スマホ 音声 録音。 【レビュー】スマホで内部音声を録音する方法

通話録音アプリとは?スマホの通話を録音する方法 [スマートフォン] All About

スマホ 音声 録音

音声レコーダー Androidスマホには、音声レコーダーという純正アプリが内蔵されています。 ここで紹介するのは、ソニー製の無料録音アプリ--「音声レコーダー」です。 エクスペリアなどにプリインストールされている、音声を録音できるボイスレコーダーとして、アプリを開くと、出て来る赤い丸ボタンを押すだけで音声をレコーダーできます。 他のアンドロイドスマホは録音機能を提供する「音声レコーダー」も搭載されていますが、スマホごとに機能もちょっと異なります。 例えば、HUAWEIスマホの内蔵する音声レコーダーにより、録音中、写真タブ、クイックタブを追加できます。 Cogi CogiはAndroid向けのボイスメモを録音することで、会議、通話、講座などのハイライトをキャプチャー、シェアすることができるレコーダーアプリです。 タップして録音開始、タップして一時停止というシンプルなインタフェースなので、必要とされる音声を録音することが簡単です。 スマホの容量に余裕がある限りに録音できます。 録音中、メモを書いたり、写真を撮ったりすることができるし、タブや連絡先を音声ファイルに追加することができます。 議事録を作するアプリとして評判が良いです。 それに、録音するまま、ほかのアプリを利用可能で、ネットサーフィンなどが容易です。 Dropbox、Google Drive、EvernoteやEメール経由でスマホの録音をシェアできます。 スーパーボイスレコーダー スーパーボイスレコーダーはおすすめのもう一つのアンドロイドスマホ対応の無料録音アプリです。 アプリを開くと、録音ボタンを押すだけで録音開始、バックグラウンドで録音もできます。 より高音質、高音質、中音質など7つの音質を提供してくれるので、必要に応じて選択可能です。 MP3形式で音声を録音するので、汎用性が高くて、変換無しで多数のデバイスで再生できます。 PCM録音 PCM録音 PCM録音はiOSデバイスやAndroidスマホの両方に対応する携帯録音アプリです。 無料のPCM録音、PCM録音Liteや有料のPCM録音Proなどがあります。 完全無料な音声レコーダーとして、劣化の無い非圧縮形式PCM(WAV)で録音するのは魅力的です。 音声を録音する方法が簡単で、長時間かつ高音質で録音可能だし、再生速度を変更することができます。 10秒巻き戻しボタン(PCM録音Pro付け)ボイスメモを聞き暮らしやすいです。 バックグラウンドで録音できるので、ネットサーフィンなどスマホで他の操作に影響がないです。 Recorder Plus Recorder Plusはここで紹介するもう一つの携帯ボイスレコーダーです。 この無料 ボイス レコーダー アプリによって、録音途中、音のないシーンを自動的にカットして、音量が大きい時だけ録音するので、会議や授業などの沈黙が多い場合にぴったりです。 録音ファイルの編集、共有などにも対応でき、高音質なボイスレコーダーとして人気があります。 以上は会議や授業、打ち合わせなどの会話を録音できるスマホレコーダーアプリのご紹介です。 もちろん、他には、簡単ボイスレコーダー、マイボイスメモ MP3 録音などボイスレコーダー機能を備える録音アプリがあります。 それに、も沢山あります。 必要なら、相応したスマホボイスレコーダーを選んでお試しください。 お役に少しでも立てれば何よりです。

次の

Androidにマイクを接続して高音質録音する方法とは?

