アルデバラン mgl インプレ。 バンタムMGL インプレ【まとめ】注意点が浮き彫りに・・・

アルデバランMGLのインプレ!使いやすいルアーやタックルを紹介!

アルデバラン mgl インプレ

2018年、バンタムMGLの登場で、シマノのベイトリールで「穴」となっていた部分が埋まる事となり、シマノベイトリール勢はより隙の無いラインナップとなりましたね。 けれど逆に、メタニウム、アルデバラン、スコーピオンと言ったそう錚々 そうそう たるラインナップの中にまた一つ選択肢が増えたことで、「どれを買ったらいいか分からん!」と言った方も見えるんじゃないかと思います。 けれどバンタムMGLって、シマノのベイトリールのラインナップの中では 「唯一無二」的な存在なんですよね。 特徴を理解すればきっと、「こういうのを待ってたんだ!」と言えるベイトリールになると思います。 ただ、良くなった半面、 デメリットも浮き彫りになっています。 ですので今回はバンタムMGLをお伝えするとともに、使い分けやどんなシチュエーションで使えば活きるのか、どんな人が使うのが最適なのかなどをお伝えしていきたいと思います。 通称「赤メタ」と呼ばれるベイトリールも「バンタム スコーピオン メタニウムXT」と呼ばれる、当時は性能、高級感共に頭一つ抜け出したベイトリールでした。 出典:ヤフオク しかし今回の「バンタムMGL」、シマノのカタログやホームページで謡われている通り、バンタム100やバンタムスコーピオンの復刻モデルではありません。 現シマノベイトリール勢の 隙間をきっちりと埋めた唯一無二とも言えるベイトリールなのです。 特徴を理解すれば自ずと使い方もはっきりと見えてくると思いますので、僕なりの意見も交えながら説明したいと思います。 今回はニューマグナムライトスプール MGL やマイクロモジュールギアと言った、他のベイトリールにも搭載されている機能の説明は省きますね。 あくまでも「バンタムMGLの特徴」としてお伝えしたいと思います。 で、バンタムMGLの代表格とも言えるコアソリッドボディですが、最大の特徴は何と言ってもその剛性感、そしてギア比に関して言えば、PG、ノーマル、HG、XGと言ったフルで揃っているベイトリールはシマノのベイトリール現ラインナップの中にはありません。 見落としていたらスミマセン この組み合わせが一体何をもたらすのか、まずは順に説明していきたいと思います。 要は、パーツごとに削りだして組み合わせるのではなく、「一体」として削り出してしまうという訳ですね。 ですから当然、剛性が高くなるというのはカンタンにイメージ出来ると思います。 カルカッタシリーズやダイワのリョウガと言った丸型ベイトリールの剛性が高いというのも、ただ単に金属パーツを組み合わせるのではなく、こう言った「削り出し」ボディと言うところにもあるのです。 削り出しで作られる事によって、ボディを構成する部品点数の圧倒的少なさ。 出典:シマノ 部品点数が少なければパーツ通しのひずみが少なくなる訳ですから、一体になった分、剛性感は上がります。 そして、削り出しと言うのは金属の塊である訳です。 金属の塊である以上、確かに重量は増えますが、剛性感を保ったままサイズがメタニウムに比べてもかなりコンパクトにまとまっています。 見た目のサイズ感的には、メタニウムMGLやジリオンSV TWよりも一回りコンパクトになった印象です。 つまり 「重くてコンパクト」 なベイトリールになっており、それがこのバンタムMGLの ミソと呼べるポイントでもある訳です。 見た目でさえ物理的に小さくなっているのですから、握った感覚はより小さくて重いモノを持っている感覚になると思います。 