日本 航空 学園 半田。 ほっかいどう元気びと

学長あいさつ

日本 航空 学園 半田

航空機は大空を自由に飛ぶことができます。 しかし、飛行するためには安全が最優先されなければなりません。 このため厳しい規律に従い、整備士やパイロットは、安全運航に努めています。 航空技術者としての誇りは、大空を自由に飛ぶために、最大の努力ができる不撓不屈の精神を持っていることです。 己の精神と技術により、国を世界を支えていることにあります。 規律は安全への第一歩、学生生徒が自由に夢を描き、語りながら、社会人としての礼節、そして、生き方を学びます。 全国そして世界から集う学生生徒は一人一人が皆素晴らしい輝きを秘めた原石です。 ダメだ、出来ないなどマイナスの言葉を全て一掃し、出来る、可能だ、好きだ、嬉しい、楽しい、美しいなどプラスの発想で心を磨きあげるのです。 教職員も学生生徒も一緒になって学習やクラブにともに取り組み、行事を創り試合やコンテストにチャレンジし、喜びや成功を感じ、そして感謝して共に涙を流す人間的な心を育みます。 人間は誰でも得意、不得意があります。 これは個性です。 不得手なものを解消することに囚われ過ぎると時間と労力がかかり却って自信喪失になります。 得意なもの、好きなことを拡大することにより、短所はカバーされてしまいます。 万人全て大いなる可能性と能力を秘めています。 自己を信じることです。 学園建学の地、山梨キャンパスの万国旗掲揚塔に次の文章があります。 「大空は世界をつなぐ友愛は平和を築く海外から集いし若者達よ 全国から集いし若者達よ大地に立て空を舞え」 本学園にはアジアをはじめ世界各地からの留学生が在学しています。 人種、言語、宗教、政治的信条、軍事力、経済力を越えて人類愛という友情で結びつき、共に苦しみ同じ喜びを分かち合える人間性を育みます。 航空人はエアラインで世界を結ぶ重要な使命を持っています。 それには、常に自国を意識して郷土愛、祖国愛を育み、共に助け合いそれぞれの祖国の繁栄に努めることの出来る大きな心の器を持った人間性を育むことが大切です。 日本航空高等学校のご紹介• 豊かな自然、良き伝統、良き慣習、そして家族や友人、先輩、後輩などすべてのモノ、人に対して感謝と慈愛の気持ちを忘れない人間としての健全な精神、魂を持つ人であれ。 【自由と規律】 航空機は大空を自由に飛ぶことができます。 しかし、飛行するためには安全が最優先されなければなりません。 このため厳しい規律に従い、整備士やパイロットは、安全運航に努めています。 航空技術者としての誇りは、大空を自由に飛ぶために、最大の努力ができる不撓不屈の精神を持っていることです。 己の精神と技術により、国を世界を支えていることにあります。 規律は安全への第一歩、学生生徒が自由に夢を描き、語りながら、社会人としての礼節、そして、生き方を学びます。 【想像と創造】 想像しなければ創造出来ません。 想像は願望、要求であり出発点、計画、目的、目標です。 生き甲斐を感じ充実した時間に満たされた自分を想像することにより、自分の精神が出来、創造活動が活発化し、魂が完成していきます。 心の態度で成功が決まるのです。 美しいものは美しいと感じ、良いと思えるものには素直に感動し、喜怒哀楽には正直で、他人を常に思いやることのできる純粋で、きれいで、奥深い心、感性を持つ人であれ。 