スカーレット キャスト。 朝ドラ「スカーレット」の登場人物のモデル一覧

【スカーレットキャスト一覧・相関図】追加キャストや子役は?

スカーレット キャスト

性格はわがままで自由奔放。 家の手伝いは大嫌い。 喜美子と自分を比べ、どうも損をしているような気がします。 早々に信楽を飛び出してしまいますが、反抗心と裏腹に甘える気持ちもあり、喜美子にトラブルを持ち込んでくる・・・。 大阪から移ってきたときにはまだ赤ちゃんで、根っからの信楽育ちです。 母親の優しくて穏やかな性格を、いちばん受け継いでいます。 直子とは対照的に、ずっと信楽に住んで喜美子に寄り添い、相談相手となる存在です。 工房に出入りして育ち、常に陶芸が身近にありました。 しかし、将来進む道については迷っています。 明るく優しい性格で、ひょうきんな一面も。 何の収録かは…お楽しみに! — 高岡事務所公式アカウント TakaokaOffice \照子の父/ のちに喜美子が働くことになる、信楽でいちばん大きな窯元「丸熊陶業」の社長です!長男を戦争で失い、娘の照子に後を継いでもらおうと考えています。 プライドが高く勝ち気な性格で、ちやほやされるわりに友達ができません。 転校生の喜美子には興味津々で、柔道まで一緒に習うことに!喜美子とは仲がよいのか悪いのか、不思議な関係です。 兄が戦死したために婿を取ることが決まっており、家業を盛り立てようと奮闘することになります。 本田大輔さん、40歳でそんなに若くなかった。 お手隙の方、お昼休みにウキウキウォッチングを。 喜美子の父・常治に戦地で助けられたことから恩義を感じ、信楽での仕事をお世話しました。 川原家が信楽になじむよう、さりげなく心を尽くし、常治のよき飲み仲間でもあります。 日本画家でもあります。 とらえどころのない、ユーモラスな人物で、喜美子を大いにとまどわせる。 実は、心に秘めた、創作への強い思いがあります。 戦時中は満州で働いていました。 満州から帰国する船に先に乗った妻が行方不明になり、探しています。 幼い喜美子に温かく、かつ 真摯に接してくれる。 気難しい性格で、待遇面で秀男と度々揉めた末に去りました。 宮川サキ、西村亜矢子。 大阪のおばちゃんの味わい、素晴らし! — Koji Matsui 松井孝治 matsuikoji 社員食堂の給仕係。 気にかけて見つけてもろて感想までもらった皆様めちゃくちゃ嬉しかったです。 おおきにでございます! ええ役者目指してもっともっと精進していきます。 これからも『宮川サキ』ご贔屓によろしゅーでっす! — 宮川サキ sakiyan1101 社員食堂の給仕係。 黒岩父・田原父ともに常治にラジオを返す為の飲み会に参加してました。 — ひぞっこ musicapiccolino 川原家の近所に住むガキ大将でした。 引っ越し早々の喜美子をからかい大ゲンカし、喜美子にボコボコにされます。 