アンパンマン 宝探し。 それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!

アンパンマン『ブルブルの宝探し大冒険』の魅力大解剖! | MOVIE SCOOP!

アンパンマン 宝探し

概要 本作は、原作者のやなせによる絵本作品『やさしいライオン』の主人公をモデルとしたオリジナルキャラクターがゲストとして登場する。 『それいけ! アンパンマン』挿入歌の一つである『太陽がキラキラ』をテーマに、弱虫なライオンの少年『ブルブル』の活躍を描く。 劇場版長編では初めてカレーパンマンが主役となった [ ]。 キャッチコピーは「 ドキドキ! わくわく! のはじまりだ! 開館10周年記念作品でもある。 ゲスト声優として、女優の、お笑いコンビの(・)が出演。 多部は物語の主役となるブルブル役、天野はブルブルの父親役、ウドはブルブルが遭遇する城の門番「いいかげんに城」役をそれぞれ演じる。 前作同様、同時上映作品はなく長編1本のみの構成で、観客参加型のシーンも挿入されている。 本作は、2017年2月23日に、は(SPEJ)系でアニメ専門チャンネル首位のとの経営統合を発表。 それぞれの親会社であるSPEJとが共同出資する事業持株会社「株式会社AK Holdings」を同年3月31日に設立し、アニマックスとキッズステーションをその傘下に置き、AK Holdings及びキッズステーションの代表として、SPEJ及びアニマックスの代表である滝山正夫が就任したため、『それいけ! アンパンマン』TVシリーズ・劇場版シリーズ共にソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが関わるようになった。 あらすじ 宝探しの一族に生まれたライオンの男の子・ ブルブル。 彼は一人前の宝探し名人になるべく父から渡された地図を手に冒険の旅をしていた。 ある日ブルブルはアンパンマン達と出会う。 ジャムおじさんから宝がオニツノ島に存在することを知らされると、ブルブルはオニツノ島へ出発。 彼をサポートしようとアンパンマン達も宝探しに同行したが、そこへ宝物を横取りしようと企んだばいきんまんとドキンちゃんも冒険家に変装し、ブルブル達に同行する。 オニツノ城に到着したブルブル達だが、いいかげんに城に阻まれアンパンマン達と離れ離れになり、カレーパンマンと2人きりになってしまう。 本当は怖がりであるブルブルはカレーパンマンに励まされながら、宝の入手に必要な星の鍵を探し、ついに見つけるが、ふとしたミスで川に落としてしまう。 そんな所にもう一方の月の鍵を手に入れたばいきんまんがブルブル達に襲い掛かる。 登場キャラクター(キャスト) 詳細はを参照。 レギュラーキャラクター - 本作ではあまり目立たない。 『ルビーの願い』以来、ばいきんまんが見ていた夢で「バイバイア~ン」と言っている(放送版ではカットされている)。 声 - 宝を目当てに冒険家「バイキンソン」と名乗る。 月の鍵を見つけた際に変装が解けてしまい、本作の敵として立ちはだかる。 しかし、結局はいつもとおりアンパンマンにやられてしまう。 ジャムおじさん 声 - バタコさん 声 - めいけんチーズ 声 - 声 - 「ドキレーヌ」と名乗り、バイキンソンの助手を装う。 ばいきんまんの変装がバレると自分もバレそうになるが、しょくぱんまんから「君も騙されていたのか」と勘違いされたためバレることはなかった。 バイキングコングの攻撃を受けた際もドキレーヌの姿のまま塔にされたが、元の姿に戻ると変装が取れていたので、恥ずかしがりながら逃げ帰った。 ホラーマン 声 - 本作では最初のみの登場で、ドキンちゃんに殴り飛ばされすぐ退場したため、ばいきんまん達とは同行しなかった。 その後、EDではばいきんまんとケーキを取り合っていた際にドキンちゃんの絵を汚してしまい、二度も殴り飛ばされた。 声 - 本作では主役となっている [ ]。 自分と正反対のブルブルを励ますシーンがたびたびあり、それがブルブルを成長させた。 