【共感共創】 全国そして世界から集う学生生徒は一人一人が皆素晴らしい輝きを秘めた原石です。 ダメだ、出来ないなどマイナスの言葉を全て一掃し、出来る、可能だ、好きだ、嬉しい、楽しい、美しいなどプラスの発想で心を磨きあげるのです。 教職員も学生生徒も一緒になって学園全体を黄金で輝く愛のベールで包み、潜在する能力を開発し、学習やクラブにともに取り組み、行事を創り試合やコンテストにチャレンジし、喜びや成功を感じ、そして感謝して共に涙を流す人間的な心を育みます。 【健全性の育成】 健全とは心身共に健やかであることを意味していますが、健全な娯楽、健全な社会、健全な家庭、健全な学校があってはじめて健全な青年に育成されます。 学校と保護者は協力し合い、外部からの感情や刺激による衝動により言動が支配されることなく、分別や筋道をわきまえ冷静さを忘れず自分と所属する集団が正しく保持できる状態を保てる公徳心と健全性を育みます。 母国と自分に誇りを持ち、自己の真の確立を実現するため、自分ならではの長所、個性をしっかりと伸ばしていく忍耐、努力を惜しまない人であれ。 【長所伸展】 人間は誰でも得意、不得意があります。 これは個性です。 不得手なものを解消することに囚われ過ぎると時間と労力がかかり却って自信喪失になります。 得意なもの、好きなことを拡大することにより、短所はカバーされてしまいます。 万人全て大いなる可能性と能力を秘めています。 自己を信じることです。 【国際理解】 学園建学の地、山梨県甲斐キャンパスの万国旗掲揚塔に次の文章があります。 「大空は世界をつなぐ 友愛は平和を築く 海外から集いし若者達よ 全国から集いし若者達よ大地に立て 空を舞え」 本学園にはアジアをはじめ世界各地からの留学生が在学しています。 人種、言語、宗教、政治的信条、軍事力、経済力を越えて人類愛という友情で結びつき、共に苦しみ同じ喜びを分かち合える人間性を育みます。 航空人はエアラインで世界を結ぶ重要な使命を持っています。 それには、常に自国を意識して郷土愛、祖国愛を育み、共に助け合いそれぞれの祖国の繁栄に努めることの出来る大きな心の器を持った人間性を育むことが大切です。 守るべき自分の夢、母国の未来、愛すべき家族の幸福を守るために必要な知力、体力を、不屈の志を持って鍛え上げていく文武両道に徹した力のある生き方のできる人であれ。 【目標に強く進む】 航空機は常に目的地に向い自差や偏差の修正を行い横風に流されず、向い風にも負けず、中間目標を捕捉しながら飛行し続ける強いパワーが必要なのです。 そして着陸まで気を抜かず安全に留意するのです。 学園は常に本物に触れ、体験しながら常に目的を忘れず意識し、目標に向い進むことを大切にしています。 これが、学習することの基本となります。 そして、最終目的を絵や写真のようにいつもイメージすることが大切です。 【強運となる】 気運を背負ってる人間には強いエネルギーがあります。 そのエネルギーがさらに強い運を呼び込むのです。 運気とはエネルギーです。 引力のように其のエネルギーに引かれて幸運の女神はドアを開きます。 成功を自分の力量と自惚れない、失敗を運や人のせいにしないで、全ての結果を絶対的肯定して感謝し、またチャレンジする度に運が強くなってパワフルな人生が歩めるのです。

