ドラクエ 映画 ひどい。 【悲報】映画『ドラゴンクエストⅤ』、あらすじでネタバレしてしまう… : あにまんch

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーのレビュー・感想・評価

ドラクエ 映画 ひどい

やつはこう語る。 ウイルスの制作者はゲームなど「虚無だ」と考えており、だからこそこういうVR世界を破壊するのだと。 ビアンカやゲレゲレや息子たちはただのデータとなり、消え去ってゆく。 さて、なぜこのようなラストシーンが観客の怒りを買うのだろうか。 第一に、本作はドラクエ5の映画化ではなかったからである。 ドラクエ5の映画化作品であれば改変はあれど原作に忠実であったほうが無難だ。 そ もそも、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はなぜ最後にそんな無茶苦茶なメタフィクション構造を持ち出したのだろうか? その理由はとてもシンプルで、ゲームを遊ぶゲーマーを肯定したかったのだ。 そして、これこそ『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が嫌われる第二の理由だ。 確かに、「ゲームは時間の無駄」だとか「遊んだところで何も残らない」と言われることがある。 しかし、仮にそうだとしてもドラクエ5をはじめとするゲームで冒険した時間は大事なものである……というのが制作陣の語るメッセージだ。 いわばラスボスのウイルスは「ゲームを否定する世間」で、主人公は「ゲーマーたち」。 それを戦わせて、ゲーマーを勝たせる。 構造的にはゲーマーを褒め称える作品になっている。 だが、それこそゲーマーにとって禁忌であった。 なぜなら、ゲーマーは別に制作陣からの称賛や愛を求めていなかった。 それどころか、むしろこういう愛は唾棄すべきものだと考える人も多いからだ。 そもそもたいていのゲーマーは、ゲームがほとんど時間を潰すものでしかないことはわかっている。 だが、楽しいから遊ぶのだ。 そんなことはきちんと理解しており、「ゲームが無駄かどうか」なんて議論自体もすでに過去のものとなっている。 世間的にもゲームは受け入れられており、子供のおもちゃだったのは今や昔の話だ。 たとえばファミリーコンピュータが発売されたのは1983年。 つまり40代くらいならば一度はゲームの熱気に当てられ、それが立派な思い出になっているわけだ。 電車やバスに乗ればお年を召した方がスマホでゲームを遊んでいたって別にそこまでおかしくないだろう。 もしくはゲームはeスポーツとなりそれでプロとして活躍する人もいるし、有名タイトルは20周年だの30周年だのを迎えているわけだ。 もはや「ゲームは無駄」だの「ゲーム体験は虚無」だのと言う人は減り続けており、全世代がゲームを楽しんだことのある人になるのも時間の問題、という状況なのである。 ゲーミフィケーション、ボケ防止、シリアスゲーム……。 社会で役に立っているゲームの要素も、例を挙げればたくさん出てくるだろう。 しかし、制作陣のゲーム観はファミリーコンピュータやスーパーファミコンくらい、つまり昭和か平成初期の価値観で止まっていると思われる。 そして元号が令和に変わってようやく制作陣も「あれ? もしかしてゲーマーってそんなに悪くないんじゃね?」と気づき、この映画を作ったのではないか。 そしてゲーマーに向けて『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』というラブレターをしたためた。 だがそれはゲーマーにとって、熟成させたゴミをプレゼントされるようなものだった。 そのゴミは、30年くらい前であれば適切だったかもしれない愛なのだが。 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はドラクエ5の映画化の機会を損失させ、時代遅れの語る価値もないテーマをぶつけ、一方的な愛を投げつける。 たとえるならば自信を失っていない人たちに「君たちは自分を肯定していいんだよ!」と言うような、失礼ともいえる行為である。 しかも、これは悪意ではないところが最悪だ。 受け入れられないストレートな愛ほど厄介なものはない。 かつてスーパーファミコンでドラクエ5を楽しんでおり、いまもゲーマーと自称しても間違いないであろう私は、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を見て興奮し、腕が震えた。 なぜかって? 制作陣がゲームに対し無理解であるということを作品に込め、あまつさえそれを日本中の劇場で公開するというおぞましいことをしでかしたのだから! こんな愚かな行為、そう滅多に見れるようなものではない。 ゲームは時間の無駄、ゲームはしょせん子供の遊び……、そんなふうに思い込んでいる人がゼロだとはまだ言い切れないだろう。 なんだかんだいっても、ゲームというのは比較すれば若い文化なのである。 かつてドラクエ5を遊び楽しんだが、それを周りにあまり話せなかった。 ゲームは好きだが周囲の人たちはゲームに対して冷たい態度をとっている。 そんなことを感じている人たちにとって、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は刺さる可能性がある。 制作陣の愛を正面から受け止められれば、この映画で涙を流すことも可能であろう。 とはいえ、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』がゲーマーを怒らせる作品であることも間違いない。 そもそも「ゲームキャラは作り物に過ぎない」というメタ構造はゲームでも手垢のついた手法で、よほどうまくやらなければ汚点となる。 それをなんら工夫なくストレートにやってしまうとは、ゲーマーに対する多少の理解はあってもゲームに対する理解はなく、無意識のうちに見下していることが透けて見えるのだ。 本作の制作陣からゲーマーに送られたラブコールはとても愛情深く、同時に極めて不愉快で愚かに感じられる。 もはやこの作品そのものが「制作陣とゲーマーのすれ違いラブストーリー」なのである。 渡邉卓也()はフリーランスのゲームライター。 好きな作戦は「みんながんばれ」。

