煮え て なんぼ の おでん。 ワンピース972話ネタバレ考察!オロチの策略執行?おでんの熱い思いがワノ国を動かす!

ONEPIECE 972「煮えてなんぼのおでんに候」

煮え て なんぼ の おでん

『ワンピース』第972話〝煮えてなんぼのおでんに候〟 う~ん!これはしのぶちゃん白! やはりしのぶちゃんがスパイとか内通者って線はないな。 また今回読んで「赤鞘九人男」も白にしか見えなかったでござる。 おでん様と、家臣9人の絆は切らないでほしい。 これは読者みんなの思い。 尾田先生も分かってるはず。 だからスパイはいない。 ゾウに辿り着けたのは、雷ぞうに盗聴器かなんかが付いてたからかなぁ・・・。 20年前から。 >より まあ、20年前は黒炭の婆が「マネマネの実」で説明できるでしょう。 モモの助にも化けてたので九里城に入り込んでいたのは間違いない。 気になるのは現在の作戦筒抜けについてですが、…ってところかなあ。 <関連記事> 972話「煮えてなんぼのおでんに候」 皆に愛されたおでん様 我々を守ってくれてありがとう! 920話でおでん様の半生を語った錦えもんは「皆に愛されたおでん様」という言い方をしていました。 ワノ国のうつけ者だった青年時代まで、帰国後はトキ様のおかげで救世主扱いされ、裸踊りで地に落ちた評判は最期にしのぶちゃんのおかげでストップ高を叩き出すのだった。 <関連記事> なるほど。 これは確かに皆に愛されたわ。 もっと言えば少年~青年期だって、嫌われていたけど愛されてはいたしなあ。 間違いなくワノ国の人々に愛されてました。 煮えてなんぼの!おでんに候! また、「冗談じゃねぇ!汚ねぇぞオロチ!」とルフィが激昂したのは、おでん様が釜湯を耐え抜いても1分前に銃殺の刑に変えると屁理屈したことかな。 確かに汚い。 ワノ国も世界の縮図か? 結果だけを見るとワノ国の人々はオロチ&カイドウの騙されてたわけであるが、こいつは世界の縮図かな。 世界政府に騙されてる(?)人々をミクロで捉えてるようにも見える。 なんだかんだで、ワノ国の人たちは矢や銃で撃ち殺されてる中でも、 おでん様の味方をしてるというか歓声を上げることをやめないのが印象的です。 今更調子いい奴らだけど!復讐者の怖さを瞬時に理解した民衆は武器もったカイドウ軍に囲まれてもどんどん集い歓声を送っていました。 これらは止めることのできないものだ 「受け継がれる意志」「人の夢」「時代のうねり」。 人が自由の答えを求める限り それらは決して止まらない。 ロジャーの言葉通りやね。 その片鱗を見た(気がした)。 ワノ国を鎖国させたのは「光月家」 ワノ国が鎖国してるのは? 大昔…この国を海外から閉ざしたのは…「光月家」だった!!それは〝巨大な力〟からワノ国を守る為…!!「ワノ国」はいや…世界はある人物を待っている!!その者が800年の時を越えて現れた時、迎え入れ協力できる国でなきゃならぬ かなり気になるワードわんさかですね。 「ある人物」というのは十中八九ジョイボーイでしょう。 その生まれ変わり(?)だか二代目ジョイボーイのルフィが20年後にワノ国を訪れると。 <関連記事> おでん様は爆笑しちゃう「お宝」と別にラフテルにあるポーネグリフの文章を紡ぐことで世界の秘密ってやつを知ってますからね。 随所に20年以上先の未来を待つこと。 ジョイボーイがまた現れるまでに開国しなきゃ(使命感)って言ってました。 個人的に気になるのは 「この国を海外から閉ざしたのは光月家」「〝巨大な力〟からワノ国を守る為」という部分。 ワノ国が鎖国したのは巨大な力からワノ国を守るためだったのです。 約800年前のワノ国は鎖国した 「巨大な力」ってなんだよ! 普通に考えれば 「20の連合王国」からできた「世界政府」だと思いますけどね。 約800年前のワノ国が「ある巨大な王国」に与してたかは不明なものの、少なくともポーネグリフを掘ったのは光月家の先祖なので、光月家は「ある巨大な王国」側だったのは間違いない。 <関連記事> 約800年前、ワノ国はできたてほやほやの「世界政府」の驚異から守るために鎖国した可能性が非常に高い。 作中ではすでに同じようなポジションだった国が描かれております。 黄金都市シャンドラである。 272話 町の書物の類は全て燃やされていた…。 都市の歴史は絶やされていた…。 この都市には〝歴史の本文(ポーネグリフ)〟が運び込まれてる!間違いない…!! 〝敵意〟に対してこの都市は戦ったんだわ…!黄金都市シャンドラは、ポーネグリフを守る為に戦って滅んだんだ。 栄華を極めた都市が約800年前にポーネグリフを守るために滅ぼされたそうな。 その敵意こそ「20の連合王国」からなる「世界政府」なのは間違いない。 「ある巨大な王国」を滅ぼした「20の連合王国」(世界政府)の戦いは、宿敵が消えても終わってない。 何年かは、 ポーネグリフが運び込まれた国(島)を狩ってたと推測される。 (ポセイドンの在り処を示す)ポーネグリフを世界政府が見つけることは出来ませんでしたが、 シャンドラは一度は確実に滅んでる。 そこの国民は全滅せず、何のために守ってるか分からんのに子孫が継続して200年後も800年後も守り続けてましたけどね…。 そいつらは翼人なのもミソ。 <関連記事> 当時のワノ国もこれと近いポジションだったことは想像できる。 ワノ国にもポーネグリフが運び込まれており、それを運んだのが光月家の先祖なのか飛徹の先祖(こいつは月人の系譜っぽい?)なのかは知らんが。 コケシが陳列されてるらしいので飛轍の一族は少なからず関係してそう。 わしもまた長く人を待っている 飛徹の待ち人は本当におでん様の刀を渡す息子&娘だったのだろうか。 翼人は間違いなく月からの移住者ですごい文明で「ある巨大な王国」を作った(?)可能性が高いだけに、ポーネグリフを保管してる地下にこけしわんさかは気になるところ。 カイドウのツワモノとしての矜持 カイドウ 個人的にカイドウとおでん様のやり取りは気になる。 いわく おでん様はすでに肉体は死んでるそうな。 元気そうだけど油でグツグツ煮えてもうとっくに限界を超えており死んでいるということなのでしょう。 だからこそカイドウの言葉は重い。 「せめてもの情けだ。 俺が撃ってやる」である。 おでん様はとっくに身体は死んでいるんですよ。 だからこそアッパレをくれたカイドウの美学。 もう死んでる…裏を返せばわざわざ銃殺せずとも、おでん様は息絶えるのにわざわざトドメを刺してやるという。 武士の切腹のように、名誉ある肉体の死を!ってカイドウの矜持がありましたな。 自分は現在の カイドウが飲んだくれの死にたがりになってるのは おでんにしたことを後悔しているように思う 最後の最後におでんに感情移入して一人の男として認めたのに そのときにはすでに遅しみたいな >より カイドウの真意は不明ですが超強い男へのリスペクトはひしひしと感じました。 面白い意見だし納得できる描写が節々になる。 そも、カイドウはおでん様に勝負に勝って試合には敗けたようなものですし。 「マネマネの実」の人質作戦&不意打ちでおでん様を倒してましたけど、本人的には本意ではなかった事が伺えます。 970話 漢カイドウさん!おでん様にタイマンではボッコボコなのにセコい手で勝利したことに納得してなかったことが想像できる微妙な表情する!である。 おでん様処刑時では「ババアの件は悪かったな」とか謝るしな。 すでに死に体らしいおでん様をわざわざトドメ刺して謝罪までしたカイドウの真意は興味深いものがあります。 今では趣味が自殺の死にたがりで「死なねぇなぁ」とか言い出す最強生物ですが、そうなるためのきっかけはおでん様だった説といったところか。 なんたって、この当時の カイドウはモリアさんと互角程度ですからね。 <関連記事> この20年でものごっつ強くなって死なない漢になった可能性が微粒子レベルで存在する。 だからこそおでん様の 「せいぜい強くなれ」って言葉にも重みがある。 マジのガチで地上最強生物になったと。 笑顔 一つの伝説が幕をおろし はぁ~(感嘆)。 これが ワンピの美学やね。 そいつは死に際の笑顔ってやつですよ。 銃殺されて逝ったおでん様の最期の表情は…っていえば、油に映ってました。 口しか映ってないのにわかる。 最高の笑みを浮かべて死んだんだって…。 <関連記事> 死に際の笑顔。 これぞワンピです! なぜなら、死なないから! あなたは死なないでしょ? ヒルルクの言葉を借りるなら、 自分が消えても夢は叶う!である。 ロジャーの言葉を借りれば、 俺は死なねぇぜ相棒!である。 絶命しようと死ぬことはないんです。 おでん様の生涯は幕を閉じたけど、それでもおでん様の夢は叶うんです。 氏の夢は ワノ国が開国すること!20年後、赤鞘九人男が意志を引き継ぎ叶えるから。 人はいつ死ぬと思う? 海で溺れた時?違う。 海賊王にボコボコにされた時?違う。 油で釜茹での刑になった時?違う。 人に忘れられた時さ…。 俺が消えても俺の夢は叶う!! まったく!いい人生だった!!! 現代編のスパイについては「すべて狂四郎の仕業」説を推す。 たとえば、足に入れ墨の同志集めが露見した件を例にとると 発案はいいんだけど、隠密にあちこちにいる同志に漏れなく伝達するっていう具体策がなく、人海戦術で乗り越えようとしていた。 狂四郎は将軍の威光を使い、「逮捕」という形で同志を安全に漏れなく花の都に集めた。 錦えもんの策はキレるようでどこか抜けている。 かつての切れ者評はそれをサポートする傳ジローがいてのことだったんだろう。 現代編ラストの話でルフィ側は壊滅的なダメージを受けたが、これも「狂四郎からの情報を元にオロチが動いた結果」であって、狂四郎からの情報さえ偽報であればノーダメージになる。 破壊された船はダミーだった、とかね。 居眠りの二つ名が付く怪しい人物だが、夜な夜なエビス町の人々に小判を配ったり、陰となり陽となりワノ国の人々を支えてきたんだろう。