例年の劇場版とは異なり、塔にされることは無かった。 声 - 宝の扉の両側の絵を見て、二つの岩山の頂上にある鍵が必要だと解読した。 メロンパンナ 声 - パンの戦士の中では唯一宝探しに同行せず、ジャムおじさん達と共に残っている。 クリームパンダと共に真っ先に塔に変身させられた。 ロールパンナ クリームパンダ 声 - カバオくん 声 - 山寺宏一 ちびぞうくん 声 - ピョン吉 声 - ウサ子 声 - みみせんせい 声 - 本作冒頭の観客への指示役を担当する。 SLマン 声 - コキンちゃん 声 - 冒頭の踊りのシーンのみで、本編には登場しない。 ゲストキャラクター ブルブル 性別 - 男 声 - 宝探しの一族に生まれた弱虫なの少年。 アンパンマン達と共に宝探しの冒険に出る。 二人の兄がいる(声は西村朋紘)。 一人称は「僕」だが、強がっているときは「俺」も使用する。 初対面時にはアンパンマン達に高圧的に接していたが、実際には気が弱いため、何もできないことが多かった。 しかしカレーパンマンに励まされたことで勇気を振り絞り成長する。 最後は本当の宝を探すために、アンパンマン達に見送られながら旅に出た。 ブルブルのお父さん 性別 - 男 声 - () ブルブルの父親で世界一のトレジャーハンター。 ブルブルの回想のみの登場。 ブルブルに一人で宝を見つけるまで帰ってくるなと命じたため、ブルブルは旅に出ることになった。 少々やり方が強引ではあったが、それは息子の将来を考えての親心からであった。 いいかげんに城 性別 - 男 声 - (キャイ〜ン) その名のとおり「いい加減にしろ! 」が口癖の生きた城。 似た姿の仲間が大勢いる。 TV版に登場したものとは別人で声優も違う(TV版では山寺宏一が担当)。 宝を守っており、アンパンマン達を宝を盗みに来たと勘違いし襲いかかる。 口から岩を飛ばして攻撃する。 終盤ではアンパンマン達に協力する。 たいがいに城 性別 - 男 声 - そのへんに城 性別 - 男 声 - いいかげんに城の仲間で、それぞれ「大概 たいがい にしろ! 」、「その辺 へん にしろ! 」が口癖。 ハンバーガーキッド ピクルス ユキダルマン とうだいまん くじらのクータン サニー姫 デザインはテレビ版と同じ。 ヌラ ベソ ケシゴム先生 えんぴつぼうや ノートくん スケールちゃん 鳥 声 - 用語 オニツノ島(オニツノじま) 南に存在する島。 城の跡や二つの岩山などが存在する。 二つの岩山の頂上にある月と星の形の鍵を城跡の扉にセットすると、宝への扉が開く。 実際の宝の内容は帽子と別の宝の地図であった。 乗り物と道具 飛行船アンパンマン号(ひこうせんアンパンマンごう) ドキンUFO(ドキンユーフォー) バイキンメカ バイキンUFO(バイキンユーフォー) バイコング3号(バイコング3ごう) 通常のバイコングより巨大なバイコング。 カレーパンマンによって大破される。 バイキングコング 声 - 矢尾一樹 本作のボス。 ばいきんまんが石の塔の破片を寄せ集めて作った巨大なバイコング。 赤い目から発射される光線で相手を塔に変えてしまう。 カッパラス OPに登場。 お祭りをメチャクチャにしようとするが、アンパンマンのアンパンチで破壊される。 頭のカッターを飛ばして攻撃する。 スタッフ• 原作 - (刊)• 原作協力 - 天野誠• 制作 - 、沢桂一、、飯田聡彦、越尾正子、、渡邊祐司• プロデューサー - 、久保雄輔、星野恵、岩崎和義• 脚本 -• 主題歌 - やなせたかし、• 音楽 - 、近藤浩章• キャラクターデザイン・作画監督 -• 美術監修 - 石垣努• 美術監督 - 光元博行• 色彩設計 - 原田幸子• 撮影監督 - 佐々木明美• 編集 - 小宅貴史• CGプロデューサー - 川嶋洋樹• 音響監督 -• 音楽監督 -• 文芸担当 - 上田菜保子• 制作担当 - 竹元将泰• 演出 - 川越淳、山内東生雄• 監督 -• 配給 -• 製作 - アンパンマン製作委員会2017(、、、、、、東京テアトル) 