野球のボールとソフトボールの握りやすさを比べて貰えれば分かると思いますが、断然、野球のボールの方が握りやすいですよね。 小さくてコンパクトであるが為に、 重心が手の平のより中心に近い所でまとまる事になり、そしてそれをギュッと握り込めることによってそれがよりパワーを生み出す事になるという事です。 バンタムMGLのコピーにもある、「ロープロファイル&コンパクトでありながらこの剛性感」と言うのを体現しているのが、重くてコンパクトであることのメリットと言う訳ですね。 シマノ派で丸型リールが好きじゃなかったという人、手が小さくて丸型だとキツかったという人にとっては正に「待ってました!」と言わんばかりのベイトリールだと思います。 ダイワだと剛性感があるベイトリールと言えばジリオンがあったので丸形が苦手な人にとっても良かったのですが、シマノでは「強いロープロ」と言うポジションは欠けていましたので、今回のバンタムMGLは正に ロープロ版カルカッタと言ってもいいんじゃないかと思います。 ギア比が唯一フルラインナップ バンタムMGLはギア比がフルラインナップで揃っています。 モデル ギア比 最大巻上 PG 5. 5 59cm ノーマル 6. 2 66cm HG 7. 1 76cm XG 8. 1 86cm メタニウム、アルデバラン、スコーピオンではなく、 あえてバンタムにこのフルラインナップを揃えてきたシマノさんの意図を感じます。 巻きのベイトリールとして、PGやノーマルギアは活きてくると思います。 そしてHGやXGと言った超ハイギアは、ヘビーカバーや分厚いウィードへのパンチングでラバージグやテキサスリグをねじ込み、モンスタークラスをパワーでぶっこ抜く。 こんなシチュエーションでは、ベイトリールの重心が手の平にすっぽり収まり、ロッドも含めたトータルウェイトが手元に寄っていると言う、重くてコンパクトなベイトリールのメリットはかなり力強い味方となってくれると思います。 強くてもデカいリールだと握り切れないので、リール自体が強くてもどうしても力が入り切りません。 けれど手の平にすっぽりと収まり、ギュッと握れるベイトリールは激烈な巻き抵抗があるディープクランクであってもグリグリ巻いてこれるし、ウェードに巻かれたモンスターであっても力負けすることはありません。 あえてバンタムMGLのギア比をフルに揃えてきたのは、ユーザーが求めているモノをちゃんと分かっているんだなとも思いました。 まあ、ただ単にジリオンに対抗しただけかも知れませんが^^ コンパクト化による弊害 ただ、コンパクトによる弊害もあります。 それは レベルワインダーの位置がスプールに近くなってしまうという事です。 出典:シマノ 真上からの画像では無いので分かりにくいですが、カルカッタなどの丸型リールとほとんど変わらないくらいレベルワインダーが近くなっています。 レベルワインダーをメガホン上にするなどの工夫もされていますが、レベルワインダーとスプールの位置が近いと、レベルワインダーが端に寄った際にどうしてもラインの角度が鋭角になってしまいます。 コンパクトになったのは良いのですがこの辺りはちょっと注意と言うか、ちゃんと把握してから購入された方が良いと思います。 これによって 多少なりとも飛距離に影響が出てしまうのは免れないと思います。 まあ、実釣において差が出るかと言われるとそれ程大きいモノでは無いと思いますが、絶対的な飛距離と言う意味では不利に働いてしまうと言う事です。 手の平にすっぽり収まる金属の塊はファーストムービング系の早い釣りだけでなく、ジグやワームを使ったパワーゲームでも心強い味方となってくれると思います。 コンパクトで重いという事は、ヘビーロッドとの相性が抜群です。

