コンピュータ システム 研究 所。 新着情報

コンピュータ・システム研究所の2ch掲示板

コンピュータ システム 研究 所

関連記事• 理化学研究所らは、スーパーコンピュータ「富岳」を使った新型コロナウイルス感染症の研究について研究成果を発表した。 感染リスクや対策の効果を数値化し、具体的な対策方法や経済活動の復帰に向けた施策立案に役立てたい考え。 富士通は、スーパーコンピュータ「富岳」の出荷を始めた。 製造は富士通ITプロダクツで行い、理化学研究所の計算科学研究センターに納入する。 理化学研究所は、スーパーコンピュータ「京」の後継機の名称を「富岳」に決めた。 2021年ごろに運用を始める予定で、京の最大100倍の実行性能を目指す。 Hewlett Packard Enterprise(HPE)がスパコン大手のCrayを買収する。 買収総額は約13億ドル。 両社の技術を統合することでエクサスケールのHPCをリードしていくとしている。 SPARCプロセッサを採用したことだけが勝因ではない。 インターコネクト性能とプロセッサ性能のバランスが良いことが理由だ。 TOP500で最も消費電力が大きなスーパーコンピュータでもあるが、エネルギー効率は4位と優れている。 関連リンク•

次の

株式会社ユニバーサルコンピュータ研究所、新型コロナウイルス対策に有効なサーモ..(株式会社ユニバーサルコンピュータ研究所 プレスリリース)

コンピュータ システム 研究 所

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 株式会社コンピュータシステム研究所(以下:当社)では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言の発表を受け、以下の対応を実施いたします。 事業活動の制限からお客様にはご不便をお掛けすることもあり誠に恐縮ではございますが、従業員やその家族、お客様、お取引様、地域の方々の健康被害を最小限に抑えることを最優先といたしたく存じます。 感染の流行を早期に終息させるための措置としてご理解およびご協力を賜りますよう、何とぞよろしくお願い申しあげます。 緊急事態宣言に伴う事業活動について 現在、従業員のテレワーク実施率を高め、出社が必要な業務に限り、感染防止対策を十分講じた上で、人員を縮小して対応しております。 今後は、テレワークを継続しつつ、地域の感染状況を踏まえながら段階的に出社を含めた通常体制へと移行してまいります。 緊急事態宣言に伴うお客様訪問自粛について 緊急事態宣言の「対象地域」ならびに「近隣都道府県」のお客様への訪問を自粛いたします。 なお、お客様からのご依頼がある場合には、お客様との合意のもと感染防止対策を実施のうえ訪問対応いたします。 また、感染状況を考慮し、ご依頼がある場合でも対応できない場合がございます。 イベント・出張・ご来社の制限 イベント(展示会・講習会)の開催・出展・参加の自粛、不要不急の出張の禁止、また、お客様のご来社も原則としてご遠慮いただきますようお願いいたします。 製品のご購入・お問合せ・サポートについて 製品のご購入・お問い合わせ・サポートについては、引き続き実施しておりますが、従業員のテレワーク等に伴い、電話応答、お問い合わせへの対応に時間がかかる場合がございます。 これにより通話音質が低下する場合がございます。 お客様には、大変ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 当社では、これまで個人の感染予防の徹底・全従業員への時差通勤の推奨・対象従業員への在宅勤務の推奨・イベント主催自粛および参加自粛・不要不急の出張の制限・体調管理への配慮等、対策を講じておりましたが、今後も、従業員・お客様・お取引様ならびに関係する皆様の安全確保を第一に、迅速な対策を実施してまいります。 (更新履歴) 2020年5月22日:近畿3府県の緊急事態宣言解除に伴い「2. 緊急事態宣言に伴うお客様訪問自粛について」の対象地域を変更しました。 2020年5月15日:39県の緊急事態宣言解除に伴い「1. 緊急事態宣言に伴う事業活動について」「2. 緊急事態宣言に伴うお客様訪問自粛について」を変更しました。 2020年4月28日 「1. 緊急事態宣言に伴う事業活動について」の期間を5月29日まで延長しました。 2020年4月17日:緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大したことをうけ「1. 緊急事態宣言に伴う事業活動について」の対象を全国拠点に「2. 緊急事態宣言に伴うお客様訪問自粛について」の対象を特定警戒都道府県ならびに近隣都道府県に変更しました。 お問合わせ先.

次の

コンピュータ・システム研究所の2ch掲示板

コンピュータ システム 研究 所

近い将来、人間活動による環境の変化が地球の回復力の許容量を超えて、取り返しのつかない気候変動や環境変化をもたらす可能性があります。 そのような事態に陥る前に、予測を立て、対策を立てて回避することが必要です。 私たちを取り巻く大気や海、河川などの地球システムは、複雑な物理・化学・生物プロセスの上に成り立っています。 これらの様々なプロセスに関する最新の知見を取り入れた仮想的な地球環境を計算機上で再現し、気候変動や環境変化を調べ、時間・空間的に詳細に予測することが必要になってきます。 地球環境研究センターでは、所内外の研究者がスーパーコンピュータを利用して、地球環境予測モデルなどの研究を広く行うことができるように、環境情報部と協力し、支援しています。 スーパーコンピュータ(ベクトル処理用計算機)は、地球規模での環境変化に関する現象解明や予測などを行うために導入したものです。 1991年度に第1号機を導入し、2020年3月には第7号機に更新しています。 現在のコンピュータシステムは、ベクトル演算処理を超高速で行う256 VE(Vector Engine)のベクトル処理用計算機(NEC製SX-Aurora TSUBASA A511-64、総理論演算性能622. 8 TFLOPS)を中心としたシステムです。 システムの中心となっているベクトル処理用計算機は、地球環境シミュレーションなどの大規模計算に必要な超高速ベクトル演算能力と大容量メモリを有しています。 また、スカラー処理用計算機(HPE製Apollo 2000、総理論演算性能86. 0 TFLOPS)や実効容量22 PBの大容量ファイルシステムなども導入して多様な計算ニーズや膨大な演算結果の保存に対応しています。 これらのシステムは各研究棟を結ぶ所内ネットワークを通じて利用可能となっています。 ベクトル処理用計算機(SX-Aurora TSUBASA、2020年3月より稼働 )。 スカラー処理用計算機(Apollo 2000)および大容量ファイルシステム(2020年3月より稼働 )。

次の