その後も度々喜美子と対立。 やがて喜美子ら地域の子供たちと共に草間から柔道を習います。 劇中の名コンビっぷりは健在!バックは映画にも出てくる巣山古墳です。 — DVD発売中!! カーネーションでお産婆さん役として出演されました。 貴美子は彼女の洗濯物を引き受けお駄賃を貰い、喜美子が大阪に旅立つとその仕事は直子が引き継ぎました。 昭和43年秋に柴田の紹介で、通いの弟子となりました。 畑山との諍いが絶えず、雑用しか教えてもらえないまま喜美子に解雇を言い渡されます。 解雇されて程なく、畑山と共謀して川原宅に侵入し、八郎の釉薬調合を記録したノートを盗もうとしますが、三津に捉えられた上に盗んだノートも結局別のものと判明し、失敗に終わります。 昭和43年秋に柴田の紹介で、通いの弟子となりました。 畑山との諍いが絶えず、雑用しか教えてもらえないまま喜美子に解雇を言い渡されます。 解雇されて程なく、畑山と共謀して川原宅に侵入し、八郎の釉薬調合を記録したノートを盗もうとしますが、三津に捉えられた上に盗んだノートも結局別のものと判明し、失敗に終わります。 明るい性格で、ひょうきんなところのある女性。 武志とはお互いに好感を持つようになります。 戦後、女性のファッションの変化に目をつけ、ブラジャーなどの女性下着のデザインを始めます。 一方で実家を下宿屋として改装。 やがて親戚の喜美子が女中として働くことになります。 進歩的だが、お嬢様育ちの一面もある女性です。 市役所勤めを辞めて、めったに自室から出てきません。 下宿代もたまっています。 実は映画俳優にあこがれていて、端役への挑戦を続ける。 すっとぼけた物言いで、いつも喜美子を癒やしてくれます。 今は近所に住んでいて、手伝いにやってきます。 最初は喜美子のあまりの若さに反対しますが、そのがんばりを次第に認め、女中としてのノウハウを教えます。 厳しいけど、おちゃめなところも。 こてこての大阪ことばが特徴で、口癖は「自由は不自由やで!」。 喜美子とは、大阪での出会いは一瞬でしたが、信楽で思いがけない再会を果たします。 信楽に新しい風を吹きこむ。 macky がシェアした投稿 — 2018年 4月月10日午後7時59分PDT \マスター/ 喜美子が働く「荒木荘」の住人が集う、「歌える喫茶・さえずり」の店主です!住人の一人・田中雄太郎を店員に雇います。 23-5. 6祇園花月で「茂造の覚悟」。 京都へ見に行ってやったらどーや? ひきつづき聴いてやったらどーや? — 東海ラジオ「源石和輝 ひるカフェ」 hiru1332 \新聞社勤務/ 庵堂ちやこのの上司で、通称ヒラさん。 そして、11月には主演舞台。 サラブレッドだと感じる。 今なお お腹の中の4人目の子は妊娠8ヶ月で4児の母へ。 また 女の子なんじゃないだろうか? — ひぞっこ musicapiccolino 照子と敏春の次女。 可愛い。