次の

二ノ国(映画)が酷い・つまらないと酷評!ドラクエとの比較も!

ドラクエ 映画 ひどい

低評価が多いんだなあ… 映画のユーザー評価が載っている映画. comさんによると 評価の星の数が平均2. 1 最高5. レビュー欄では散々な書かれ方でした。 とはいえ何でもそうなんだけど こういうのは別に悪いことではないでしょう。 いろんな感想が存在することに意味があると思うので 酷評も含めてレビューを隅々まで見てみたんですよね。 そしたら何となくですが 酷評する人の気持ちも賞賛する人の気持ちも どちらもわかったような気がしました。 以下は映画の感想を書き連ねています。 中にはネタバレっぽいところもあるので まだ見ていない方はご注意ください。 ——ネタバレ防止用の横線—— 賛否両論ある中で 映画の内容の話になるんですが ゲームから別の媒体になったことでたくさんの改変要素はあるものの 一部のセリフはそのまま使われていましたね。 例えばサンチョの代名詞とも言えるセリフ 「 このサンチョ。 今日ほど嬉しい日は…うっうっ」とか。 見慣れたあの文章がそのまま音声となって聞こえてくると なんだかジーンとくるものがありましたよ。 やっぱり原作のリスペクトって大事だよなあと思いながら見てました。 ところがそういう点が散りばめられているからこそでしょうか。 20回30回と繰り返しプレイしてきた僕みたいなゲーマーからすると あそこであのセリフは使わないんだ…?と感じる場面も所々にありました。 個人的に一番感じたのが 「 父さんを大切にしてあげるんだよ」というセリフかな。 ゲームの中でこれほどグッとくる場面はないんだけど 映画の中では別のセリフに置き換えられていたんですよ。 自分の期待と完全一致するはずもないんだけど 違和感が全くなかったと言えばウソになります。 もう一つ言わないといけないのが あの衝撃のラストですよね。 いやーこれはこれは。 まさかあんな展開が待っているなんて。 ゲームの内容とは全然違うメタ的要素だから ドラクエでやる必要がなかったという感じた人も多いようで 僕も思わずうーん…とうなってしまいましたよ。 というわけで 僕みたいな生粋のゲーマーたちを完全に納得させるためには ゲームから何も改変しなければ良かったかもしれません。 そっくりそのまま3D映像化するだけならば 原作へのリスペクトが足りない!なんて批判もなかったことでしょう。 でも…はたしてそれで良いのかな。 批判はないけど話題になることもないかもしれない。 少し視点が変わるんだけど 僕は映画を見る前からとある情報が心に残っていたんですよね。 それは公式サイトや一部メディアで紹介されていた 堀井雄二さんのコメントです。 ゲームとしてのお話をそのまま別の形で表現しても 面白さに欠けるだろうと思って断ったことがありました。 まだドラゴンクエストを知らない人にも見てもらって ゲームに触れてもらえたら嬉しいですね。 要は 新規プレイヤーの開拓です。 国民的ゲームであるドラクエを知らないってことは そもそも ゲームをあまりやらない人が多いでしょう。 