楽曲 オープニング『アンパンマンのマーチ』 エンディング『勇気りんりん』 作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌: テーマ曲『太陽がキラキラ』 作詞:やなせたかし、作曲:近藤浩章、編曲:近藤浩章、歌:ドリーミング 挿入歌 『アンパンマン音頭~よさこいソーランバージョン~』 作詞:やなせたかし、作曲:いずみたく、編曲:松井タツオ、歌:ドリーミング 『あおいなみだ -コキンのうた-』 作詞:やなせたかし、作曲:ミッシェル・カマ、チープ広石、編曲:チープ広石、久保田邦夫、歌:平野綾 以上2曲は冒頭の参加型のシーンで使用され、歌詞テロップが表示されている。 『いくぞ! ばいきんまん』 作詞:やなせたかし、作曲:いずみたく、編曲:近藤浩章、歌:中尾隆聖• 『』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p. - 映画. com 2017年2月6日閲覧。 ,日本経済新聞,2017年2月23日• ,アニマックス,2017年2月23日• ,三井物産株式会社,2017年2月23日• テレビシリーズ登場時から演じてきた鶴ひろみがに死去したため、鶴が映画シリーズに出演する作品としては本作が最後の出演となった。 次回作からはが役を引き継いだ。 矢尾が演じるホラーマンが登場するのは、テレビシリーズ・映画を含めて本作が初となる。 なお、前任のが死去してからはテレビシリーズに登場していなかったが、2017年10月放送の『アンパンマンとどろんこ魔王』にて矢尾が引き続き担当したことで久々にテレビシリーズに登場した。 の映画 通番 題名 公開日 併映作 上映時間 第1作 、 75分(本作品) 60分(同時上映) 第2作 おむすびまん 70分(本作品) 27分(同時上映) 第3作 ドキンちゃんのドキドキカレンダー 40分(本作品) 50分(同時上映) 第4作 アンパンマンとゆかいな仲間たち 60分(本作品) 31分(同時上映) 第5作 (1993年版) 60分(本作品) 30分(同時上映) 第6作 みんな集まれ! アンパンマンワールド 60分(本作品) 30分(同時上映) 第7作 アンパンマンとハッピーおたんじょう日 56分(本作品) 30分(同時上映) 第8作 ばいきんまんと3ばいパンチ 60分(本作品) 30分(同時上映) 第9作 ぼくらはヒーロー 56分(本作品) 25分(同時上映) 第10作 アンパンマンとおかしな仲間 55分(本作品) 25分(同時上映) 第11作 アンパンマンとたのしい仲間たち 55分(本作品) 25分(同時上映) 第12作 やきそばパンマンとブラックサボテンマン 55分(本作品) 26分(同時上映) 第13作 7月14日 怪傑ナガネギマンとやきそばパンマン 50分(本作品) 20分(同時上映) 第14作 7月13日 鉄火のマキちゃんと金のかまめしどん 50分(本作品) 20分(同時上映) 第15作 (この作品からはデジタル製作) 怪傑ナガネギマンとドレミ姫 50分(本作品) 20分(同時上映) 第16作 7月17日 つきことしらたま 〜ときめきダンシング〜 51分(本作品) 21分(同時上映) 第17作 7月16日 くろゆき姫とモテモテばいきんまん 50分(本作品) 20分(同時上映) 第18作 コキンちゃんとあおいなみだ 50分(本作品) 20分(同時上映) 第19作 7月14日 ホラーマンとホラ・ホラコ 50分(本作品) 20分(同時上映) 第20作 7月12日 ヒヤヒヤヒヤリコとばぶ・ばぶばいきんまん 50分(本作品) 20分(同時上映) 第21作 ばいきんまん vs バイキンマン!? 