次の

スカーレットのキャストで関西出身なのは誰?出演者の出身地をまとめて紹介 | drama box

スカーレット キャスト

もくじ• 【朝ドラ】スカーレットのキャスト 一覧 ではさっそく、朝ドラ『スカーレット』のキャストを一覧でご紹介しましょう。 川原家の人々 ヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の家族をご紹介します。 ヒロイン:川原喜美子(戸田恵梨香) 3人姉妹の長女として大阪で生まれ、9歳で滋賀県・信楽(しがらき)に移り住む。 幼い頃から信楽焼にふれて育ち、川原家を支える働き者の女の子。 その後、戦後の復興著しい大阪で多感な時期を過ごし、再び信楽に戻って来る。 信楽では男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み、女性陶芸家の草分けとして歩み始める。 自分の窯を持ち、独自の信楽焼を生み出そうと奮闘する。 やがて結婚して二児の母となる。 その一方で多くの弟子を愛情深く育て、陶芸にかける情熱は誰にも負けない自負がある。 お人好しな性格で、細かいことは気にしない、周囲に頼りにされる存在。 official がシェアした投稿 — 2018年12月月3日午前2時09分PST 【子役】ヒロイン幼少期(川島夕空) 長女として妹たちの面倒を見ながら家の手伝いを頑張る働き者。 信楽に引っ越してきて、地元の信楽焼に出会う。 好奇心旺盛な性格で、絵が得意。 昭和22年、借金から逃れるために一家で信楽へとやって来て、上り調子の窯業の運搬の仕事を始まる。 三人の娘をこよなく愛し、亭主関白でしつけに厳しい。 長女・喜美子の明るさと楽天思考は父親譲り。 ヒロインの父親、川原常治役の北村一輝さん 「(常治は)なんて魅力的な人間だろうと。 そんな役をやらせて頂いて幸せに感じております」 — 朝彦@朝ドラFUN asadra2018 喜美子の母:川原マツ(富田靖子) 大阪・八尾の大地主の娘で性格は穏やかでおっとり。 夫・常治とは駆け落ち同然で結婚している。 常治がすることは何でも笑顔で受け入れ、だまって信楽についてきた。 少し体が弱い面があり、働き者の喜美子を頼りにしている。 和洋裁が得意で学識もある。 長女・喜美子の情深いところや粘り強いところは母親譲り。 ヒロインの母親、川原マツ役の富田靖子さん 「これから関わるいろんな方々を優しく見守って、その人たちを輝かせるような、そんなお母さんになれたらいいなと考えております」 — 朝彦@朝ドラFUN asadra2018 妹・二女:川原直子(桜庭ななみ) 3歳の時、空襲で一人だけ取り残された事がトラウマになっている。 姉の喜美子と自分を比べ、どうも自分は損をしていると思っている。 家の手伝いは大嫌い。 ワガママで自由奔放な性格。 早々に信楽を飛び出してしまうも、反抗心と裏腹に甘える気持ちもあり、いつも喜美子にチラブルを持ち込んでくる。 二女・直子とは対照的に、ずっと信楽に住んでいたいと思っている。 母・マツ譲りの優しく穏やかな性格で、いつも喜美子に寄り添い、よき相談相手となっている。 喜美子の妹(三女)、川原百合子役の福田麻由子さん 「台本を読んでいるだけでも本当に幸せな気持ちになる作品で。 楽しむことを怖がらないでこの一年間、心をスカーレットにささげたいなと思っています」 — 朝彦@朝ドラFUN asadra2018 川原家の居候 謎の旅人:草間宗一郎(佐藤隆太) 戦時中は満州で働き、日本で空襲にあい行方不明になった妻を探している。 喜美子の父・常治がふとしたことから信楽につれてきて、それ以来川原家に居候していた。 喜美子らに温かく真摯に接し、信楽の子どもたちに得意の柔道を教える。 信楽を去ってからも折に触れて喜美子の前に現れ、新たな道を選ぶきっかけを与える。 川原家の居候、草間宗一郎役の佐藤隆太さん 「謎の旅人役という非常にワクワクする役をやらせていただけるので、皆さんと楽しくさすらいたいなと思っております」 — 朝彦@朝ドラFUN asadra2018 大野家の人々(川原家の隣人) 川原家のお隣さん・大野家の家族をご紹介します。 