次の

日本航空学園について

日本 航空 学園 半田

村井裕子のインタビュー後記 9月最初の「ほっかいどう元気びと」は、千歳と白老にキャンパスがある学校法人「日本航空専門学校」学長の梅沢忠弘さん 37歳。 北海道の地で、どんなことを大切にして夢追う学生達に接しているのか、その思いを伺った。 梅沢さんは山梨県出身。 歴史を紐解くと、曾祖父の梅沢義三さんが昭和7年(1932年)に日本で最も古い航空従事者養成のための専門校を開いたのが始まりで、現在も山梨に本部がある学校法人「日本航空学園」はそれから85年の歳月を重ねて今に至るという。 空への夢と教育への志で道を切り開いた創始者、そして二代目、さらには忠弘さんの父親である三代目とそのバトンは繋がり、その間、第二次世界大戦といった時代の波に翻弄されながらも今日まで歴史を刻んできたとのこと。 小さい頃、特に祖母からそんな梅沢家の熱意溢れる先達のことを聞かされて育ち、自分も当然その学校運営に関わるということを疑わずに育ったという忠弘さんが千歳と白老キャンパスの学長に就任したのが2012年の春のことだったそうだ。 お話を伺っていると、予め決まっていた道を心から信じて真っ直ぐに進んできた人が持つおおらかさのようなものが伝わってくる。 自分自身が周りの人達から受けたものは長じて他の人に返していくということが自然に出来る人なのだろう。 夢を抱いて学びにやってくる学生達への思いがお話の中からもにじみ出てくる。 その思いというのは、それぞれが選択する仕事を人生の中で豊かなものにしていって欲しいという願いだ。 「日本航空専門学校」で空のスペシャリストとしての技術や技能を習得し晴れて就職を果たすという目標を叶えて貰うのは勿論だが、梅沢さんは、「就職がゴールではなく、夢を抱いて専門性を身につけた学生達が企業に就職したその後も尚夢を忘れずに仕事を続けて欲しい」と力を込める。 そのために身に付けて欲しいのが「人間力」なのだと。 それが「お金のため」だけだと、その仕事は時として辛い「労働」になってしまう。 自分の仕事が周りにどう役立っているかをじっくり紐解いていくと、必ず誰かを笑顔にしていたり、喜ばせたり、元気にさせたり、快適にさせたりしていることに気がつく。 そのイメージを抱くことが出来れば、1日のほとんどを費やしていた「辛い労働」が、「意味ある仕事」になってくる。 仕事に夢が持て、貢献心を感じ、誇りが持てるようになれれば、「何のために生きるのか?」という答えも自分で導き出すことに繋がっていく。 梅沢さんの話の中にもとてもシンプルに、「人を愛し、会社を愛し、目の前の仕事を愛することの大切さ」がその人の人間力に繋がっていくといった表現があったが、「あなたは何のために働くのか?」という問いへの答えを、技術や技能を学び、時々はボランティアで地域にも出向き、仲間と達成感を感じる取り組みなどもしながら、自然に引き出せるような学びがされているのだろうと感じさせていただいた。 収録後、学生達のために学長である梅沢さんが担っている役割について尚も聞かせて貰ったのだが、そのこぼれ話の中でこんな一言が印象に残った。 そして、「こちらが掛ける言葉ひとつでより良く変化することがあるということを学生達が見せてくれる。 ほんとうにガラッと変わる。 それが、この教育という仕事の面白さでもあります」と。 「どんな向き合い方を?」と尚も訊いてみると、「学生には学生の考え方がある。 本題と違うアプローチで話をし、例えば、好きな事の共通点が見つかったり共感出来ることが出てきたりすると相手は思いを話しやすくなる。 相手の中に「聞いて欲しい」という思いは必ずある。 そこにちゃんと耳を傾けることで、人は自分で気づき、エネルギーの方向の修正が出来る。 それを見守るのが教育に携わる者の役目だと思う、と。 「人の中のエネルギーを夢の方に向けさせる」・・・ いい言葉だと思う。 それは簡単なことではなく、時間もかかるし、自分のエネルギーも惜しみなく使うことだ。 そうして、そんなふうにいい風を受けた人は、また身近な人に返していくのだろうなと思う。 (インタビュー後記 村井裕子) |||.

次の

空のエトセトラ

日本 航空 学園 半田

現役の客室乗務員の指導のもと、充実した施設・設備で実践力を磨きつつ、カナダに1週間、ハワイに約11ヵ月間の留学へ行き、語学力はもちろんコミュニケーション力など、お客様と接する客室乗務員に求められる力を磨き帰国。 周囲からも評価されるほど、一回り大きくなれたと自己成長を実感したそう。 休日の過ごし方を伺ったところ「道内をドライブして、その土地のグルメを堪能したり、同期のメンバーと千歳周辺のカフェ巡りをして過ごしています」と、私生活の充実さも語ってくれた。 日本航空専門学校 国際航空ビジネス科 エアラインコース 2年制 2018年4月、利便性が良く広大な敷地を持つ新千歳空港キャンパスに移転。 新校舎で「客室乗務員(キャビンアテンダント)」「グランドスタッフ」を目指せる学科です。 語学からサービスマナー、立ち居振る舞いといったスキルを基礎から指導。 一人ひとりの夢が実現できるよう支援します。 現役CAによる実践教育を毎日行い、航空業界の知識、語学力、洗練されたマナー、ホスピタリティを兼ね備えた空の接客スペシャリストを育成します。 大型旅客機(エアバスA380/A330)の機体を使用したキャビントレーナーなどの施設・設備も充実しています。 さらに、航空会社の協力のもと新千歳・羽田空港での研修といった貴重な機会も豊富です。 この学校のおすすめ記事•

次の