50分(本作品) 20分(同時上映) 第22作 はしれ! わくわくアンパンマングランプリ 50分(本作品) 20分(同時上映) 第23作 うたって てあそび! アンパンマンともりのたから 45分(本作品) 20分(同時上映) 第24作 リズムでてあそび アンパンマンとふしぎなパラソル 47分(本作品) 21分(同時上映) 短編 2012年 10分(本作品) 58分(同時上映) 第25作 みんなでてあそび アンパンマンといたずらオバケ 45分(本作品) 20分(同時上映) 第26作 たのしくてあそび ママになったコキンちゃん!? 48分(本作品) 21分(同時上映) 第27作 7月4日 リズムでうたおう! アンパンマン夏まつり 46分(本作品) 21分(同時上映) 第28作 7月2日 (無し) 62分(本作品) 第29作 7月1日 62分(本作品) 第30作 60分(本作品) 第31作 62分(本作品) 第32作 夏(予定)?? 分(本作品).

次の

アンパンマン『ブルブルの宝探し大冒険』の魅力大解剖! | MOVIE SCOOP!

アンパンマン 宝探し

「僕は強くなる。 」 アンパンマンの第29作目の映画となる『ブルブルの宝探し大冒険』が、2017年の夏に公開されました。 ひとりの少年がアンパンマンたちと一緒に冒険し、自分の足で前に進むことを憶えて旅立つまでの映画です。 その映画の見どころやあらすじ、キャストについてをじっくり解説いたします。 『ブルブルの宝探し大冒険』あらすじ1 ライオンの少年・ブルブル お祭りで盛り上がっている街に、一人の少年がやってきました。 彼はライオンの少年 ブルブル。 宝探しをする冒険者たちの一族の出身で、宝の地図をもとに冒険の最中でした。 とても勇ましい言葉を口にして、冒険へ進もうとする ブルブル。 ですが実は、彼はとても怖がりな少年なのでした。 冒険家の家に生まれたのに臆病者だった ブルブルを鍛えるために、父親が無理やり冒険の旅へ出発させたのです。 アンパンマンたち は ブルブル を助けて、ともに宝のある島に向かうことになります。 もちろん、宝物という言葉を聞きつけた ばいきんまん と ドキンちゃん も、変装して、宝探しの一行に加わります。 地図に書かれたオニツノ島に到着した ブルブルと アンパンマンたち。 危険がいっぱいな島を進むうちに、 ブルブル と カレーパンマン はみんなとはぐれ、ふたりきりになってしまいます。 今までは ブルブルをからかったりしていた カレーパンマンですが、怯えて後ろ向きになる ブルブルを励まします。 「何でもやってみないと前に進めないだろ?」という彼はとても前向き。 彼の言葉に、少しずつ ブルブルも耳を傾けるようになります。 『ブルブルの宝探し大冒険』あらすじ2 ブルブルとカレーパンマン バラバラになりながらも、島の危険をかいくぐりながら、それぞれ地図に書かれたお城を目指して進みます。 ブルブルも、 カレーパンマンに助けられ、励まされながら進み、途中からは自分でも役に立とうと頑張り始めます。 しかし、 ブルブルは宝探しに必要なアイテムを失ってしまうのです。 やっぱり無理なんだ、と 激しく落ち込む ブルブル に、 カレーパンマン は「失敗することもある、それを恐れるんじゃない」と励ますのです。 アンパンマンと合流した カレーパンマンと ブルブルでしたが、突如 ばいきんまんが現れます。 アンパンマンは ばいきんまんに飛ばされ、さらに、 カレーパンマンは ばいきんまんに連れ去られてしまいます。 いいかげんに城の中で アンパンマンに救出され、ともに戦う カレーパンマンですが、徐々にピンチになります。 そこに駆け付けたのが ブルブル ! 勇敢にばいきんまんと戦い、カレーパンマンたちを救い出すのです。 そこにいるのは、もう、怯えて震える少年ではありませんでした。 そして、地図をもとに宝箱を見つけるのですが、そこには新たな冒険への道が描かれていたのでした…。 最初は強がってかっこいいことを言っているのですが、本当はいつもブルブルびくびくしている臆病者。 冒険家の一族に生まれたのに冒険が怖くて、兄弟たちにも馬鹿にされていました。 みかねた父親に地図を渡されてひとりで冒険の旅に出たのですが、本当は怖くて仕方がありません。 