喜美子の幼なじみ:大野信作(林遣都) 喜美子の同級生で信楽にある大野雑貨店の一人息子。 喜美子ら川原家の住まいを両親が世話したことから知り合いに。 同じく同級生の照子からさかんにアピールされるも全く気づかず…。 幼い頃から器量がよいが、気が弱く引っ込み思案な一面も。 その後喜美子が大阪から戻ってくるとその変わりっぷりに驚く。 喜美子の幼なじみ、大野信作役の林遣都さん 「自分のふるさとの歴史をたどるという意味でもすごく楽しみで今からワクワクしております」 — 朝彦@朝ドラFUN asadra2018 信作の母:大野陽子(財前直見) 信楽に引っ越してきた川原家のために、祖母の住まいだった空き家を提供してくれた。 性格はおおらかで、喜美子の母・マツとはよき友人関係。 一人息子・信作が少々頼りないのを心配しつつも、行く末を楽しみにしている。 喜美子の父・常治には戦地で助けてもらい、そのことに恩義を感じ、信楽での仕事の世話をした。 川原家が信楽になじめるよう、さりげなく心配りを尽くしている。 常治のよき飲み仲間。 信楽の人々 信楽に住む人々をご紹介します。 喜美子の幼なじみ:熊谷照子(大島優子) 喜美子の同級生で信楽一の大きな窯元『丸熊陶業』のお嬢様。 プライドが高く勝ち気な性格たため、チヤホヤされるわりには友達が出来ない。 喜美子とは仲がいいのか悪いのか…不思議な関係。 三味線や日本舞踊の稽古に余念がないが、喜美子と一緒に柔道を習う。 兄が戦死したため婿を取ることが決まっており、家業をもり立てようと奮闘する。 喜美子の幼なじみ、熊谷照子役の大島優子さん 「私と戸田恵梨香は同い年で、役でも幼なじみということで。 役柄でも現場でも恵梨香を支えて盛り上げられるように、努めていきたいと思います」 — 朝彦@朝ドラFUN asadra2018 【結婚相手?】信楽にやってきた陶工:十代田八郎(松下洸平) 京都で陶芸を学んで信楽にやってきた若い陶工。 喜美子が陶芸の会社に勤めるようになってから知り合うことに。 真面目な性格だが、どこか謎めいた雰囲気のある青年。 のちに喜美子の陶芸と人生に、大きな影響を与える人物。 私の個人的な予想では、喜美子はこの人と結婚する気がします…。 信楽焼の絵付け師:深野心仙(イッセー尾形) 信楽焼の火鉢の絵付け師で、日本画家でもある。 喜美子の師匠となる。 ユーモラスで、とらえどころのない人物なため、喜美子を大いに戸惑わせることも。 一方で心に秘めた、創作への強い思いも抱いている。 世界的な芸術家:ジョージ富士川(西川貴教) 喜美子との大阪での出会いは一瞬だったが、信楽で思いがけない再会を果たす。 コテコテの大阪弁が特徴で、『自由は不自由やで!』が口癖。 フランスの美術学校に留学経験もある。 信楽に新しい風を吹き込む人物。 先程発表がありましたが、この度NHK 2019年度後期 連続テレビ小説「スカーレット」に出演することになりました。 久々の連ドラ、しかも朝ドラと言うことで既に緊張しておりますが、西川貴教の挑戦は続きます。 作品ともども引き続き応援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 — 西川貴教 TMR15 大阪や荒木荘で出会う人々 続いて、大阪や荒木荘で出会った人たちをご紹介します。 新聞記者:庵堂ちや子(水野美紀) 大阪で喜美子が働くことになる荒木荘で知り合った女性新聞記者。 性格はおおざっぱで身の回りのことは全く構わない一方、仕事には真剣に取り組む。 喜美子のよき友人で、女性が職業を持って生きることについて大きな影響を与える。 やがて自身も喜美子に触発され新たな道へと進むことに。 大阪の新聞記者、庵堂ちや子役の水野美紀さん 「焼き物の窯に火を入れるように、みなさんの朝のスタートのガソリンになるような、ステキで温かく楽しいドラマになるだろうと台本を読んで、今感じています」 — 朝彦@朝ドラFUN asadra2018 【喜美子の恋人】医学生:酒田圭介(溝端淳平) 喜美子が働く荒木荘に住む医学生で、育ちがよく、真面目な青年。 下働きとして頑張っている喜美子に優しく接する。 喜美子にとってお兄さん的存在だったが、ある日ひょんな出来事から恋のお相手に…。 