おくる ことば 漫画 ネタバレ。 おくることば2巻はzipやrar、pdfで令和現在も無料で読めるの?

おくることば(3)(最終巻)

おくる ことば 漫画 ネタバレ

出典:「おくることば」、著者:町田とし子、出版社:講談社 第1話の衝撃すぎる開幕に、読んだら止めることができない『おくることば』の作品概要やあらすじをはじめにご紹介していきます。 作品の設定や概要• 著者:町田とし子• 出版社:講談社(月刊少年シリウス)• ジャンル:ミステリー・サスペンス、ホラー• 巻数:3巻(連載中:2020年5月14日現在) 設定として、佐原と千秋は幼馴染であり、また実知(みったん)という佐原と同じ場所で交通事故にあった少女と3人で小さい頃はよく遊んでいた。 佐原は他にも託や蓮乗とも幼馴染で小さい頃から一緒に遊んでいた。 あらすじ ある日、男子高校生・佐原は交通事故により死亡した。 だが、その死は事故によるものではなかった。 幼なじみの少女・千秋によって殺されたのだ。 引用) 感情が交錯しあう『おくることば』の主な登場人物 『おくることば』の登場するキャラクターたちは過去にそれぞれに抱えているものがあり、想いが交錯しあうのも見どころとなっています。 そんな感情が渦巻きあう『おくることば』の登場人物をご紹介していきます。 佐原真舵(さはら まかじ) 『おくることば』の主人公であり、物語のはじめで事故にあった少年。 誰かがつらいときでも普段通り接したり、クラスにあまり馴染めていない生徒にも明るく話かける優しい性格の持ち主。 小学校のころからサッカーをしていたが、高校になってからは周りに強い選手が多く辞めている。 哀川千秋(あいかわ ちあき) 佐原と幼馴染のクラスメイト。 小さい頃には佐原と実知(みったん)の3人でよく遊んでいた。 小さい頃におばあちゃんを亡くしており、おばあちゃんが「千秋の泣き顔じゃなくて笑顔が見たいな」と発言していたため、辛いときほど笑顔になる。 自身も実知を殺していることを自称しており、佐原や実知の殺人容疑がかかっている。 メイ ギャルのような風貌のクラスメイト。 霊感がある。 小さい頃、父親からもらったケータイからのぞく世界が自分とは違う世界を見ることができるため好きだった。 事件の犯人を捕らえるために事故にあった佐原とコミュニケーションをとって犯人捜しをする。 斎藤託(さいとう たく) 佐原とは幼馴染でクラスメイト。 学校ではいつもエロ漫画を描いているため、キモオタと呼ばれている。 人とコミュニケーションをとるのが苦手。 佐原のことを呪っていたため、事故を自分のせいだと思っていた。 蓮乗には好意を抱いている。 飛鳥実知(あすか みち):みったん 学校の近くの交差点で事故にあっていた少女。 哀川千秋とは昔住んでいた社宅が同じで、家族が忙しかったため佐原や千秋と一緒によく遊んでいた。 とても人見知りで他の人の気配がするとすぐに隠れる。 飛鳥謙汰(あすか けんた) 佐原のクラスメイト。 小中ジュニアでも有名だったサッカー選手。 スカウトされて高校でサッカーをしている。 小さい頃に妹の実知が事故に遭っている。 蓮乗(れんじょう) 佐原と託と幼馴染でクラスメイト。 佐原が事故に遭ったときに一番泣いていた。 佐原のことが好き。 昔は、佐原と託とよく一緒に遊んでいた。 また力が強く佐原からゴリラと呼ばれていたが、正義感が強い女の子だった。 メイの父 メイの父のインチキ霊媒師。 物語において重要な言葉を発する。 御祈祷などをしているが、幽霊はいないと思っている。 本も出版している。 結末・犯人予測不可能な『おくることば』の3つの見どころ(ネタバレあり) 出典:「おくることば」、著者:町田とし子、出版社:講談社 『おくることば』は、読者目線で見ても何が真実なのか、何を信じていいのかわからなくなるミステリー要素溢れる作品となっています。 読むほどに謎に包まれ、読む手を止められなくなる『おくることば』の見どころをご紹介していきます。 意外過ぎる開幕と驚きのストーリー展開 『おくることば』は、ネット上で流れる広告で話題になっている作品でもあります。 主人公の佐原が学校前の交差点で事故に遭い、幽霊となってクラスを動き回り、クラスメイトに感動的な言葉をかけていきます。 そして、幼馴染である千秋に「なんで俺を殺した?」と問いかける衝撃的な開幕となっています。 開幕からは邪悪な笑顔を見せる美少女のホラーサスペンスが始まるかと思いますが、物語が進むほど謎が深まるストーリー展開のため、ページをめくるごとに衝撃を受ける話となっているのです。 1話を読めば、続きを読まずにいられなくなるストーリー構成となっているので、是非1話だけでも読んでみてください。 事故から明らかになる人の心 この作品では、主人公の事故から明らかになる登場人物たちの心情も見どころです。 主人公の佐原と仲が良いはずのオタクの託は、佐原のことを呪うほど憎んでいたり、サッカー少年の健汰は佐原に送られた花束を蹴飛ばしたりと、慕われていたはずの佐原に対する周りの人たちの意外な気持ちが明らかになっていきます。 キャラクターたちがこれまで心の中に溜めていた感情が露わになる光景が、ホラー要素よりも怖く表現されていますし、物語の伏線ともなっているので、注目ポイントです。 読者も騙される事件の結末 『おくることば』では、読者も騙されること間違いなしの巧みなストーリー展開と事件の真相が見どころとなっています。 主人公の佐原を殺したと思われるクラスメイトの千秋の思惑や千秋の付近で起きる事故の数々の真相はどれも読者の予想を覆すものになっており、謎が謎を呼ぶ展開に脳が追いつかなくなります。 読んでいて、誰を信じればいいのか?どの発言が正しいのか?それぞれのキャラクターの本当の姿は何か?がひたすら分からなくなりますが、それらすべてが結末で一気に収束する見事な構成の作品です。 読んでいて疑心暗鬼になってしまうと思われますが、描写の中の真実に注目しながら事件の真相を楽しんでもらいたいです。 >>「」を利用すると、『おくることば』1巻が無料で読めます! 衝撃の展開が連続する『おくることば』はこんな人におすすめ 『おくることば』はミステリーサスペンス好きにはたまらない作品となっています。 主人公の佐原が事故に遭い、佐原の口から発せられる幼馴染の犯行を止める意思。 不気味な微笑みを浮かべ、彼女周りで起きる不可解な事故。 そして、それを霊感女子高生が調べていくが、調べるほどに分からなくなる佐原の正体や事件の真相。 読者視点では真相は絶対わからないと思えますが、発言に嘘はあっても描写には嘘がないという巧みな構成で納得の感動のラストを迎えていて、読者も最後まで一緒になって事件を追う楽しさを味わうことができます。 まさに読者も一緒になって事件について考えられるミステリーホラーの名作と言える漫画ですので、是非ご覧になってみてください。 >>「」を利用すると、『おくることば』1巻が無料で読めます! 管理人の思う『おくることば』が伝えたいこと(感想) 出典:「おくることば」、著者:町田とし子、出版社:講談社 『おくることば』では、目で見ているものだけが真実でないことや後悔がないように気持ちを伝えることの大切さを表現したいように感じられました。 物語では、様々なキャラクターの表情や言葉や思いが描かれていて、人によって見えている、感じている光景が違うことを表しています。 自分の中では良かれと思った行動も相手にとってはひどく嫌なこともあったりと自分の物差しだけで行動してしまうことの危険性が伝わってきました。 また作中の重要な言葉では、どんなにやり残した後悔があっても時が来ればやり残したままになってしまうことが表現されており、そんなやり残した後悔が残らないように本当の気持ちを伝えなきゃとも思えました。 『おくることば』はストーリー構成がとてもうまく最後の最後まで真実がわかならない楽しさもあり、そしてメッセージ性の強い作品でもあって、涙が流れるほど感動できますので、是非ご覧になってもらいたいです。 >>「」を利用すると、『おくることば』1巻が無料で読めます!.