やなせたかしさんの絵本「やさしいライオン」の主人公ブルブルがモデルになっています。 ブルブルの声優を担当しているのは、女優の多部未華子さんです。 『大奥』や『 ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~ 』、『 君に届け』など、多くの作品で主演をつとめる人気女優です。 そんな彼女ですが、声の仕事はほぼはじめてで大変だったそうです。 アンパンマン(戸田恵子さん) ジャムおじさんが作ったアンパンに、命の星が宿って生まれたヒーロー。 必殺技は「アンパンチ」。 飢えている人、困っている人を助けるため、いつもパトロールしては、おなかをすかせた人に自分の顔を分け与えます。 「正義は立場によって変わるけれど、飢えている人に一片の食料を与えることは普遍的な正義なのではないか」 「誰かを助けるためには、自分も痛みを追う覚悟が必要」という作者のやなせさんの考えを表現している。 『アンパンマン』シリーズでは主人公ですが、この作品では補助的役割です。 アンパンマンの声を担当されているのは、戸田恵子さんです。 アンパンマンの放映が始まった当初から、ずっとアンパンマンの声を担当している大ベテランの声優さんです。 もともとアイドルとしてデビューし、今でも女優としても多くの作品で活躍されています。 カレーパンマン(柳沢三千代さん) 本作のもうひとりの主人公。 ジャムおじさんに作られたパン仲間の一人で、 兄貴肌のヒーロー。 必殺技は「カレービュー」。 強くてかっこいいヒーローを目指しているのだけれど、すぐにかっとなりやすく、おっちょこちょいな一面もあります。 オニツノ島でブルブルとふたりで行動することになり、臆病者で、さまざまなことに怯えているブルブルを助け、励ましながら一緒に冒険します。 傷ついても前に進み、失敗してもすぐに立ち上がる強さはブルブルに影響を与えます。 カレーパンマン役の声優は柳沢三千代さんです。 『機動戦士ガンダムSEED』のエリカ役や、テレビのナレーションなどでも活躍されています。 しょくぱんまん(島本須美さん) アンパンマンやカレーパンマンの仲間。 必殺技は「しょくパンチ」。 ジャムおじさんが作ったパンとは別の経緯で生まれたのだけれど、 正義のためにアンパンマンたちとともに戦っています。 いつも丁寧に話し、物腰も柔らか。 とてもハンサムで紳士的なので、女の子にとってはナイトのような存在。 普段は、自分が作った食パンをみんなに配り歩いています。 しょくぱんまんの声を担当されているのは、島本須美さんです。 『風の谷のナウシカ』のナウシカ役で非常に有名な声優さんです。 『名探偵コナン』では、コナンの母親である工藤有希子役も演じています。 ナレーションの仕事も数多くされています。 ばいきんまん(中尾隆聖さん) 整理整頓が大嫌い、人を困らせることが好き。 本作でも、 ブルブルが探している宝物を横取りしようと目論見ます。 手下のかびるんるんを従えていたずらを働いて回ったり、変身技を駆使しておいしいものを手に入れようとしていますが、いつもアンパンマンに邪魔をされています。 ですので、打倒アンパンマンに燃えています。 工学的なことが得意で、ばいきんUFOにさまざまな仕掛けを仕込んだりロボットを開発しています。 実は自分のことを受け入れられることに弱くて、好かれたり褒められるとあたふたしてしまう一面もあります。 ばいきんまん役を務めている中尾隆聖さんも、放映が始まった時から担当されています。 もうすぐ70歳ですが、まだ活躍中です。 『ドラゴンボール』のフリーザ役としても有名ですが、 ばいきんまんの声は、悪役らしさを出すためにわざとだみ声にしているそうです。 ドキンちゃん(鶴ひろみさん) ばいきんまんの補佐をするために一緒に住んでいるはずですが、 食いしん坊でわがままで気が強くて、いつもばいきんまんを振り回しています。 自分が世界一かわいいと思っています。 悪だくみが好きですが、困っていたりさみしそうな女の子を見るとほっておけず、仲良くなるというやさしさも持ち合わせています。 