ブロッコリー と カリフラワー の 違い。 ブロッコリーとカリフラワーの違いは色だけ?他にも違いはあるのか調べてみた | ガジェット通信 GetNews

ブロッコリーとカリフラワーの違いは?栄養と味に違いはある?

ブロッコリー と カリフラワー の 違い

ブロッコリーとカリフラワーの違いって? 形は似ているけれど、色も食感も違うブロッコリーとカリフラワー。 一体何が違い、どのような点に注意して調理すればよいかご存じですか? どちらもアブラナ科のキャベツの仲間で、ブロッコリーが突然変異し、花蕾が白化したものがカリフラワーだと言われています。 両方ともビタミンCが豊富な野菜で、ブロッコリーの方がより多くのビタミンCを含んでいますが、その反面、茹でた際にビタミンCが失われやすい特徴があります。 一方カリフラワーは、茹でてもビタミン成分が壊れないことから「畑のレモン」とも言われるほど。 茹でたものを比べると、ビタミンCの量に大差はありません。 ブロッコリーの栄養をなるべく逃さず食べるには、、もおすすめです。 ブロッコリーとカリフラワーの歴史 現在はカリフラワーよりもブロッコリーの方が目にする機会も多いですが、第二次世界大戦後、洋風文化の広まりとともに先に浸透したのは実は「カリフラワー」。 白いアスパラガスやセロリと共に「洋菜の三白」と呼ばれ、戦後の洋食を支えました。 しかし1980年以降緑黄色野菜への認識が高まり、1980年代半ばにはブロッコリーの生産量が初めてカリフラワーの生産量を上回りました。 最近では、ブロッコリーはカリフラワーの約8倍もの生産量となっています。 (参照:農林水産省『青果物卸売市場調査報告』) ブロッコリーとカリフラワーの旬は冬 どちらも収穫時期を変えながら全国で栽培され、ほぼ通年出回っていますが、甘みが増し、最も美味しくなるのは11月から3月にかけての冬の時期です。 サックリとした歯ごたえと、独特の優しい甘みが美味しいカリフラワー。 栄養価が高く、手ごろに手に入りやすく食卓に取り入れやすいブロッコリー。 ちなみにどちらもので、ぜひ捨てずに食事に取り入れて、寒い冬を元気に乗り越えていきたいですね!.

次の

「ブロッコリー」と「カリフラワー」、「ロマネスコ」の違いとは?

ブロッコリー と カリフラワー の 違い

ブロッコリーとカリフラワーの違いについて聞かれた時、「そんなの色を見ればわかるじゃん」って思う人が多いと思います。 ではこの2つ、色の違い以外は同じなのでしょうか?実はその他にも違いがあるんですよ。 今回はそんなブロッコリーとカリフラワーの違いについてご紹介します! ブロッコリーとカリフラワーの違い ブロッコリーとカリフラワーは、実はどちらもアブラナ科なので、同じ仲間の植物ということになります。 では、逆にどのような違いがあるのでしょうか? 色の違い まず、ブロッコリーとカリフラワーの最大の違いといえば色ですよね。 ブロッコリーは緑色なのに対して、カリフラワーは日本では白色が主流となっています。 基本的にブロッコリーは緑色の濃淡くらいしかないのですが、カリフラワーにはオレンジ色や紫色のものもあります。 味の違いブロッコリーとカリフラワーは味も違います。 ブロッコリーはキュッとした独特の食感で、菜の花のような味がします。 特に葉野菜に近い味だといわれています。 その一方で、カリフラワーはコリコリとした歯ごたえのある食感で、クセがなくほんのりと甘いです。 どちらかというとブロッコリーよりもキャベツに近い味だといわれています。 栄養素の違いブロッコリーとカリフラワーは栄養素も違います。 また、ビタミンCだけで見るとブロッコリーの方がカリフラワーより多いみたいですが、茹でた際に流れ出てしまう量が多いため、結局食べる時にはどちらも同じような量となるのだとか。 栽培方法の違いさらに、ブロッコリーとカリフラワーは栽培方法も違います。 育っていく過程が違い、ブロッコリーは花芽が成長して蕾になったものが集まった状態で収穫されます。 それに対しカリフラワーは、花芽が成長せずにそのまま数が増えた状態で収穫されます。 ブロッコリーは花が咲きますが、カリフラワーは花が咲きません。 ブロッコリーとカリフラワーの起源は同じ ここまで見てみると、ブロッコリーとカリフラワーは違いが意外と多い野菜に思えますよね。 しかし、実はどちらも起源が同じだと考えられています。 ブロッコリーの誕生はあの野菜からもともと地中海沿岸で自生していた野生のキャベツの花蕾が肥大化して、それがブロッコリーになったそうです。 つまり、ブロッコリーはキャベツから派生して誕生した野菜なのです。 これに関しては知らなかった人も多いのではないでしょうか。 筆者もブロッコリーとキャベツに関係があると思っていなかったので、正直これには驚きました! カリフラワーが生まれたのは偶然?その一方で、カリフラワーはブロッコリーの突然変異体となっています。 その突然変異体のブロッコリーを品種改良したことで、現在のようなカリフラワーが生産されるようになったそうです。 そしてカリフラワーも普通に市場に出回るようになり、一般家庭でも食べられるようになりました。 ブロッコリーとカリフラワーの共通点 違いが意外と多いブロッコリーとカリフラワーですが、もともとの起源が同じなので共通点もたくさんあります。 ここからはそんな共通点についてご紹介します。 ブロッコリーとカリフラワーは仲間歴史から見れば分かるように、カリフラワーはブロッコリーから派生したものということもあって、分類上も最も近しい種類の野菜となります。 そもそもカリフラワーはブロッコリーの突然変異体なので、ある意味では同じ野菜と言っても過言ではないかもしれませんね。 実際、どちらもアブラナ科アブラナ属ヤセイカンラン種に分類される野菜となっています。 旬の時期も同じ日本では栽培方法が豊富にあり、流通がしっかりしていることから、ブロッコリーもカリフラワーも年中市場に出回っています。 スーパーに行けばすぐにどちらも手に入るので、食べたい時に食べることができるでしょう。 しかし、本来の収穫時期である旬が最も風味が深くなる他、新鮮な状態で食べやすい時期でもあるので、旬については知っておいた方が良いかもしれませんね。 ブロッコリーもカリフラワーも旬は同じです。 どちらも秋の終わりから冬の初めにかけて最収穫期を迎える野菜となっています。 まとめブロッコリーとカリフラワーは見た目が大きく違いますが、それ以外にも味や栄養素や栽培方法なども違ってきます。 これも把握していれば完璧ですね! ただ、ブロッコリーはキャベツから派生した野菜であり、カリフラワーはブロッコリーの突然変異体という経緯で生まれていることから共通点も多くあります。