次の

そろそろ18アルデバランMGLのインプレでもしておきますか

アルデバラン mgl インプレ

シマノ新製品のスコーピオンMGLのタックルインプレッションです。 シマノより 立ち上がりの軽いMGLスプールを採用し、高い遠投性とキャスタビリティ、低弾道の伸びやかな飛びを獲得した新生スコーピオン。 高剛性のHAGANEボディ内にはマイクロモジュールギアを搭載。 滑らかかつパワフルな巻き上げで多彩なルアーに対応します。 カープファンを代表して購入を宣言します。 スコーピオンMGL。 紅色に近いような赤で退色を考慮したのかもしれません。 仕事帰りにランカーズさんに寄って先日の釣りで縮まらなくなってしまったタモを店長さんに泣きついて直してもらいました😂店長ありがと~🙇🙏 んであったら買おうと思ったら19スコーピオンMGLがあったので購入😘 フィッシュマンのロッドと同じ色でかっけぇ~🤩 — ウメの缶 umenokanmina1 目次• 搭載機能は? 搭載されている機能を見ていきましょう。 マイクロモジュールギア マイクロモジュールギアとは、歯を可能な限り小型化した機構です。 細かい歯を密に、かつ数多くかみ合わせることにより、強度を低下させることなく滑らかな動力伝達を実現。 巻き上げ時のギアノイズが低減し、感度も飛躍的に向上しました。 ベイトリールでは段階的に導入してきたマイクロモジュールギアですが、構造的な制約の多いスピニングに組み込むには高度な技術を要します。 精密なギアを寸分の狂いもなく支持できるのは、高剛性&高精度のメタルボディがあるからこそです。 X-SHIP ドライブギアの大径化、ピニオンとドライブ両ギアの最適配置、ピニオンギアのベアリングによる2点サポート。 これら頑強なギアの噛み合わせが、負荷に強い軽快なリーリングを保持する。 不意の衝撃にも耐える剛性・耐衝撃性を確保し、たわみを最小限に抑えることでアングラーのチカラを巻き上げる「力」へと変換します。 NEWマグナムライトスプール ベイトリールのキャスティング性能を左右するスプールの慣性モーメント。 開発ではその減少を目的にスプール胴径へのブランキングや薄肉化を行ってきましたが、「NEWマグナムライトスプール」では、これまで技術的に不可能とされてきたスプール側面への穴開けに成功。 当社比で慣性モーメントの約10%ダウンを達成し、実に約20%の飛距離アップをマークしました。 S3Dスプール 重量バランスや寸法精度を高め、キャスト時における振動を抑制したスプールです。 振動ノイズは従来品から半減しました(当社比)。 高速回転でラインを放出するなかでもガタつきや回転ムラが極めて少なく、安定したキャスト性能を発揮。 飛距離、キャスト精度ともに飛躍的に向上しました。 軽さはそのままに剛性、耐久性が大幅にアップし、ボディ、ローターのさらなる小型軽量化を実現しました。 ルアーチェンジや状況変化など、求めるままに即、理想のブレーキ力を実現。 遠心力ブレーキ独特の抜けるようなキャストフィールはそのままに、バックラッシュ抑制と飛距離という相反する性能をさらに両立するブレーキシステムです。 S A-RB 業界初の「表面改質」により「不動態層」を形成し、錆を寄せつけないベアリングを実現したのがA-RB。 さらに、その側面を防錆素材でシーリングし、ベアリング内部での塩分再結晶化による塩ガミを大幅に減少させたのがSA-RBです。 スーパーフリースプール クラッチを切った際、スプールを支えるのは2つのベアリングのみと、スプールフリー性能を極限にまで軽くしたシステムです。 海水OK 錆を寄せ付けないシマノ独自の高性能ベアリング、S A-RB、A-RBの採用、また外装の防腐処理により、海釣りでも安心してお使い頂けます。 末永く快適にご使用いただけるよう、使用後はシャワーでの洗浄をおすすめします。 スコーピオンMGL の特筆すべき点は、 マグナムライトスプールでしょう。 ベイトリールのキャスティング性能を左右するスプールの慣性モーメント。 開発ではその減少を目的にスプール胴径へのブランキングや薄肉化を行ってきましたが、第二世代マグナムライトスプールでは、これまで技術的に難しいとされてきたスプール側面への穴開けに成功。 スコーピオンMGL の名前のごとく、スコーピオンがついています。 スペックは以下のようになります。 2 5. 2 5. 4 5. 4 5. 5 5. 5 5. アドレナ2ピース166Mに、スコーピオンMGL 150HG、レッドスプール14ポンド。 同じく166MLに、SLX70HG、レッドスプール12ポンド。 最近はこの二本で陸っぱりを堪能。 気持ちよく扱えて、めっちゃお気に入りのセッティング。 どちらもMGLスプール搭載で、軽いしキャストも快適。 — 水野 浩聡 TranpoMizuno 低価格帯ながら、高性能な機能とデザインを誇ります。

