレビ中継を通じてファンの皆様にお届けできるのかと悩んでいます。 私も手洗いうがいやマスクを着用して予防に努めていますが、新型コロナウイルスは目に見えないものなので、皆様も不安だと思います。 日本の方々が健康でいられることを心からお祈りしています。 しばらくの間、皆様にお会いできずとても寂しいです。 1日でも早くこの事態が収束し、また競馬場でお会いできることを願っています。 ミカエル・ミシェル(川崎)• 無観客競馬を初めて経験しましたが、身が引き締まらないというか、すごく寂しかったです。 ファンの方がいないこともですが、競馬場内のお店もシャッターが閉まったままで、そういう光景も寂しかったですね。 パドックで騎手への掛け声や応援もなく、ただただ寂しい思いを感じました。 今年のLVRは、新人3名に加え、ミカエル・ミシェル騎手の参加で、高知も佐賀もたくさんのファンの方が来場されましたし、名古屋もこれまで以上に、たくさんのファンの方が来場してもらえると期待してたのに…。 私の知人も、名古屋競馬場でミシェル騎手と私が戦う姿を見るために、仕事をお休みして応援してくれることになっていただけに、うーん…本当に残念です。 今回のLVR名古屋ラウンド観戦をとても楽しみにしてくださった方は多いと思います。 無観客で開催されることにはなりましたが、地元名古屋で最終戦を迎えるLVRは、絶対に総合優勝したいと思っていますので、ライブ映像を通して、皆さん応援してください! 宮下 瞳(名古屋)• 競馬場にお客さんがいなくなるとどうなるかと思ってましたが、馬たちは落ち着いていて、騎手としては乗りやすい環境かもしれないです。 逆に場内の喧噪もないので、たまに近くの道路を走る救急車のサイレンが場内までよく響き、馬が驚いています。 一方で、騎手としてはファンの声援がなく、張り合いがなくて「寂しい」の一言ですね。 高知はナイター開催なので、昼間のうちはまだ大丈夫なんですが、ナイター時間になると、スタンドの照明がいつもよりも落ちているので、もっと寂しくなります。 この機会が無観客となることは、余計に寂しいですね。 かつて高知競馬存続が危ぶまれ、当時は競馬場に来ていただけるファンも少ない時代があったわけですけれども、少しだけその頃を思い出しました。 ここ数年で高知競馬はインターネットでの馬券発売に支えられ、競馬場も活気づいてきました。 いま日本中も世界全体としても大変な状況になって、外出を控える事態にもなってしまいましたが、その間はインターネットで馬券を買って、ライブ中継で応援いただくしかないですね。 ファンの皆さんもそうでしょうが、僕たち競馬関係者も寂しい思いをしています。 早くこの事態が収束して、皆さんが競馬場に来られる時のことを楽しみにするしかありませんね。 通常開催に戻った時には、ファンの皆さんの来場と声援を心からお待ちしています。 赤岡 修次(高知)• copyright 2020 NAR The National Association of Racing All Rights Reserved•

次の

地方競馬指数予想 水分ボンバーオンライン(SBO)

きちうま

吉馬は中央競馬のスピード指数を無料で提供しているインターネット競馬新聞 吉馬 中央競馬版 を検証しました。 多くの競馬ファンの方は競馬新聞や競馬雑誌を購入して予想の参考としているでしょう。 競馬新聞も競馬雑誌も1部のみなら安価でそれほど負担になりませんが、本音を言うと「タダで見たい」ですよね? 吉馬 中央競馬版 は中央競馬の全出馬表と各馬のスピード指数、馬連と3連単の予想を無料で見られるインターネット競馬新聞です。 また、メールアドレスで会員登録する必要もなく、ホームページから登録なしにレース情報を確認できます。 以前、地方競馬の全レースの出馬表と3連単の予想を公開しているインターネット競馬新聞「吉馬 地方競馬版 」を紹介しましたが、今回検証するのは吉馬の「中央競馬版」です。 吉馬の地方版と中央版の間に特別な変更点はないものの、1番人気の馬が支持通り1着に入選しやすい地方競馬に対して、中央競馬はどの馬の実力も偏りがなく予想が困難です。 吉馬 中央競馬版 を利用した口コミを検証すると「当たらない」という悪評もありました。 