しょくぱんまん様のことが大好き。 ドキンちゃん役の声優は鶴ひろみさんです。 『ドラゴンボール』シリーズのブルマ役としても活躍されていましたが、2017年11月に急死されました。 お葬式では、ばいきんまん役の声優、中尾さんの「バイバイキーン」の言葉で送られたそうです。 『ブルブルの宝探し大冒険』原作となった絵本「やさしいライオン」 『ブルブルの宝探し大冒険』には、モデルとなった絵本があります。 それは、やなせたかしさんが1975年に出した『やさしいライオン』という絵本で、アンパンマンよりもずっと前の作品になります。 この絵本の物語は、ブルブルという名の子ライオンが、メス犬のムクムクに育てられる…というお話です。 ブルブルはたくさん愛され、優しくて人を襲うことのないまま大人になり、ムクムクと別れてサーカスの人気者になります。 けれど、ムクムクのことは片時も忘れることはありませんでした。 ある夜、ムクムクの歌が聞こえたブルブルは、サーカスを飛び出してムクムクを探しにいくのですが…。 アンパンマンとは異なり、とてもかなしい結末を迎えるお話になっています。 (やなせさんの絵本はそういうものも多いです)。 この映画では、ブルブルは勇気をもって旅立ち、明るく終わるので、 『やさしいライオン』を知っている人は、とても救われた気持ちになるでしょう。 『ブルブルの宝探し大冒険』スタッフについて(監督・脚本家) 『ブルブルの宝探し大冒険』の監督は、1988年の放送当初からアンパンマンの監督を務めている矢野 博之さんです。 また、『妖怪ウォッチ』や『うしおととら』、『イナズマイレブン』など、多くのアニメ作品の絵コンテを担当されています。 脚本家は米村正二さん。 『アンパンマン』のシリーズを通して、中心的な存在となる脚本家です。 アンパンマンの映画には、1993年の『それいけ! アンパンマン 空とぶ絵本とガラスの靴 』から参加しています。 『アンパンマン』以外にも多くのアニメの脚本を担当されていて『ポケットモンスター』や『プリキュア』、特撮の『仮面ライダー』シリーズなど、子どもに愛される作品も数多く手掛けています。 『ブルブルの宝探し大冒険』カレーパンマンの言葉 『アンパンマン』シリーズのひとつではありますが、『ブルブルの宝探し大冒険』の主役はカレーパンマンだと言ってもいいでしょう。 それくらい、彼の活躍が光っていました。 危険な島を走り回り、時にはブルブルを背負って崖を越えてしまうといった活躍もすばらしいです。 しかし、カレーパンマンがブルブルに話して聞かせる言葉もステキなものがたくさん。 「でもよ、なんでもやってみないと、前には進めないだろ?」 「失敗くらい誰だってする、気にすんな! オレも何度も失敗している!」などなど。 さらに、それが行動に繋がっているから、ブルブルの心に届いたと言えます。 アンパンマンファンの2才~5才くらいのお子さんには難しいことも確かですが、ただ、彼の言葉は、子育てをする親御さんの胸にも響くものでした。 彼の言葉を覚えておけば、子育てをする時にはもちろん、親御さんご自身が何かにつまずいた時にも、自分を励ませる原動力となるでしょう。 アンパンマン映画『ブルブルの宝探し大冒険』まとめ 誰もが知っているキャラクターである「アンパンマン」。 小さなお子様向けのアニメではありますが、そのお話や言葉の中には、大人が観ても胸にグッとくる部分がたくさんあります。 今作『ブルブルの宝探し大冒険』でも、臆病で怖がりのブルブルがカレーパンマンの言葉や行動に影響を受け、成長している姿が描かれており、 その姿に感動を覚えつつも、自分も頑張ろう! と思えるはずです。 今まで『アンパンマン』シリーズを観たことがない方でも、この作品をきっかけに、ぜひ『アンパンマン』をご覧になってみてください! 当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。 合わせて読みたい• このニュースに関連する作品と動画配信サービス.

