静岡 学園 サッカー 選手。 静岡学園高校出身.OBのJリーガー・プロサッカー選手一覧

出場校チーム紹介:静岡学園高(静岡)

静岡 学園 サッカー 選手

静岡学園と同じく、テクニカルなスタイルのサッカーで東部勢初の決勝進出を果たしたとの大一番。 主軸CB 3年 を大学受験のために欠いた静岡学園だが、試合開始わずか18秒、MF 3年 がインターセプトから鋭いドリブル、正確な左足シュートで先制点を決める。 富士市立はFW勝亦健太 3年 やMF川村昂大 2年 がボールに絡みながら反撃するが、静岡学園は2人目、3人目のプレッシングが速く、相手にシュートを打たせない。 静岡学園は25分にゴール前で強さを見せたFW 2年 が2点目。 この後もMF 3年 がカットインからとMF 3年 のスルーパスから連続ゴールを奪う。 富士市立はFW 3年 の直接FKで1点を返したものの、後半も加納と小山のゴールで加点した静岡学園が6-1で大勝した。 攻撃の中心・MF 3年 や県決勝3発のMF 3年 らテクニシャンたちが日々磨いてきた個人技やワンツー、スルーパスなどを駆使して相手の守りを切り崩す。 50m走5秒8の快足エースMF 3年、鹿島内定 は段違いのスピードで2人、3人を抜き去ってゴールも奪いきってしまう大会の主役候補。 松村、小山、献身的な守備と強さも光るFW 2年 の3トップの破壊力は全国トップレベルだ。 今年は各選手の守備意識が非常に高く、頑張りがきく部分も特長。 堅実なCB主将 3年 、瞬発力は松村並みの右SB 2年 と最終ラインに力のある個がいることも心強い。 選手権は初出場した76年度大会で準優勝。 95年度大会では鹿児島実高 鹿児島 と同点優勝している。 最近選手権に出場した06、10、14年度は4強にこそ届いていないものの、いずれも大会トップクラスの強さと上手さを示している。 今年も実力は間違いなく優勝候補の一角。 不要な失点を減らすこと、またどこかで訪れるであろう苦しい試合を乗り越えることができれば、目標の全国制覇にも手が届く可能性がある。 鹿島内定MF FW 3年 「鹿島内定。 U-18日本代表。 待望の初全国で大ブレイクを果たすか」 主将は知性派のCB DF 3年 「9歳までアメリカで育った帰国子女。 危機察知能力に優れ、状況に応じた的確な対応をすることができる。 攻撃力も備え、静岡県選抜では右SBを務めた」 静学のコントロールタワー MF 3年 「川崎F U-15出身のテクニシャン。

次の

静岡学園サッカー部のメンバー2019

静岡 学園 サッカー 選手

史上9校目の連覇を狙う青森山田は得意のセットプレーで先に試合を動かした。 前半11分、中央やや左サイドよりのFKをJ1横浜FC内定のMF古宿理久が蹴り込むと、攻撃参加した2年生DF藤原優大がバックヘッドで流し込み先制に成功した。 その後は静岡学園がボールを保持して攻め込むなか、青森山田は組織的なディフェンスで侵入を防いでいく流れになった。 そうしたなかで迎えた同32分、青森山田はFW田中翔太のパスに抜け出したJ1浦和レッズ内定のMF武田英寿がペナルティーエリア内の左サイドに走り込むと、飛び出してくる静岡学園GK野知滉平を誘い込むようなタッチでドリブル。 そこに飛び込んだ野知が倒してしまいPKの判定になった。 これを武田が自ら蹴り込み、同33分に2-0とリードが広がった。 一方の静岡学園も前半アディショナルタイム、セットプレーから中央に入ったボールがこぼれるとDF中谷颯辰が放った右足シュートはGK佐藤史騎の手を弾くようにしてゴールへ。 2-1と試合は青森山田の1点リードでハーフタイムを迎えた。 後半に入ると静岡学園が青森山田のカウンターの起点を潰せるようになり、前半よりもさらに敵陣で試合を進める時間が長くなった。 そのなかで同16分、静岡学園は左サイドからMF草柳祐介が切り込むと、ゴール前でパスを受けたFW加納大が反転して左足を一閃。 これがゴール右の絶妙なコースに飛んで同点ゴールとなり、2-2と試合は振り出しに戻った。 両チームが一歩も引かない熱戦の決着はセットプレーでついた。 同40分、静岡学園は左45度付近からのFKをファーサイドに蹴り込むと、攻撃参加した中谷が頭で叩き込んでこの日2点目。 これが決勝点となり、静岡学園が3-2と逆転勝利した。 5年ぶり12回目の出場で24年ぶり2回目の全国制覇を達成。 一方、前回大会王者で史上9校目の連覇、2019年の高円宮杯U-18プレミアリーグとの二冠を目指した青森山田は2点のリードを守り切れず、無念の敗戦となった。 (Football ZONE web編集部) 外部サイト.

次の

出場校チーム紹介:静岡学園高(静岡)

静岡 学園 サッカー 選手

史上9校目の連覇を狙う青森山田は得意のセットプレーで先に試合を動かした。 前半11分、中央やや左サイドよりのFKをJ1横浜FC内定のMF古宿理久が蹴り込むと、攻撃参加した2年生DF藤原優大がバックヘッドで流し込み先制に成功した。 その後は静岡学園がボールを保持して攻め込むなか、青森山田は組織的なディフェンスで侵入を防いでいく流れになった。 そうしたなかで迎えた同32分、青森山田はFW田中翔太のパスに抜け出したJ1浦和レッズ内定のMF武田英寿がペナルティーエリア内の左サイドに走り込むと、飛び出してくる静岡学園GK野知滉平を誘い込むようなタッチでドリブル。 そこに飛び込んだ野知が倒してしまいPKの判定になった。 これを武田が自ら蹴り込み、同33分に2-0とリードが広がった。 一方の静岡学園も前半アディショナルタイム、セットプレーから中央に入ったボールがこぼれるとDF中谷颯辰が放った右足シュートはGK佐藤史騎の手を弾くようにしてゴールへ。 2-1と試合は青森山田の1点リードでハーフタイムを迎えた。 後半に入ると静岡学園が青森山田のカウンターの起点を潰せるようになり、前半よりもさらに敵陣で試合を進める時間が長くなった。 そのなかで同16分、静岡学園は左サイドからMF草柳祐介が切り込むと、ゴール前でパスを受けたFW加納大が反転して左足を一閃。 これがゴール右の絶妙なコースに飛んで同点ゴールとなり、2-2と試合は振り出しに戻った。 両チームが一歩も引かない熱戦の決着はセットプレーでついた。 同40分、静岡学園は左45度付近からのFKをファーサイドに蹴り込むと、攻撃参加した中谷が頭で叩き込んでこの日2点目。 これが決勝点となり、静岡学園が3-2と逆転勝利した。 5年ぶり12回目の出場で24年ぶり2回目の全国制覇を達成。 一方、前回大会王者で史上9校目の連覇、2019年の高円宮杯U-18プレミアリーグとの二冠を目指した青森山田は2点のリードを守り切れず、無念の敗戦となった。 (Football ZONE web編集部) 外部サイト.

次の