そこで 当記事では吉馬 中央競馬版 の攻略方法や見方を中心に紹介していきますので、ぜひご参考にしてください。 スピード指数を基にした5つの紙面から構成されている 吉馬 中央競馬版 はスピード指数に比重を置いたインターネット競馬新聞で、紙面は「出馬表」・「結果」・過去5走のスピード指数が掲載されている「スピード指数履歴」・スピード指数の高い馬がピックアップされている「スピード指数ランク」・吉馬 中央競馬版 独自の理論で買い目を推奨する「ファクター分析推奨」の5つから構成されています。 スピード指数履歴では過去5走の「前後半」の「スピード指数」も算出していることが特徴的ですね。 過去の前半後半のスピード指数を参考にレースとの愛称の良い馬を探しだせます。 最も客観的なスピード指数を掲載しているインターネット競馬新聞をお探しなら吉馬をおすすめします。 当たらないという評判は本当なのか検証してみた 冒頭で軽く紹介しましたが、吉馬 中央競馬版 の口コミでは一部「全然当たらない」という悪評がありましたので紹介します。 「当たらない」という悪評に対して、吉馬が好成績をマークしたことから私としては「当たる競馬新聞」と評価します。 おそらく「当たらない」と投稿した方は「たまたま」か「口コミサイト自身の水増投稿」でしょう。 吉馬 中央競馬版 の5つの見方と攻略方法 吉馬 中央競馬版 のようなインターネット新聞に限らず、競馬新聞の見方がわからない方はいませんか? 特にインターネット競馬新聞は各新聞ごとに特色があり見方にちょっとしたコツが必要です。 吉馬 中央競馬版 は「出馬表」と「結果」の他に「スピード指数履歴」・「スピード指数ランク」・「ファクター分析推奨」の紙面がありますので、各紙面の見方と攻略方法を紹介します。 まず最初にサイトトップから対象競馬場を選択します。 例えば「中山競馬場」をクリックしますと中山競馬場で開催されるレースの一覧が表示されます。 レース一覧から各レースの「出馬表」・「スピード指数履歴」・「スピード指数ランク」・「ファクター分析推奨」・「結果」が見られますで次項で詳しい見方と攻略方法を紹介します。 出馬表の見方と攻略方法 出馬表はレース概要が記載されている「ヘッダ」・枠順や馬番など出走馬の情報が記載されている「出馬表」・過去5走の成績が記載されている「戦績」の3つから構成されています。 ヘッダには開催競馬場名やレース番号、レース名、出走時刻など基本的なレースの概要が記載されていますので、馬券の投票ミスがないように必ずチェックしましょう。 次に出馬表で出走馬の情報をチェックします。 出馬表には各出走馬の馬番や枠順といった馬券を投票にする際に必ず必要な情報はもちろん、性齢や騎手名、父馬、母馬、母の父馬、所属厩舎、過去5走の戦績が記載されています。 競馬はブラッドスポーツと言われるくらい血統が重要視されていますので、父馬と母馬は必ずチェックしましょう。 また過去5走の戦績もチェックすると良いでしょう。 直近のレースで勝ちが無い馬は危険です。 直近のレース内容は戦績に略語で記載されていますので、見方を紹介します。 上から左にで「開催競馬場と日付」・「着順」・「レース名と条件」・「距離・回り・タイム・馬場の状態」・「斤量・騎手名・人気」・「頭数・枠順・馬体重」・「コーナーの通過順位」・「1着馬の馬名」が記載されています。 もし、戦績の馬が1着だった場合、2着馬が記載されます。 コーナーの通過順位は1、2、3、4コーナーの順で記載されています。 コーナーの通過順はその馬がどのような走りをしていたか客観的な情報ですので、要チェックですね。 スピード指数履歴の見方と攻略方法 スピード指数履歴には最大過去5走分をベースに算出した各出走馬の「スピード調整」・「スピード平均」・「スピード最大」・「先行指数・上がり指数」・「ベストランク指数」が掲載されています。 スピード指数履歴の右半分のグレーの部分は過去5走のスピード指数や指数の上下幅、平均スピード指数、最大指数が掲載されています。 簡単に言うと吉馬 中央競馬版 の指数戦績ですね。 各指数表はの1行目には「競馬場名と距離」、2行目の左半分は「スピード指数」、右半分は上から「先行指数」と「上がり指数」が記載されています。 スピード調整で前走とのスピード指数の差をチェックしよう 「スピード調整」は前走のスピード指数と今レースの斤量で調整したスピード指数です。 