スマホ 音声 録音

購入手配から到着まで10日くらいでした。 前回の投稿から時間が経ってしまったのはご愛嬌・・・。 130円くらい。 これと普通の 3. 5mmオーディオケーブルがあればスマホの内部音声が録音できます。 アマゾンでは 600円くらい。 5mmオーディオケーブルも同じくらいの値段。 今回の目的なら 0. 6mで充分でしょう。 ちなみに長さは短ければ短いほど 音が良い。 ただし、スマホのイヤホンジャック(オーディオ端子)が外部出力端子と内部入力端子が一体になっている必要があります。 ご自身のスマホの仕様書などを見て確認すると良いでしょう。 (ほとんどスマホは一体になっています) こんな感じで ヘッドセット接続端子と記載されていれば一体型になっている端子が付いていることを示します。 (ヘッドセットってイヤホンとマイクが付いた物ですから) スマホの内部音をキレイに録音するための接続のイメージ図は下記のとおりです。 スマホの内部音声をイヤホンジャックから有線で出して、マイク入力ジャックにそのまま入れます。 アプリにはフリーソフトのを使用しました。 実践から確認まで動画にしましたので確認してください。 まだ動作は安定しませんが何度か抜き差ししたり電話機本体・アプリを再起動したりすれば出来ることを確認しています。 接続が成功した時と失敗した時の差が今一つわかっていません。 オーディオ端子が無いiPhoneでやりたい場合はライトニングケーブルからヘッドセット端子の変換ケーブルを購入して同じように行えば出来ると思うのですが、iPhoneを持っていないので未確認です。 同様にオーディオ端子が無いAndroidスマホの場合もType-C端子とヘッドセット端子の変換ケーブルを使えば出来ると思います。 こちらもまだ未確認。 本来は著作権などの問題で内部音は録画してはいけないらしい(だから電話機本体側で出来ないような仕組みにしている)ので自己責任でやるorやらないを判断してください。 これが出来ると スマホの画面を録画するアプリで 映像も 音もきれいに収録されてしまいます。 この 有線で接続された音というのをこの方法を利用して あたかも内部音を直接録音するようにしています。 結果、 スマホで内部音声を録音していることになります。 例えば Youtube Premiumに登録していないのにスマホ内に動画が劣化無しで保存できてしまいます。 これやっても出来ない人へ 詳しく説明します。 2つ可能性があります。 規格が違う 端子が4極のものは「 CITA」と「 OMTP」の2種類の規格があります。 これを間違えたので出来ないということです。 困ったことにわざわざこれはCITA規格ですとかOMTP規格ですとか書いてくれていません。 なので調べようが無いですが実は商品名をよく見ると親切に書いてくれている場合があります。 とあります。 5mmジャックを使用するあらゆるデバイスにシームレスに接続できます。 と記載されています。 日本では CTIA規格が主流なのですが、スマホになると判断が難しいです。 グローバル展開しているメーカーやからしたらコスト削減のためにも統一したいはずですが、上記をよく見ていただくとわかりますがSamsungは両方の規格で出しています。 同じメーカーでも機種ごとに異なる例はこのようにあります。 確実なのは両方購入しておくことですね。 800円くらいなのでそれぞれ買っても2,000円しないので。 もっと安く購入したい場合はやはりeBayを使うのがよいでしょうね。 CTIAや OMTPで検索して引っかかります。 CTIA規格のケーブルを買って、 OMTPと CTIAの変換を買えばどちらが来てもOKです。 下の2つが今調べた限り最安かと思います。 ステレオで録音できるの? 既に記載しているのでお気付きの方もいるかと思いますが、4極では入力はモノラルです。 ステレオで高音質で録音したい場合は2台のスマホがあれば出来ます。 片方を音声出力、もう片方を音声入力とすれば有線での録音が出来ます。 電話機本体やアプリによっては認識しないこともあります。 ただ、スマホに外部マイクを認識させるためには3極では無理で4極か5極が必要な場合がほとんどです。 これで出来ない場合は何かしらの仕掛けが入っていて仕様として出来なく作られていますね。 上の方法は2台のスマホが無いと出来ません。 1台で済ませたい場合はBluetoothで飛ばして有線でスマホ内に音を戻す手法。 Bluetoothで飛ばしているので音は劣化しますが外部音は入らないので十分きれいに音は録音できます。 あっ、200円であった。 eBay、すごいですね。 これたぶん受信機だとおもう。 写真で車のAUXにつなげているので。 こっちは確実かな。 300円ちょっとだけど、出力している写真が載っているし。 こっちは送受信できる。 しかも300円ほどでかなり安いね。 でもたぶんこれも認識させるために間に変換ケーブルが必要かなぁ。 ステレオだと 5極というまた3. 5mmジャックには存在します。 そのケーブルを使えばステレオで音声入力可能かと思いますが、そのためにはスマホ側も5極のメス端子が搭載されていなければなりません。 またアプリも有線入力でステレオ録音できる仕様でないといけませんね。 スマホで5極が搭載されているのは Xperiaのようですね(普通のスマホのステレオ録音は3極端子で切り替えて賄っている、つまり出力と入力を同時に出来ない)。 Sonyは有線イヤホンでノイズキャンセル機能が可能な商品を出していますから。 右耳のノイズ、左耳のノイズそれぞれをキャンセルするためには両方の耳にマイクが無いといけませんからね。 ノイズキャンセルはノイズをマイクで拾って、その逆位相をスピーカー(イヤホン)から出して打ち消している ただ、調べている限り一体型で5極から出力用と入力用に分岐するケーブルがありません。 あと5極って2. 5mmとか4. 4mmとか径が違っていて何か複雑そう。 最後の手段として root化がありますがかなりハードルが高い方法です。

