請求書 宛名 御中。 今更聞けない? 御中・様・行・宛・各位・殿など、正しい宛名の敬称の使い分け | 転職実用事典「キャリペディア」

「請求書」の書き方とは?必要事項や注意点・郵送時の送り方も解説

請求書 宛名 御中

請求書は、買い手から代金を受け取る前に商品を引き渡した場合に、買い手に代金を請求するための書類です。 請求書に記載すべき事項は、商習慣としてある程度決まったものがあります。 確実に代金を回収するためには、商品やサービスの名前や数量、金額はもちろん、請求書の宛名も重要な記載事項になります。 請求書の宛名を正しく書くことが重要な理由 請求書の宛名を正しく書くことが重要な理由を理解していただくために、請求書を受け取った側での、代金支払の一般的なプロセスをご紹介します。 請求書が届くと、まず、購買担当者が請求の内容を確認します。 合意した取引内容のとおりに請求されているか、特に金額は合っているかといった点がチェックポイントになります。 また、請求漏れや二重請求がないかも確認します。 購買担当者のチェックが終われば、請求書は経理担当者に送られます。 経理担当者も同様に、請求書の内容を確認します。 経理担当者は、自社で計上した買掛金や未払金と照合し、代金の支払額を確定させ、所定の期日に代金を支払います。 以上のことから、代金を回収するには、請求書は請求先の購買担当者または経理担当者に確実に届くようにしなければなりません。 宛名を購買担当者か経理担当者のどちらにするかは、請求先に確認することをおすすめします。 請求先が大企業であれば、宛名に会社名を書いただけでは、担当者には届きません。 届いたとしても、担当者を特定するために余計な時間がかかるだけでなく、請求先に迷惑をかけることになってしまいます。 請求先の宛名は 部署名まで必ず書くようにしましょう。 担当者の名前も書いておくとなお良いでしょう。 細かいようですが、請求書を送る封筒の宛名についても同じことが言えます。 窓付き封筒で請求書に記載された宛名がそのまま見えるのであれば問題はありませんが、窓付きでない封筒で送るのであれば、封筒に書く宛先にも注意が必要です。 請求書と同様に、部署名まで記載すれば、請求先での処理がスムーズに進むでしょう。 封筒に「 請求書在中」と書くかゴム印を押すとなお良いでしょう。 その他請求書に記載すべき事項 次に、請求書を発行する前に取引先に確認する事項と、宛名のほかに請求書に記載すべき事項についてご紹介します。 請求書を発行する前に取引先に確認する事項 請求書を発行する前、特に新しい取引先に請求書を発行するときは、主に次の3つの点について取引先に確認しなければなりません。 請求内容の確認に必要になることもあるので、電話番号、メールアドレス、担当者名も記載しておくとよいでしょう。 また、社印(角印)を捺印して、正式に発行した書類であることを示しておきましょう。 印鑑のない請求書は受け付けてもらえないこともあります。 発行した請求書がどのような取引に対するものであるかを明らかにするためです。 企業の会計では本体価格と消費税を別々に計上することが多いので、金額は税別で記載します。 消費税の1円未満の端数処理の方法は、切り捨て・切り上げ・四捨五入の中から選択できます。 毎月継続して同じ方法で処理しましょう。 宛名を正確に書くことの重要性は、前の項でお伝えしたとおりです。 支払期限が休日である場合に前営業日か翌営業日かどちらに支払うのかも決めておきます。 」といったひとことを添えておくと丁寧な印象になります。 振込手数料の負担についても明記しておくとよいでしょう。 支払方法が集金の場合は、そのことを記載します。 このほか、前月以前に請求した金額がまだ支払われていない場合は、繰越金額を記載することがあります。 まとめ 以上、請求書の宛名を正しく書くことの重要性と、請求書に記載すべき事項についてお伝えしました。 取引内容や金額に比べると、請求書の宛名にはあまり注意が行き届かないものです。 しかし、確実に代金を回収するためには、発行するたびに宛名が正確に書かれているか確認する習慣をつけましょう。