次の

ブロッコリーとカリフラワーの違いは色だけ?他にも違いはあるのか調べてみた | ガジェット通信 GetNews

ブロッコリー と カリフラワー の 違い

ブロッコリー 「ブロッコリー」は アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。 花を食用とするキャベツの原種を品種改良して作られたイタリア(地中海沿岸部)原産の野菜です。 食べている部分は花蕾と茎。 「ブロッコリー」の新芽「ブロッコリースプラウト」はたびたびメディアでも取り上げられ、スルフォラファンの含有量は「ブロッコリー」の20倍~50倍。 カリフラワー 「カリフラワー」は アブラナ科アブラナ属の淡色野菜。 ケールや花を食用とするキャベツが突然変異したもの、もしくは ブロッコリーが突然変異したものを品種改良して作られたと言われますが、原産地は不明。 食べている部分はブロッコリーと一緒で、花蕾と茎です。 また、ビタミンCとカリウムが豊富に含まれています。 ビタミンCの含有量はブロッコリーに劣りますが、水に溶け出しにくいため調理の際に失われにくいです。 そして、「カリフラワースプラウト」というのも認知度は低めですが、あります。 ちなみに、日本で「カリフラワー」というと白です。 でも、白以外にも存在していて、紫やオレンジなどの色付きのカリフラワーもあります。 ロマネスコ 「ロマネスコ」は アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。 イタリア語の「Broccolo Romanesco(ブロッコロ・ロマネスコ)」に由来し、意味はローマのブロッコリー。 16世紀に「ブロッコリー」と「カリフラワー」をかけ合わせて作られた野菜です。 「ロマネスコ」ではなく、「カリッコリー」と呼ばれることもあります。 食べる部分に関しては、花蕾と茎で、「ブロッコリー」や「カリフラワー」と一緒。 「ブロッコリー」と「カリフラワー」、「ロマネスコ」の違いは? 「ブロッコリー」と「ロマネスコ」が 緑黄色野菜で、「カリフラワー」が 淡色野菜という違いがあります。 また、食べる部分は一緒ですが、 食感や味も違います。 「ブロッコリー」は花蕾の部分が噛むとほどける感じですが、「カリフラワー」はくっついたままでコリコリとした食感、「ロマネスコ」もコリコリと食感。 「ブロッコリー」はやや青臭いですが甘く、「カリフラワー」は味自体が弱めでほんのりキャベツっぽい味、「ロマネスコ」はアブラナ科の野菜にしては甘味が強いです。 「ロマネスコ」は食感がカリフラワーで、味がブロッコリーに似ていると考えるといいでしょう。 いかがでしたか? 今回は「ブロッコリー」と「カリフラワー」、「ロマネスコ」の違いについてお伝えしました。 どれもアブラナ科アブラナ属の仲間で、食品分類と食感や味が違います。 収穫せずに置いておくとどれも黄色の可愛い花を咲かせるので、気になる方は調べてみてください。

次の