前走のスピード指数が良くても、今レースでの斤量が重ければスピード指数は調整されますので必ずチェックしましょう。 スピード平均指数が高い馬は今レースでも安定した走りをする可能性がある また「スピード平均」は過去5走のスピード指数の平均数値で、平均指数が高い馬は安定した走りをしていることになります。 崩れない軸馬を探す際にはスピード平均指数を参考にすると良いでしょう。 スピード最大指数が高い馬を穴馬にする 一方で「スピード最大指数」は過去5走で最も数値の良いスピード指数のことを意味します。 平均スピード指数が悪くても最大指数が高い馬は激走するポテンシャルを秘めていますので穴馬としてヒモに絡めてみると良いかもしれませんね。 逃げ馬は先行指数が高い馬から差し・追い込みは上がり指数の高い馬から選ぶ 「先行指数・上がり指数」は過去5走の分の前半後半のレース内容が指数化されたものです。 指数は斤量55キロをベースに算出され、先行指数と上がり指数が高い程、スピード指数が高くなります。 「先行指数」+「上がり指数」=スピード指数ということですね。 またスピード指数を分解したものが上記の2つの指数となりますので、逃げ馬は先行指数、差しや追い込みは上がり指数の高い馬を選ぶと良いでしょう。 直近のレースでベストランク指数をマークしている馬は要注目 「ベストランク指数」は過去5走で上位7番目までの指数がオレンジ色に色付けされたものです。 1や2レース前でベストランク指数を出している馬は期待できそうです。 スピード指数ランクの見方と攻略方法 スピード指数ランクは過去5走のスピード指数を「前走ランク」と2から5走前の「過去走ランク」でランク付けし各出走馬を評価したもので、今レースの斤量で調整されたスピード指数を基に算出されています。 スピード指数ランクには「前走ランク」・「過去走ランク」・「前走スピード指数」・「過去走スピード調整」・「スピードランクで攻めるボックス作戦」・「過去走のスピード指数ランクのレンジ」が掲載されていますので各攻略法を紹介します。 軸馬は前走ランクAから探す 前走ランクは前走のスピード指数を今回のレースの斤量で調整したものをランク付けしたものです。 連対率が年間4割の馬は「A」、3割の馬は「B」、2割から1割の馬は「C・D」でランク付けられています。 前走を基に軸馬を選ぶ際には前走ランクがAの馬から選ぶと良いでしょう。 鉄板軸馬は過去走ランクと前走ランクの高い馬を選ぶ 過去走ランクとは各出走馬の2から5走前のスピード指数を今レースの斤量で調整し数値が高い順に並び変え、さらに上位指数からABCDのランクに分けた後にさらに2から5走前のスピード指数からランク付けをし直したものです。 要は前走ランクより過去走ランクの方が各馬を深堀したランクとなります。 過去走ランクはWXYZの順でランクが高くなります。 前走ランクAと過去走ランクZの馬がいれば鉄板軸馬なので押さえましょう。 前走スピード指数の高い馬は今レースでも好走する可能性大 前走スピード指数は前走のスピード指数を今レースの斤量で調整したスピード指数です。 直近の成績を重視するのなら前走スピード指数の高い馬を選ぶと良いでしょう。 より安定した軸馬は過去走スピード指数の高い馬から選ぶ 過去走スピードは過去2走から5走までのスピード指数を今レースの斤量で調整したものです。 前走スピード指数より安定した軸馬を選ぶ際には前走スピードより過去走スピードから選ぶと良いでしょう。 吉馬 中央競馬版 の注目馬5頭で馬券を組む 吉馬 中央競馬版 はスピードランクで攻めるボックス作戦として、スピード指数ランクで高いランクをマークしている馬を最大5頭紹介しています。 これは便利ですね。 吉馬のスピード指数は細かく算出されていて、スピード指数に慣れている方にとってはより詳細な参考データとなりますが、スピード指数に慣れていない方にとってはややこしいですよね? スピードランクで攻めるボックス作戦は5頭選抜してくれますので、スピード指数をご自身で読み解く必要はありません。 推奨買い目通りには馬券を買いたくないけど、馬券を簡単に組んでみたい競馬中級者の方におすすめなコンテンツです。 