白い 喪服。 白装束とは?昔は喪服も白かった

白の喪服ってありますか?何かの小説か漫画で見た様な気がす...

白い 喪服

ご葬儀の際に身に着ける喪服。 喪服といえば「黒」をイメージされる方が多いと思いますが、喪服が「白」の時期があったということをご存じでしょうか。 一体どのような流れで喪服の色が現在の黒になったのか。 そもそも、喪服はいつ頃から着られるようになったのか。 そこで今回は、喪服の歴史と色の変遷についてご紹介します。 白と黒、繰り返した歴史 2012(平成24)年に亡くなられた歌舞伎俳優 18代目中村勘三郎さんのご葬儀では、奥様の好江さんが白い喪服を着用していたため、ご葬儀の模様を当時のニュースなどでご覧になられた方の中には驚かれた方も多かったと思います。 日本の歴史において喪服が初めて登場したのは、奈良時代と言われています。 日本最古の歴史書である「日本書紀」によれば、当時の日本のご葬儀では、故人様の親族や会葬者は白い喪服を着用することが通例だったとされています。 なお、庶民の喪服は、その後千年以上にわたって、白い喪服が主流となりました。 では、上流階級の人たちはどうだったかというと、当初は、庶民と同じく白い喪服を着用していました。 しかし、718(養老2)年の「養老喪葬令」において、天皇が「錫紵(しゃくじょ)」と呼ばれる薄墨色の麻の細布衣を喪服として着用するようになったのをきっかけに、上流階級の人たちにも薄墨色の喪服が広まりました。 そして、時が経つにつれて墨染めの色は濃くなっていき、平安後期になると黒色の喪服が着られるようになりました。 しかし、貴族の影響力が薄れた室町時代に再び白の喪服が主流になりました。 このように、日本の歴史において喪服は、庶民が白、上流階級が時として白や黒を繰り返していったのです。 きっかけは、明治維新 白い喪服の伝統が変わり始めたきっかけが明治維新でした。 1878(明治11)年に、「維新の三傑」の1人で、現代でいうところの首相にあたる、初代内務卿を務めた大久保利通が暗殺されます。 その大久保利通のご葬儀は、多くの諸外国の国賓から注目されました。 それを考慮した政府から、「会葬者は喪服を黒で統一するように」とのお達しがありました。 また、1897(明治30)年の皇室のご葬儀に列席した欧米諸国の賓客たちが、ヨーロッパ王室式の黒い喪服を揃って着用していたのを見た政府首脳部は、日本人の会葬者にも黒い喪服をしつらえさせました。 これらをきっかけとして、上流階級の人々の間で、黒を国際標準の喪服の色として認識する気風が広まり、1915(大正4)年の皇室令により、宮中参内の喪服は、帯締め・帯揚げ・足袋は白で、それ以外は黒を着用することが正式に定められました。 しかし、この時点ではまだまだ庶民には、黒の喪服は縁遠いものでした。 第二次世界大戦をきっかけに庶民にも広まる 庶民に黒の喪服が広がったきっかけとなったのが、第二次世界大戦でした。 当時の喪服は、貸衣装を着用することが一般的で、貸衣装屋には白と黒の喪服が混在していました。 第二次世界大戦によって日本中に戦死者が急増し、貸衣装屋で喪服を借りる人も急増しますが、借りる頻度が増えたことで白い喪服は汚れが目立ち、直ぐに使い物にならなくなってしまいました。 そこで、貸衣装屋は、汚れが目立たず手入れのしやすい黒の喪服を揃えるようになりました。 その後、手入れのしやすさや喪服を黒に統一している欧米諸国の影響もあり、急速に黒い喪服が庶民にも広まっていきました。 また、冠婚葬祭のマナー意識も、第二次世界大戦をきっかけに大きな変化がありました。 戦前では、喪服を着用するのは遺族だけでよいと考えられていました。 しかし、戦後、ご葬儀自体が社会的に大切な通過儀礼として認知され、冠婚葬祭のマナーを身に付けようとする意識が急速に人々に浸透し、ご遺族だけでなく会葬者もマナーとして黒の喪服を着用する考えが広まって行ったのです。 まとめ 私たちが普段当たり前のように着用している黒い喪服は、奈良時代から近現代までの長い時間をかけて辿り着いたスタイルだということが分かりました。 庶民に黒い喪服が定着したのが比較的近年であり、多くの戦死者を生んだ戦争がきっかけだということが分かりました。 時代により、白と黒を移行してきた喪服ですが、亡くなった方の死を悼むという点だけは、古代から変わらず受け継いでいるということにも注目したいですね。