もっと言えば ゲームに批判的な人も含まれているかもしれません。 ゲーム脳なんて言葉もある通り 昔から言われ続けてきたゲームとしての根本的な問題に 目をそらさず正面からぶつかっていった結果が あの衝撃のラストにつながったのではないかと思うんですよね。 ドラクエでやる必要はなかったと言われたら 確かにその通りかもしれないけど ドラクエでやるからこそ意味があるのではないかと思いました。 そんなわけで こういったいろんな感想がある中で 僕は賞賛の記事を書いたのでした。 この気持ちは今も変わりません。 おまけ アイホンのセールスランキングを見てみたら ドラクエ5が売り上げ1位になっていましたよ。 映画の製作が発表されてから上位に来てはいたんだけど その時はまだ1位ではなかったと記憶しています。 実際に映画館で見終わった後も ドラクエ5やってみたーいと 若い女性が言っていたのが聞こえましたもん。 賛否両論あるけど 一応製作者側の目的の一部だけ達成されたのかな。 ちなみにこれから初めてプレイするなら 当然オリジナル版に近いPS2版や3DS版がおススメなんだけど 個人的には スマホ版もおススメです。 スマホと言えどあなどれませんね。 操作がとっても快適でしたよ。

次の

【感想】映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を観たやつ集合【ネタバレあり】

ドラクエ 映画 ひどい

楽しい日々を送っていたが、ある日、コトナが事件に巻き込まれてしまいます。 そんなコトナをユウとハルが助けようとした時、不思議なことが起こります。 なんと、彼らは別世界へと飛ばされてしまったのだです。 その世界とは、もう一人の自分がいる世界、『ニノ国』。 そして、そこにはアーシャというお姫様がいました。 ユウはアーシャ姫に心惹かれていくが、しかし、実はアーシャ姫とコトナが繋がっていることが判明します。 そして、コトナを救うためにはアーシャ姫の命を奪わなければいけないことが判明するのです。 さらに、そこに国を征服しようと企む黒旗軍も現れ、彼らは国を揺るがす大きな事件に巻き込まれていくこととなります。 二ノ国(映画)の感想や評判・口コミのまとめ ここまでを見ると公開後の評価が気になりますし、きっと高評価が多いのかなぁ~と 思います!! ただ・・・意外と評価は厳しいみたいです・・・ 映画『二ノ国』感想。 これはつらい。 何より永野芽郁の声の演技およびキャラとのミスマッチぶりが酷い、ご都合主義の満漢全席で2分に1度は納得不能に、作画にも違和感がありキャラの表情の乏しさもショック。 極め付けは結末の不快さでファンタジーと障害者への向き合い方としても最低。 ふざけんな。 — 真塚なつき truetomb ドラクエ映画の次は二ノ国が駄作 邦画業界って本当につまらないの作るの得意よね — ゆがみょん yugundam 『二ノ国』は個人的には星1。 久石譲の音楽以外は全てがつまらない。 というかあれはPVの時点でわりとひどそうなのがわかるよね。

次の