次の

請求書の書き方》文例・例文・作成/書式/事例/雛形/ひな形/封筒/印鑑/在中

請求書 宛名 御中

請求書などの宛先を会社名にする場合の敬称は様が自然 そもそも会社名に御中をつけるのは、 「その宛名の中にいるどなたか担当者様へ」という意味をこめているのです。 「中の人へ」を表す「中」に丁寧語の「御」をつけたもので、その封筒を開いて読んでくれる「どなたか様」に対する敬称なんですね。 だったら、 請求書の宛名に御中をつけるのは変だと思いませんか? 請求書は、会社本体に対して支払を請求するものです。 お金を払ってくれるのも会社本体のはずです。 なにも 「その会社の中にいるどなたか担当者様」に支払を請求しているわけではないですよね。 会社は、法人であり、人とは違いますが法律上人格を認められています。 その法人に対して請求書をだしているのです。 ですから、 封筒の宛名には 〇〇株式会社 御中 と書かないといけませんが、 封筒の中に入れる請求書などの文書には 〇〇株式会社 様 と書きます。 封筒の宛名にも様をつけたいなら、 〇〇株式会社 経理担当者 様 (請求書在中) と書きます。 これが理にかなってスッキリした形であると、じん兵衛は考えています。 スポンサーリンク 請求書などの文書につける「敬称」は、何が正しい また、こんな相談もあります。 質問は 「請求書などの文書の宛先に書く企業名に付ける「敬称」は、何が正しい?」 請求書の文面に書く相手方の名前(社名)の敬称は、団体や法人でも「様」とした方が良いかどうか悩んでいます。 最近、上司に「請求は担当者にするものではなく会社本体にするものだから、『御中』ではなく『様』で」と指示がありました。 以前は会社名に「様」を付けるなんて…という感覚だったのですが、会社自体に宛てた際の敬称は、本当に「様」で良いのでしょうか。 回答は、 封筒でも文書でも同じです。 しかし、市販されている領収書にはあらかじめ「様」が印字されているものもありますね。 この場合はあえて「様」を「御中」に訂正して使用しなくてもいいのですが、「様」の印字がないものや自社で請求書を作成する場合は「御中」を記入します。 敬称を使う際、大切なのは相手を敬う気持ち。 確かに一般的なビジネス文書上、会社名の敬称は「御中」、個人の敬称は「様」ですね。 しかし、「様」はどのような場面でも違和感なく口頭や文書で使われています。 引用元: 会社宛にだす請求書、領収書などの文書には御中でなく様をつけたほうがいいのではないか。 じん兵衛は、この上司の方に賛同します。 とはいえ、ネットで見ると、会社関係への請求書は、ほぼすべてのテンプレートで、 〇〇株式会社 御中 となっており、様となっているのは、社名に個人名が併記されているものです。 その他大勢とは違う道を進むのはたいへんですけど、じん兵衛は「様」をつけてきました。 実際に、請求書に様がついているのは、それほど珍しいことでもありません。 あなたが会社で見る請求書の文書、宛名は「御中」と「様」のどちらが多いですか。 まとめ 会社名や組織名につける敬称は御中です。 様は個人名につける敬称です。 これが基本でありますが、 請求書など、会社や組織など本体にたいする文書の場合は、御中でなく、様をつけるほうが自然であると考えています。 でも、かた苦しく考えることもありません。 自分の書きやすい方で書けばいいんです。 スポンサーリンク.