次の

【無料動画あり】映画 それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!

アンパンマン 宝探し

解説 国民的アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版29作目。 原作者やなせたかしが残した名作絵本「やさしいライオン」の主人公をモデルとしたライオンの男の子のキャラクター、ブルブルが登場し、アンパンマンたちと一緒に冒険を繰り広げる。 宝探し一族のライオンの男の子ブルブルは、一人前になるため、お父さんから渡された宝の地図を手に旅に出る。 強がっているが本当は怖がりなブルブルを助けることになったアンパンマンたちだったが、そこへ宝を横取りしようと企むばいきんまんたちも現れる。 ブルブルの声を女優の多部未華子が担当し、お笑いコンビ「キャイ~ン」の天野ひろゆき&ウド鈴木もゲスト出演。 2017年製作/62分/G/日本 配給:東京テアトル スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 臆病な少年ブルブルが主人公だけれど、内容はカレーパンマン回。 はじめてのおつかいみたいな理由で宝探の旅に一人で出ることになったライオンの子供ブルブルがカレー兄キと旅していくうちに強くなるというのがメインストーリー。 ブルブルの泣きごとにもオールライトで突き進むカレーパン。 何事も否定しないし、人生語ったりはしない。 ブルブルを肯定し、ただただ励ますのみ。 困難を乗り越え初のお宝ゲット。 帰り道はカレーパンに頼らずに自らの足で歩き出すブルブル。 最後は走れメロス!ならぬ走れブルブル。 リミットは夕陽が沈むまで、人質カレーパン。 懸命に走るが転んでしまう。 ダメだ。 間に合わない。 涙し諦めそうになる。 聞こえてくるは心に響くカレーパンマンの声。 大丈夫だ! 諦めるな! 当たって砕けろだ! やってみないと前に進まないもんな! カレーパンの言葉を胸に再び走り出すブルブル。 バイキン巨大ロボを力合わせて倒す流れは他作品とほぼ一緒。 どんな姿に変えられてしまっても、完璧なアンパンを焼き上げるジャムおじさんに頭が下がります。 食パンの隣を離れずキープし続けるドキレーヌはベテラン過ぎ。 よさこいアンパンマンも良かった。 Powered by• 2021年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2015年• 2014年• 2014年• 2013年• 2013年• 2012年• 2012年• 2012年• 2011年• 2011年• 2010年• 2010年• 2009年• 2009年• 2008年• 2008年• 2007年• 2007年• 2006年• 2006年• 2005年• 2005年• 2004年• 2004年• 2003年• 2003年• 2002年• 2002年• 2001年• 2001年• 2000年• 2000年• 1999年• 1999年• 1998年• 1998年• 1997年• 1997年• 1996年• 1996年• 1995年• 1995年• 1994年• 1994年• 1993年• 1992年• 1992年• 1991年• 1991年• 1990年• 1990年• 1989年 それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画•

次の