児童 オンライン プライバシー 保護 法。 Youtubeがまた規制を強化!子ども向けコンテンツで収益が減る!?

[COPPA]YouTubeで”子供向けではない”に設定しないと収益悪化[児童オンラインプライバシー保護法]

児童 オンライン プライバシー 保護 法

児童オンラインプライバシー保護法のメッセージについて。 チャンネルまたは動画の視聴者層を設定する方法を解説 最近、なにやら物騒なメールが YouTubeから届いてビビってらっしゃる方も 多いと思います。 結論からいうと、これらは各チャンネルに対し、 「ある設定をしろ」 と要求しているだけですので、 あなたのチャンネルが何かペナルティを 犯したとか、広告を剥がすぞとか、 そういうものではないのでご安心ください。 具体的には、あなたのチャンネルor動画が 子供を対象にしているかどうかを 申告して終わり、と言う感じです。 児童オンラインプライバシー保護法の件、設定方法 今回はYouTubeStudioで説明してます。 YouTubeStudioの左下「設定」をクリックし、 ポップアップの「チャンネル」をクリックします。 次に表示された画面の上部「詳細設定」を クリックする選択メニューが表示されるので 選んでください。 設問:チャンネルを子ども向けとして設定しますか? 1・はい、このチャンネルを「子ども向け」として設定します。 いつも子ども向けコンテンツをアップロードしています。 2・いいえ、このチャンネルを「子ども向けではない」として設定します。 子ども向けコンテンツをアップロードすることはありません。 3・すべての動画について視聴者の設定を確認します。 全ての動画が子供向けのチャンネルの場合、 1を選択します。 全ての動画が子供向けでないチャンネルの場合、 2を選択します。 動画によって子供向けだったり そうでなかったりする場合、3を選択して、 動画ごとに子供向けかどうか申告します。 動画ごとの設定方法 またまたYouTubeStudioで説明します。 左側の「動画」項目をクリックして 右側に表示された動画を選択します。 各動画の設定画面の下の方に 選択できる項目があるので、 ここで個別に設定します。 従来のクリエイターツールにも 同様の項目があります。 子供向けチャンネルに広告が付かなくなるのではなく、 パーソナライズ広告が表示されなくなるということで、 収益が激減する可能性があります。 逆に年齢層高の視聴者層の場合、 特に問題はなさそうです。 一度アナリティクスから ご自身のチャンネルの視聴者層を チェックしてみてください。 これによると ・サイト運営者は児童の収集方針を親に掲示して、を収集する前に親の同意を得なければならない ・第三者への開示が可能かどうかという選択肢を付けなければならない また、親が子供のにアクセスして、閲覧や削除ができるようにするという内容も加わっています。 secomtrust. html とのことです。 子供向けのチャンネルの場合、 親の同意なしに勝手に利用者の情報を 取得してるということで、 180億ドルもの制裁金がYouTubeに課せられたそうです。 YouTube=Googleにとって かなり洒落にならない事態だとご理解ください。 と言うわけで設定自体は簡単なので これを読み終わったらさくっとやっておきましょう。

次の

Google、YouTubeの児童保護法違反でFTCに1億7000万ドル(約180億円)の和解金

児童 オンライン プライバシー 保護 法

同法では、商用サイトが12歳以下の児童の個人情報を収集する場合、親の同意を得ることなどを義務づけている。 同法では、サイト運営者が児童のプライバシー収集方針を親に掲示し、「個人情報を収集する前に親の同意を得ること」、「第三者への開示が可能かどうかという選択肢を付けること」を義務づけている。 さらに、親が子供の個人情報にアクセスして、閲覧、削除できるようにすることも盛り込まれている。 また、サイト運営者に対して、収集した個人情報の機密性、セキュリティを維持することを義務づけている。 FTCは、児童や両親、サイト運営者などに向けて、同法の理解を助けるためのサイト「Kidz Privacy」を開設。 同サイトでは、企業や両親向けのガイドライン、児童向けに「スマート・サーフィン」のチップスなどが掲載されている。 さらに、同法を広めるため、多数のサイトに同ページへのリンクを設けていく。 既に、AOLやDisney、Lycos、Microsoft、TRUSTeなどがこれに同意している。 このような実態を踏まえ、FTCは1999年4月27日にCOPPAの法案を提出、同年10月21日に最終法規を公表していた。 net].

次の

児童オンラインプライバシー保護法違反の次はユーザー対応に手落ち 『TikTok』にトラブルの連鎖

児童 オンライン プライバシー 保護 法

Googleが支払ったプライバシー関連の和解金(資料:FTC) 申し立ては、YouTubeの明らかに子ども向けなチャンネル(例えば玩具メーカーMattelのチャンネルなど)の視聴者に、視聴者の保護者の同意を求める通知などを表示せずにcookieを使い、個人情報を収集していたことが米国の児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)に違反したというもの(米国の定義では、子どもは13歳未満)。 FTCは、YouTubeがこうして収集した個人情報を使い、チャンネル視聴者へのターゲティング広告で数百万ドルを得たとしている。 和解条件は、制裁金の支払いに加え、YouTubeがCOPPAを順守するために、YouTubeでチャンネルオーナーが子ども向けコンテンツを特定するためのシステムを開発し、実装することだ。 また、子ども向けコンテンツがCOPPAの対象になることをチャンネルオーナーに通知し、関係者に対しCOPPA順守に関する年間トレーニングを提供する。 YouTubeのスーザン・ウォジスキCEOは同日、公式ブログで、子ども向けコンテンツのデータ処理方法を変更し、子ども向けコンテンツについては(実際に視聴しているのが子どもではない場合も含め)ターゲティング広告の配信を完全に停止し、コメントや通知などの一部の機能も使えなくすると語った。 子ども向けコンテンツのクリエイター(YouTuber)に対して、コンテンツが子ども向けにカテゴライズされることを通知していく。 子ども向けコンテンツとして識別するために、機械学習を採用する。 この変更がクリエイターに大きな影響を与えることになるが、高品質な子ども向けコンテンツに投資を続けていくとウォジスキ氏は語った。 関連記事• 具体的な調査対象は挙げていないが、「検索、ソーシャルメディア、オンライン小売りサービス」としており、いわゆるGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)を指すとみられる。 欧州委員会がGoogleに対し、AdSenseによる検索広告仲介で独禁法に違反したとして14億9000ユーロの制裁金を科した。 2017年からのEUによるGoogleの制裁金の累計が82億5000万ユーロになった。 YouTubeが、一見家族向けで実は子どもに見せられないような動画や、未成年が危険にさらされるような動画の増加を受け、対策強化を発表した。 ガイドラインの適用範囲を広げ、既に50以上のチャンネルを停止した。 関連リンク•

次の