パソコン キーボード 配置。 キーボードから文字を入力しても、異なる文字が入力される場合は?

誰でもパソコンのキーボードが1時間の練習でスラスラ打てるようになるとても簡単な方法

パソコン キーボード 配置

普段、何気なく使っている パソコン。 キーボードを叩く指は、どこにどんな 文字が あるのかなんて、今さら気にしていません。 長年パソコンを使っていると、自然に指が 動くのが不思議なくらいです。 慣れって、すごいな・・・と。 でも、ある日、小学校でパソコンの授業を 教わり始めた息子から、キーボードの 配列が 不思議で仕方ない、と言われたんです。 「何で、 ひらがなの並び方が「あ」から 順番になってないの?」 そうだね、 何でだろう。 かな入力することがなかったから、特に 気にしてなかった! 息子の 疑問は、解消してあげたいもの。 日本で初めてのタイプライターとは? 日本における、 キーボード入力できる機械が お目見えしたのは、 20世紀初めなんです。 この頃の タイプライターは、外国製のものを 改造して作られたものでした。 日本語のかなの数に必要だったキーの数は、 48 だったにもかかわらず、当時のキーは 42でした。 キーボードの 配列は、キーの 使用頻度の研究を 重ね、人差し指で打ちやすい場所に頻度の高い かなを置きました。 この時期のキーボードの配列は、現在のものとは 大きく 違っています。 しかし、 1920年代になると、キーボードの配列は ガラリと変わることとなります。 50音との関連性を持たせた配列に 1920年代、 かなのためのタイプライターの製作の ため、 アメリカの企業との研究がなされました。 その時に、アメリカの企業からは、こんな 意見が 強く推された、とのことなんです。 「キーボードの 配列は、頻度よりも 覚えやすさを 重要視した方がいい。 」 この時に、 50音表との関連性をキーボードにも 反映させた形となったのです。 この段階で、現在のキーボードの配列に 近い形と なってきました。 しかし、まだキーの数は 42のまま。 現在のキーの数は 48なので、1つのキーに2つの かなが混在している場合がありました。 例えば、• 現在の「さ」のキーには、「さ」と「 せ」• 現在の「ひ」のキーには、「ひ」と「 へ」• 現在の「こ」のキーには、「こ」と「 け」 などの組み合わせが、いくつかありましたよ。 キーの数が42から48へ その後、1940年代にキーの数が 44になり、 1960年代に 47、1970年代に 48になりました。 基本的な配列はそのままに、今まで重複して 割り振られていたかなのキーを 増やしました。 元々、打ち分けるのが難しかった かなを、 新しく増えた左右のキーに、適当に 割り振った とのことなんです。 大体は、50音表に関連のあるように まとまりが よく配置してあるのに、 不思議な場所にある かながありますよね。 「ぬ」「け」「せ」「ふ」「ほ」「へ」「む」 などが、その例ですよ。 基本的には、 50音表に関係のある配列ですが、 キーの増加によって、割り振りされたかなには あまり 意味がないんですね。 まとめ この話を、 小学生の息子に、説明するのは 少し 難しいな、と思いました。 考えた結果、こう教えましたよ。 「昔、あいうえお順に まとまりを作って、 キーボードを作ったんだけど、進化の途中で キーが 増えて、今まで足りなかったかなを 左右にくっ付けたんだって。 」 うん、うん、とうなずく息子。 キーボードを見ながら、 「あ」のまとまりは、ここにあるね、とか 楽しそうに言っていましたよ。 今まで 当たり前だと思って、考えたことも なかった、キーボードの 配列。

次の

キーボードから文字を入力しても、異なる文字が入力される場合は?