次の

【画像】ワンピの「煮えてなんぼのおでんに候」の英訳、カッコ悪いwwww|最新アニメ発信基地 アニキチ

煮え て なんぼ の おでん

人気記事• WordPress へようこそ。 こちらは最初の投稿です。 編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。 カテゴリ:• 96 ID:JabB8gzCM ヨドバシカメラ ソフマップ 電車博物館... 52 ID:xrXKj6FZ0• 36 ID:6IyQK5jR0 かわいい。 11 ID:qmHx0RPc0 「フ... 81 ID:UYkhTXplp... 34 ID:v3rzBh8s0 すげえ….

次の

ONE PIECE 巻96 (ジャンプコミックス)の通販/尾田栄一郎 ジャンプコミックス

煮え て なんぼ の おでん

『ワンピース』第972話〝煮えてなんぼのおでんに候〟 う~ん!これはしのぶちゃん白! やはりしのぶちゃんがスパイとか内通者って線はないな。 また今回読んで「赤鞘九人男」も白にしか見えなかったでござる。 おでん様と、家臣9人の絆は切らないでほしい。 これは読者みんなの思い。 尾田先生も分かってるはず。 だからスパイはいない。 ゾウに辿り着けたのは、雷ぞうに盗聴器かなんかが付いてたからかなぁ・・・。 20年前から。 >より まあ、20年前は黒炭の婆が「マネマネの実」で説明できるでしょう。 モモの助にも化けてたので九里城に入り込んでいたのは間違いない。 気になるのは現在の作戦筒抜けについてですが、…ってところかなあ。 <関連記事> 972話「煮えてなんぼのおでんに候」 皆に愛されたおでん様 我々を守ってくれてありがとう! 920話でおでん様の半生を語った錦えもんは「皆に愛されたおでん様」という言い方をしていました。 ワノ国のうつけ者だった青年時代まで、帰国後はトキ様のおかげで救世主扱いされ、裸踊りで地に落ちた評判は最期にしのぶちゃんのおかげでストップ高を叩き出すのだった。 <関連記事> なるほど。 これは確かに皆に愛されたわ。 もっと言えば少年~青年期だって、嫌われていたけど愛されてはいたしなあ。 間違いなくワノ国の人々に愛されてました。 煮えてなんぼの!おでんに候! また、「冗談じゃねぇ!汚ねぇぞオロチ!」とルフィが激昂したのは、おでん様が釜湯を耐え抜いても1分前に銃殺の刑に変えると屁理屈したことかな。 確かに汚い。 ワノ国も世界の縮図か? 結果だけを見るとワノ国の人々はオロチ&カイドウの騙されてたわけであるが、こいつは世界の縮図かな。 世界政府に騙されてる(?)人々をミクロで捉えてるようにも見える。 なんだかんだで、ワノ国の人たちは矢や銃で撃ち殺されてる中でも、 おでん様の味方をしてるというか歓声を上げることをやめないのが印象的です。 今更調子いい奴らだけど!復讐者の怖さを瞬時に理解した民衆は武器もったカイドウ軍に囲まれてもどんどん集い歓声を送っていました。 これらは止めることのできないものだ 「受け継がれる意志」「人の夢」「時代のうねり」。 人が自由の答えを求める限り それらは決して止まらない。 ロジャーの言葉通りやね。 その片鱗を見た(気がした)。 ワノ国を鎖国させたのは「光月家」 ワノ国が鎖国してるのは? 大昔…この国を海外から閉ざしたのは…「光月家」だった!!それは〝巨大な力〟からワノ国を守る為…!!「ワノ国」はいや…世界はある人物を待っている!!