ファクター分析推奨の見方と攻略方法 ファクター分析推奨は「先行力」・「スピード信頼」・「スピード調整」・「スピード最大」・「末脚力」が数値で掲載され、これらの数値を総合的に分析算出したのが「スピード能力値」となります。 ファクター分析推奨には3連単の買い目も掲載されていますので、1面だけで競馬初心者でも予想できる紙面となっています。 軸馬選びに困ったらスピード能力値から選ぶ スピード能力値は最大過去5走のスピード指数を基に上がり指数や量、算出パターン等を分析し算出した各馬の能力値です。 先行馬は先行力の数値が良い馬を選ぶ 先行力は各馬の先行能力を先行指数から算出した指数です。 先行馬をお探しの方は先行力の数値が高い馬を選びましょう。 スピード最大から穴馬を選ぶ スピード最大は各馬の過去5走のスピード指数のうち最大指数が掲載されています。 数値が高い程、過去に好走したことになり、直近の成績が悪くても激走する可能性がありますので穴馬として押さえると良いでしょう。 スピード信頼数値の高い馬は安定した走りをする可能性大 スピード信頼数値は前走スピード指数を今レースの斤量で調整した数値です。 前走が安定している馬は今レースでも安定した走りを見せる可能性が高いでしょう。 差し・追い込み馬は末脚力の数値が高い馬から選ぶ 末脚力は上がり指数から算出された数値で、ゴール直前の距離が長いような後半勝負のレースの場合、差し・追い込み馬を末脚力の数値が高い馬から選ぶと良いでしょう。 吉馬 中央競馬版 の推奨3連単予想を参考にする 吉馬 中央競馬 は3連単フォーメーションの予想を提供しています。 軸3頭と買い目通りに馬券を買うと馬券代が高額になり不的中の際のリスクが高くなりますので、1着馬を3頭から1頭に減らしたりご自身で調整すると良いでしょう。 馬券の組み方がわからない!! という方は推奨通りに購入しても面白いかもしれませんね。 結果の見方 レース結果には全馬の着順や枠番、馬番、馬名、所属、人気、各券種の配当金が掲載されています。 出馬表から結果まで吉馬 中央競馬番 でまとめて見られるのは便利ですね。 見れない方は推奨環境をチェック 吉馬 中央競馬版 が見られないといった方は推奨環境をチェックしてください。 OS: Microsoft Windows7 SP2 以降 ブラウザ: Internet Explorer 7. 0以上 FireFox10. 0以上 Opera9. 0以上 Google chrome9. 0以上 Safari5. 0以上 ブラウザオプション: JavaScript、CSSの有効 もしパソコンを使われていてOSがWindowsXPなど7以前の場合、見ることができません。 また、Google chrome9. 0以上 Safari5. 0以上ならスマホからも吉馬 中央競馬版 を見ることができます。 ガラケーの方で見れない方は当記事で紹介した推奨環境をご確認ください。 枠順が確定しない限り見れない また出馬表が見れない方は枠順が確定するまで待ってください。 吉馬 中央競馬版 は枠順が確定次第出馬表を公開します。 kichiuma. php 運営業者 記載なし 電話番号 記載なし メール 記載なし 責任者 記載なし 料金体系 無料 吉馬 中央競馬版 の評価 吉馬 中央競馬版 は全中央競馬の出馬表と馬連、3連単フォーメーションの予想を無料で公開しているインターネット競馬新聞です。 また、インターネット競馬新聞の中でも多様な角度からのスピード指数を公開していることが特徴的です。 上記の検証の結果から吉馬 中央競馬版 は当たるインターネット競馬新聞と評価します。 また吉馬の5つの見方と攻略方法を紹介しました。 もっともおすすめしたい紙面は「ファクター分析推奨」でこの紙面1枚だけで競馬初心者でも予想ができます。 吉馬 中央競馬版 は競馬初心者の方にもスピード指数を予想ファクターに入れたい競馬上級者の方にもおすすめしたいインターネット競馬新聞です。 しかし… 吉馬は広告収入で運営しており、スポンサーの有料競馬予想会社がPRされています。 吉馬が当たっても紹介されている競馬予想会社が当たる保証はありませんので、あくまで吉馬 中央競馬版 のみの無料利用をおすすめします。 また、当サイトでは無料で読める競馬新聞とおすすめ競馬新聞5選をまとめていますので、ぜひ合わせてお読みください。 名前 評価 本文.

次の