次の

おくることば2巻はzipやrar、pdfで令和現在も無料で読めるの?

おくる ことば 漫画 ネタバレ

3巻まとめての簡単な感想です。 途中までネタバレ無し。 区切り線入れます。 面白かったです。 締めも決して悪くないと思います。 が、真相については期待していた展開と違ったので、どこかスッキリしきれない所もあります。 この真相だからこそ、この良い締めに辿り付くことが出来たのだとは思いますが、 途中から「あれ?そういう展開なの?」と感じたので、 『話自体は良かったけど期待していたものとは違った』というもどかしさ。 絵もキャラもとても好みだし、面白かったのは確かですが、 序盤で予想していた展開と違って私と同じ気持ちになる人は結構いそうだなと思いました。 ~ここからネタバレ有り~ ちょっと愚痴っぽくなりますが、 千秋犯人ルートが良かったです。 (別に千秋のことが嫌いなわけではないです) というよりも、序盤の千秋のあの様子があまりにも犯人のそれだったので そういう千秋に迫る展開を期待して読み始めました。 作者も8話あたりでオチを決めたと言ってるので過剰に演出しておいただけなのでしょうけども、 実は良い子でしたって言われてもあの表情やあの表情と結びつかないし、 「幼馴染が連続殺人犯で自分も殺されたからどうにかして生きてる皆に伝えてやるぞ!」 って1話なのに、本当は主人公が自分から道路に飛び出していただけで しかも無自覚でなんでも人のせいにするヤバイ性格だったっていうのは、割と残念です。 メイも言ってるけど結局主人公の勘違いと強烈な思い込みでしたーってオチだし メイがかなり損な役回りのまま終わってしまったと思う。 あとこれはかなり個人的な話ですが、 メガネとメイが妙に親密になってるのがとても違和感。 そういう流れにもってくんだろうな、ってこと自体は最初の口止めキスの時点で読めてましたが そもそもあれが強引だったというか 私自身が最後までメガネにそんな好感持てないままだったので、なんだかなぁ、と。 3巻終了にならずに長く続けばメガネももっとしっかりした男になってくれたのだろうか? あとメガネ外した方が割とイケメンだったからコンタクトにしよう? メイは一番お気に入りのキャラだけど、 特にメガネ関係のおかけでなんだか動かされる感じが強いキャラだったと思います。 まぁ不満(要望)を色々言ってしまってますが 3巻続けてkindle購入したくらい面白くて先が気になったのは事実です。 作者様の新作を期待しています。 既に出ている他の作品も読んでみます。 あと一番可愛いのは実知ちゃん!.