その者が800年の時を越えて現れた時、迎え入れ協力できる国でなきゃならぬ かなり気になるワードわんさかですね。 「ある人物」というのは十中八九ジョイボーイでしょう。 その生まれ変わり(?)だか二代目ジョイボーイのルフィが20年後にワノ国を訪れると。 <関連記事> おでん様は爆笑しちゃう「お宝」と別にラフテルにあるポーネグリフの文章を紡ぐことで世界の秘密ってやつを知ってますからね。 随所に20年以上先の未来を待つこと。 ジョイボーイがまた現れるまでに開国しなきゃ(使命感)って言ってました。 個人的に気になるのは 「この国を海外から閉ざしたのは光月家」「〝巨大な力〟からワノ国を守る為」という部分。 ワノ国が鎖国したのは巨大な力からワノ国を守るためだったのです。 約800年前のワノ国は鎖国した 「巨大な力」ってなんだよ! 普通に考えれば 「20の連合王国」からできた「世界政府」だと思いますけどね。 約800年前のワノ国が「ある巨大な王国」に与してたかは不明なものの、少なくともポーネグリフを掘ったのは光月家の先祖なので、光月家は「ある巨大な王国」側だったのは間違いない。 <関連記事> 約800年前、ワノ国はできたてほやほやの「世界政府」の驚異から守るために鎖国した可能性が非常に高い。 作中ではすでに同じようなポジションだった国が描かれております。 黄金都市シャンドラである。 272話 町の書物の類は全て燃やされていた…。 都市の歴史は絶やされていた…。 この都市には〝歴史の本文(ポーネグリフ)〟が運び込まれてる!間違いない…!! 〝敵意〟に対してこの都市は戦ったんだわ…!黄金都市シャンドラは、ポーネグリフを守る為に戦って滅んだんだ。 栄華を極めた都市が約800年前にポーネグリフを守るために滅ぼされたそうな。 その敵意こそ「20の連合王国」からなる「世界政府」なのは間違いない。 「ある巨大な王国」を滅ぼした「20の連合王国」(世界政府)の戦いは、宿敵が消えても終わってない。 何年かは、 ポーネグリフが運び込まれた国(島)を狩ってたと推測される。 (ポセイドンの在り処を示す)ポーネグリフを世界政府が見つけることは出来ませんでしたが、 シャンドラは一度は確実に滅んでる。 そこの国民は全滅せず、何のために守ってるか分からんのに子孫が継続して200年後も800年後も守り続けてましたけどね…。 そいつらは翼人なのもミソ。 <関連記事> 当時のワノ国もこれと近いポジションだったことは想像できる。 ワノ国にもポーネグリフが運び込まれており、それを運んだのが光月家の先祖なのか飛徹の先祖(こいつは月人の系譜っぽい?)なのかは知らんが。 コケシが陳列されてるらしいので飛轍の一族は少なからず関係してそう。 わしもまた長く人を待っている 飛徹の待ち人は本当におでん様の刀を渡す息子&娘だったのだろうか。 翼人は間違いなく月からの移住者ですごい文明で「ある巨大な王国」を作った(?)可能性が高いだけに、ポーネグリフを保管してる地下にこけしわんさかは気になるところ。 カイドウのツワモノとしての矜持 カイドウ 個人的にカイドウとおでん様のやり取りは気になる。 いわく おでん様はすでに肉体は死んでるそうな。 元気そうだけど油でグツグツ煮えてもうとっくに限界を超えており死んでいるということなのでしょう。 だからこそカイドウの言葉は重い。 「せめてもの情けだ。 俺が撃ってやる」である。 おでん様はとっくに身体は死んでいるんですよ。 だからこそアッパレをくれたカイドウの美学。 