次の

請求書の書き方|請求書作成のテンプレートやマナーなど|税理士検索freee

請求書 宛名 御中

1.請求書ってなに?請求書とは 請求書とは、商品やサービスの料金・代価の支払いを求めるために出す文書のことです。 会計ソフトや専用プログラムを用いて作成する場合がほとんどですが、例えば…サービスや手数料など、単純な商品の販売とは異なる「行為の提供に関する料金」の支払請求書などの場合には、請求書に掲載する明細の書き方で悩むこともあるかもしれません。 あるいは、繰越金についての考え方を理解していないと、取引先からの支払い残高についての問合せに対応できないかもしれません。 ここでは初めて請求書を作る方のために、一般的な知識として、請求書に掲載する内容と請求書の書き方(請求書の書式)、および請求書送付のしかたについてご説明いたします。 【はみだし知識】 (1) 「振込依頼書」は、「請求書」とは全く異なる役割の書類です。 例えば、 「銀行の窓口などで、指定口座への振込を依頼するため、金融機関名、口座名を書き込む書類」 「払い戻しや返還を受ける際に、自らの口座を指定するために金融機関名、口座番号などを書き込む書類」などの依頼文書をさします。 また、あまり一般的ではありませんが、「支払依頼書」という書類もあります。 例えば、 「公共料金などの口座振替依頼書」の別称であったり、 「市町村などに対し、還付金、給付金その他の支払いを求める依頼書」などをさします。 こうした依頼書の書き方については金融機関や自治体その他、書類請求先の案内に従ってください。 (2)請求書を会計ソフトで作成する場合には、入金管理、繰越金の管理などの機能がありますが、よく配布されている請求書の書式の無料テンプレートなどをお使いになる場合にはこうした機能がないものもありますので、注意して下さい。 2)締日を過ぎたらなるべく早めに請求をする 掛売り方式の場合は、月末締めで翌月請求するなど、一ヵ月単位のものがほとんどです。 ある一定の期間ずつ請求することを掛け売りと言いますので、双方合意のもとであれば期間の長さ(締日)は週単位 、月単位など各企業が任意で決めることができます。 どんな企業でもどんなお店でも、代金をすみやかに回収することが健全な商売のための鉄則ですから、締日を過ぎたら迅速に請求します。 3)支払い方法にも2つのタイプがある 支払い方法には、前払いと後払いがあります。 さらに「一括支払い」と「分割払い」に分けることができます。 掛け売りは、後払いの典型的な例です。 分割払いの場合には、支払いを分けることによって発生する「利息」や「手数料」を上乗せした金額を請求します。 4)支払い期限 請求書には支払い期限を明記します。 支払期限の記載が無い請求書は、取引先(支払い者)の支払いスパン(支払いサイト)に合わせます、という暗黙の了解を意味します。 一般的には翌月内に支払いを求める請求書がほとんどです。 3.請求書に記載する繰越金と入金管理 1)2つの繰越金タイプ 請求書には、繰越金という欄があります。 この繰越金の金額は、以下のいずれかの考え方に基づいて作られます。 A…請求書を作成した時点で未入金の金額があれば、それを記載します。 B…未入金分の有無に関係なく、その月の取引の分について請求書を発行します。 この場合は、繰越金額は「無し」となります。 2)入金管理について 請求書を発行した取引先に関しては、いつ、いくら支払いがなされたのかをきちんと管理する必要があります。 企業間の取引の場合、最も一般的な代金回収方法は振込みによる支払いです。 以下の点に注意しましょう。 (例えば、請求書を担当あてに送ると、担当が内容をチェックしたのちに、その書類を経理にまわすといった会社もあります。 宛先の例としては、以下のようなケースが考えられます) 封筒の宛先例1) その請求書に記載した商品やサービス、プロジェクトの直接の担当者、 発注者 封筒の宛先例2)会社 封筒の宛先例3)会社の経理部、経理担当 【はみだし知識】 請求書発行依頼書とは…「どの部署あてに請求書を発行し、どの部署の誰あてに送付すれば良いのか」について住所や名称などを、取引先の担当者自身に書き込んでもらうための書類を用意している企業もあります。 こうした書類を請求書発行依頼書と言います。 請求書の通番の利用例 納品書や見積書の伝票番号などと関連づけることもできます。 電話での打ち合わせのときに番号を指定し、書類を特定できます。 先方から請求書や見積書の再発行の依頼があった場合にも、どの文書に関する再発行の依頼なのかを特定することができます。 万一発行した請求書に誤りがあった場合には、請求書の通 番に枝番号(子番号)をつけて、訂正版の請求書を作成します。 同じ取引先について、複数枚の請求書をまとめた請求書を発行する場合(例えば各事業所、支店、工場あての請求書をまとめた請求書を作る場合)には、代表番号と枝番号を使うことにより、請求書の作成、区分けがスムーズにできます。 掛け売りの取引先に対し、複数枚の請求書をまとめた請求書を発行する場合には、代表番号と枝番号を使うことにより、請求書の作成、区分けがスムーズにできます。 発行日または提出日 「請求書の日付はいつにするのか」という点については、「うちの会社はこの日を基準にして請求書を作成する」と、きちんと決めておく必要があります。 