次の

喪服の色は1000年以上白かった 喪服の色の歴史や黒になった経緯

白い 喪服

大昔から喪服は「白」でした。 ところが明治時代に欧米化に習い・天皇が黒の喪服を用いられたのが一つの転機とされています。 日本は当時まだ和服の文化でしたので戦前あたりまでは、ある程度多くの地域で白喪服 和服 が用いられていました。 しかし生活様式が欧米化になるに従い、ほとんどが黒喪服になっていき、現在ではほとんど見られることがなくなったということです。 白喪服は葬儀にしか使う時がない つまり喪主として親を送る時だけの2回 というのも原因でしょう。 我が近所でも、たまに見かけることがあります。 昭和一ケタ生まれの方などは嫁入り時に持ってきていますから。。。 着る人は、昔からの旧家の方や大地主というところです。 なお先の方が回答された寺院僧侶の喪服は鈍色 にぶいろ といって麻でできています。 また蝋燭もその色で行います。

次の

白い時もあった喪服。喪服が黒い理由とは?|知っておきたい葬儀の知識|ご葬儀は信頼と実績のセレモニー

白い 喪服

写真や現物が残っている時代ならまだしも、何世紀も前のこととなるとほとんど手がかりがなさそうに思えるのですが…。 先生は、服飾史のご研究をされている数少ない専門家の1人でいらっしゃいますが、服飾史の研究とはどういう手法でされるものなんですか? 増田 文献、遺品、壁画・絵巻物といった絵画類など、手がかりはいろいろあります。 私は古代が専門なので文献や遺品が中心ですが、何といっても一番参考になるのは壁画ですね。 増田 はい。 壁画に描かれている人物の服装から製作時期を割り出してみたところ、日本が中国の服飾文化を取り入れるようになった後のおよそ20年間に絞ることができました。 あの壁画の服装は、中国式を取り入れつつもまだ完全ではないからです。 奈良県高松塚古墳壁画西壁女子群像。 国(文部科学省)所属。 明日香村教育委員会。 日本はもともと左袵(おくみ)だったのを、719年に中国に倣って右袵(おくみ)に変えるのですが、この壁画ではまだ左袵(おくみ)のままです。 また、上衣の裾が下衣の中に入っていないのも、旧来の着方です。 しかし、上着の裾に襴(らん)<横布>が付いていたり、袖が長いのは、明らかに唐の影響です。 増田 そうです。 これらを文献と照らし合せて考えると、恐らく684年から703年頃の間に描かれたものだと推測できます。 ちなみに、中国文化を取り入れる前は、日本はどこの国の影響も受けていなかったのですか? 増田 私は朝鮮半島の高句麗系文化の影響を受けていたのではないかと思っています。 朝鮮半島で発見された高句麗時代の壁画には、高松塚古墳壁画とそっくりなものがあるんですよ。 殉死の代用としたとする説や、殯(もがり)の儀礼<死者の魂を安らげるための儀式>を表現したという説など…。 ただ、いずれにしても何らかのものを表示する意図で作られるようになったのは確かです。 襷(たすき)をかけていたり、器を捧げ持っていたり、合掌していたりと儀礼的なものが多いです。 増田 それは後期の頃のものでしょうね。 時が経つにつれ、儀礼的なものから「飾り」や「芸術」としての意味合いが強くなっていったようで、さまざまな形の埴輪が作られるようになりました。 踊っていたり、子守をしていたり、相撲をとっていたりと、しぐさも表情も本当に豊かなんですよ。 増田 当時の人々の服装や生活がそのまま表現されていますから、これほど良い資料はないというくらいです。 特に関東で見付かった人物埴輪は数も多く、バラエティに富んでいるので、非常に参考になります。 ですから畿内では初期、関東では後期のものが多いのです。 