もう死んでる…裏を返せばわざわざ銃殺せずとも、おでん様は息絶えるのにわざわざトドメを刺してやるという。 武士の切腹のように、名誉ある肉体の死を!ってカイドウの矜持がありましたな。 自分は現在の カイドウが飲んだくれの死にたがりになってるのは おでんにしたことを後悔しているように思う 最後の最後におでんに感情移入して一人の男として認めたのに そのときにはすでに遅しみたいな >より カイドウの真意は不明ですが超強い男へのリスペクトはひしひしと感じました。 面白い意見だし納得できる描写が節々になる。 そも、カイドウはおでん様に勝負に勝って試合には敗けたようなものですし。 「マネマネの実」の人質作戦&不意打ちでおでん様を倒してましたけど、本人的には本意ではなかった事が伺えます。 970話 漢カイドウさん!おでん様にタイマンではボッコボコなのにセコい手で勝利したことに納得してなかったことが想像できる微妙な表情する!である。 おでん様処刑時では「ババアの件は悪かったな」とか謝るしな。 すでに死に体らしいおでん様をわざわざトドメ刺して謝罪までしたカイドウの真意は興味深いものがあります。 今では趣味が自殺の死にたがりで「死なねぇなぁ」とか言い出す最強生物ですが、そうなるためのきっかけはおでん様だった説といったところか。 なんたって、この当時の カイドウはモリアさんと互角程度ですからね。 <関連記事> この20年でものごっつ強くなって死なない漢になった可能性が微粒子レベルで存在する。 だからこそおでん様の 「せいぜい強くなれ」って言葉にも重みがある。 マジのガチで地上最強生物になったと。 笑顔 一つの伝説が幕をおろし はぁ~(感嘆)。 これが ワンピの美学やね。 そいつは死に際の笑顔ってやつですよ。 銃殺されて逝ったおでん様の最期の表情は…っていえば、油に映ってました。 口しか映ってないのにわかる。 最高の笑みを浮かべて死んだんだって…。 <関連記事> 死に際の笑顔。 これぞワンピです! なぜなら、死なないから! あなたは死なないでしょ? ヒルルクの言葉を借りるなら、 自分が消えても夢は叶う!である。 ロジャーの言葉を借りれば、 俺は死なねぇぜ相棒!である。 絶命しようと死ぬことはないんです。 おでん様の生涯は幕を閉じたけど、それでもおでん様の夢は叶うんです。 氏の夢は ワノ国が開国すること!20年後、赤鞘九人男が意志を引き継ぎ叶えるから。 人はいつ死ぬと思う? 海で溺れた時?違う。 海賊王にボコボコにされた時?違う。 油で釜茹での刑になった時?違う。 人に忘れられた時さ…。 俺が消えても俺の夢は叶う!! まったく!いい人生だった!!! 現代編のスパイについては「すべて狂四郎の仕業」説を推す。 たとえば、足に入れ墨の同志集めが露見した件を例にとると 発案はいいんだけど、隠密にあちこちにいる同志に漏れなく伝達するっていう具体策がなく、人海戦術で乗り越えようとしていた。 狂四郎は将軍の威光を使い、「逮捕」という形で同志を安全に漏れなく花の都に集めた。 錦えもんの策はキレるようでどこか抜けている。 かつての切れ者評はそれをサポートする傳ジローがいてのことだったんだろう。 現代編ラストの話でルフィ側は壊滅的なダメージを受けたが、これも「狂四郎からの情報を元にオロチが動いた結果」であって、狂四郎からの情報さえ偽報であればノーダメージになる。 破壊された船はダミーだった、とかね。 居眠りの二つ名が付く怪しい人物だが、夜な夜なエビス町の人々に小判を配ったり、陰となり陽となりワノ国の人々を支えてきたんだろう。

次の