ほとんどの企業では請求日として締日を記載する場合が多いようです。 例えば月末の日付などを記載します。 ここの日付けをいつにするかによって、繰り越し金の金額に関わってきます。 売り上げや、請求などの計算上の合計を出す日のことです。 (請求書印のために用いる印鑑は角印で構いません。 請求書には社名を記載しておきます。 会社印(角印)を押す位置は、社名をすべて隠すのではなく、社名に少しかぶるように右に寄せて印鑑を押します。 角印は、発行者や作成者がその企業であることを認める場合に用い、丸印は代表者印または実印として法務局に印鑑登録したもので、契約や諸手続きの申請などに用います。 いわば、代表者(社長)の意志を表わすものです。 なお、銀行印は、預金口座開設時に金融機関に登録するものです。 請求書のタイトル 請求書のフォームを作成する際に、先方の宛名よりも下の位置になるようにし、若干大きめの文字で記載します。 タイトルの下には簡単な挨拶文を載せます。 ビジネス文章として、だいたい決まった文章を用います。 挨拶と、支払いについての簡単な依頼文章の書き方の見本をご紹介します。 (口座振替の場合には入金依頼も合わせて行います。 ) 【参考:請求書のタイトルの下に書く文章例を下記にご紹介します】 請求書の場合の例文: 「平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 下記の通りご請求申し上げます。 よろしくお願い申し上げます。 下記の金額をご指定の口座から振り替えさせて頂きます。 振替日の前日までにご指定の口座にご入金ください」 など。 振込手数料について 特に指定や契約上の取り決めがなければ、振込手数料をどちらが負担するかについては支払う側の社内規定にゆだねることになります。 振込手数料を先方に負担してほしい…など、希望があれば支払い請求書に明記することをおすすめします。 【手数料負担に関する依頼文章の例/手数料負担のお願い文章例】 「恐れ入りますが振込手数料はご負担下さい」 「誠に勝手ながら、振り込み手数料はお客様のご負担でお願いいたします」など。 金融機関や請求金額によって振り込み手数料の金額が異なりますが、735円、840円といった金額を差し引かれる取引先が多数になると、意外と無視できない金額になります。 経費削減のご時世でもありますし、こうした細かい事項もチェックし、良く考えて請求書を作成しましょう。 お詫び状を添えて送るのが一般的です。 請求書再発行時には「再発行」などと請求書の用紙自体に明記します。 会計年度が次年度にまたがる場合にはあまり適しません。 また、この場合もまずは取引先にお詫びの第一報を入れ、次回の請求書にはお詫び状を添えます。 ・キャンペーンや、サービスなどで特別に無料にしているものは、明細にあえてその項目を記載し、金額を0円とします。 買い手または利用者は、「請求漏れ」ではなくあえて「無料」にしていることが一目でわかります。 例えば、送料無料という場合は、明細欄が「送料」金額欄「0円」となります。 下記のように、無料となる条件があれば、その条件を併記するとさらに分かりやすくなります。 会社宛 2. 担当部署 あて 3. 役職・肩書きのある相手あて 4. 担当者宛 1. 会社あて……社名の下に「御中」をつけます。 社名が長くて、宛名を書いた時にどうしてもスペースに入らない時に限り、株式会社を(株)というように省略します。 担当部署あて……先方の部署名の下に「御中」をつけます。 社名と同じ行に無理に書かずに、改行して部署名を書いても構いません。 役職・肩書きのある相手あて……まずは社名、部署名を書きます。 担当者あて……まずは社名、部署名を書きます。 先方の注意を喚起するために、封書の表には、 赤字で「 請求書在中」などと朱書するのが一般的です。 封書の宛名書き自体をパソコンで出力する場合は赤文字で印字したり、または市販のゴム印(「請求書在中」というもの)などを使っても良いでしょう。 「在中」とは、その書類や品物などが、その中に入っているという意味です。 封筒の表面に表示することで、この封筒の中に請求書が入っていますよと知らせる意味があります。 こうすることにより、受け取り手や担当者の注意を喚起することができます。 黒字でも構いませんが、封筒の中の送付文書が請求書文書であることがわかるようにするのが慣例です)。 文例・例文 1. 印紙税額は領収した金額により異なりますが、3万円未満は非課税、3万円〜100万円は200円です。 印紙税が課税されるのは、印紙税法で定められた課税文書です。 領収書の書き方と合わせて説明しています。 それでも支払いが無く悪質な場合には法的手段をとることになります。 催促のしかたや依頼文書の書き方をはじめ、代金回収にかかわるビジネス文書の書き方について説明しています。 記載する内容は請求書と連動しており、発注内容と誤りが無いかどうかチェックし、受領してもらうために使われます。 簡単な挨拶文章と、同封する書類の種類、枚数などを記載したもので、送付書とも呼ばれます。 ほとんどの場合、決まった書式のものが使われます。 別 ページで文例・例文とサンプルをご覧ください。

次の