次の

おくることば(3) (シリウスコミックス)

おくる ことば 漫画 ネタバレ

ネタバレにご注意くださいあらすじ・見どころにはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。 6月7日午前7時50分、とある高校に通う男子高校生の佐原が、突然の交通事故によりこの世を去ってしまうところから話が始まります。 横断歩道から飛び出した時にトラックに轢かれて即死した佐原は、その3日後、学校に幽霊の状態で現れます。 そして、幽霊となった佐原が幼馴染だった千秋の前に現れ、「なぜ俺を殺したんだ」という言葉を放ちました。 千秋が、「ここの横断歩道にはユーレイが出るんだって」ということを佐原に話した後、千秋が突き飛ばしたと佐原が証言したためです。 交差点に出るユーレイはみったんという女の子ですが、実はみったんも千秋が殺したという事実も明らかになりました。 佐原の交通事故死により、小さい頃から彼を知っているクラスメイトの本当の思いや、千秋に関する新たな真実が明らかになってきます。 『おくることば』の登場人物 ネタバレにご注意ください登場人物の紹介にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。 佐原 明るく元気な男子高校生であったが、横断歩道に飛び出した時にトラックに轢かれてこの世を去った。 事故の3日後、幼馴染の千秋の前に現れ、『なんで俺を殺した?』と言い放つ。 交通事故にあったその日から、ユーレイと噂されるみったんと再会する。 その後も、千秋の前にユーレイとなって現れ続け、千秋がこれ以上人を殺さないよう、忠告し続ける。 生前の交友関係を示す人間には、小さい頃から一緒に遊んでいる男子高校生の託、佐原に好意を抱いており、亡くなった時に大泣きした女子高校生の蓮乗がいる。 千秋 交通事故死した佐原の幼馴染で、同じ学校に通う女子高校生。 事故現場に居合わせていたものの、彼を突き飛ばして殺害した事実が明らかとなった。 交通事故の後、佐原とみったんがそばにいると感じるようになった。 彼の交通事故を伝えた親友である蓮乗に、みったんの兄のことを話す。 みったん 佐原が交通事故死した、横断歩道に現れると噂で持ちきりのユーレイ。 本名を飛鳥実知といい、10年前のある日、交通事故により他界している。 千秋や佐倉とは小さい頃からの顔見知りだったが、彼女に殺された過去があり、佐原が交通事故死した後は、彼と行動をともにする。 託 佐原とは小学校からの顔なじみで、同じ高校に通う同級生。 クラスメイトからは、性格などが暗いという理由により敬遠されているが、佐原は生前彼と仲良くしていた。 蓮乗 佐原の交通事故現場に現れ、千秋に事故にあったことを伝えた女子高校生。 小さい頃から佐倉と千秋と近所で遊ぶほど仲が良い関係だった。 『おくることば』の世界 ネタバレにご注意ください用語解説にはネタバレが含まれる可能性がございます、ご注意ください。 交差点 高校生の間で「ユーレイが出る」と話題になっている交差点。 佐原が千秋に突き飛ばされてトラックに轢かれた現場でもあり、彼の死後、ユーレイの正体でもあるみったんと出会った場所でもある。 佐原が救急車で運ばれた後、高校のクラスメイトなどで現場は騒然となる。 佐原の友人である託もその場所にいたが、佐原がいなくなってしまったことに対して、悲しみを表現していた。 佐原はその場面をユーレイの立場から見ている。 同じ高校のクラスメイトである蓮乗は、この交差点で後ろから千秋に抱かれた時に突き飛ばされ、危うく車に轢かれそうになった。 ストーリーのオープニングシーンから登場する場所であり、その後もメインとなり続ける場所。 高校の教室 千秋・蓮乗・託が通っている高校の教室。 交通事故の3日後、ユーレイとなった佐原が初めて訪れた場所でもある。 メイのスマホ 佐原の事故現場を撮影していたスマートフォン。 持ち主であるメイは、ユーレイとなった佐原並びにみったんが見える。 『おくることば』の感想・評価.

次の