次の

シマノ18アルデバランMGLはベイトフィネスリールではない件。

アルデバラン mgl インプレ

アルデバランMGLをフィッシングショーで触ってみた。 写真ではわかりにくいですが、「ブルーグレー」的なカラーです。 他のアルデバランとイメージが大きく変わるようなカラーリングでも面白かったのかなと思いますが、まぁそれは仕方ないですね(笑)。 軽くてコンパクトでっていうのは他のアルデバランでも同じなので、やっぱり使ってみないと細かい話はできません。 が、軽さが求められるタイプのリールですから、軽さは魅力で間違いないと思います。 SVライトLTDも触ってみた。 ハンドルがまずかっこいい。 ザイオンのスタードラグのマーブルっぽい感じもかっこいい。 けどボディのカラーは、んー。 個人的にはこちらももう少し攻めてもいいのかなと思ってしまいました(笑)。 おかっぱりの釣り 話は本題に。 おかっぱりだと、何本もタックルを持つのは厳しいです。 おかっぱりは当たり前ですが、岸からの釣りです。 大遠投したくなるし、遠投する必要がある場合もあるでしょうが、 遠投せずとも釣れるというか、実際はそんなに遠投なんてしないですよね。 要所を見つけて撃つ。 であれば、 たくさん糸が巻けるスプールは必要ない。 また、スピニングは持たずにとにかく機動力重視の一本スタイルで、となれば軽いものも投げれるものがいい。 そうするとアルデバランMGLやSVライトはGOODというか、最高なわけです。 ベイトフィネスタックルでもよくね? でここで湧き上がる疑問が。 じゃあベイトフィネスタックルがいいんじゃない? 確かにそうかもしれない・・・。 アルデバランMGLやSVライトのメリット が、 アルデバランMGLやSVライトであれば 太めのラインを 充分な量巻けます。 なので、 安心ファイトが可能になりますね。 また、 ロッドの選択肢も広がり、ライトなベイトフィネスロッドではしんどいルアーも使えるように。 テキサスだってシンカーを重くできますね。 ライトよりなバーサタイルということで、ベイトフィネスのように、特化した攻め方ではなく、一応あれこれできるのはありがたいですよね。 巻くラインを細く、かつ少な目にし、ロッドが合っていればセンコー3インチや、それより少し軽いものも、すーっと投げれるでしょうしね。 [ad] ソリッドティップのスピニング ところで、ルアマガのタックルオブザイヤーで、ソリッドティップモデルが人気で…スピニングにはスピニングらしい仕事を任せる潮流が…的な話が、ニンジャことセンドウ氏に語られていました。 ベイトフィネスで鬼軽いものを投げるのではなく、もうそれはスピニングの得意分野なんだから、ソリッドティップに超フィネスなことは任せよう、という考えがアングラーにあるのではという見解でしょうか。 確かに、大好きな2インチシュリンプノーシンカーのせこ釣りはベイトフィネスじゃちょっときつい。 それをやるならスピニング使いますし、ベイトにその役目は求めません。 ソリッドティップのスピニングタックルであれば、スモラバもネコリグも行けますし、ベイトフィネスより守備範囲が広いわけです。 じゃあベイトタックルはワンランクヘビーというか、強めなものを任せようと。 イコール、アルデバランMGL的なリールの需要が生まれるわけですね。 琵琶湖だけじゃないでしょうが、ごく一般的なフィールドでは、デカバスハンティングストロングスタイルが主流というのはあんまりないですし。 まとめ ということで自分なりにアルデバランMGL的ジャンルを考えてみました。 もっと本格的な考察は、欠塚さんのこちらの記事をお読みいただければと思います。 カリカリのベイトフィネスリールのエクストラハイギアは速すぎて、ちょっと巻きもやりたいしさ、というときもアルデバランMGLはGOODですよね。 とにかくこれ一本で、軽いモノ中心に色々できるっていうのは、いつも1本で釣りをする自分にはNICEなリールなわけです。 こう記事を書いていると自分も一台持ってみたいなーと思うのですが、自分にはアルファスフィネスカスタムのSVスプールバージョンがあり・・・これで我慢しないといけないかな(重さ以外かなり気に入ってますよ)。 ということで今日は「ライトバーサタイル」的なリールについて、「おかっぱり」の立場から考えてみたという記事でした。 Thank you for reading!

次の