パソコン キーボード 配置

キーボードの配列変更:Windows10 Windows10でキーボード配列を英語に変更するには、まず設定を開きます。 「時刻と言語」内で「地域と言語」を選択し、日本語の文字をクリックするとオプションボタンが表示されます。 オプションの中で「レイアウトを変更する」ボタンをクリックし、日本語キーボードを英語キーボードに変更します。 キーボードの配列変更:Windows8 Windows8の場合もほぼWindows10の場合と同じですが、まず設定を開きます。 「時刻と言語」から「地域と言語」を選択し、言語の下にある「言語を追加する」の+をクリックします。 英語を選択し、中でも米国をクリックします。 ここで「主に使用する言語に設定する」をクリックすると、使用言語が英語に変更されます。 キーボードの配列変更:Windows7 Windows7の場合は、コントロールパネルを開きます。 「時計、言語、および地域」内の「キーボードまたは入力方法の変更」をクリックします。 「キーボードと言語」タブ内の「キーボードの変更」をクリックし、右にある追加ボタンをクリックします。 「英語(米国)」の左にある+をクリックし、「キーボード」を選択すると「US」が見つかるので、チェックマークを入れます。 右側のOKボタンをクリックします。 既定の言語を英語(米国)に変更し、右下の適用ボタンを押します。 キーボードの配列変更:Mac Macのキーボード配列を英語に変更したい場合、Karabinerというソフトを使用すると簡単です。 ソフトをインストールしたら、For JapaneseにChange Keyboard Layoutを選択し、Use Japanese Keyboard as US Keyboardにチェックを入れると変更できます。 このソフトはほかにも各キーに便利な割り当てを行うことができるため、おすすめです。 いえい、キーボードのカスタム配列を記憶してくれる そしてPCやタブレットに伝えてくれる USBアダプタ「かえうち」届いた! — 冬斗 Wintzer Windowsのキーボードを個人的に使いやすい配列にカスタマイズしたいという場合には、やはり便利な無料ソフトKey Tweakを使用します。 インストールしたら下の方に表示されているFull Tech Modeを選択します。 Begin Teach Modeをクリックし、#1に変更前のキー、#2に変更後のキーを入力します。 その下にあるRemap Key 1 to Key 2をクリックすると前の画面に戻るので、Applyボタンを押して完了です。 再起動を促す画面が表示されるので、再起動すると変更が適用されます。 ショートカットキーを使う私にとって、今日のデスクのキーボードの配列は悪魔の様だ。 ファンクションは特に何も起こらないけど、WindowsボタンがWindows8かなんかの画面がバッと出て、もーなんとも殺気を覚える。 — おまいさん i86maki 覚えると便利なショートカットですが、使っていなかったり他のキーを使いたいということもあるでしょう。 その場合は、IMEの設定を変更するなどして使いやすくすることができます。 Windows10の場合は、タスクバー右下の「あ」または「A」などと書かれている文字を右クリックします。 「プロパティ」を選択し、ボックス内下にある詳細設定ボタンを押します。 全般タブ内の中ほどにあるキー設定で変更ボタンをクリックすると現在割り当てられているキー設定が表示されます。 この中に無いキーを割り当てたい場合、「キー追加」ボタンをクリックし、追加したいキーを選択します。 適用、OKボタンを押して完了です。 まとめ 近年断捨離が流行していますが、キーボードの中にも全く使用しないキーが多々あります。 これらを有効に使うためにキーの配列を変更するというのも一つの方法ではないでしょうか。 特にPCを使う仕事がメインの場合、使いやすい配列かどうかは仕事の出来にもかかわってきます。 ぜひ配列を変更して快適な環境を作ってください。

次の

キーボード位置・指を置く位置

パソコン キーボード 配置

「Pause」キーなど、一部のキーはこのソフトでは変更できません。 ダウンロード 「ChangeKey」はこちらからダウンロードします。 「KeySwap for XP」でも変更できますのでお好みで。 起動 ChgKey. exeを右クリックして管理者権限で起動します。 キーの変更 最初に初期状態を保存しておきます。 変更するキーをクリックし、表示された配置図から割り当てるキーをクリックします。 変更が終わったら登録し、メッセージに従って再起動します。 AutoHotKeyで変更 「Pause」のようなレジストリー編集では変更できないキーは、AutoHotKeyで変更できます。 下はPauseをEnterに変更する例です。 Pause::Enter AutoHotKeyの使い方は。 変更後 とりあえず今はこんな風になっています。 どういう配置がベストかはまだわかりませんので、変更したり元に戻したりして試しています。 他のPCと同時に使うと指が迷います(笑 変更点• HOME ENDを 右SHIFTの隣に移動• Enterをスペースの右に追加し、その右を BackSpaceに• Deleteをスペースの左に• ESCを 左Shiftの上に• Caps Lockを Tabの上に• ESCを F13に割り当て• Microsoft IMEはF13~F24も機能の割り当てができますし、AutoHotkeyなどで機能を割り当てることもできます。 F13~はスキャンコードを設定します。

次の