謎の下宿人:田中雄太郎(木本武宏(TKO)) 喜美子が働く荒木荘に住む謎の男。 市役所勤めを辞めてしまい、自室に引きこもってしまった為、下宿代も滞っている。 本当は映画俳優に憧れを持ち、端役への挑戦を続ける。 すっとぼけた物言いでいつも喜美子を癒やしてくれる存在。 女性下着デザイナー:荒木さだ(羽野晶紀) 大阪市にある下宿『荒木荘』の女主人。 戦後、女性のファッションの変化に注目し、主に女性下着のデザインを始める。 一方、実家を下宿屋として改装し、そこに親戚である喜美子が女中として働くことになる。 先進的な性格だが、お嬢様育ちの一面も。 元『荒木荘』の女中:大久保のぶ子(三林京子) 若い頃からさだの実家で鍛えた女中業のスペシャリスト。 現在は近所に住んで、たまに手伝いにやって来る。 当初、喜美子のあまりの若さに反対するが、次第に喜美子の頑張りを認め、女中としてのノウハウを教え込む。 厳しい反面、おちゃめなところもある人物。 語り:NHK中條誠子アナ 語りはNHKの中條誠子アナウンサーが担当します。 朝ドラの語りは初だそうです。 (出典:) 【朝ドラ】スカーレットの相関図 続いて、朝ドラ『スカーレット』の相関図をご紹介します。 ちなみに、喜美子と結婚するのは「十代田八郎」さんだと思います!(あくまで予想です) スカーレットのあらすじをざっくりと 昭和12年。 三人姉妹の長女として生まれた川原喜美子(ヒロイン)は、9歳の時に滋賀県・信楽にやって来ます。 両親と二人の妹の五人暮らしの生活は貧しく、頑張り屋の喜美子は幼いながらも一家の働き手として家族を支えます。 15歳になった喜美子は一旦大阪で就職するのですが、数年で信楽へと戻ってきます。 地元の信楽焼に惹かれた喜美子は、男性ばかりの陶芸界に飛び込み、陶芸家・川原喜美子を目指して奮闘する毎日が始まります。 そんな喜美子をそばで支えたのは志を同じくする若き陶芸家でした。 やがて二人は恋に落ち、理想のクリエイター夫婦を目指して結ばれます。 二人の子宝にも恵まれ順風満帆に思えた結婚生活でしたが、思ったとおりには行きません。 陶芸の跡継ぎとなった最愛の息子と別離する日がやって来ます…。 喜美子の人生は波乱万丈。 しかし何があっても陶芸への情熱は変わることなく、自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出します。 その後なんとか陶芸家として独立を果たすも、貧乏暮らしは相変わらず…。 しかし困った人を見捨てておけない性分のため、喜美子を頼るものは後を絶ちません。 喜美子は自分の陶芸や人柄に惹かれて集まってくれた若者たちを、我が子同然に愛し、見守り、育て歩んでいきます。 スカーレットの原作は?モデルはいるの? NHKのHPに制作統括担当の内田ゆきさんのコメントが載っていて、そこにはこんな事が書かれていました。 (中略)一つ決めていたのは、自分で何かをやる、やろうとする女性、そして他人のために一生懸命になれる女性の物語にしたい、ということでした。 そんな折、ふと手にしたのが滋賀県・信楽の女性陶芸家・神山清子さんの、自らの仕事と人生を振り返った短い手記でした。 そこにあった、プロの陶芸家としての情熱と、次世代を育てる思いに惹かれ、さっそく信楽にお訪ねしました。 印象に残ったのは、自らの手で、土と炎と格闘して生み出される陶芸の深い魅力。 それに苦労話や笑い話が加わり、信楽での取材を重ねるうちに、強く明るく生きていく陶芸家の女性と、彼女を巡る人々のドラマをつむぎ出したい、という思いが固まりました。 (出典:) 原作としてコレ!というのは無さそうですが、モデルとなるのは 『滋賀県・信楽の女性陶芸家・神山清子さん』で間違いないと思います。 強いて言えば原作は神山清子(こうやまきよこ)さんの手記だと思われます。 緋=火に通じ、陶芸作品に表れる理想の色の一つです。 ヒロイン・川原喜美子の生業である陶芸は、窯をたく炎が勝負です。 熱く燃えたぎる、情熱的な喜美子の人生をイメージし、『スカーレット』となったようです。 以上で、朝ドラ『スカーレット』のキャストと相関図の一覧の紹介を終わります。 いつもありがとうございます。