次の

スマートフォンで音声を録音する 3つの方法

スマホ 音声 録音

Androidスマホとタブレットには内蔵音声録音アプリが搭載されています。 ボイスメモ又はリマインダーなどのために、それを使って録音する人がいます。 ところが、そのAndroidボイスメモは音声の録音・保存という基本的な機能しかありません。 それで、多くの人はその替りになるAndroidボイスレコーダーを探しています。 すると、今回はいくつかの優れたAndroid録音アプリをまとめてみました。 ご参考になれば幸いです。 利用者数が多くて評価が高いAndroidボイスレコーダー• 簡単ボイスレコーダー その名前通り、はユーザインターフェースは非常に簡潔で使いやすいアプリです。 簡単ボイスレコーダーを使用すれば、マイクロフォンアイコンを1タップするだけで、録音を開始できます。 「一時停止」、「再開」も可能です。 ウィジェットでも使える強みがあります。 スマホのメイン画面から設定を調整することができます。 アプリのインターフェースが表示しない、それともスマホの画面がオフになる場合でも、バックグランドで録音できます。 無音部分は自動的にスキップできますし、自動復元機能が備わります。 それで、アプリが落ちてしまうなどの場合、録画したファイルを復元できます。 ところが、通話録音ができない不足があります。 音声レコーダー 使いやすい機能がついた便利な録音アプリです。 では、きれいな音声で録音できるばかりか、長時間録音や音声の処理もできます。 このアプリには全部で4つの録音モードが用意されています。 周りの音をとにかく高音質で残すモード、多少の音質低下に芽を摘むって圧縮音源として残すモード、人の話す声を中心に高音質で残すモード、スピーチを通常音質で残すモードの4つです。 また、風の音など邪魔な音を小さくするウィンドフィルターや音量の均質化、録音した音源の切り取りなどの便利な機能も備えています。 これさえあれば、重要な会話音声もあとで聞いて何を言っているか分からないなんてことはありません。 PCM録音 は誰でも簡単に使えるシンプルな音声録音アプリです。 録音形式は劣化のない非圧縮形式PCM(WAVE)と、AAC形式で、録音対象に合わせて選択出来ます。 サンプリングレートを変更することも可能で、PCM(WAVE)形式では8000~48000Hzに対応。 AAC形式ではビットレート64、128、160kbpsから選択出来ます。 これらをフル活用すれば楽器演奏やライブなどの音質重視の録音をしたい時でも会議や会話の録音など、音質を重視しない場面でも役に立ちます。 録音はアプリ起動後に表示される赤い録音ボタンを押すだけでスタートします。 途中で一時停止する機能もあるので無駄な間がある場合は一時的に録音をやめることも可能です。 便利機能を詰め込んだ、スーパーなボイスレコーダーアプリです。 録音アプリなんて録音しかすることないとお思いのあなた。 録音中に電池や容量がオーバーしてしまったことはないですか?レコーダーってけっこうそういった「足りない」に出くわすことがありますよね。 このアプリにはそうした事態を防げるように予め録音時の音質を設定することができます。 音質は7段階で調節することができ、音質を低くすればそれだけ容量に余裕を持って録音できます。 さらにバックグラウンドモードも備えているため、録音中でも他のアプリを利用することができます。 隠れて録音している場合などでも、スマホを普通に使っていれば悟られにくくなるでしょう。 録音アプリとしてシンプルに必要な機能をまとめた便利なアプリはいかがですか。 マイボイスメモ MP3 このアプリには、選べるMP3の録音品質は「長時間」「標準」「高音質」の3パターンがあります。 では、シーンによって使い分けできます。 バックグラウンドでの録音が可能なので、他のアプリを利用しながら使えるのが便利です。 内蔵Androidボイスレコーダーと比較し、上記のアプリは全てもっと多くの機能を備えます。 携帯電話の内蔵録音アプリに不満を持つ人は、上から代わりになるものを選択しましょう。

次の