しかし畿内はその後、土地開発が盛んに行なわれたということもあり、土中に埋まっていた埴輪が壊されたり、どこかへ行ってしまった可能性が高く、あまり数が残っていません。 一方、関東は田舎だったこともあり、土地開発の影響をさほど受けず、無事発見される数が多いのでしょう。 日本の喪服はもともと白で、それが黒、白、黒と変っていったと…。 増田 そうなんです。 古代の喪服が白かったということは『日本書紀』や『隋書倭国伝』などで知っていたのですが、平安時代になるとなぜか黒に変ってしまうのです。 どうしてだろうと思って調べ始めたら、いろいろと面白い理由があったんですよ。 当時の注釈書によると、「錫紵」とは「いわゆる墨染めの色」のことです。 これは中国の『唐書』に「皇帝が喪服として『錫衰(しゃくさい)』を着る」と書いてあり、この中国の制を真似して定めたものと考えられるものです。 ところが、実はここで大きな勘違いを犯してしまったんです。 増田 間抜けな話ですが、その当時に書かれた文書にはっきりと書いてあるのですから、間違いありませんよ。 増田 はい(笑)。 この「錫紵」の色は、平安時代になると貴族階級にも広まって、薄墨だった色合いも次第に濃くなっていきます。 これはより黒い方が深い悲しみを表現すると考えられたからで、あの『源氏物語』でも、妻を亡くした光源氏が「自分が先に死んでいたら妻はもっと濃い色を着るのに、自分は妻の喪だから薄い色しか着られない」と嘆く場面があります。 その後平安後期になると、一般的に黒が着られるようになりました。 白が復活したのは室町時代で、途中江戸時代に水色が登場したりしますが、基本的には白が続きます。 そして、明治維新を機にヨーロッパの喪服を取り入れて黒になり、現代に至っています。 といいますのは、白い布を黒く染めるには染料もいりますし、手間もかかります。 昔は人の死を「穢れ(けがれ)」と考えていて、一度着用した喪服を処分していたようですが、そんな手間をかけたものを庶民が簡単に捨てたとは考えにくい。 それに、先祖代々受け継いできた伝統を変えるには、相当勇気がいるはずです。 現代よりもはるかに信心深い時代ですから、伝統を変えることによってたたりや災いが起こるのではないかという"恐れ"が相当強かったと思います。 用明天皇の葬送場面。 黒や白の葬列装束が描かれている(赤外線照射撮影による) 増田 実は、養老の喪葬令で喪服が黒とされて以来、室町以降も宮中ではずっと黒のままだったんです。 格式や形式を重んじる宮中では、一度決めた決まりを頑なに守り続けました。 それと同じように、庶民は貴族の「黒」におされながらも、「白」という色を守り続けていたのではないでしょうか。 そして、貴族の影響力が薄れた室町時代に、その"白文化"が盛り返したのではないかと考えています。 増田 そうです。 先程も申しました通り、「死」に関する儀式や死生観というものは、そう簡単には変らないと私は思います。 前述の殯(もがり)の儀礼のように、お酒を飲んで踊ったり、あるいは泣き続けたりするしきたりが古代にもありましたが、この伝統は現代のお通夜に見られます。 泣いている人もいれば、その傍らでお酒を飲んで騒がしくしている人もいる…。 このように私達は、古代の風習を当り前のように受け継いでいるのです。 増田 実は、あれも随分前からある風習で、鎌倉時代の『北野天神縁起絵巻』にも描かれていますが、喪主や棺を担ぐ人も付けていたようです。 なぜか古代からずっと歴史上に登場しているマークなんです。 喪服の研究を通して、日本人の死生観が見えてくるのではないかとも期待しています。 先生には今後もますますご活躍していただきたいと思います。 本日はありがとうございました。

次の