次の

スカーレット出演キャスト一覧|朝ドラ出演者SNS情報&プロフィールまとめ|NHK朝の連続テレビ小説

スカーレット キャスト

性格はわがままで自由奔放。 家の手伝いは大嫌い。 喜美子と自分を比べ、どうも損をしているような気がします。 早々に信楽を飛び出してしまいますが、反抗心と裏腹に甘える気持ちもあり、喜美子にトラブルを持ち込んでくる・・・。 大阪から移ってきたときにはまだ赤ちゃんで、根っからの信楽育ちです。 母親の優しくて穏やかな性格を、いちばん受け継いでいます。 直子とは対照的に、ずっと信楽に住んで喜美子に寄り添い、相談相手となる存在です。 工房に出入りして育ち、常に陶芸が身近にありました。 しかし、将来進む道については迷っています。 明るく優しい性格で、ひょうきんな一面も。 何の収録かは…お楽しみに! — 高岡事務所公式アカウント TakaokaOffice \照子の父/ のちに喜美子が働くことになる、信楽でいちばん大きな窯元「丸熊陶業」の社長です!長男を戦争で失い、娘の照子に後を継いでもらおうと考えています。 プライドが高く勝ち気な性格で、ちやほやされるわりに友達ができません。 転校生の喜美子には興味津々で、柔道まで一緒に習うことに!喜美子とは仲がよいのか悪いのか、不思議な関係です。 兄が戦死したために婿を取ることが決まっており、家業を盛り立てようと奮闘することになります。 本田大輔さん、40歳でそんなに若くなかった。 お手隙の方、お昼休みにウキウキウォッチングを。 喜美子の父・常治に戦地で助けられたことから恩義を感じ、信楽での仕事をお世話しました。 川原家が信楽になじむよう、さりげなく心を尽くし、常治のよき飲み仲間でもあります。 日本画家でもあります。 とらえどころのない、ユーモラスな人物で、喜美子を大いにとまどわせる。 実は、心に秘めた、創作への強い思いがあります。 戦時中は満州で働いていました。 満州から帰国する船に先に乗った妻が行方不明になり、探しています。 幼い喜美子に温かく、かつ 真摯に接してくれる。 気難しい性格で、待遇面で秀男と度々揉めた末に去りました。 宮川サキ、西村亜矢子。 大阪のおばちゃんの味わい、素晴らし! — Koji Matsui 松井孝治 matsuikoji 社員食堂の給仕係。 気にかけて見つけてもろて感想までもらった皆様めちゃくちゃ嬉しかったです。 おおきにでございます! ええ役者目指してもっともっと精進していきます。 これからも『宮川サキ』ご贔屓によろしゅーでっす! — 宮川サキ sakiyan1101 社員食堂の給仕係。 黒岩父・田原父ともに常治にラジオを返す為の飲み会に参加してました。 — ひぞっこ musicapiccolino 川原家の近所に住むガキ大将でした。 引っ越し早々の喜美子をからかい大ゲンカし、喜美子にボコボコにされます。 その後も度々喜美子と対立。 やがて喜美子ら地域の子供たちと共に草間から柔道を習います。 劇中の名コンビっぷりは健在!バックは映画にも出てくる巣山古墳です。 — DVD発売中!! カーネーションでお産婆さん役として出演されました。 貴美子は彼女の洗濯物を引き受けお駄賃を貰い、喜美子が大阪に旅立つとその仕事は直子が引き継ぎました。 昭和43年秋に柴田の紹介で、通いの弟子となりました。 畑山との諍いが絶えず、雑用しか教えてもらえないまま喜美子に解雇を言い渡されます。 解雇されて程なく、畑山と共謀して川原宅に侵入し、八郎の釉薬調合を記録したノートを盗もうとしますが、三津に捉えられた上に盗んだノートも結局別のものと判明し、失敗に終わります。 昭和43年秋に柴田の紹介で、通いの弟子となりました。 畑山との諍いが絶えず、雑用しか教えてもらえないまま喜美子に解雇を言い渡されます。 解雇されて程なく、畑山と共謀して川原宅に侵入し、八郎の釉薬調合を記録したノートを盗もうとしますが、三津に捉えられた上に盗んだノートも結局別のものと判明し、失敗に終わります。 明るい性格で、ひょうきんなところのある女性。 武志とはお互いに好感を持つようになります。 戦後、女性のファッションの変化に目をつけ、ブラジャーなどの女性下着のデザインを始めます。 一方で実家を下宿屋として改装。 やがて親戚の喜美子が女中として働くことになります。 進歩的だが、お嬢様育ちの一面もある女性です。 市役所勤めを辞めて、めったに自室から出てきません。 下宿代もたまっています。 実は映画俳優にあこがれていて、端役への挑戦を続ける。 すっとぼけた物言いで、いつも喜美子を癒やしてくれます。 今は近所に住んでいて、手伝いにやってきます。 最初は喜美子のあまりの若さに反対しますが、そのがんばりを次第に認め、女中としてのノウハウを教えます。 厳しいけど、おちゃめなところも。 こてこての大阪ことばが特徴で、口癖は「自由は不自由やで!」。 喜美子とは、大阪での出会いは一瞬でしたが、信楽で思いがけない再会を果たします。 信楽に新しい風を吹きこむ。 macky がシェアした投稿 — 2018年 4月月10日午後7時59分PDT \マスター/ 喜美子が働く「荒木荘」の住人が集う、「歌える喫茶・さえずり」の店主です!住人の一人・田中雄太郎を店員に雇います。 23-5. 6祇園花月で「茂造の覚悟」。 京都へ見に行ってやったらどーや? ひきつづき聴いてやったらどーや? — 東海ラジオ「源石和輝 ひるカフェ」 hiru1332 \新聞社勤務/ 庵堂ちやこのの上司で、通称ヒラさん。 そして、11月には主演舞台。 サラブレッドだと感じる。 今なお お腹の中の4人目の子は妊娠8ヶ月で4児の母へ。 また 女の子なんじゃないだろうか? — ひぞっこ musicapiccolino 照子と敏春の次女。 可愛い。

次の